RPG系AA物語まとめるお

Home > やる夫がトラキア半島を解放するようです(FEトラキア776)【完結】

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.17 Sat やる夫がトラキア半島を解放するようです まとめページ




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃やる夫がトラキア半島を解放するようです
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【第一部】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃第一章 『早すぎた旅立ち』

┃第二章 『ファム・ファタール』

┃第三章 『陥穽』

┃第四章 『風の勇者』

┃第五章 『母と子』

┃異  聞 『闇の教団』

┃第六章 『脱出』

┃第七章 『至高の戦闘』

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【第二部】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃第八章 『剣と魔法のファンタジーの世界でバーガーショップを志すクマーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』

┃番外編 『「その時ユグドラルの歴史は動いた――『レンスター王国衰亡史』」 その1』

┃第九章 『再会』 前編  後編

┃第十章 『この素晴らしき新世界より―From a Brave New World―』 前編   後編

┃異  聞 『顛末』

┃第十一章 『みな殺しの森――MURDER FOREST(マーダー・ホレス)』 前編   後編

┃異  聞 『黒い天使』

┃第十二章 『IGNITION――点火――』 前編   後編

┃第十三章 『捲土重来』 前編   後編

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【第三部】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃幕  間 『モースト・デンジャラスコンビ』

┃序  章 『リセット』

┃第十四章 『翔ぶが如く』 前編   中編
┃                 後編1/2   後編2/2

┃異  聞 『マスタープラン』

┃第十五章 『グッドモーニング、トラキア』 前編   中編   後編

┃第十六章 『イツワリノヒメ』 前編   中編   後編

┃第十六章 『王侯将相いずくんぞ種あらんや』 前編   中編   後編

┃番外編 『「その時ユグドラルの歴史は動いた――『レンスター王国衰亡史』」』 その2   その3   その4

┃第十七章 『じゃじゃ馬ならし』 その1   その2   その3   その4   終編

┃第十八章 『故郷忘じがたく候』 その1   その2   その3   終編

┃第十九章 『星々の降る日』 その1   その2   その3   その4   終編

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【第四部(最終部)】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃第二十章 『敵の敵は……』 その1   その2   その3   その4   終編(前)   終編(後)

┃第二十一章 『未知の世界』 その1   その2   その3   その4   その5   終編(前)   終編(後)

┃第二十二章 『もとは同根より生ぜしに』 その1   その2   その3   その4   終編

┃異  聞 『敗将、兵を語る』 前編   中編   後編

┃第二十三章 『天と地と』 その1   その2   その3   その4   その5   その6   その7   終編

┃第二十四章 『人形の家』 その1   その2   その3   その4   終編

┃最終章 『殻の中の魂』 その1   その2   その3   その4   その5(完結)

┃エピローグ  前編   後編

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次回作嘘予告

次回作本予告




                         ,┐r 、   r‐{:}┐   _    γ=ミ
                      ト、  ,、__ イ∠ノヾ气=_示_=j=='   ,. 。r__) ハ
                   ノ  \r= 冖,r=' {{{ィ_乂___乂{__\  ゝ-z  ノ  }_
                   )`丶 ',ヾ {_ /ハ.| r 、 |  ,ィ |_} ‘,ノ<ヽ/ ;/{,
                  ヽ \ヽ_,-'    `Y .| ,ィヽ}ハ.| 〃/, {r、ヽ( ,  7'/_彡'
                  `)ニ=--,     廴|冫ヾrヘ|/ィ/ { )\-'  {:| {
                ∧      ヾ〃  __彡' >/´─{{.Ⅹ }}─┤, -==   ゚, 「i}
      r=====彳〈 〉      {  く_,. r── 彳.//彡ヾ.   | r‐彳   r─彳
       `i  「ヾ|..∨         _ _,.ィ`i  「ヽ |.   |  ヾ' |,ィ`i |__   `i |  _
.        |  | Ⅵr ´|.z≦}'^'y / ,、 ‘,.   |  | }j r ´}'⌒v⌒',  | ,、 ‘ , | | 〃,、ヽ r ´}'⌒v⌒',
.        |  二]  i  | | rv' ,′Ll  i   |  二〕  ゙i 「゙i 「| | . | || i .| | | L} ゚,. ゙i 「゙i 「| |
.        |  |    |  | | | | .r─‐'   |  |  }Y | | .l | | | . | || l .| | | r─┘ | | .l | | |
.        |  |    |  | | |  .i ‘,__,.ィ  |  |__/ i .| | .l | | | . | |ノ. リ .| | . i ‘,__,.ィ. | | .l | | |
.       「__〕 「__〕「___〕‘ .,___j 「____!.「_X_〕__〕.|__  ノ r'__〕.‘ .,___j 「_X_〕__〕
          { ー-ヽ  ヽ, -┐  ________________  γヽ /  ∠--彳
           `弋   /  { ./                            ‘, {   \   /
             ∨::{ ,.:i   {_/  ―― ト ラ キ ア 7 7 6 ――  ‘,ノ  j、 ノ 〃
                 `ー' i //  ________________ ',  i .ゝ-'
                   V i´  _,..∧ ファイアーエムブレム   /- __  }  ノ
                    `丶 __彡'                     ヾ __彡'

