RPG系AA物語まとめるお

Home > やる夫はmotherの主人公のようです【完結】

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.04 Sun やる夫はmotherの主人公のようです まとめページ




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃やる夫はmotherの主人公のようです
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃01話 『超能力ヒッキー伝』

┃02話 『ゾンビと、いじめられっこと、ともだちと』

┃03話 『うざっ…』

┃04話 『宇宙からの侵略者』

┃05話 『天国と地獄』

┃06話 『出会い、そして別れ…』

┃07話 『やる夫とやらない夫』

┃08話 『突撃!隣のダンカン工場!』

┃09話 『やらない夫、がんばる』

┃10話 『でn…汽車でGO!』

┃11話 『雪の街スノーマンへ‥‥』

┃12話 『無人の街の戦い』

┃13話 『や~い!お前んち、オッバケ屋~敷!』

┃14話 『飛行機と戦車は男の浪漫』

┃15話 『さあ諸君、おれを止められるかな?(byやらない夫)』

┃16話 『戦え!子供達!』

┃17話 『メロディをもとめて』

┃18話 『おっぱい!おppうわなにをするやめ…!』

┃19話 『不人気って言うな!(by真紅)』

┃番外編 『その日、翠星石は』

┃20話 『ノンケvsガチホモ! ……そして』

┃21話 『最終難関!ホーリーローリー・マウンテン』

┃22話 『なけなしの勇気!』

┃23話 『7つのメロディはeight melodiesへ…』

┃最終話 『MOTHER』

┃番外編 『悲しい裏のヒロイン 真紅』 前編   後編

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ┏━━━━━━━━━━┓
    ┃執筆:◆USOVD0EE2k  ┃
    ┃                    ┃           __       i       | __|_
    ┃原作:MOTHER(FC)   ┃    _|_|_    /       ̄| ̄      |     |
    ┗━━━━━━━━━━┛      |  | /  <_      ̄ ̄l ̄ ̄   |  __|
                          |     ロ_|      __ノヽ、_    レ \ノ\
     l.⌒:l , -────-、
     | :::|/  ②      \                   ,.  -─- .,                        ____
   ー=ニ \ニ==/=-、  ヽ    「.∧    厂 |  ,.:'        ` 、 [二 ̄二]. 「¨l    「¨l  「 ̄ ̄ ̄] | ___ `Y
      | .::/(● )  (● )  ( 0 )   | ,∧   / ,: | '::r─::::::   :::::::乂 ,  ||  | |    | |  | 「 ̄ ̄  | |  | |
     | .:|   (__人__)      `ー7    | Ⅳム./ / l | !::::ゝ:::::::::::::::┐ー::::::: l  ||  | ` ̄ ̄ |  | └‐┐  | ー一 !
      | ::|\  `⌒ ´       /    | | v / .l | ',::::::::::::::::::::_丿 ゝ:::: ;  .||  | | ̄ ̄| |  | | ̄   .| fヘ 弋´
      |.:.| ⌒ ー-v一 ./⌒ヽ     | |  ∨  .| | ' ,:..、-::__r::j ...:_彡'/   ||  | |    | |  | L____  | | ∧ ∨
     〈,三}_|___ / 2ch / |      L.」     L.」    、:::::_r‐ミ   ,. '   .L.」   L.」   .L.」  L____」 L.」 ∧_.」
     {  _,_____ \__,/  |                `  ---  ´
      }~{  |             |
     ⌒  |             |        ,--t-、   ヽ      |    /  \
                              i /  |    ̄| ̄    人      /        のようです
                           V  ノ     ̄| ̄  /   \   /─‐ヽ
                                ̄ ̄ ̄




※VIPからの転載ですが、この作品は作者様から許可をもらっています。


スポンサーサイト

2014.03.01 Sat やる夫はmotherの主人公のようです 第1話 『超能力ヒッキー伝』




1 名前: ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:2008/12/30(火) 21:04:49.88 ID:JX1AKTAH0


             ,, / ̄ ̄ ̄ ̄\      zzz
           //::         \
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ     やる夫の好物は?
       /  /、:::::...           /ヽ_ \    >>10
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 21:10:12.40 ID:ZxR6sPgf0
みそ



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[>>10把握] 投稿日:2008/12/30(火) 21:11:17.29 ID:JX1AKTAH0

     1900年代のはじめ、アメリカの田舎町に黒雲のような影が落ち、
     一組の夫婦が行方不明になりました。
     夫の名はジョージ、妻の名はマリア
     2年ほどして、ジョージは家に戻りましたが、何処へ行っていたのか、
     何をしていたのかについて、誰に話すこともなく、不思議な研究に没頭するようになりました。
     妻のマリアは……
     と う と う 帰 っ て き ま せ ん で し た…



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/12/30(火) 21:12:21.07 ID:JX1AKTAH0

        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             そして時は1988年
             マザーズデイ町外れ
        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

         ___
       / ⌒  ⌒\     アッアッ、有希ちゃん、有希ちゃん
      / (⌒)  (⌒) \   イイお、アッ、イイお!
    /   ///(__人__)/// \  もうちょっとでイクお!
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゛ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ

      やる夫(主人公)


      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\     アッ
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[やる前から負けな匂いがする] 投稿日:2008/12/30(火) 21:13:51.75 ID:JX1AKTAH0

   ,. -‐―――‐-、
  γ::::::::::::::::母::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ          アッーーーーーーー>
(:::::::::/ ─    ─ \:::::::)    ……
\:/   (○)  (○)  \ノ
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

      やる夫の母(お母さん)

   ,. -‐―――‐-、
  γ::::::::::::::::母::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
(:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)  うう…学校行かなくなってからはや2ヶ月半…
\:/ o゜((●)) ((●))゜o\ノ   丸聞こえなのにも関わらず恥ずかしげもなく
  |      (__人__)    |   あんなに自慰にふける毎日…
  \     ` ⌒´     /


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/30(火) 21:15:27.87 ID:JX1AKTAH0

   ,. -‐―――‐-、
  γ::::::::::::::::母::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
(:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)  今は夏休みだからいいけど
\:/  o゜⌒   ⌒゜o \ノ   どうして…どうしてこんな風になるのかしら…
  |      (__人__)    |   誰か教えとくれよ…。
  \     ` ⌒´     /



        /´〉,、     | ̄|rヘ
  l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
   二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
  '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                `ー-、__,|     ''
   ,. -‐―――‐-、
  γ::::::::::::::::母::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
(:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)  あれ?地震かい?
\:/ o゜((●)) ((●))゜o\ノ
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


[Read more...]

2014.03.01 Sat やる夫はmotherの主人公のようです 第2話 『ゾンビと、いじめられっこと、ともだちと』




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/02(金) 21:01:22.36 ID:zYVElHHj0

    _.    _
    \\__//  __    .,,,,,,_,_,,....,,、
      \ / ,r'´ _ ゛'゛゛|  .|  ,.. 、./ __   ___       __
      | |  | r'  `l  |   .|  l゛    | |  | |  , ´   .:ヽ` 、
      | |  | ヽ,_ノ  l,  .|  |     | |_| |  i 、:.. . .;:::; j | i
       ̄   ヽ__,∧―  .|  |    ヽ.__|.  l|:.、_ ー'_ノノリj
                   ―ヾ          `ミニ三彡シシ


  |┃    ガラッ
  |┃ 三        / ̄ ̄ ̄ \  ハァ…
  |┃         /  ::/:::\::  \
  |┃       /  .<●>::::::<●>  \
  |┃ 三     |  ///(__人__)///  |     やる夫(主人公)
  |┃   ハァ… \    ` ⌒´    ,/     この世界の主人公を務めている。
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.     訳あって家にひきこもっていたが、
  |┃ 三   /              \    家で起こったラップ現象、そして
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ  自分の能力に気付き、
゛⊂二、,ノ──-‐'´|  ゜       ゜   .| l"  |  (主に自身の欲望の為に)事件解決に乗り出した。
  |┠ '       |    ■■     l/'⌒ヾ
  |┃三        |    ■■      |ヾ___ソ
  |┃      /  \ ■■/   l


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/02(金) 21:03:58.84 ID:zYVElHHj0

-前回のあらすじ-


    ,/^'`^ヘ
   ん,、,、,、,ヘ                        突然家具が動き出すという“ラップ現象”に遭う
     /:::ヘ                           やる夫達……

