RPG系AA物語まとめるお

Home > GPM みんな纏めてヒーローになるようです > みんな纏めてヒーローになるようです 第4話 『訓練やろうぜ!』 前編

2014.01.15 Wed みんな纏めてヒーローになるようです 第4話 『訓練やろうぜ!』 前編




13 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:22:05 ID:DPCzynj6

3月13日
 熊本市立矢留弐高校 教室
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

みなを集めた教壇にて。

           ||   |:            |│    │|│    │|
           ||   |:            |└──┘|└──┘|
           ||   |:            |        |        |
            /    |_____.  |        |        |
         /   /       /|_|____|____|_________
        /   /         //
      /    /        //         ___          ___
    /    /         //         /  /|  ||       /  /|  ||
  /    /____  //          /  / / ̄||      /  / / ̄||
/    //    /|//           | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||
    //    /  |/
  //    /    |            ___           ___
/  | ̄ ̄ ̄|    /         /  /|  ||       /  /|  ||
    |__  |  /          /  / / ̄||      /  / / ̄||
      /|_|/            | ̄ ̄|| | ̄ ̄||      | ̄ ̄|| | ̄ ̄||
   /
  /



水銀燈が取り出したるは、バラバラに分解された小銃。

                                    くヽ
                   ト-、         (`=イ^)     lコ  `
                  )_ノ- 、        `\ \   ∠フ
                  「    \            \ \
             _ノo○ ∠  )ココュ        \ \     `
    `          /    r―= /^ヽ              \ \
          / ,イ  r'Z7´  |  ノ   「フ   「ヽ.    \ `'^)
           レ'/ / ̄   r「ノ r'   「フ   (人)     Lノ-'
          ノイ      シ /  `
                ノ-'´
                                r‐、               /´ ̄ヽ
   ト=z  r-、              r‐、_,,.. -‐ ''"´ イ           /    ノ
     ̄   しヘ!   `         く_,  _,,.. -‐''"ー'     `     |`Y⌒Y
                        し'´                      ゙==="


15 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:22:40 ID:DPCzynj6

彼女はトントンと机を叩き、

                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                             .| 皆いい?見てなさいよ!  |
                            \  _________/
           ||                      |/                    ||
           ||               __@_                           ||
           ||            /〆  ̄  \                         ||
           ||.         /〃  ! {  } ! ハ                     日直||
           ||.       /《ll》 从_人_ノノハl |》                        ||
           ||       / ハ| |〒テ , rテ| |                         ||
          .[ニニニニ≧ミメ、|ヽ>、ー- ノl厶イ ニニニニニニニニニニニニニ]
                  >::::::::::〈::| |二><| |::::<
                  ⌒)ノ}ィ7:::ヽ|::::〈 {@〉|ノヽ(⌒
                      く::::< 〉:::::ー'::{:|


――と言うと教室中をぐるりと見渡し、全ての視線が自分を向いている事を確認する。
それが終わると、傍らのやらない夫に合図を促した。



           / ̄ ̄\
      rヽ  / ノ  \ \
      i !  |  (⌒)(⌒) |
   r;r‐r/ |.  |  (__人__)   |   「んじゃそろそろいきますか」
  〈_L (`ヽ .}   |   ` ⌒´  ノ
  l` ( ``/ .  |        }
  ヽ   l  .  ヽ      ミ/ ̄ ̄\
   |,.   l   /⌒   .ミ_ノ  ヽ、  \       「銀ちゃんの、
              ( >)( <)   |        5分間小銃結合クッキング――
              (__人__)      | ../}              、__人__人__人__人_,
        _      ミヽ`⌒ ´     | / /    __          )         (_
   ミ (^ヽ{ ヽ    ミ {        ./ /  . / .ノ         )  スタート! (_
   ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /           )         (
  .(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /             ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  ミ ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)
     i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
     ヽ. `ー '/   /           /\ \
        `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ


命を受けたやらない夫、直ちにスタートフラッグを振り下ろす。


                       r 、  i´Y    ! /
                       ヽ \j |/7 /リ
                         ',   _>'´
                         ノ .//
                      . / _〈  l     _/
                       ¨´  \_>一 ´/:
        ,‐、
      .rヽ, i i /´i                       __
      .ヽ '゙ '゙ ./                    / /   /| _
    , -―ヽ._ /                   / / /ヽ |/ / /   _ /|
、-‐ '     ヽ::} _`ヽ                  / / \ |    ̄ /| | / / /
        j:レ' `¨                    / /   ヽ |     | | |/ / /
/       .リ                   / /    | ヽ    |/  / /
     _ .. - '                  .//      | 〉      |/
-―  ´                               |/


同時に水銀燈が、勢い良く部品に手を伸ばした。





16 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:23:52 ID:DPCzynj6

今水銀燈が始めたのは、パーツを全て分解された小銃の結合だ。
兵隊の基本中の基本として、武装を支給された兵士はまず武器の手入れから学ぶ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                _______,、                   r、
                         / ̄l「 ̄l「 ̄/ ̄ ̄ ュ|ー―――┼r‐―┴――┬―――――┬┴ハ
    ┌―――‐┬r―――‐ヘニ叮「三三 __l  ̄ ̄ ̄|        | 」ニニニ  ―┴―――――┴― ′
    } 「  ̄ ̄ ̄〕∧ ̄ ̄>-‐宀‐七ニ、{兀 ̄l| _ ≦才=  ̄
    | l       〉 /孑 ´      /   r┴――ヘ辷三ニl|
    | ∟  -匕/           l   |      V辷三ム
      ̄ ̄                L _j         V辷三ム       ――完成予想図――
                                ∨辷云〉
                                   ̄



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


整備不良の武器を使えば、戦えないならまだしも暴発や誤射など、兵士の命に関る事故が起きる。
そのため必須科目にして徹底的に叩き込まれるものなのだが、意外とこれが難しい。


17 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:24:16 ID:DPCzynj6

なんたって精密機械たる銃器のパーツ数はべらぼうで、分解整備となるとその全てをばらす。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
      ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
     |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
     | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
     |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
      |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |     「…………」
      レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |
.        |  ト  __      /|    |l      |
       .|   | // )、_  <_j   リ\   |
         |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
        |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ U  レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \.u   !     ` 7  l/ //        「で、できたわ!」
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l
                                                  ____
                                                /     \
                                         .    /       \
                                         .  / /) ノ '  ヽ、 \
                                           | / .イ '=・=  =・= u|
                      「お前背中の後ろに何隠した」      /,'才.ミ) (__人__) /
                                         .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                          /\ ヽ          ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

元通りに直すには、小銃の構造を粗方頭に叩きこまにゃいけない訳で。
構造を全て覚えきるまでは、完成図のないジグソーパズル程度には難しい。



18 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:24:21 ID:fQBuW.rE
自殺用リボルバーとか出来上がりそうだな