                   ~やる夫がトラキア半島を解放するようです~

                        ┌───────────────────┐
                        │執筆:ぞぐぞぐ ◆ZyM79WfFYk.           │
              / /       │                                │
.             / / .       │原作:ファイアーエムブレム トラキア776   .│
            / /         └───────────────────┘          .`ヽL_
           / ̄ ̄\.          l´>,へ`lト                    |/|/ / /|  |   ト、 \ \ヽト \
          /\  /  \.      ,/ /:::.::|ラ ',               V/|/| /‐|<|_,l  |_>‐ヽ| ト、|| ト、|
.         | (●)(●)  │   /  ./:.::.::.| | ',               イ|イ |/y'´(.j`´|\|´ヒ)`'v|ノN`| |
.         /| (__人__)   .|.  /;   /.::.:::.::| |  ', ____.          || | |∧      ・      /k)  | |
        / ,| ` ⌒´     |  ./::::::':;..  i'::.:...::.::| | /\  /\       || | |ヽヘ、  「  ̄`|  イ-'|  | |
.     ./ ./''ヽ      ノ /'::;:::::::::::'::,l!.:::.:::.:..:l!../( ●)  (●)\     || | |:|:|:|:l\. |_  ノ.///:::|  | |
   (⌒) イi一‐ヽ、   /. ;!  '::;::::::::::::l:.:.:....:...:.l!. :::::⌒(__人__)⌒:::::\   . |{< ̄ ̄\´\ ̄ 7/ ̄〉´ ̄\l.|
   ./ ./K.`ー--→―― ) l.   ''::;;/\:.::.:..:.:.i!.   |r┬-|       |  .ノ/ー(⌒ヽ:.:.:\ \/ .イ:.:.:.:.://、|
   / ./  ヾ--‐―‐  /... |:.:..  /   \:::.:.:.:!.   ` ー'´     /  . //  ヽ::::ハ:.:.:.:.:| >Xく |:.:.:.:.|/ \
.  / ./   /      /    :!::::./      . \::.::゙:、    /   i    /〈  / ̄}::::::\:.:.ト、/∧ .>|:.:.:.:.}∠   \
 / ./   /      / .     ゙く          \:.:.゙:、 (⌒)   ./  ....{ :}/´l  .::|/::::: ̄ ̄`)ハ〉|:.:.:./:::::<   >
                   .   ` 、          \::゙:.、ノ ~.レ-r┐    |Kl  |..:::::ヘ / ̄| ̄/  ./:.:./\::::::::..../\
                         `゙ ‐-  .,,__   _,,.>__ | .| ト、
                                 ̄〈 ̄   `-Lλ_レ
                                    ̄`ー‐---‐


スポンサーサイト

2012.08.01 Wed やる夫がトラキア半島を解放するようです 第一部 第一章 『早すぎた旅立ち』




1 名前: ◆OwyudH8Gdc[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 20:24:31 ID:nonAkmxs
1999年に任天堂から発売されたスーパーファミコン用シミュレーションRPG、
「ファイアーエムブレム トラキア776」のストーリーをなぞるスレです。

あまり更新頻度は高くならないと思いますが、生暖かく見守って頂ければと思います。

参考URL
任天堂公式サイト  ttp://www.nintendo.co.jp/n02/shvc/bfej/index.html
   (今はWiiのバーチャルコンソールでも遊べます)





5 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 20:49:06 ID:MQ4Nrus6
トラキア776! 期待せずにはいられない!

8 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/07/29(木) 20:53:06 ID:dmmCGmmk
トラキア楽しみすぐる


[Read more...]

2012.08.03 Fri やる夫がトラキア半島を解放するようです 第一部 第二章 『ファム・ファタール』



─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


≪第1章のあらすじ≫

  レンスター王国のやる夫王子は、潜伏していた村を帝国兵に襲われる。
  運よく難を逃れたやる夫は、捕らわれたナンナ(アスカ)とマリータ(徐倫)を救う為、
  村長の女剣士エーヴェル(草薙素子)や騎士フィン(やらない夫)と共に挙兵する。
  彼らは旅の僧侶アウグスト(でっていう)の助言に従い、二人が監禁されているケルベス要塞に向かう。


─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


231 名前: ◆OwyudH8Gdc[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 20:31:43 ID:OxRMb9oM


――――第二章――――



フィアナを出発したやる夫一行は、イスという漁村に差し掛かった。
この一帯は、沖合の島に住むリフィスという海賊の縄張りだった…。



                         ー;:;:;:;:;:;:;:;:;:/                     ●コノート      ミ;:;:;:;:
  イード砂漠              /;:;:;:;:;:;:;:__                                   ミ;:;:;:;:
                     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:《           ●レンスター                    ┌┐;:;:;:;:
         Λ     __ーー;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ミ       森森森      森                   | |;:;:;:;:
| / ̄ ̄ ̄ |   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:丿    森森森森森森   森森森森森              |  |;:;:
 ∨        \  |;:;:;:;:;:;:;:海;:;:;:;:;:;:;:;:;:/      森森森森森森森森森森森森森森森森          /  |;:;:
   ミ        \ |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/     森森森森森森森森森森森森森森森森森森         |   /;:;:
    ミ         V;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/       森森森森森森森森森森森森森森森森森         /   /;:
グラン |        |;:;:;:;:;:;:;:/            森    森森森森森森森森森森       山/山  |;:;:;:;:海
ベル帝国 \       |;:;:;:;:;:|      森                                山|山山  |;:;:;:;:
   --  |      ミ;:;:;:;:;:|     森森   北トラキア王国                  山/山山   |;:;:;:;:
 /    |  |     |;:;:;:;:;:;:;:|  森森森森                    ●マンスター 山|山山   |;:;:;:;:
  |  |  \      ゝ;:;:;:;:;:丿     森    ★アルスター                山山/山山山  ●イス;;;:
_/    ミ   |    |;:;:;:;:|             森        / ̄ ̄\     山/山山山山山  |;:;:;:;:
;:;:;:;:--__ ̄\ 」    \;:;:;:;:\            森森     山|山山山山|___/山山山山山山┃  》;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ミ   |     \;:;:;:;:/    森      森    山山 》山山山山     山山山山山山  ∥ /;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:彡    》      \;:;:\  森森        山山山山|山山       山山山山山山山 ┃ |;:;:;:;:
;:;:海;:;:;:;:;:;:;:|     ミ ●メルゲン ̄  森森      山山  _/山山       山山山山山山    ∥/;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      |           森     山山山 /山山山山  ●ミーズ山山山山山山   ●⊂_ ∩;:;:
;:;:;:;:;:;:;:_ノ        |              山山山山 /山山山山       山山山山山山山山山フィアナ  |;:;:
;:;:;:;:;:/          ヽ            山山山山山山 ノ山山      山山山山山山山山山山山山       》;:;:
;:;:;:;:|  ミレトス地方   |    ターラ 山山山山山山 /山    山山山山山山山山山山山山山山山    ーー;:;:
;:;:;:;:|         ノ;: ̄ミ彡ー   ●   _____/山山山     山山山山山山山山山山山山山山   《;:;:;:;:;:;:;:
;:;:/         /;:;:;:;:/   ミ     / 山山山山山山山山       山山山山山山山山山山山山    -\;:;:;:;:
   ●    _/海;:;:|    |    | 山山山山山山山  ●カパトギア 山山山山山山山山山山山       |;:;:
ペルルーク 《;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ゝ    |__/  トラキア王国           山山山山山山山山山山山山       |