               _______
    :/ ̄| :  :  ./ /  #  ;,;  ヽ
  :. | ::|    /⌒  ;;#  ,;.;::⌒ : ::::\ :
    | ::|:  / -==、   '  ( ●) ..:::::|
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒  :::::.::::| :
 | ___)  ::|: ! #;;:..  l/ニニ|    .::::::/
 | ___)  ::|  ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
 | ___)  ::|   .>;;;;::..    ..;,.;-\
 ヽ__)_/ :  /            \


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/02(金) 21:05:55.25 ID:zYVElHHj0

 _,,,,....-----、-‐‐‐-、
 =ニ_...,,__,..-‐'´‐‐--、 ヽ
    〈ェ  _,,ェェ,,冫/\ 冫
    /(.|,,  /.)> ヽ___ /
    /〈~、 '。゜, ̄i  `,r`i
    |::rニ、   /  ( /
    |::`こ'  /  /入|                 そして父から明かされる
    \__,,,.....,,,,_//|| |                 やる夫の秘密…
     〕;;;;;;;;='´/|| || \
   _,..|| || || ||/||  \


          ____
        / .u   \
        ((○)) ((○))
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/02(金) 21:08:33.50 ID:zYVElHHj0

  +        ____    +
     +   /⌒  ⌒\ +
 キタ━━━//.\ ./.\\━━━!!!!
   +   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  +      使命じみたものを感じた勇敢な少年、やる夫は
       |     トェェェェイ     |        家族を守る為、事件解決にのりだした!
    +  \     `ー'´     /    +

                 /  ─ /  /_ ──┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
               \/  ─ / / ̄ /   /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
                ノ\ __ノ   _ノ   \   / | ノ \ ノ L_い o o


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/02(金) 21:11:41.85 ID:zYVElHHj0

-そしてその翌日-


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   それじゃ、そろそろ行くお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


  γ:::::::::::::::: ::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ  まあ、マザーズデイあたりなら大丈夫だと思うけど、
 (:::::::::/  ノ  \  \:::::::) ムチャだけはしないようにね?
   :/   (●)  (●)  \ノ
   |      (__人__)    |
   \    ` ⌒´     /


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/02(金) 21:14:43.81 ID:zYVElHHj0

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|   はいやる兄、これは私の餞別、
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|   オレンジジュースだお。
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ    それとやる兄のキャッシュカードも。
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ


      / ̄ ̄ ̄ \
    /   ::\:::/::::\
  /   <●>::::::<●> \   ウム、何から何までスマナイ、母上に妹よ。
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´   /    それでは…
     ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
      ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
       ヽー―'^ー-'
        〉    │


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/02(金) 21:16:17.73 ID:zYVElHHj0

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      | 行ってきます!
  \     ` ̄'´     /


[Read more...]

2014.03.02 Sun やる夫はmotherの主人公のようです 第3話 『うざっ…』




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/04(日) 21:02:26.51 ID:Eb5Mm02n0

    _.    _
    \\__//  __    .,,,,,,_,_,,....,,、
      \ / ,r'´ _ ゛'゛゛|  .|  ,.. 、./ __   ___       __
      | |  | r'  `l  |   .|  l゛    | |  | |  , ´   .:ヽ` 、
      | |  | ヽ,_ノ  l,  .|  |     | |_| |  i 、:.. . .;:::; j | i
       ̄   ヽ__,∧―  .|  |    ヽ.__|.  l|:.、_ ー'_ノノリj
                   ―ヾ          `ミニ三彡シシ



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/04(日) 21:04:39.09 ID:Eb5Mm02n0

【やる夫と友達】


  |┃    ガラッ
  |┃ 三        / ̄ ̄ ̄ \  ハァ…
  |┃         /  ::/:::\::  \
  |┃       /  .<●>::::::<●>  \
  |┃ 三     |  ///(__人__)///  |     やる夫(主人公)
  |┃   ハァ… \    ` ⌒´    ,/     この世界の主人公を務めている。
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.     訳あって家にひきこもっていたが、
  |┃ 三   /              \    家で起こったラップ現象、そして
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ  自分の能力に気付き、
゛⊂二、,ノ──-‐'´|  ゜       ゜   .| l"  |  (主に自身の欲望の為に)事件解決に乗り出した。
  |┠ '       |    ■■     l/'⌒ヾ
  |┃三        |    ■■      |ヾ___ソ
  |┃      /  \ ■■/   l




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/04(日) 21:06:11.28 ID:Eb5Mm02n0

   _     ,_,.. /  / ̄ ̄ ̄ `ヽ r-ァ― 、
  / ヽ  /..f|    -|         ヽ〔 三  ヽ.
 |   ヽ/....三l    v'           ヽ./   |!
 f   l! .|三三l   f             \  j
 __ゝ,. l. l.三三|   ,'./ /              V,.,__
.7 ゝォ ゝ!三三|  ラ/ /|   l | l   l `!    ヾ三. /   真紅(ピッピ)
  攸.  |三,r ! Lイ、 j. l ィ l |.il:l  l l ,l    i 〕三 /   やる夫をいじめていたいじめっ子だったが、
   ケヽ  ヽ:::::::ヽ ノ 刈l lメ lv'l |il|l|  / / |l  l !/|\ L   たった一人で助けに来たやる夫を見て、態度を改める。
  / 〉'´ヽ 〉rt:ヾ| レ!ヾvrl'ルヽji リ / / !|: ! レ' |ニトv'   助けてもらった恩を返す為に、少しの間だけやる夫の手伝いをしている。
 'Y |i ヽヽ√ミfr@jY/, f´Yミ-ァ`lヾ'レ' //__/ノ// rイ`!i    腕っ節が強く、ゾンビも一撃でKOさせる。
 \ヾ,/¨ヽ ヽヘ`´〃l ヘ ゝ-'     'r'::メ j// /:::L_l!
   ヾ!l! |-l\'ヘ::ソ  ハ!       t_ク/ |/,_∧::|
  .__ ||、 |:! 'rゞ:|! | ヾ      ,  /if |  f ルヘ
  \`|| ヽ|:! ,f三::|! ト___i|  -、  /ヘ`ヽ | /∧ \
    | レ  ´`!、三.|! '\.|!   , r ´=ー、j-,. ヽ// f'|`ー,i
    ヽ  l  Vゝミ\  \-r ',== / ヾ'∧  |  l |
    l  l   |八,j- .\ _ヽ\く三= (  v'/ ヽ_ノ


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/04(日) 21:08:29.06 ID:Eb5Mm02n0

-前回のあらすじ-


  γ:::::::::::::::: ::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
 (:::::::::/ ─    ─ \:::::::)
   :/   (●)  (●)  \ノ
   |      (__人__)    |
   \    ` ⌒´     /      様々な思いを胸に出発したやる夫
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゛-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゛(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/04(日) 21:10:21.31 ID:Eb5Mm02n0

       ____
     ,;''"´      `ヽ
 、--イ ::         ヽ_,,ィ
  }`、i ::.         ノ,' {
  |ミzl :: -=-、  ,,,,,,,,,__ 衫,'f
  f^i,.::..  幵'.:i .卜幵=- }r''j.      しかしその先に待ち受けていたのは
  ヽ,l ;;:.. ...,,ィ'  l .、    lッノ      突然の無理難題
  ゛iヽ,,;;:/、ニニ_, ヽ r'1,j
   } ::l .. .`ニニ´ ,. l! ::|'
  /ト、 `i     .:' ,l ,,ィヽ、
/ l ヾ"ヽ,,____,ィ'=''"   \



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/04(日) 21:12:17.30 ID:Eb5Mm02n0

    ___
   /_ _\
  / 辷>/丶辷>丶
  /Yミ彡^^ミ彡u|
  ヒ/丶/~~~丶Y ハ
  |川ヒェェェェハノイノ
  |\  ̄ ̄ //                    しかしゾンビの恐怖に負けず、
                              平然と立ち向かうやる夫!
                     _____
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. / ( ●) ( ●)
         _/ / ヽ   /     (__人__) \
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |
             /  .\     i⌒\   /
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./
         .ヽ、_./ ./  /
             ./ /
           .ノ.^/   ダッ
           |_/



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/04(日) 21:14:12.70 ID:Eb5Mm02n0