19 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:24:47 ID:DPCzynj6

ばたばたとギャイギャイと、慌しく騒がしく水銀燈の手が動く。


                                   ,..:::´:: ̄::゙::`:::、
                                  {::,/´ l丁 T`' :;:\
                                  ハi lイN l 、イ l| iヾ:::}ヽ.
                    「えーと、ここがこうなって」   | lk_ィヽレ仁リ l .|dbl
                                  |、ト○   ◯/ l l∧| !
                                  ||从.┌-、∠ .ミ.:::''::´:: ̄::`:::.、
                                  ,イ,イゝ ニ イ ミ :;: '´T 丁l `ヽ::}
                                  <、ラY´:文 ミ:::/ l ll ト、 l Nトl iハ
                                  ≦〈:::{:::i;:〈ldb| l k_ィヽレ仁リl│
                                          l ∧l  lK◯   ○ソイ
                       「えーと、ここはああなって」      ミ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|
                                        ミl   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
                 , -‐,‐- 、                   l/≪T ,バ、(⌒)`Yラ、ゝ
        ,、    _,_、┌「  /   , `ヽ、                  ミN≠{〈:::::::V~~}::}:::〉≧
       / ~ヽ. // ,トL人!/从〃イ / ,. {::ヽ ゴ            ヾ≦ハ\:__;;:/:〈l:::|j≧
        人_   `i 'く   〉^ 、 _ '´//// {:::::1 キ               /::::::::::::::::KXl:_:ト、
     _/  └、  ヽ_二フ l´   _≦, {:::::::
     /└、  ゙┌ '´ ト.  `´ヽ   ヽ、_彡 {::::ノl
.    /   ` Y ´   i ヽ        !/ フ,、.、 |  ゴ
   (  , -'´:::`ヽ_,.-| `ゝ.     //  〉 ト' |   キ     「ここでヤクルトを一口」
    i`\|::::ヽ::::::::::::::|  /! `フ‐ - ‐イ/  ノ i  |   ュ
    |::::::::|::::::l`i::::::::::|  !__〉_とX_,. 、〉 /.-┴-┴、
.     |::::::::|:::::::i,l:::::::::| /) ゙薔   //:|::  ク:::::::::::::::::::::::::::::y^´ ̄ヽ\
     |::/i::::::::〉`‐=,レ'´}    ,、〃:: ミ/ ム:::::::::::::/マー^         \
     レ  |:::::/ /〈:::::::ヾ_,、-´:::::::::    lム:::::::::::::/マ´            ',
      |/   フ l::::;-大-、:::::::::::   ミ{:::::::::::::/マ´               l
                         ミ }:::::::::/マ!     i   i} / 从 .|
                       . !ヾ:::レ' | .| ヽ∧ l ! ,イァt  i! l !
                      ミノ 〉〈  ! ,!-=tニkリ!/ 〈::ル ノ /!ノ´
                        ノハ_〉 弋 弋:::レ   、 ̄ルイノ     「でもってここはこう抑えて……」
                             >  ̄    _  /!ツ
                              ミ l  ハ >   _  __/.i}
                              ミ ! .K´ヽ `Yア  !  | i}
                          ノ  i >::::\ヽ\!  | i}
                       _ イ   i/.:::::::::::::ヽ ! 气〉‐=、


無駄だらけの動作に見えるが、それでも少しずつ銃は組み上がって行き――



21 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:25:55 ID:QbWT9VA.
ヤクルトw

22 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:26:08 ID:Ud25RVjA
途中待てwww



20 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:25:14 ID:DPCzynj6

                                    ━ ┃┃  ━ ┃┃     ━
                                        ━      ━     ━━
      、__人__人__人__人_,                     ━━┛╋┓ ━━┛╋┓   ━━┛
      )         (_
      )   できた!   (_
      )         (.          / ̄ ̄`ニニヽ、                   rニヽ、
      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ .______/l]゚(` ̄ ´___i_i____.__,,_____________,,// `l l ._
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l /==l |;;;;;;l"l;;;;;;| |l''!| | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll二二二llニニニニ[l:l:二l
          ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l---┘)__o_l    il_!|_|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l´ L/
          l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;( lフ )--`====´' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
          . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ⌒`ヽ;;;;;;;;/  ̄    |,||,||,l|
                        /;;;;;;/       .|,||,||,|.
                       ./;;;;;;/       .|,||,||,|
                       `--'         |,||,||,|
          .                        . |,||,||,|
                                   ̄