233 名前: ◆OwyudH8Gdc[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 20:32:39 ID:OxRMb9oM


――――リフィス海賊団の根城――――


::::::::,::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::,::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::リリリリ::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::.::::,::
:::: _,,-'~''^'-^゙-、'~''^'-^゙-、'- ^-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'- ^_,,-'~
;: ノ;;;;;;;;,;:,:,,,,;;:,;,,,,;゙-:;;;;;,;,;;;;;;゙-;;;:;;;゙ -、:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ::;;;:;:;;;;;: :ノ:;;;;:;;:
i:::;;;;:;:;;;::::::;;;;;;;:;:;;;;::;;:i_:::;;;;;;:;:;: i:::;;;:;:;;i/\\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:/| /;;;;;;:::;;;;;:,-'::;;;;;;;;::
:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、;;;;;_,,-'':;;;:;;:::////\\:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:/三ミ::::::;;;;;;;:;:;i;;;;;;;:;:::::;;;;;;
ゞ::::;;;:;:;;;;;;;;;:::;;;;;::;;:;,,-'':::)i;::: ::;;;;;;;/7777i⌒\\:.:.:.:.:.:.|/囗囗ゞ:::;;;;;;:;:;;;:ゞ;:::::;;;;;;;;;
ヾ_::;;;;;:::_,,-'';;;;;;;;;;;;;:::::: ソ:;;;:;::;:;;: /// lTTTTTT\\:.:.:.: ̄ ̄ ̄ヾ_:::::::::_,,-'ヾ_:::::::::_,,-
:::゙-、_::::;;;;;;;;;: i;;;;::::,-'~ ;;::::: ,-''/7[ニニニニニニニニニ\_>;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,゙-、_::::;;;;;;;;;:;.゙-、 _::::;;;;
::::::::::::::゙ヽy /_,-''~y /_,,-''~::::::  ̄E|三i⌒i三囗三E|ヨ三囗囗三三囗゙ヽy /_,-''~゙ヽy
::リー:::::::::: |i::|:::::::::::|ii:l:::::::::lTTTTl E| lTTTTTlTTTT|ヨ三三三三三三三|i::|三|ヨ:::::|il
:::::リー:::::::イ从::::::::;ノ从::::::::: ̄|7三/ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|lTTTTTTTTTTTT ノ从Tl|::::::ノル
'""':.::.:"'~''~'"':.:""'"'''"':.:'':.:'"~'"'"'':.:'""'':.:'~"'"'''"~~:.:"'''"'''":.:"'"'':.:'""'~'''"":.:'"'''"~
:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:


[Read more...]

2012.08.03 Fri やる夫がトラキア半島を解放するようです 第一部 第三章 『陥穽』




─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

≪第2章のあらすじ≫

  やる夫達はイスの村を襲う盗賊リフィス(ルパン)一味を退治する。
  リフィスの本拠地に踏み込んでみると、ターラ市長リノアンの側近、サフィ(峰不二子)がいた。
  ターラが帝国に包囲されていることを知ったやる夫は、後日ターラに向かうことを決める。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


331 名前: ◆OwyudH8Gdc[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 21:18:09 ID:OxRMb9oM