                      /r': : :└、
                    / r┘: : : : : :乙
             r‐z- 、, イ ' { ̄`丶、: : : : 〕
                に/r' / / /」'  l  l \: 」
             /| 〈 '|  l'  ノ_l l|   |  lY′
                  l |ヽfこ} イ |ィf トム ノ  jl|
              l l|  ゞヘ 〈!|ゞ'′ {:Nレリ'
             / ,!   ヽヽ| l!  - , ノl|
             l /    「r:l |ヽ-r <:l iヽ
             / /   /r‐- 、!ノ='` /:l !ムヽ
               / /! _/ rゝ、ソ:个 、j .厶 ィ′
           / /|l {__   ヽソ|: ヽ_ゝ {ソ ̄}
             / / /  / 〕  r┐〉:ト-- 'ヽ _ く'-、ノ
         /'´ l  / ┴-'、_j/ヽ.ノ_r.」ヽノ`ヽ\
        /  ./  ヽ.   〈 ' _ノ 、   `ス.  \\    そして遂に行方不明だった真紅を発見!
      //    l    l\_.厶フ  丶 ヽ/ ハ._ォ'´ー、 \


          ____
       / _ノ  ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
    ヽ   L   |r┬-|    |
     ゝ  ノ  `ー‐'   /
   /   /          \
  /   /             \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/04(日) 21:16:06.45 ID:Eb5Mm02n0

        {:::.:::.:::>.::´ ̄ヽ、 ,. -一 ヽ_
    ,. -┘.:::.:/:.:::.:::.:::.:::ノ::.Y:;___.:.:./.:.:.:.:.ヽ
   (.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:;:、;:;∠二:.ヽ`ヽ.:.:.:.:.:.:.:∟、
    ):.:::.:::.:::.:::.:::.; '´ //〈.:.:.:.:\ \.:.:.:.:.:.:.::ヽ-へ
  r''".:::.:::.:::.:::.:::/ / / / ハ `ー‐┐\ ヽ:.:.:.:.:.:.:ノ=ニ):\
  { ::.:::.:::.:::.:::.; ′  /      |   {_:.:.:.ヽ ヽ:.:.:.(二`V/^):、
    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |   そして真紅の我侭から、
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |   やる夫は真紅と一緒に冒険することになったとさ
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |
    `ーニ二_‐ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:(゛こ  /'^ヘ V:.:\ \:.:.:.:.:{! |   !
     <:.:.:. ̄} .:.:.:.:.:.:.:`} ノ:.:..:.ハ V:.:_>- ヽ.:.:.:.} |   i
      |_>'7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.::.:>'"  /:.:r‐'´〉、  i


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/04(日) 21:17:38.07 ID:Eb5Mm02n0

                                  mother's day
 : : : : : : : : : : : : : : :┌───┐: : : : : : : : : : : : : :
                    | 口:口:口 |.  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .
 /| ̄ ̄ ̄|  _____| ̄ ̄ ̄ ̄| 口:口:口 |          _____
 |::::| [] [] []:|/| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |         .|         |\
 |::::| [] [] []:|_| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |──┐   __|[]_[]_[] [] [] |::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|.___| lll lll lll |\:ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
______________________________
Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二I二


[Read more...]

2014.03.03 Mon やる夫はmotherの主人公のようです 第4話 『宇宙からの侵略者』




1 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/06(火) 22:01:12 ID:OROVru5v

    _.    _
    \\__//  __    .,,,,,,_,_,,....,,、
      \ / ,r'´ _ ゛'゛゛|  .|  ,.. 、./ __   ___       __
      | |  | r'  `l  |   .|  l゛    | |  | |  , ´   .:ヽ` 、
      | |  | ヽ,_ノ  l,  .|  |     | |_| |  i 、:.. . .;:::; j | i
       ̄   ヽ__,∧―  .|  |    ヽ.__|.  l|:.、_ ー'_ノノリj
                   ―ヾ          `ミニ三彡シシ


12 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/06(火) 22:49:53 ID:OROVru5v

【やる夫と友達】


  |┃    ガラッ
  |┃ 三        / ̄ ̄ ̄ \  ハァ…
  |┃         /  ::/:::\::  \
  |┃       /  .<●>::::::<●>  \
  |┃ 三     |  ///(__人__)///  |     やる夫(主人公)
  |┃   ハァ… \    ` ⌒´    ,/     この世界の主人公を務めている。
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.     かつてはいじめられて、ひきこもっていたが、
  |┃ 三   /              \    その後、そのいじめっ子とは和解する。
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ  元々テレパシーが使えたが、
゛⊂二、,ノ──-‐'´|  ゜       ゜   .| l"  |  とあるきっかけでPSIの才に目覚めた。
  |┠ '       |    ■■     l/'⌒ヾ
  |┃三        |    ■■      |ヾ___ソ
  |┃      /  \ ■■/   l


13 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/06(火) 22:51:20 ID:OROVru5v

   _     ,_,.. /  / ̄ ̄ ̄ `ヽ r-ァ― 、
  / ヽ  /..f|    -|         ヽ〔 三  ヽ.
 |   ヽ/....三l    v'           ヽ./   |!
 f   l! .|三三l   f             \  j
 __ゝ,. l. l.三三|   ,'./ /              V,.,__
.7 ゝォ ゝ!三三|  ラ/ /|   l | l   l `!    ヾ三. /   真紅(ピッピ)
  攸.  |三,r ! Lイ、 j. l ィ l |.il:l  l l ,l    i 〕三 /   やる夫をいじめていたいじめっ子だったが、
   ケヽ  ヽ:::::::ヽ ノ 刈l lメ lv'l |il|l|  / / |l  l !/|\ L   たった一人で助けに来たやる夫を見て、態度を改める。
  / 〉'´ヽ 〉rt:ヾ| レ!ヾvrl'ルヽji リ / / !|: ! レ' |ニトv'   少しの間だけやる夫と行動していたが、
 'Y |i ヽヽ√ミfr@jY/, f´Yミ-ァ`lヾ'レ' //__/ノ// rイ`!i    事情により離脱。
 \ヾ,/¨ヽ ヽヘ`´〃l ヘ ゝ-'     'r'::メ j// /:::L_l!     離脱した後も、やる夫にフランクリンバッヂを託し、
   ヾ!l! |-l\'ヘ::ソ  ハ!       t_ク/ |/,_∧::|      陰ながらやる夫を見守っている。
  .__ ||、 |:! 'rゞ:|! | ヾ      ,  /if |  f ルヘ
  \`|| ヽ|:! ,f三::|! ト___i|  -、  /ヘ`ヽ | /∧ \
    | レ  ´`!、三.|! '\.|!   , r ´=ー、j-,. ヽ// f'|`ー,i
    ヽ  l  Vゝミ\  \-r ',== / ヾ'∧  |  l |
    l  l   |八,j- .\ _ヽ\く三= (  v'/ ヽ_ノ


14 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/06(火) 22:52:17 ID:OROVru5v

-前回のあらすじ-


  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク         | ト |_|  |
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー┴―-ォ
   j   レ'∧! ,'::..::..::.〃::..::..::.レ'/::| |::..::..::..::r'::..::..::..::..::..::..::/::|
   /  / / /| ハ::..::..::..::..::..::. /l ト、| |::..::..::..::{ー-::.ハ::..::..:: /::..|
.  /  / |{::.| ||::.\::..::..::..::../::.| l::.| |::..::..::./::..::..::/::..\::./:ヽ:j


                                   真紅を仲間に加え、
                                   華やかになった冒険


       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /



15 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/06(火) 22:53:44 ID:OROVru5v

             /:::::::::::イ::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::\
          /::::::::::::::::/::::/:::l:::::::\\:::::::::::}
          イ:::::::::::::::::::::::::::::/|:|:::::::::::::::::::::::::::|
            イ:::::::::/|:::/|::::/ |! | l|::::ハ:|:::::::::::ト
           イrl:::/_|/__|/|_, | 、__|/_|_|:l::::ハ
            {k〈ャ'´ヒソ` ヘ.  '"ヒソ`'ァ/k)
              ヽヘ.            /‐'
              \     , _   /             力を合わせ、難事件を解決してゆく!
                  rへ、 ‐― /|l \_
               _//::::/:|:`:::-イ  |  |\
              /  /  | l    /  |  │ \
          /   /  {__   /_.ノ  |    \
         /   ∠ -┴ヘ‐-、三7 / へ、|      \