目標タイムを7秒残し――4分53秒にて小銃の組み立てに成功した。



              _ ... _
          -_,.ニ -――-   ::.::.::..\
        //          \:.::.::.:.ヽ
        //              ヽ::.::.::.::.l\
        /         ヽ   ヽ '.  ヘ::.::.::.::| ヽ             │ ``. _|___  _|___    |  
     /     |   |   |l  | |  ヽ::.::.:」__ ',            ├─    | /    | /    |  
.    /    | i |  |l |  |,lイ丁 |    7::/::.::ヽ ,         │      |       |    ツ.  ・ 
     ' !    | | |'.  | ! |/| ,,ィ二寸  | |_」::.::.::.::|  、
   | l   | | | | ヽ | l |ヽ〃( 勺刈  | |_」::.::.::.::|  \
    | |   | l 仁≧\l l   >'´|,/| |_」::.::.::.::| 丶  \
   | | l∥ | ト"(で)ヽ        ノ´/| |::.:l:.::.::.∧  \   \
     、l lハ |ヽ|ハ `'´'    ィ   //|  `ーァ‐く ヽ    \  \
      \  |∥ ヽ|∧   <__/    イ   厶…-、 \  、 \
         l |!  | ト .,      / /   /.:.::.::.::.::..\ \ \   \
           |!ヘ | |   i`   ー _>イ/   /.:.::.::.::.::.::.::.:..\ \ \
          ∧| |   l   ,.「:::Y{:::/   /|::.::.::.::.::.::.::.::.::.l::ヽ  \
           / 〉 |   l /´厶イ「V  /.::|::.::.::.::.::.::.::.::.::..\l  ヽ
                        |\     /\     / |   //  /
                      _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                      \                     /
                      ∠ 「「「おおおおおおお!!!」」」 >
                      /_                 _ \
                       ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                        //   |/     \/     \|

完成した小銃を両腕で掲げ、上げたるその顔は得意満面。
でも、今日ばかりは皆素直に驚いた。


23 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:26:09 ID:DPCzynj6

なんたって、水銀燈が小銃の分解掃除を教わったのは一昨日の3月11日。
僅かな時間のこの進歩は、彼女の見えぬ努力を示している。



     ト VVVVVVVVノ\
      \            \
        ヽ             \
      ⌒≧x   /^^\/ \ \
       彡  〆     )   丶 ∨
        〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|
.     イ 从§  ( ●) (●) |从
       乂イ§   ⌒(__人__)⌒|      「何時の間に覚えたッスか!?」
          \゚ o     Y⌒Y /
        /⌒ヽ ∽  ー ∽ヽ
.       / r‐、    ∞∞〆ヽ |
      / ノヾ >      ヾ_ノ |



         /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
         ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ
          |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl
        l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|
       ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|
       ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃
      _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′   「頑張ったね!いい子いい子!」
     /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|
      rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/
     7:.:.:.;.:.く_nl〈  /,ニ{}ヘ f弌k ノ/;リ



        ., -=ニニニ≧ 、
       / ´+ ※  ※ +ヽ\
     // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、
    .〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈
.     ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ
    l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ        「褒めてやるですぅ!
    | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\       砂糖は幾つがいいですか!?」
    `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_:::ヽ、
.       ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :`丶ミー
      .`ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : : : : : :`:
        j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \: : : : : : :
        /:::| /: r1V/ノlト、\_}\ >r  ̄、l ,‐
                                             〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                            ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                                            /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                            i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                  「隊長がド素人って……            y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                            t'" ;;;r'⌒''yー'" u. ::t
                       とんでもない部隊だって事に           i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                   今更気付かされるぜェ」              ヽ、.u 'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                                 ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                                i  tー'--,ノ / ,r'
                                               ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                                           , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -

水銀燈を知る4人は彼女の進歩を、諸手を上げて歓迎する。



27 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:27:49 ID:w5xRQZVA
チョコラータがいたぞwww