――第三章――



イスを出発したやる夫一行は、ケルベス要塞に辿りつき、潜入ルートを探っていた…。



                         ー;:;:;:;:;:;:;:;:;:/                     ●コノート      ミ;:;:;:;:
  イード砂漠              /;:;:;:;:;:;:;:__                                   ミ;:;:;:;:
                     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:《           ●レンスター                    ┌┐;:;:;:;:
         Λ     __ーー;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ミ       森森森      森                   | |;:;:;:;:
| / ̄ ̄ ̄ |   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:丿    森森森森森森   森森森森森              |  |;:;:
 ∨        \  |;:;:;:;:;:;:;:海;:;:;:;:;:;:;:;:;:/      森森森森森森森森森森森森森森森森          /  |;:;:
   ミ        \ |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/     森森森森森森森森森森森森森森森森森森  ケルベス |   /;:;:
    ミ         V;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/       森森森森森森森森森森森森森森森森森     ━ヘ/   /;:
グラン |        |;:;:;:;:;:;:;:/            森    森森森森森森森森森森       山/山 \ |;:;:;:;:海
ベル帝国 \       |;:;:;:;:;:|      森                               山|山山 |;:;:;:;:
   --  |      ミ;:;:;:;:;:|     森森   北トラキア王国                 山/山山  |;:;:;:;:
 /    |  |     |;:;:;:;:;:;:;:|  森森森森                    ●マンスター 山|山山.  ┃|;:;:;:;:
  |  |  \      ゝ;:;:;:;:;:丿     森    ★アルスター                山山/山山山  ●イス;;;:
_/    ミ   |    |;:;:;:;:|             森        / ̄ ̄\     山/山山山山山   |;:;:;:;:
;:;:;:;:--__ ̄\ 」    \;:;:;:;:\            森森     山|山山山山|___/山山山山山山    》;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ミ   |     \;:;:;:;:/    森      森    山山 》山山山山     山山山山山山    /;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:彡    》      \;:;:\  森森        山山山山|山山       山山山山山山山   |;:;:;:;:
;:;:海;:;:;:;:;:;:;:|     ミ ●メルゲン ̄  森森      山山  _/山山       山山山山山山     /;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|      |           森     山山山 /山山山山  ●ミーズ山山山山山山   ●⊂_ ∩;:;:
;:;:;:;:;:;:;:_ノ        |              山山山山 /山山山山       山山山山山山山山山フィアナ  |;:;:
;:;:;:;:;:/          ヽ            山山山山山山 ノ山山      山山山山山山山山山山山山       》;:;:
;:;:;:;:|  ミレトス地方   |    ターラ 山山山山山山 /山    山山山山山山山山山山山山山山山    ーー;:;:
;:;:;:;:|         ノ;: ̄ミ彡ー   ●   _____/山山山     山山山山山山山山山山山山山山   《;:;:;:;:;:;:;:
;:;:/         /;:;:;:;:/   ミ     / 山山山山山山山山       山山山山山山山山山山山山    -\;:;:;:;:
   ●    _/海;:;:|    |    | 山山山山山山山  ●カパトギア 山山山山山山山山山山山       |;:;:
ペルルーク 《;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ゝ    |__/  トラキア王国           山山山山山山山山山山山山       |


332 名前: ◆OwyudH8Gdc[sage] 投稿日:2010/07/30(金) 21:18:30 ID:OxRMb9oM


――――ケルベス要塞――――


               \\__二二ヽ.      .┣━ ┃┃ \\_.
                 ~\\   \\     ┗━       ~\\
       .           \\_   ~ヽ\    ╋┓       ~\\ヽ\__
                  丶 ~\\  \\    ┃┃         ~\\ \\
                      ~| |     ヽ                 ~| |    ヽ
                       ||       ヽ\               ||     ヽ\
       ,;-、 ,;-、 ,;-、 , ー、  ;-、 ,;-、        ̄丶\
       l'i;;l l'i;;l l'i;;l  i!;l⌒i| l'i;;l l'i;;l    __    ヽ\
      /l三三三三三三三三三三三三l`ー'";:;;|        ━┓┃┃
      //i;:'';':;'';:;:'';':;'';:;:'';'i/:;'';;i/';:;''i/:':;;''i/ ;:;:;: :; "|          ┃
     //;:!'';':;''   ';':;'';:;iコ';':;'';: ;:'';[l] ;:' : ;';' ;' :;'';'|        ━┛
     //'' |;':;' ;':;'';:;:;':;'';:;:;':;'';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: :i! |    ,,;=‐=,,..  ┏┓
     `i'' |   ;':;'';  :;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;;:;;'  i!;:;;|    |∩;:;:;|   ┗┛
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;'';:; [l];':;'';: ;';:;;':;'';:;  ;':; '';;;;: |   ,|:! i ':;:;|_
     |;':; | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i  ,;':; '';i!;: |   i'''" ̄~`'i .   ━┓┃┃
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;';':;'';:;  ;':;'';:;  ';:;  ;':;'';: ;' |  |':;'[];:;[]' ;|..     ┃
   ,_,|;:_,,|:__: __; '';':;'';:; [l];':;';':;'';:;  ';:;:i! ';:;;: ;|  !':;'';:': ;'';:|.. . .   ━┛
   |:;'';:;: '';;/| ;:;: ;:;| ;  '';:;: ';:;;';'::;'';:;  ;':;'';: ;:i!;:;'l  !':;'[];:;[]';::|      ┏┓
   |:;'';:;:;'/:;'' | ;:;': | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i | ._!':;'';:': ;'';:|      ┗┛
   |:;'':/:;'';:; .'|:;'';:;:;:'i,__;:;__;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'| _|;:|; ;[];:;[]';::|
,.,;:;、, |/:;'';:; ;:;;;.'|:;'';:;:'';:';:;:'';:'|;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'||;:|;`i,;:';:'';:'';;::|     ━┓┃┃
;;:;: ;'''``、;"'"''、;      :`;';___,.,._., ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';: ': ',.,;:;、 ;:';:'';:'';;|       ┃
。:;;.: ;:;:; ;;;'`、;::;;、;。; ;.:`、, :. ;'';:;:'';:';|__ ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'' ,,;;、;。; ;:        ━┛┏┓
';: i!|''"ii''".;:|i'';:;:;:; ;;;'``、;::;; ;'';:;:'';:' ;`i,        "'` Y;:;: .             ┗┛
 ,i!| ;ii''".;:|i|''"                       i!


[Read more...]