\               ¦         /
  \             ¦        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /     _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \          /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   バーカ!  >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |



16 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/06(火) 22:54:51 ID:OROVru5v

                             ,.、/レトヘトト、
                            /  V-‐'ヽ、 }
                         r'/   } fニ、i V⌒'i
                        , -┴!   /j_ `ー'  j,  |
                          _,L,  | //ハ ヽ_, イ }}.\|
               _,,.. --一'ニr‐┘ -=く/.{  {㈹_,ノiヽ..ノ
       ,.. -‐_ニ- ̄ _,二二二二三人_  < 〈ーノ_フl  |  {
     /,. ‐'',. -‐  ̄            } ´ / ヽ! >レ'  ノヽ
    // /                   __  `ー/      }ー'´ \ `丶、
  / ./ //   _r'´ ̄ ̄ ̄``丶、   |  ``ー'}        {    `丶、 ` ー-
  ヽ{ l/  <__          `ヽ 」 -‐イ´ ヽ    /勹      `丶、
    ヽレ‐''二,Z{ ,. -────‐ァ'´     \ \ /  \
   /,. イ //        /     / /       {   \
  く/ //  |     ,. ‐'"´    /  /  /     ヽ    \


       ____                            しかし突然起こる悲劇!
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /



17 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/06(火) 22:57:02 ID:OROVru5v

          ____
       / \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <           しかしそれをきっかけに目覚める
               レY^V^ヽl            やる夫の力!


.:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.;ノ               \
.:.:.:.:.:.:. / /:.:.:./  /   ,     `、        ヽ
.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |    | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l|  l| |
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽ ヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/レ=ニミ刈 |  リ  ,.ニ气 l |
  ):.:rへ_}|/ l| {l f伍}` ノ    狄l ' ハ
  ヽ、!{レ' ///   ゞ='′      ¨´ ∧ |
   ///人           '    八l |
 // /_>ト、_r个、    r¬ _/| ヽ\
// / /: /::..::..::{::..:ヽ.   /::..l`'┴:-:ヘ \
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ::..::トァ=く::..::..:l::..::..::..::..::}ヽ、\
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨{リ廻lト、::.l::..::..::..::./  ヽ、ヾーr- 、


18 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/06(火) 22:58:15 ID:OROVru5v

                         /ノ              ヘ、
                 .      /丿               しヘ、
               ∧     ∠ / ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、         フ
               l `丶ィイ/ r'  /  /     \       〔
               了  / ∧ 〕 / / 〃  |  、  ヽ      ア
_ ==ニ二´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ Y l  | r┘| | l|    !   ',  、' .     |
 二ニ=' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶、」 │ l └ァ l | |l   l| │l |  ', ',    く
´                V V│  |  | | l|   |l  |│l  | | l   /
                 マ  V L.八斗┼l-l   リ ノ ノノ  | l│ 〔
                 ヽ vヘ、乂,ィfチミ \ノ|ノム斗{ │l| lリ_/
                   ヽf¬ ミ ヒュリ    ,ィ癶イ ノ ノ乂
                   八勾 ハ       ゞ' ムイ
                 ,  ′{ ̄ヽ、ハ   、_ ′  ,′|
               , ′  ノ    ヽハ、    イ  |
            , '/ .   /      ヽハ辷イ   ヘ l
\         //    / {       入ハ     ヘ|
 ハ        //    /  V  -― イ  `、ハ __ム
∧ ハ  .  , ′/   , '′  / / |  / ,イ ̄ヘ^ー-、/  ̄/\


             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))                     友に別れを告げ、再び旅に出るやる夫であったとさ。
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄



19 名前:名無しのやる夫さん[] 投稿日:09/01/06(火) 22:58:56 ID:OROVru5v


-そして-


       /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゜ )( ゜ )ヽ   /)
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))  また来たっていうwwwwwwwwwwwwwww
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |    `ー'´   /´
    |         /



       ____
     /   ノ( \
   /  _ノ  ヽ、_ \
  / ノ( ●━━●   \ 俺だっててめぇの顔見たくて来たんじゃねーお。
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |
  \     ` ⌒´   ⌒/


[Read more...]

2014.03.04 Tue やる夫はmotherの主人公のようです 第5話 『天国と地獄』




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/10(土) 21:17:16.34 ID:JVPoS7Hb0

    _.    _
    \\__//  __    .,,,,,,_,_,,....,,、
      \ / ,r'´ _ ゛'゛゛|  .|  ,.. 、./ __   ___       __
      | |  | r'  `l  |   .|  l゛    | |  | |  , ´   .:ヽ` 、
      | |  | ヽ,_ノ  l,  .|  |     | |_| |  i 、:.. . .;:::; j | i
       ̄   ヽ__,∧―  .|  |    ヽ.__|.  l|:.、_ ー'_ノノリj
                   ―ヾ          `ミニ三彡シシ


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/10(土) 21:19:24.56 ID:JVPoS7Hb0

【やる夫と友達】

  |┃    ガラッ
  |┃ 三        / ̄ ̄ ̄ \  ハァ…
  |┃         /  ::/:::\::  \
  |┃       /  .<●>::::::<●>  \
  |┃ 三     |  ///(__人__)///  |     やる夫(主人公)
  |┃   ハァ… \    ` ⌒´    ,/     この世界の主人公。
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.     元ひきこもり。現マザーズデイヒーロー。
  |┃ 三   /              \    宇宙人の計画である地球人抹殺を阻止する為に
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ  マザーズデイから旅立つ決意をする。
゛⊂二、,ノ──-‐'´|  ゜       ゜   .| l"  |
  |┠ '       |    ■■     l/'⌒ヾ
  |┃三        |    ■■      |ヾ___ソ
  |┃      /  \ ■■/   l


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/10(土) 21:23:10.58 ID:JVPoS7Hb0

   _     ,_,.. /  / ̄ ̄ ̄ `ヽ r-ァ― 、
  / ヽ  /..f|    -|         ヽ〔 三  ヽ.
 |   ヽ/....三l    v'           ヽ./   |!
 f   l! .|三三l   f             \  j
 __ゝ,. l. l.三三|   ,'./ /              V,.,__
.7 ゝォ ゝ!三三|  ラ/ /|   l | l   l `!    ヾ三. /   真紅(ピッピ)
  攸.  |三,r ! Lイ、 j. l ィ l |.il:l  l l ,l    i 〕三 /   やる夫の最初の友達。
   ケヽ  ヽ:::::::ヽ ノ 刈l lメ lv'l |il|l|  / / |l  l !/|\ L   宝物のフランクリンバッヂをやる夫に託した。
  / 〉'´ヽ 〉rt:ヾ| レ!ヾvrl'ルヽji リ / / !|: ! レ' |ニトv'   やる夫の無事をいつも祈っている。
 'Y |i ヽヽ√ミfr@jY/, f´Yミ-ァ`lヾ'レ' //__/ノ// rイ`!i
 \ヾ,/¨ヽ ヽヘ`´〃l ヘ ゝ-'     'r'::メ j// /:::L_l!
   ヾ!l! |-l\'ヘ::ソ  ハ!       t_ク/ |/,_∧::|
  .__ ||、 |:! 'rゞ:|! | ヾ      ,  /if |  f ルヘ
  \`|| ヽ|:! ,f三::|! ト___i|  -、  /ヘ`ヽ | /∧ \
    | レ  ´`!、三.|! '\.|!   , r ´=ー、j-,. ヽ// f'|`ー,i
    ヽ  l  Vゝミ\  \-r ',== / ヾ'∧  |  l |
    l  l   |八,j- .\ _ヽ\く三= (  v'/ ヽ_ノ


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/10(土) 21:24:26.43 ID:JVPoS7Hb0

-前回のあらすじ-


              |ヽ
             ,ヘノ:::::ヽ
           /:::::::::::::::::ヽ
        /| /::::::::::::::::::::::::::ゝ
       /::::|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::〉/!
       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://|
       |::::::::::::::;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      |\:::::::::/  `、::::::::/ ヽ:::::::::::::::|/
      ヽ:::::::::/    !::::/   !:::::::::::/
      \::::::::>    V __<,,=-、/
         ヽ「`|〒=。,_;' 。=〒|#l)
        ‐ゝ、!  ̄",└≡=ナ-┘
         `∧  i=`==、 ∧´
―┬─┬―i⌒/  \ー='/ ヽ⌒i―┬─┬─┬―
  !   !  |  | |.  ハ`ー'´ハ  | |  |  !   !   !