25 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:26:56 ID:DPCzynj6

一方で、他の感情を覚えたのは、同じド素人のミクとゲイナー。

                                            _    _,,......,......,,_    __
                                         /ii,.-''´: : : : : : : : ::`:ヽ.///ヘ
                                         ,/-:: : : : : : : : : : : : : : ::.///_. ヾ\
                                       /::/: : : : : : : : : : : : : :///|: : ヽ//
                                        /://: : : :;ヘ : : : i: : : :.\ヾヽ|:: : ::×
                                         |/ /: : : :./ ヽ: : :|ヽ: : : : :\ヽ',: : : : :ヽ
                             .           |: : : :/-‐´ ヽ: l`‐\: : : :.|=lll丶.: : : :ヽ
        「でも凄いです。                      /|: : :/ r=-、  ヽ. r==ヽ: :.:.| l| i: : : : : :ヽ
                                         /:.:|: :/:|弋::リ    弋::.リヽ: :|´ノ  i: : : : : : :ヽ
         教わってまだ3日も経ってないですよね?    /: : :.Vl:::l     ,       |ヽl/   !: : : : : : : i
         私はまだあんなに早くはできませんよ」      i: : : : : |:::ト   _       /|:::|     i: : : : : : :.:!
                                       i: : : : : :l∨ `// )、_  / |/     !: : : : : : : i
                                       l: : : : : :l   {   '´ / 〉イ.lヽ、       i: : : : : : : :!
                                     l: : : : :.;l__,::‐|    /_ノ /  l::‐.、 _ l: : : : : : : :l
                                     l: : :/´  {}:ヽ   j /   /.: : :{}  `ヽ : : : : : l

    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l        「ウン、僕もだ。
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !         不味いな。このままじゃ置いてかれちゃうよ」
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l
   ヽ l: :l      `      l: : : : /
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_
  ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、


    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\     「隊長もだけれど。
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
.    \! `         u |   ′// /  /      Lさんやハルヒさんの分解掃除のスピード見てると、
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /      もっとやれなきゃいけないみたいだし」
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'


3日前に学兵となったばかりの2人はまだ、小銃の整備には相当な時間を要す。
ド素人仲間だった水銀燈に先んじられ、焦りが芽生えたのであった。


26 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:27:37 ID:DPCzynj6

そんな2人に、のんびりとした声を掛けるのは藤岡ハルヒ。



          /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
.        //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
          .|:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
        i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
        _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ
.       f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}  「まあまあ、
.       |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′   お二人共3日目にしては結構いい感じですよ?
.       |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ
         l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi     それに私とL先輩は一応本職ですから比べちゃ駄目です。
    __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
   _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{.       ……2人揃って実戦はからっきしですけど」
  厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ
  |ヘ i,  ir |  ゝ''´ . イ二二二ニ水ニ二二二}


持ち前の不思議な愛嬌を2人に向けながら、
焦りと無縁に見えるスローペースで2人を諭す。


                                           //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::
                                            !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:
      「からっきしなどは失礼な……                    /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`
                                           /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、_:::ヽ::::::::::
      私は確かに平均体重を15キロ下回ってますが、           ./::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::
      腹筋は六つに割れてます。                      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ:::::::
      体脂肪率も5%をキープです。              r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::
                                    / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾ
      貴方と違ってきちんと鍛えているんです」      .∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ /
                                    ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !
                                    、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -/


       , '.   . /. : :  /  . .    ヽ.
      ./:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
     /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
     !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
      ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
      iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
      Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /
       ノ{゙ヽi      j、   "" /イヽ{      「丈夫なモヤシって
.         .ゝ.ハ     、..... __     / ノノ         シャキシャキしてて美味しそうですね~」
        `iへ   ー‐ ´  ∠ニン
           |从i>     . イ从|
           .从|  `¨´ ムi//
           /} > 、_ ∠ h
         __ノ { .イ:::::\ ! \


28 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:28:37 ID:DPCzynj6

    /´        ヽ、ヽ、
    / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
   i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
   |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
   ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈     「んー……
    ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ     でも、他の人達も結構早いんだよなぁ」
      ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
       `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
         ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]



ゲイナーはそれでも納得を示さなかったが、ゲイナーと蒼星石達は軍歴が違う。



  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/   「いやぁ……
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/     ボク達は一応それなりに戦ってるからね。
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_      ギャル夫達もだよね?」
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_