2012.08.04 Sat やる夫がトラキア半島を解放するようです 第一部 第四章 『風の勇者』




─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

≪第3章のあらすじ≫

  ケルベス要塞に踏み込んだやる夫達だが、それはレイドリック(ジャイアン)の罠だった。

  「流星剣」を使う傭兵剣士ガルザス(承太郎)の前にエーヴェル(草薙素子)も為す術がなく
  やる夫、エーヴェル、リフィス(ルパン)達は捕まってしまう。
  残る仲間達は散り散りに隠れ、再起の機会をうかがうのだった。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━



441 名前: ◆OwyudH8Gdc[] 投稿日:2010/08/01(日) 20:00:43 ID:tuHP.Gek


――――第4章――――



やる夫たちが捕らわれの身になって、何日たったのか。



/ || || || ,/ .|| |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;";゙|; ; ::  : :;: ;": :"#
| |l || ||,/|| || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: :  ;; |\ :: ゙::
| |l ||,/|| || || || | ;  :   ;:゙:# ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;   | ::   | ||.\ ; ;"
| |l/.|| || || || || |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;"゙;| ;; " .| || || \ ;
/..|| || || || || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙|;; ; ゙  \ || || |
| || || || || || || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: : ; ; ": \.|| |;
| || || || || || || || |;  :   ;:゙: ;": :;: ;": :;  ; ;:: .:  " ;; ゙:::| :: ; ::; .; ゙\! :
| || || || |レ|| || || | ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;  # |;;";;゙ ;; " :: ; ::
| || || |レ|レ|| || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙| :: ;: :;: ;": :; ; ;
| || |レ|レ||_|| || || |;; :  " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  : ": :;  ゙; |:: :;:  :: ;
| |レ|レ||_|| || || || | ;;: ; ,;   ;:゙: ;": :;  ;  :   ; ;": :;   | : :;: ;": :
レ|レ||_|| || || || ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  : ;": :;
レ||_|| || || || ||                               \: :;: ; ;; ":
|_|| || || || ||                              \: :;:: :;  ;



夜も昼もないマンスター城の地下牢の中では測りようもなかった。


[Read more...]

2012.08.08 Wed やる夫がトラキア半島を解放するようです 第一部 第五章 『母と子』




─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

≪第4章のあらすじ≫

  マンスターのレジスタンス「マギ団」が牢獄を襲撃し、やる夫達を救出する。

  マギ団のリーダーはシレジアの王子セティ(シャア)だった。
  セティはマギ団のメンバーたちをやる夫に託し、城外に落ち延びるように指示する。
  やる夫は新しい仲間達と共に、ナンナ(アスカ)とマリータ(徐倫)を助けに走る。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


580 名前: ◆OwyudH8Gdc[sage] 投稿日:2010/08/06(金) 22:02:05 ID:dLQapssg

    |
   |
   | ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  みなさん、ドクオこと作者です
   |  \ ∪ |  トラキアってゲームはかなりエグい部分が多いんですが
   |\     │ この第5章の展開は特に鬼畜なものがあります
   | ̄\ ∪ |  冒頭の部分で気分を害される方がいるかもしれませんが
   |     /   あらかじめお詫びしときます
   | ̄ ̄ ̄ \
  (⌒ー─'   )  …それでは行きましょう


581 名前: ◆OwyudH8Gdc[] 投稿日:2010/08/06(金) 22:02:50 ID:dLQapssg



――――第5章 「母と子」――――




――――マンスター城中枢部 とある独房――――




/ || || || ,/ .|| |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;";゙|; ; ::  : :;: ;": :"#
| |l || ||,/|| || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: :  ;; |\ :: ゙::
| |l ||,/|| || || || | ;  :   ;:゙:# ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;   | ::   | ||.\ ; ;"
| |l/.|| || || || || |; : " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;"゙;| ;; " .| || || \ ;
/..|| || || || || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙|;; ; ゙  \ || || |
| || || || || || || || |; ::゙ .:;  :   ;:゙: :; ; ;  :   ;:゙: ;": :;  ゙;  |: : ; ; ": \.|| |;
| || || || || || || || |;  :   ;:゙: ;": :;: ;": :;  ; ;:: .:  " ;; ゙:::| :: ; ::; .; ゙\! :
| || || || |レ|| || || | ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :;  # |;;";;゙ ;; " :: ; ::
| || || |レ|レ|| || || | ;;: ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  :   ;:゙: ;": :; ゙| :: ;: :;: ;": :; ; ;
| || |レ|レ||_|| || || |;; :  " ;  :   ;:゙: ;": :;  ;  : ": :;  ゙; |:: :;:  :: ;
| |レ|レ||_|| || || || | ;;: ; ,;   ;:゙: ;": :;  ;  :   ; ;": :;   | : :;: ;": :
レ|レ||_|| || || || ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  : ;": :;
レ||_|| || || || ||                               \: :;: ; ;; ":
|_|| || || || ||                              \: :;:: :;  ;


                  |::::::::::::::::::::::::::::::::|   ,. -- 、
                    |::::::::::::::::::::::::::::: |  /::.  .:::ヽ
                   l::::::::::::::::::::::::::::::. l_l::::::::::::::::::::l
                  rヽ::::::::::::::::__:;;-、ノ!:'、:ヽ、:::::::::::::::l
                  〉ぐ'y‐vー(_人ノiノ:::::i:::::::ヽ:::::::::::|
                    /:ヽニとニに)、,ノ‐'´`ヽ;r'´ `ヽ、::::l
                 /:::::::::::::::::::::/ / ,rぃi,ry   ヽ:!
                  , '/⌒i:::::::/ / ,/゙゙'' ''!il     ヽ
             _,/:::! i: ヽ l/ / ,/     l     l   l
       _,,、、-‐‐''"::::::::::::いr'/ / ,_、、_゙'、    l l  l   l
.    ,.r '":::::::::::::::::::::::::::_,、‐ニ゙‐''シ'´/ {r'_ソヾ'、   l.l. l  l  l |
  /:::::::::,.r'"「 ̄ヽY^ヽ ̄::::::// ,:' `冖''′    _,,kl. l l  ./ /  私は…
, '::::::::::/ `ヾー、ノ |l.  \::/,ri′ '           ,.くf'ン゙l ! l  / /   泥をすすってでも生き延びる!
::::::::::/L..、   !   l l l //`!{ !           i   ̄lノ ノ././  レイドリックに…
:::::::/   )   i   l l }'′/ヽ '、   __  ヽ __,ノ /ノ '/ / あの男にうけた辱めを
::::/!r‐'''"   / r‐‐J `! / / 〉 ヽ   、`ヽ_,_,. /:/''ソ/  100倍にして返してやる!
:/ヽ ,.'⌒Lヽj {  .j  ゙〈 / / ゙、. >、  `ー'/::::://'"
'"l l j__  )   ヽ/    ヽ/   '、 ヾーrく::::::::/
ノ  l    ̄   /      '、   /'ァく_ノ ノ:::/
   l     ,/       ヽ // /r''7:/
                       ・
                        。
                         〇
_________________________________Λ____________________