          ____
        / .u   \                  シュークリーム動物園の潜入に成功したやる夫。
        ((○)) ((○))                 しかしそこにいたのは地球を侵略せんとする宇宙人だった!
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\    /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/10(土) 21:27:10.91 ID:JVPoS7Hb0

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゛ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゛          `‐..
                    /                   \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛      .'                            ヽ      ゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゛゛゛゛゛            /                           ゛:               ゛゛゛゛゛;;;;;;
  ゛゛゛゛゛;;;;;;;;............        ;゛                             ゛;       .............;;;;;;;;゛゛゛゛゛
      ゛゛゛゛゛゛゛゛゛;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゛゛゛゛゛゛゛゛゛
                ゛゛゛゛i;゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛゛;l゛゛゛゛゛
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ やる夫の勇気によって、
                 /゛||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゛ 辛くも撃退に成功するが…
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゛ゝ
                 ゛゛´`´゛-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゛/`゛
                    ´゛`゛⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゛i|||||l||ilil||i|llii;|;_゛ι´゜゛´


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/10(土) 21:29:10.84 ID:JVPoS7Hb0

         〉 //  l_ , ‐、   ∨ i l  | |
         |/ l ,-、,/レ‐r、ヽ  |   /`K ,-、
           / | l``i { ヽヽ l | / , '/',` //`|
            |> ヽl´、i '_   。`、llィ'。´ _/ /,) /
           |`/\ヽ'_i ,.,.,.⌒´)_ `_⌒  /__/l    数々の意味深な言葉、
             |/ / l´,.-― 、l`ー一'_冫 /l l |    そして去り際に残した半年後に訪れる
            \ ', /  /`7-、二´、,.| /// |     地球人滅亡の危機を聞いたやる夫…
           lT´ {  /  /  ト、 |::| /// /
          l´ ヽ、 > ー    ,/ |ニ.ノ-' /
              i``` 、/ }    ',,,..'  |-'´,- '´
           \/ ' \_  `´ノ7l´
         / ̄ |      ̄ ̄/ ノ L___/
        /   ヽ      /`ー´     /l


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/10(土) 21:31:50.67 ID:JVPoS7Hb0

          / ノ Y ヽヽ
     (ヽ   /( ゜ )( ゜ )ヽ   /)
     (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
    /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \
    ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )
        \   |r┬-|  /´
         |  | |  |  |
         |  | |  |  .|
            `ー'´
       ____                  やる夫はマザーズデイを出る事を決意し、
     /⌒  ⌒\                でっていうからメロディと、メロディの意味を教えてもらう。
   /( ●)  (●)\ハァー
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    mmー'´      |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/10(土) 21:34:27.47 ID:JVPoS7Hb0

                        __
                      /r': : :└、
                    / r┘: : : : : :乙
             r‐z- 、, イ ' { ̄`丶、: : : : 〕
                に/r' / / /」'  l  l \: 」
             /| 〈 '|  l'  ノ_l l|   |  lY′
                  l |ヽfこ} イ |ィf トム ノ  jl|
              l l|  ゞヘ 〈!|ゞ'′ {:Nレリ'
             / ,!   ヽヽ| l!  - , ノl|
             l /    「r:l |ヽ-r <:l iヽ
             / /   /r‐- 、!ノ='` /:l !ムヽ


            γ:::::::::::::::: ::::::::::::::ヽ、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ               多くの人に見守られながら、
           γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ             遂に旅立ちの日がやってきた!
           (:::::::::/  ノ  \  \:::::::)
             :/   (●)  (●)  \ノ
             |      (__人__)    |
             \    ` ⌒´     /


            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/10(土) 21:37:14.10 ID:JVPoS7Hb0

-そして-

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   じゃあやる実、この日記はお前に預けておくお!
  |     |r┬-|     |  あっても邪魔だし。
  \      `ー'´     /

            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ ⌒   ⌒リ| l │ i|  うん!まかせといて!
         レ!小l( ●) (●)从 |、i|
          レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ
             ヽ、  ゝ._)   j /
            ヘ,、 __, イ

   そうそふのにっきをやる実に預けた。



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/10(土) 21:39:07.93 ID:JVPoS7Hb0

  γ:::::::::::::::: ::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
 (:::::::::/ ─    ─ \:::::::)
   :/  (⌒)  (⌒)  \ノ  じゃあ行ってらっしゃい。
   |      (__人__)    |  良いニュースを期待してるわよ!
   \    ` ⌒´     /


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      | おっけー!しばしのお別れだお!
  \     ` ̄'´     /


[Read more...]

2014.03.04 Tue やる夫はmotherの主人公のようです 第6話 『出会い、そして別れ…』




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 22:04:00.23 ID:grBrV55a0

    _.    _
    \\__//  __    .,,,,,,_,_,,....,,、
      \ / ,r'´ _ ゛'゛゛|  .|  ,.. 、./ __   ___       __
      | |  | r'  `l  |   .|  l゛    | |  | |  , ´   .:ヽ` 、
      | |  | ヽ,_ノ  l,  .|  |     | |_| |  i 、:.. . .;:::; j | i
       ̄   ヽ__,∧―  .|  |    ヽ.__|.  l|:.、_ ー'_ノノリj
                   ―ヾ          `ミニ三彡シシ



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 22:08:07.30 ID:grBrV55a0

-前回のあらすじ-


                             |)
                            ∞
                   ______ ノl
                __ ノ'":::<●>::::::::::::::'":::ノ
              /●>::::::::::::::::::::::::<●>ノ
             /,ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ∞
             |)                   世界を救うため、旅に出たやる夫が最初に見たものは!


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (○)  (○)  \. なにこれ
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 22:09:39.26 ID:grBrV55a0

         ___
       /     \
      /   _ノ  ヽ、_ \
    /  o゜((●)) ((●))゜。
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゛___、rヾイソ⊃


           (Y)
      ,,..-ー7" `ヽー- ..,,           なぞの物体から現れた謎のバb…
    /,,.-ー'"´ ̄ ̄`゛ー-'、ヽ、         少女に連れ攫われるやる夫!
   /'"i´ |l⌒ヽ、__,ノ´⌒l| ヽ '.,
   l:::,.ゝ '、r-、__!r-、__,r-i_ノ_,.イ l
   ',::`γ´ ハ  λ ハ  ゝ r'"i
    ヽ;:i レイ._,.レハノ.,_レヽノ i::ン
     ノレ´ .i.-─   ─-i.  |'
      7 从"  _, ".从  i
     〈./ ri.>r---,.イレ'ヽ  〉
    __ハ/⌒iイヽニンYー'、 ハイ<{
-=ニ ̄:::::ヽゝ、ノY  rー'-、ノ:::::::: ̄ニ=-



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 22:10:38.82 ID:9PKhHrvc0
ババァいうなwww



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 22:11:41.85 ID:grBrV55a0

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


                     __    連れてこられた場所は、
           |\ ∧ ∧ /   `i   やる夫と紫にとって天国のような場所と呼ぶ、「マジカント」だった!
         /|ノ  `´ `´ `vi     |
        l     __    ヽ    |
       </ ̄ ̄ l水l ̄ ̄\/    |
        | , --、    ,--、 |   ヽ |
        | lへ ヽ  / .へl .|    ヽ|
        | |  \|  |/   | .|     |
        | |ヽ二>|廾|<二ノ.| .|     |
        ヽヽ.  '|   |   / ∧    |
         \`ー'  ::::`ー''/ ヽ   |
    ,, -‐'' ̄''▽\   ::  /||::  ヽ  |l
 ,, -‐''., ― 、  ヾ, `ー― '  ||:   |::::::〈::l
. r‐厂(~.二.~)、  ヾ \ /.  ||:   |:::::::::V


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 22:13:29.72 ID:grBrV55a0

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


                     ,. へ
           ,'〒== 、,. -‐フ´∠ニi |    しかし突然連れてこられた世界に戸惑いを隠せないやる夫は、
           | |__,'  ̄ヽ:y-/∠   ! !    この世界の脱出をこころみることにした!
           >==手ー'`ー==ィ、
          / 7/`ー‐'´ゝ''"⌒、__,.-、ヽ、
      ∩   i、 /イ i ,ハ,ヘト、(ト、iヽ. トゝ ,) )   ∩
      ', ',    iY ', ゝ○  リ ○ レi ) `i''"   / /
      \\   ` ) i ) トー--‐イ ノ イ ノ   //
        \\._/(リ ` .`二´.ィ'ゝ, 〉(ヽ,、//
         ゝ´:::ゝ-、),ヘ┬'ヵ<フヽ/ヘ:::ヾ/
        `y::::::::::Vハヽ'、`Lハ_ノレリヽノ:::::::う



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/11(日) 22:15:02.79 ID:grBrV55a0

-そして-

   / ̄ ̄ ̄\
  /  ⌒ ⌒ 丶
  /  (● (● i
 |  ⌒(_人_))
  \   `ー"/     とりあえずその俺を守る一族てのがいる場所へ向かうお。
  /⌒丶ー-ィ
  / ノ_  |
  \_))__〆⌒/三)
  |  リン_丶(_ノ
  丿_/
  し´


[Read more...]