真面目であろうと不真面目であろうと、何だかんだで彼らは1月以上兵隊をやっていて、
ゲイナーやミクがまだ知らぬ世界を、彼らは既に体験している。



     .ト VVVVVVV_ノ\
      .\           \
         ハ            \
      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
      .彡  〆     \ \ ヽ
       〃 ハ   ⌒   ⌒\ l  |   「俺ッチ達は蒼星石達程はやってないッスけど、
      ル从§ (●) (●) ヾ  |    4度出撃済みッス」
        .乂§::⌒(__人__)⌒:::从イ
         \   `ー´   /                        ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
         /           \                         ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
                                                   `、||i |i i l|,
                                                    ',||i }i | ;,〃,,
                                                    .}.|||| | ! l-'~、ミ
                                                   ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
                                                  .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
                                                  Y,;-   ー、  .i|,];;彡
                                                  iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
                  「正直逃げ回ってただけだけどな~」        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
                                                   ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
                                                    ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
                                              .  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
                                                  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;


彼らからすりゃ流石にゲイナーに負けないのは当然だ。


29 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:30:01 ID:DPCzynj6

その様子に2人が慌てる。急に周りが古参兵に見えてきたのだ。

                                        ::!_: :/: : /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ':::/∥〉
                                        :::|_/: : :|: : : : : :|: : : : : :|: : : : : : Y∥/
                                        :::」 /: : : |: : : : : /.|: : : : : :|: : : : : : : ∨ヽ
                                        : :.:::|: : : |: : 、/ |: : : : : :ハ: : : : : : | : |
                                        :::::::|: : : |: :/\、.|: : : : :/ 'l: : : : : : ..|: :|
                                        ::::::| : : :|/´ニニヾ、.|': : 、./-‐'!: : : : : ∨: :|
                                        ::::::|: : ::!| l;;;;:::;;》゙ .|::/γ=;ヾ|: : : : : :|: : |
.           「じゃあ、本当に素人さんなのは、           ::::::|: : ::| ,゙ー-′ |/  ∥;;;;;) !.!: : :、: |: :.|
.           隊長と私とゲイナー君だけなんですか?」     、ー,!: :,、| , .,-、._ '   `ー'',,./キ: :.∧:|: :.|
                                         >|:V|'ヽ、/   `゙ー,  "" //i: /|::V: :|
                                        . <|::::`!、:::ヾ、__/ _,,.. .-' |、,:/: |: : :|/
                                         <|:::::::ヽ'':::::/゙゙ 「ー' ̄.ヽ .|: :|/|:l: : : :|
                                         <|:::::::-ヽ ./|:::::::|>   ||: : : |l: : : :|


蒼星石達の戦歴など、本物からすれば戦歴と呼べないような代物ではある。



だけど、何しろ彼らは普通の高校生。
『実戦』という言葉に未だ現実感を持てておらず――


        /                      ヽ
.       / .          、              ',
      j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
      l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
      l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、
       l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \
      ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.     「それは困るな。
    . -'´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.      足を引っ張ることになっちゃいそうだ」
_.-‐'´   /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:.     ,. -‐ァ Λ .:.:
         \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
                `\`''‐    .____/



戦場を知っているクラスメイトと自分との間に、大きな差があるように感じてしまう。


31 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:31:24 ID:DPCzynj6

とは言っても1月かそこらの差。
その不安を翠星石は、大げさだと笑いながら慰め、



 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i       「大丈夫ですよ。
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|       翠達だって訓練期間なんて1ヶ月位だったですう。
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|.      1ヶ月ありゃ追いつけますって!」
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク



蒼星石もそれに同意しながら、不安を抱かぬ新兵に目をやると――



        .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.\/
       .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\
      | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/
        `V.{.:l.::lrr㍉l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´  チラッ
         V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′
           `11' ' ',    」いシ.l/::l:/.::::/      「そうそう。誰かさんの理屈じゃあ
         |.:ト、       ' ' '/:::.:,.::,:::/      
         |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ       1ヶ月やりゃ古参兵らしいからね」
         l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、
         l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」
         ' r='7::::フ fシ' l/      ヽ