[Read more...]

2012.08.08 Wed やる夫がトラキア半島を解放するようです 第一部 第五章異聞 『闇の教団』




─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

≪第5章のあらすじ≫

  レイドリック(ジャイアン)はマリータ(徐倫)に「あんこくの剣」を渡して
  狂戦士化させ、エーヴェル(草薙素子)とナンナ(アスカ)にけしかけるが、
  エーヴェル達はうまくマリータを眠らせることに成功。

  怒り狂うエーヴェルを見たロプト司教ベルド(麻呂)の脳裏に、ある姿がよみがえる。
  エーヴェルの正体に気付いたベルドはとっさに「ストーンの杖」を使い、彼女を石に変えてしまった。

  直後、やる夫達が現れるが、手の施しようがなく、ナンナだけを連れて城を逃げ出す。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


760 名前: ◆OwyudH8Gdc[sage] 投稿日:2010/08/07(土) 00:02:25 ID:5E6SE4jw


――――第5章異聞 「闇の教団」――――


        ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
        ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
        ヽ ヽヾ三,'    :::..,. -‐- 、     _,,..-‐、、,'
         `ー',ミミ     ::.弋ラ''ー、   i'"ィ'之フ l
         /:l lミミ     ::::.. 二フ´   l ヽ、.ノ ,'         ………ほう……………
      ,.-‐フ:::::| |,ミ             l      /      あのダルシンが裏切っていたでおじゃるか
     /r‐'":::::::::| |ヾ        /__.   l    /         大男総身に知恵がなんとやらというのは
 _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',. \        ⌒ヽ、,ノ   /ヽ,_            本当だったでおじゃるな
"    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ. \   _,_,.、〃  /l |    ___,. -、
     ',\\:::::::::::::::ヽ\  \  、. ̄⌒" ̄/:::::| |    ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
     \\\;::::::::::::\\  `、.__  ̄´ ̄/::::::::::l |    `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
       ヽ \`ー-、::::::ヽ ヽ    ̄フフ::::::::::::::ノ ./   ,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
          `ー-二'‐┴┴、__/‐'‐´二ー'".ノ   / _,. く  / ゝ_/ ̄|
               ̄`ー─--─‐''" ̄      / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
                              /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
                              /  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
                             /      /    ゝニ--‐、‐   |
                            /           /‐<_   ヽ  |ヽ


         _____
   ウ   //∨∨∨∨∨ヽ
       |. |    ∪∪  |
   ウ   |__|    (@ (@ |、     ベルド殿、俺は兵士の家族を除外してもらうよう
      (d  へ   ⊂⊃  'ヘ       頼んでおいたはずですぞ!
   ウ   | i⌒\ /__!_\/^| |          こんなことが続いたら、兵士のなり手がなくなります!
    :   | | WW//WW\\| |       __   誰がロプトに逆らう者共を討伐するのですか?
      __i\ヽ-//一⌒ー-\\  ⌒ )    /
    /  \ / / ̄ ̄ ̄ノ ̄ヽ\(    ) /
   /⌒ヽ   //  ̄ ̄ ̄  |  i (   ノ  ┌┴┐
   |   ( ` ⌒ )     |  |  ` ′     /
   |__| (   )      |_|           ツ
   |   |  ` ′      |  |


[Read more...]

2012.08.09 Thu やる夫がトラキア半島を解放するようです 第一部 第六章 『脱出』




─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

≪第5章異聞のあらすじ≫

  ストーンの杖は、「魔戦士」を作る為の、大変貴重な道具であるが、
  エーヴェル(草薙素子)の石像は、魔戦士としては使い物にならない出来であった。

  せっかくの杖を無駄にしたベルド(麻呂)をなじるベルクローゼンのコッダ(水銀燈)。
  しかし、エーヴェルの正体を明かされてようやく納得し、ロプトのマスタープラン完遂の為に動き出す。

  そう、エーヴェルの正体は、15年前の「バーハラの戦い」で死んだはずのブリギッド……
  聖戦士の直系の血を引く、ロプト教団の仇敵だったのだ。

  そして「マスタープラン」とは……
  やる夫を泳がせ、叛乱勢力をレンスター城に結集させ、
  その後に彼らを纏めて破滅に追い込むことであった。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