2014.03.05 Wed やる夫はmotherの主人公のようです 第7話 『やる夫とやらない夫』




270 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:09/01/15(木) 22:03:22 ID:7PZGrxdT

    _.    _
    \\__//  __    .,,,,,,_,_,,....,,、
      \ / ,r'´ _ ゛'゛゛|  .|  ,.. 、./ __   ___       __
      | |  | r'  `l  |   .|  l゛    | |  | |  , ´   .:ヽ` 、
      | |  | ヽ,_ノ  l,  .|  |     | |_| |  i 、:.. . .;:::; j | i
       ̄   ヽ__,∧―  .|  |    ヽ.__|.  l|:.、_ ー'_ノノリj
                   ―ヾ          `ミニ三彡シシ

             第7話「やる夫とやらない夫」



272 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:09/01/15(木) 22:08:15 ID:7PZGrxdT

-前回のあらすじ-

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |        ̄      |
 \              /

                                マジカント脱出を目論むやる夫は、
                                やる夫を守る一族の助けを借りて、地下大河を目指した。

 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、


274 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:09/01/15(木) 22:10:21 ID:7PZGrxdT

            ,....、,
        /:::::::::`ー-、
        /./゙''ー 、、::ヽ、
       il"     `'-、::゙' 、
       .l゙         ゙''- \
       l .,..-''''"^゙''ー ..,,.   ゙' .\
      .! /゙ _-ー - .. 、  \.  ヽi⌒;
      ! l /ヘ / ヘ /゙i 、, .\  ヾ'::ヘ.
      .!! |`l 丶  '!'´ |  ''、 ヽ. ヽ::::::.:.,
      │.!ゝ      !'  ̄/ヘ `. ヘ.::::::::,,
       .! !」       :::::::/_. !  !  ヽ::::::.,
       .l |丿    ::::::::::::::::::::::/ヘ .!  l.:::::::.l
       l |⊥   ::::::::::::::::::::::::::::/ヽ    "::::::..l
        l`l│:::::::::::::::::::::::::::::::::`::::/、!   !::::::::.l
        .| !´::::::::::::::;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; .ゝ  l:::::::::::i
       ,,.! 、:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; }  .!::::::::::.l
      /゙ .L| . /ヘ::::,、;;;;;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;' |  l::::::::::ヘ
      |`.ー ..`' ーl/ ヘ./\∧_/\/ /   :::::::::::::..、
      !   `゙゙ ' ' ――--――-‐'"    ヘ::::::::::::.    しかし突如現れた地下大河の主に
      ヽ、                         l::::::::::::l  手も足も出ないやる夫と長門。


      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 '  u  イ孑代フ イ } /
.        Vハ  |{  r';;z j      r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  |u   ̄      、   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ       _    u 厶 ./
             ', {.代ト、 u         , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′


275 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:09/01/15(木) 22:12:07 ID:7PZGrxdT

       ____
     /      \
   / ─    ─ \
  /   (○)  (○)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!    唯一見出せた生き残る道は、
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |    長門を見捨てるという苦しい選択肢だった。
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゛il::::.  |.|   j_ソ ゛、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、


276 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:09/01/15(木) 22:14:22 ID:7PZGrxdT

                     _____
           r⌒ヽ、   .  /_ノ  ヽ、_\
          / \  \. / o゜⌒   ⌒゜o
         _/ / ヽ   /     (__人__) \
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |
             /  .\     i⌒\   /    長門に説得され、惨めな敗走を
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/    余儀なくされる。
        .__   r  /     |/ー、\   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./
         .ヽ、_./ ./  /
             ./ /
           .ノ.^/   ダッ
           |_/


277 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:09/01/15(木) 22:15:32 ID:7PZGrxdT

               ∥  _>、、-‐'´`ソ/‐- 、 _    ||
              |i    _||-'´   .||   ∥     ヽ、 .||
            ヾ、 ./ .||    ||  .∥       .ヽ||__
         , ┬ 、ヾ、__||/´`¨゛゜ヾ、∥     _,.. -‐ ッ‐'T¨゜゛´
        /  i   ヽ、 /     /\_,.. -‐'´,-─‐ '〈 ヽ
        /   人    ソ   __ /  .ヽ_,. -,'      〉. )
      ヽ、  / .l   ノ_,.-‐' .| .Y      /.┬i   /‐-</フヽ
        ヽi、.i  |` ´ |    ! ヽ、__,.. -t'´  ! `、ノ    _ノ .|
         ! .l  |.   L__   |         j   i  ヽ、 __,ィ'´  _,!
       ト、_ヽ .!、.  |_ヽ i.、   _,.-/-‐/|   j イ l ,.-'´
          ¨゛ヽ,.\ l` l `,ヽ、|.ヽ  _,ィ-─..、l   / /! | ヾ      無事マジカントを脱出したやる夫だったが、
.            / ゛> |i ヾ.:;'    V´ ヽ、:'ノ'´ , / | .|  |      紫は、長門の別れも予定調和に過ぎないという…。
            / /,| !           ` ´/_ノ|'´!  | 、 .|      彼女は一体、何を考えているのか…。
.          // ,r'ノ  ,〉、.   '         レ' | | | ! !
._  _,,,....-' ´ / ./  /:::::::::ヽ、.`ー‐  .,<;/ i'`ヽ、_ .  | |
 .--ッ─--─' 7´,/  .ノ:::::::::::::::!::`.ー_;:'´'´:::j  l:::/:::::::`ヽ.、| !、
-‐'´       ノ .,r' ,イ::!:::::::::::::::|:::トiイ´::::::::/  /;:':::::::::::::::::::::ヽ,.|ヽ、



278 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:09/01/15(木) 22:16:17 ID:7PZGrxdT

-そして-

             ,, / ̄ ̄ ̄ ̄\      ……
           //::         \
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ
       /  /、:::::...           /ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"


279 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:09/01/15(木) 22:17:43 ID:7PZGrxdT

         :   ,, / ̄ ̄ ̄ ̄\ :
        :  //::         \ :   有希ちゃん……
       :  ;/⌒'":::..            |⌒ヽ     有希ちゃん…駄目だお…死んじゃ…
       /  /、:::::...           /ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   /⌒`ー'⌒  )
    ━━━`ー──ゝィソノー‐ヾy_ノー─"




           ____
       /::::::::::::::::\ ガバッ
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |   は!夢!?
     \:::::::::   |r┬-|   ,/
    ノ::::::::::::  `ー'´   \


[Read more...]