847 名前: ◆OwyudH8Gdc[] 投稿日:2010/08/08(日) 19:01:18 ID:LX3DiBcE


――――第6章 「脱出」――――





――――マンスター城――――



            △
   △      |王|,,,,
  ノ合|      ||甲□》___含合ヽ,,,,,,
  │;;;;|▲   | ̄|ヾ ̄ヾ:;:;:ヾ:;:;ヾl △┐......、、
  │;;;;| |┌△田.lΠl△田.;;;;;;;;;;;亜│::∥、ΠΠ△,,,,
  │;;;;| |゚゚O||二|゚゚゚|''''''''''∥:::::::::::::::::::||亜 |゚゚゚|二||゚゚゚|:::::::|┐
 ┌iii7'''''''''''冖∥亜l_〔ニニ〕│||⌒|| 〔ニニ〕亜^^^^^lー、、;;;;;;┐
__,|____,厂 ̄ ̄   |乂[ 柱].ミミミミミ |乂[柱]____i_
    ̄ T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕  |\:::::::::::::::::::\...:;| | へ ヘ へ .|
  へ 、、|、、、、、、、、|  |  \:::::::::::::::::::\| |、、、、、、、、 |          __________________________
     | へ へ へ | ./三/| -----  |  へ へ へ  |        . |\_______________________\
 .へ、  |、、、、、、、、./三/ へ へ  .\三\ 、、、、、、、|.  、..     |  |llilll!lll|lll!lll|lll|lll|lll》lll|ll|
  、、、.|     .. ' ./三/、、、、、、、、、..\三\へ へ へ .|        .|  ||l》lll||ll!lll.lll!lll!llll|ll,l.llll|
     |    .[寵].、;lll;;;《.、、;:;:;:;:;:;:;;;;;::::::;:;: .  .\三\.‐      |        |  ||||lll|||i巛門》》illl|||||ll|
 冖冖冖冖冖.[;;;;]冖冖冖冖冖冖┐               vv、、、       |.... |  ____________________|_____
 ............................[;;;;]................................冖冖冖冖冖冖冖-[寵]冖冖┐,,,,,、、、、        |\_______________________\
 _______________._[;;;;]..................................................................... [;;;;]..............冖冖冖┐        |  |llilll!lll|lll!lll|lll|lll|lll》lll|ll|
            ^~~--- -,,,,,,,,,,,,,,____.......................... [;;;;].................................冖┐  、.. |  ||l》lll||ll!lll.lll!lll!llll|lil,lllll|
    ..:,:.:..     ..:,:.:..       ..:,:.:^^^''''---v、、,,,.[;;;;],,,,.....................................冖冖┐ .|  ||||lll|||i巛門》》illl|i||||ll|,,,,,,,,,,,,
  ______________     _______________          ..:,:.:..  '''.¬................................    ,,,,,,,,,.:,:.:...:,:.:...::.:..,:.:...:,:.:...¨.:,:.:...:,:.
  |\____________\   |\____________\ ..:,:.:..    ________________ ゙^゙^\   ,,,,,,,,,,,,,,,,,/.:,:.:...:,:.:...¨,:.:...:,:.:...¨:
  | |ill|lililill|li||lllli|   .| |ill|lililill|li||lllli|        .|\____.\  ,,,,,,,,,/:.:..:.. ,:.:...:,:.:    :.. ,:.:...:,:.
  | |il|巛門》ii|||i|_______| |il|巛門》iiiiiii| __________  |  |||'lll'lll|lll||l|lll''|/.:..、 .:,:.:...'....:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ____________    |\__________________\ .|\_______\.l  |ll'lll|゙/゙゙゙゙゙゙゙゙..:,:.:....´:..,:.:...:,:.:.  ...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ____\  .| |゙|ll| lll| .lll! ll l!:l.lli| | ∥i|||l|lll| ,,,,,,,,,,,,,,,,ノ.:,:.:..' :.. ,:.:...:,:.:...:.. ...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ゙|ll| lll| .l゙|ll| lll|  | |ll|i|;:|ll|lllli|.lll!.lll 「,,,,,,,,,,,,,,,,,.:...:,:/:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:..,:.::..,:.:...:,:.:....:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:.
 ..ll)!!llll||ll|《l,.ll|  | | lll 巛!門 ^゙/ .:,:.:...:,:.:...:,:.::.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:..,:.:...:,:.:...:..,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...


[Read more...]

2012.08.16 Thu やる夫がトラキア半島を解放するようです 第一部 第七章 『至高の戦闘』




─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

≪第6章のあらすじ≫

  辛うじてマギ団の隠れ家に逃げ込んだやる夫達を、アウグスト(でっていう)が迎える。
  アウグストは自らの目的を「子供狩りを止める為」と明かし、
  やる夫に、より大きな目的の旗印になるよう諭すのだった。

  一方、ガルザス(承太郎)は密かにマリータ(徐倫)を保護し、
  グランベル帝国の司祭サイアス(諸葛亮)に託した。

  実はガルザスは滅びたイザーク王国の係累であり、マリータはその実の娘であった。
  背中に現れる「聖痕」が証拠なのだが、
  レイドリック(ジャイアン)はマリータを裸にしたことを言いたくない為、コッダ(水銀燈)にも黙っていた。
  後でその事実を知ったコッダは激怒し、マリータを必死で探すが、手遅れであった。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━



55 名前: ◆OwyudH8Gdc[sage] 投稿日:2010/08/28(土) 19:31:17 ID:9IpWGCIA


     ≪ 第7章 「至高の戦闘」 ≫


――― トラキア王国北端の城 ミーズ ―――


                       |>
                     /ソヽ
                     |_ |.
               _    /||;|| ̄ヽ     _
              /ロ:ロヽ   |_|_ii_|__|     /ロ:ロヽ
              _| _ _| ,   lロ;;ロ;;ロl     _| _ _| ,
           _ _ i `l´`l´`li  .|`‐―‐-´|   i `l´`l´`li _ _
          i `´‐|-‐―‐- |_|--‐―‐-l__|-‐―‐- |-`´ i
          |ロ _.|_|_ii_|_i_i  |ロ;;ロ;;ロ;;ロ;| i i |_|_ii_|_i_i_  ロ|
          |  | fーr‐‐ョ ir`‐‐‐ 、__|_ゞ-f-f-f-< ,   |
          r┘'='-!.i.|  ^ ̄ i´  ト、__i ノ.;'゙"'' =ゝ=.└l
       ______,|_,r'';';∩、,.,,r'゙';;. ii ! ii | .|     ヾ.,,.;'゙"'';.ノ.{ミトヽ |
  ,.;;'';;.,  }  ,;';;';, ii !,,..!∩.;'゙"'';;;..,,.!__ | .|;:';"':;,/{ミトヽ;..,,.ノミトュミ_´ヽ.;;''
  ;゙::,:';;::;ニ,.,__,.,___,.__.,,,.___};{_,.___,..,...,____`.,.._ヽ ノミトュミ_´ヾ"'lii;; l"゙"' ;゙::,:';;::;
 ;';';';;';;';';';;';';';';';;';';';';';';';';';';';';'{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.`ー-、ー}}ミトヾ .ノii;;::ヽ';';';';;';';';';'';';';';;';';';';'
  '"`' 、,,..,.,     ,.. ''"゙ ̄`''‐― - - - ''"""゙"゙" `゙''"゙`""''"''゙`""''"''゙`""''"''
        ゙"` '''丶,,.,._      ,'゙   ,'゙
              `゙"`''' 、,,.,,.,,,.,,_


56 名前: ◆OwyudH8Gdc[sage] 投稿日:2010/08/28(土) 19:31:48 ID:9IpWGCIA

   ┌──────‐─┐
   | トラキアで いっしょ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`!
     ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄                                      |
            |    コープル 「こんにちはですニャ                         .|
            |    クロ    「トラ・ステーション第七回ですみャ                |
            |    コープル 「コープル達はちょっとヘビーな目にあったのニャ     |
            |    クロ    「だ、ダイエットなんかしないみャ!             |
            |    コープル 「もう…そういう話題じゃないニャ                  .|
            |           今トラキアで進行中の子供狩りのことニャ.        |
            |                                               |
            |  ∧\ ∧\                              ,.    ,     |
            |  |::::.  > ̄\!                              / ヽ._.._/ ゙ヽ     |
            |   l::::::ー'::::::::::::::ヽ                       /__,   、_ハ   |
            |   !:::::::( l!i ):::(_li                      7 ●    ● l..  |
  .       │. i::::::::::::::::::::::_,:::ノ                      |⊂⊃ー'ー,'⊂⊃|.  !
  .        ヽ_ヾ、_::: - ゙´!  ______________  ヽ.___¨〈ヽ._,,,ノ─''''
            /,イ:レ'ヽ                           〉   ヽ.〉
            ──゙´ ┴─┴─‐                       ──//─────
             【クロ】                          【コープル】


[Read more...]

2012.08.21 Tue やる夫がトラキア半島を解放するようです 第二部 第八章 『剣と魔法のファンタジーの世界でバーガーショップを志すクマーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』




─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

≪第7章のあらすじ≫

  トラキア領のミーズ城を目指して逃げるやる夫達に
  マンスターの将軍アイゼナウ(山岡士郎)が襲い掛かるが、
  ミーズのハンニバル将軍(海原雄山)を巻き込むことで撃退に成功する。

  実はハンニバルはトラバント王(サウザー)の許可を得て、ドリアス伯爵率いるレンスターの遺臣団を保護していた。
  遺臣団のカリオン(ベジータ)に案内され、やる夫達はドリアスのアジトに向かった。

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


307 名前: ◆OwyudH8Gdc[] 投稿日:2010/09/12(日) 20:01:39 ID:s33uqoew



        ≪やる夫がトラキア半島を解放するようです 第二部≫



≪第8章 「剣と魔法のファンタジーの世界でバーガーショップを志すクマーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」≫



.   _______________________________
  |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|
  |┃ハンニバルの山荘に向かうやる夫の本隊から離れた.            ┃|
  |┃オーシンとハルヴァンが率いる分隊約50名は                ┃|
  |┃ダグダの本拠地「黒竜山」麓の村に辿り着こうとしていた。         ┃|
  |┃                                              ┃|
  |┃黒竜山が山賊の根城と恐れられたのも今は昔、                  ┃|
  |┃現在は大陸唯一のバーガーショップ「ヌケドナノレド」の所在地として  .┃|
  |┃ささやかな平和と繁栄を享受しているはずだったが…。         ┃|
  |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|
.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


|  森森森森                    ●マンスター 山|山山   |;:;:;:;:
     森    ◎アルスター                山山/山山山   |;:;:;:;:
             森        / ̄ ̄\     山/山山山山山   |;:;:;:;:
            森森     山|山山山山|___/山山山山山山   》;:;:
;:/    森      森    山山 》山山山山     山山山山山山    /;:;:;:;:
;:\  森森        山山山山|山山       山山山山山山山    |;:;:;:;:
 ̄  森森      山山  _/山山       山山山山山山      /;:;:;:;:;:
     森     山山山 /山山山山  ●ミーズ山山山山山山   ●⊂_ ∩;:;:
        山山山山 /山山☆山荘      山山山山山山山山フィアナ  |;:;:
      山山山山山山 ノ山山     山山山山  黒竜山 山山山山       》;:;:
ターラ 山山山山山山 /山    山山山山山山       山山山       ー;:;:
 ●   _____/山山山      山山山山山山山山山山山山山山   《;:;:;:;:;:;:;:
    / 山山山山山山山山        山山山山山山山山山山山山    -\;:;:;:;:
    | 山山山山山山山          山山山山山山山山山山山       |;:;:
|__/  山山山山山山 ●カパトギア 山山山山山山山山山山山山       |

※ 原作では「紫」竜山ですが、地図上の位置がかなり異なる為、名前を変えてあります。ご了承下さい。


[Read more...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。