2014.03.05 Wed やる夫はmotherの主人公のようです 第8話 『突撃!隣のダンカン工場!』




1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/19(月) 22:04:27.41 ID:NUR3PEge0

    _.    _
    \\__//  __    .,,,,,,_,_,,....,,、
      \ / ,r'´ _ ゛'゛゛|  .|  ,.. 、./ __   ___       __
      | |  | r'  `l  |   .|  l゛    | |  | |  , ´   .:ヽ` 、
      | |  | ヽ,_ノ  l,  .|  |     | |_| |  i 、:.. . .;:::; j | i
       ̄   ヽ__,∧―  .|  |    ヽ.__|.  l|:.、_ ー'_ノノリj
                   ―ヾ          `ミニ三彡シシ

             第8話「突撃!隣のダンカン工場!」




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/19(月) 22:05:26.79 ID:NUR3PEge0

【やる夫と友達】


      ____
    /_ノ   ヽ_\     やる夫(主人公)
   /( ●) ( ●)\    この物語の主人公。
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  半年後に迫る宇宙人の侵略を阻止する為に旅をしている。
 |        ̄      |  不思議な能力、PSIを扱うことが出来る。
 \              /



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/19(月) 22:06:20.88 ID:NUR3PEge0

       / ̄ ̄\
     / _ノ    .\
     | ( ●) (●) |.
     |   (__人__)  |   やらない夫(ロイド)
     |   ` ⌒´  |,   サンクスギビングのティンクル小学校に通う生徒。
   .   |         }    非常に優秀な頭脳を持っているが、それが原因でいじめられ、
    .  ヽ        }    屋上のゴミ箱に篭っていたが、やる夫の優しさに触れ、
      ヽ     ノ    少し立ち直る。メカに強く、メカの話題になると少々人が変わる。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/19(月) 22:07:18.55 ID:NUR3PEge0

   _     ,_,.. /  / ̄ ̄ ̄ `ヽ r-ァ― 、
  / ヽ  /..f|    -|         ヽ〔 三  ヽ.
 |   ヽ/....三l    v'           ヽ./   |!
 f   l! .|三三l   f             \  j
 __ゝ,. l. l.三三|   ,'./ /              V,.,__
.7 ゝォ ゝ!三三|  ラ/ /|   l | l   l `!    ヾ三. /   真紅(ピッピ)
  攸.  |三,r ! Lイ、 j. l ィ l |.il:l  l l ,l    i 〕三 /   やる夫の最初の友達。
   ケヽ  ヽ:::::::ヽ ノ 刈l lメ lv'l |il|l|  / / |l  l !/|\ L   宝物のフランクリンバッヂをやる夫に託した。
  / 〉'´ヽ 〉rt:ヾ| レ!ヾvrl'ルヽji リ / / !|: ! レ' |ニトv'   やる夫の無事をいつも祈っている。
 'Y |i ヽヽ√ミfr@jY/, f´Yミ-ァ`lヾ'レ' //__/ノ// rイ`!i
 \ヾ,/¨ヽ ヽヘ`´〃l ヘ ゝ-'     'r'::メ j// /:::L_l!
   ヾ!l! |-l\'ヘ::ソ  ハ!       t_ク/ |/,_∧::|
  .__ ||、 |:! 'rゞ:|! | ヾ      ,  /if |  f ルヘ
  \`|| ヽ|:! ,f三::|! ト___i|  -、  /ヘ`ヽ | /∧ \
    | レ  ´`!、三.|! '\.|!   , r ´=ー、j-,. ヽ// f'|`ー,i
    ヽ  l  Vゝミ\  \-r ',== / ヾ'∧  |  l |
    l  l   |八,j- .\ _ヽ\く三= (  v'/ ヽ_ノ



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/19(月) 22:09:34.91 ID:NUR3PEge0

-前回のあらすじ-

 ,r'ニニニヾヽ、                 //ニニニヽ、
("´ ̄ ̄ヾ))     _____   ((/ ̄ ̄`゛`)
|   、ィ_ノと)'   / "\, 、/"\  (つ(_,,ア   |!
i|   ` イ_/  / (‐-、)、 ,(,-‐ ) \. \_Y   |!
.ヽ、  ' (  /   `゛(__人__)'"   \ / `  /
  \  \l     i|    |!     l/  /
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l    無事にマジカントから脱出できたやる夫。
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /
   ゜   |!  Y           ィ |!  。
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゜, i! `| ゜、l!            i|!; ゜ ゜ 。



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/19(月) 22:10:44.14 ID:NUR3PEge0

             ∧_∧
            (´Д` )
           /    \
           ||  ||
           ||  ||


                     そしてサンクスギビングのティンクル小学校にて、
                     問題のようにしない夫こと、やらない夫の事を聞く。
           ____
       /::::::::::::::::\
      /::::::─三三─\
    /:::::::: ( ○)三(○)\
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |
     \:::::::::   |r┬-|   ,/  .
    ノ::::::::::::  `ー'´   \



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/19(月) 22:12:00.22 ID:NUR3PEge0

                , ⌒ハ           ハ⌒ 、
                j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒  Y ⌒ヽ/ .::::::::i
               ノ:::::::::j(ノ ..::::....: :::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
               ノ:::::::::j(ノ ..::::....: :::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
               ル:::::リγ::..:::::.. :::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
                Yyノ ノ :ノ...:ノ  ノ  ヽ ::::::) ルリノ
                  リ::::::(  ( ●) (●::(
            .      ハ::::ハ  ,,   r‐ァ リ) )
             /⌒ヽ.  ) ) ) )、    ノくハ(
          へ/  _  \ノ ト, 人 ハ__,. イ>'´/⌒\       そしてやらない夫の事情を聞き、
                                         友達になることにしたやる夫。


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/19(月) 22:13:34.48 ID:NUR3PEge0

    |\  /\  ム_   ハ          _r-⌒       `ト,
 ト、   | 「 ̄|  V´r-、`Y  |  ト、    r(             ⌒)ー'7
「 ̄|、 ノ  | └一ト、`ー' ノ  | / |   (`    _,-一一--、___   / /
.|  |├'´ ̄  __」  ̄´   V  L__(_-――'--現実 ,ヘ ` V /       /`j
、|  | L-一i  |    「 ̄ ̄ ̄ ̄ __,―T~,ヘ, ̄   /ム_` / /'´`i  ,ヘ  / /
 |  |  / ̄ └、   └一一 ̄ ̄|  `(,  |/ン-、ー| レV/。_,_」/ ,イ| レ'´/  / /
  |  | i i ̄| ト、`<^\       |   `,ヘ」 'ー゚-`~  ´、   L__/ノ |__/    L/
  |  ト、`こニノハ/  \     |    ! (`、   ノ、_ノ`ー-、/Y      ,_
  ∧ _| \ /    /\ ヽ   |    `ー、トvレ'ンr仁ニ] 〕 ,ノ      i、_)        用務員さんに苦戦しながらも
 / `'´  勇気   /   ヽ |  /      `ゝ,_ `、`⌒'´ノ"/-v-一、____        屋上の鍵を貰う事に成功した。
 | ,へ,     i r'´。 ̄_> |   {         _,>'゙こ,"゙"/゙「`i `、     _   ̄
 |/   \  ハ Vー'´ ̄~  レ'⌒i     / ̄`i `iー、`"´r'´ ノ `、      ̄
 | r' ̄。`ヽj `'     /   ^) |     |    `i `、   i /   L_r、___/)-
>、|└'´ ̄~`     ,_ -y'彡  i  /     |    └、 `ー、_」ノ    レ' ム_/ム-、
-、`i   r一->、_ノ`、(彡彡  Y´      `i、  、  `、       _」 r   ´_rニ,
、_    {  / ,レ、_,ivゞ,、彡 ノ        |`、  \_ >'´ ̄ ̄ ̄  ´    -=ニ´
、 し i  /`'゙{'"~ ト-、| };}ゝ /        `i \    ,rー'´  _,-T--'´ ̄ ̄
. `ーL__、\ };}  |   | {;{ /         |`ー-'`、     __,-'´   |
    `ー、_{;{_」   ,L,ノ'´           |    `ー-'´ ̄     |
 ,r一、____」  `ー┘ト--'´ ̄`ヽ,      |              |
'´   `  ´       !      `i      |             |


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/19(月) 22:14:49.16 ID:NUR3PEge0

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /                    友好的に接しても、最初は

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|       やる夫の事を信じようとしなかったが、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄\::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /   / .\::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   (>) (<)  |:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ::(__人__)  u |.:: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    l` ⌒´    |::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :{         |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  `⌒´    .⌒ゞ'´|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ / |::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\.|::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/  .ヽ::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;/ / \  ._丿|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄: :: .:|



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/19(月) 22:15:57.45 ID:NUR3PEge0

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::..:|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄\::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /  ヽ_  .\::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   o゜⌒   ⌒゜o |:|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ::(__人__)     |.:: |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    l` ⌒´    |::|     献身的なやる夫の態度に心打たれ、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :{         ||    窮屈なゴミ箱からついに抜け出したのであった。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  `⌒´    .⌒ゞ'´|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ / |::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ /\.|::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/  .ヽ::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;/ / \  ._丿|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__(___):: ̄: :: .:|



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/19(月) 22:17:27.23 ID:NUR3PEge0

-そして-

                               ___
                             /メ":゛;,.,;.メ\
                           /メ ;;.;#;;メ;;.;#;;..\
                          /;..;;(;;;;;);;.;;;(○);..;;\   …………
                          |;;.;メ;;.;メ(__人__);.;;;.;メ;;.;メ|
                          \メ#;;;;.メ メ; ;;メ;;. ;;./
                          /メ;; メ; ;;.メ; ;;;; ;メ.\


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. | ;    (__人__)     ………ごめん。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


[Read more...]

2014.03.06 Thu やる夫はmotherの主人公のようです 第9話 『やらない夫、がんばる』




1 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:2009/01/22(木) 21:57:32.98 ID:Jr0y/9ms0

    _.    _
    \\__//  __    .,,,,,,_,_,,....,,、
      \ / ,r'´ _ ゛'゛゛|  .|  ,.. 、./ __   ___       __
      | |  | r'  `l  |   .|  l゛    | |  | |  , ´   .:ヽ` 、
      | |  | ヽ,_ノ  l,  .|  |     | |_| |  i 、:.. . .;:::; j | i
       ̄   ヽ__,∧―  .|  |    ヽ.__|.  l|:.、_ ー'_ノノリj
                   ―ヾ          `ミニ三彡シシ

             第9話「やらない夫、がんばる」




3 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:2009/01/22(木) 21:59:18.24 ID:Jr0y/9ms0

【やる夫と友達】


      ____
    /_ノ   ヽ_\     やる夫(主人公)
   /( ●) ( ●)\    この物語の主人公。
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  半年後に迫る宇宙人の侵略を阻止する為に旅をしている。
 |        ̄      |  不思議な能力、PSIを扱うことが出来る。
 \              /



6 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:2009/01/22(木) 22:01:12.84 ID:Jr0y/9ms0

       / ̄ ̄\
     / _ノ    .\
     | ( ●) (●) |.
     |   (__人__)  |   やらない夫(ロイド)
     |   ` ⌒´  |,   ティンクル小学校に通う天才児。
   .   |         }    いじめられていたが、やる夫に助けてもらい、友達になる。
    .  ヽ        }    ロケットを飛ばしたいという願望(とやる夫の恩返し)の為に
      ヽ     ノ     ダンカン工場へ向かう。



8 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:2009/01/22(木) 22:02:47.70 ID:Jr0y/9ms0

   _     ,_,.. /  / ̄ ̄ ̄ `ヽ r-ァ― 、
  / ヽ  /..f|    -|         ヽ〔 三  ヽ.
 |   ヽ/....三l    v'           ヽ./   |!
 f   l! .|三三l   f             \  j
 __ゝ,. l. l.三三|   ,'./ /              V,.,__
.7 ゝォ ゝ!三三|  ラ/ /|   l | l   l `!    ヾ三. /   真紅(ピッピ)
  攸.  |三,r ! Lイ、 j. l ィ l |.il:l  l l ,l    i 〕三 /   やる夫の最初の友達。
   ケヽ  ヽ:::::::ヽ ノ 刈l lメ lv'l |il|l|  / / |l  l !/|\ L   宝物のフランクリンバッヂをやる夫に託した。
  / 〉'´ヽ 〉rt:ヾ| レ!ヾvrl'ルヽji リ / / !|: ! レ' |ニトv'   やる夫の無事をいつも祈っている。
 'Y |i ヽヽ√ミfr@jY/, f´Yミ-ァ`lヾ'レ' //__/ノ// rイ`!i
 \ヾ,/¨ヽ ヽヘ`´〃l ヘ ゝ-'     'r'::メ j// /:::L_l!
   ヾ!l! |-l\'ヘ::ソ  ハ!       t_ク/ |/,_∧::|
  .__ ||、 |:! 'rゞ:|! | ヾ      ,  /if |  f ルヘ
  \`|| ヽ|:! ,f三::|! ト___i|  -、  /ヘ`ヽ | /∧ \
    | レ  ´`!、三.|! '\.|!   , r ´=ー、j-,. ヽ// f'|`ー,i
    ヽ  l  Vゝミ\  \-r ',== / ヾ'∧  |  l |
    l  l   |八,j- .\ _ヽ\く三= (  v'/ ヽ_ノ



14 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:2009/01/22(木) 22:07:00.25 ID:Jr0y/9ms0

-前回のあらすじ-

          _____
        /        \
      / /・\  /・\ \
      |    ̄ ̄    ̄ ̄   |
      |    (_人_)     |
      |     \   |     |
      \     \_|    /


      / ̄ ̄\                  やる夫による手助けのお陰でいじめっ子
    /   \  \                 から開放されたやらない夫!
    |    ( ○)(○)
    .| ;    (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''|
    / ⌒ヽ     }  |  |
   /  へ  \   }__/ /            SMAAAASH!
 / / |      ノ   ノ            / ̄ ̄ ̄ ̄\
( _ ノ    |      \´       _      l ∨∨∨∨∨ l
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ   て
       .|                  ______ ノ    (
       ヽ           _,, -‐ ''"  |    ⊂⊃   |r'" ̄
         \       , '´        .| .| ⌒ \.l/ ⌒ | |
          \     (       / |. l + + + + ノ |\
            \    \    /   \_____/  \



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/22(木) 22:07:59.22 ID:5cJlhk720
のっけからウゼェwww



18 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:2009/01/22(木) 22:09:20.14 ID:Jr0y/9ms0

        / ̄ ̄\
.       _ノ,、 \_   \
      ( ●)( ●)    |
     (__人__)     |
     (`⌒ ´     |
      {        |
      {         /
       ヾ      /
       ソgヘ二ニ=7⌒ ̄"⌒ ̄〆"⌒ニつ
      ∧ii/ oィ/"  〃  (乙ノ≠^ソノ
     / .|//= ゝー─~゙─‐゙~'´
      l  |。     `~/                  しかし現実は非情なり、
     / |。      /                   次の街を繋ぐ汽車が崖崩れにより動かなくなっていた!
    /ソ |。       (
    / リ∠\____ニゝ


         ___
        /⌒  ⌒\
       /(  ̄)  (_)\
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


20 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:2009/01/22(木) 22:10:45.03 ID:Jr0y/9ms0

                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / .\  /\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!
      |         }/  .::::::::::::::::::::/     やらない夫の出した唯一の解決策は
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/     ダンカン工場にあるロケットによる大岩の爆破だった。
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゛、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,


22 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:2009/01/22(木) 22:11:59.90 ID:Jr0y/9ms0

           / ̄ ̄\
         /  ー  ‐\
         |   (●) (●)
         |     (__人__)
         |     ` ⌒´ノ
         |         }
       r⌒ヽrヽ,    }
      /  i/ | __  ノヽ        _____        唯一ロケットを飛ばす事が出来る(かもしれない)
     ./  /  /      ) __  .  / ー  ー\      やらない夫を連れ、ダンカン工場へと向かうのであった…。
     ./ /  /     //  \. / ( ●) ( ●)
    /   ./     / ̄、⌒) /      (__人__) \
    .ヽ、__./     / ⌒ヽ ̄  |        ` ⌒´   |
        r    /     | /  \     i⌒\    /
      /          ノ    / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
     /      /    /   ./     |./ー、\   \
    ./    //   /i,        ノ    \^   .i
    /.   ./ ./  /、/ ヽ、_../   /      .  ヽ、__ノ
   i   / ./ / .| ./  //  /
   i  ./ .ノ.^/  .ヽ、_./ ./  /
   i  ./  |_/      ./ /
   i /          ノ.^/
  / /          |_/
  (_/



27 名前:1 ◆USOVD0EE2k [] 投稿日:2009/01/22(木) 22:15:55.68 ID:Jr0y/9ms0

-そして-

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\   しっかし本当に外観と内部の大きさが一致してないお…
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\ あのこじんまりとした工場のどこにこんなスペースが…
 |u       ̄      |
 \              /


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |   それ突っ込んだら負けだろ…常識的に考えて…
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ
        /:::::::::::: く
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,―――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/22(木) 22:16:39.23 ID:5cJlhk720
そこはゲームのお約束ってことでww


[Read more...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。