              ,. ,,,,,-;;{@};;;;-,,、
           /;;;,'''- ― - 、;ヽ丶
             /,.ri ! ト l ヾ,.ヽ lヽ ヽ
          i| !ト、ヽl、| '´!レ;=ミ | lY,‐!       「見たでしょ!?これで私も一人前よ!
          |l l レイ,=ミ、 ´ ゞイl ! !.:i        という事で、今日からみんなの全体訓練を始めるわ!」
          ヾヽlゝゞ'  、 __ |l l rj|
             !lヽ   <  j l |イ|,|
            | i ヽ、__`´ ,iィ !_j |       ,_,___
            | | i!ゝ>,.二=レ'  >‐-,. =、-- ‐'":::::::;;ノ___
            |_ii >-- 、   /::フニ--、j ::::::::::::::::::::::::::::::::::〆
  _, -― 、    _|,.- ィ薔7/.: .\_/.\_//!r'⌒丶rニ 、__。 :::>" ̄ ~
 ァ:::::::::::::::::丶r' '7.::..::| _j/::. .:::::::::::::::.:.: |シj{_  - ┴、--‐'´
  ´イ:::, -ャ/:::::|.::::. :「l.::::.  :..::::::::、::/ヽl//7´  ヽ、 `ーァ
   レ  / \:::::ヾ:::..ヽヽ::::..  .:::::::.l ::. ::ヽ |  ヽ._  l ̄
      ´しイ:::::::ゝ=oゝ>:::.-- ' :::::::| !:i::.:::::jヽ、_ __ , j
      ィ'::::::::::::::j.://:.. .::::::::::::. :::.!j.::::/ ! l l l ! l l |
    /- 、:::::::://ハl::::::... .:. :.:::::::.. /  ヽj ! !l j | |
     「 ̄二!〈ィ::::// !l:::::::::::::.:.___:/      丶'ヽ! ´
                      、__人__人__人__人__人__人__人__,
                      )                   (_
                      )   「「エエエェェッ!!」」   (_
                      )                      (
                      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒


不安を抱かぬ新兵は、勝手に月代剃って今元服。
突然の訓練宣言含め、二重の意味で隊員の目玉を飛ばさせた。


32 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:32:17 ID:DPCzynj6

中でも一番慌てたのはシャア・アズナブル。設定年齢39歳蠍座のAB型。
戦車整備担当の自分が参加する必要はないと思ったのだが――


     /                     ',
      j                      ',
     ./           i | !     ',
    .:      {{彡イノノノ ハソ ハ  i
    .{    {   从////////ハィ//ハリ }
    .|    乂У ∨//////∨////ソノ
    .乂    い Y `ー "´   ∨/イ′
    彡   Y从ミ. u      '"´ 7      「わ、私もか!?」
    八   ミ、      ⊂ニ7 /ミ
    い   У ヽ     ー  /ハ
      ゞ==リノ、、  > 、   /ノ
     /:::::::::/:.:.:.:.:.:.≧x、、_ ̄彡、、
   ./:::::::::/:.:/  ` '・<: : |!:.:.:.:|:.:.|



 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !     「勿論!訓練に貴賎も年齢も無し!
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ      整備の人だって戦いに
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ             巻き込まれちゃう可能性はあるでしょ?
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´     自衛の手段は必要よ!
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_       弛んだお腹のダイエットだと思って
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_     頑張るのよシャアさん!」
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::



この一人前の新兵さん。時折酷くまともなことを言う。
ぐうの音もでない正論に、シャアは冷や汗垂らしながら弛んだお腹に手を当てる。



      , '            `ヽ、
     ,'               ヽ
     i               u .',
     ノ          ノノ八 ,)  ヘ
     (     (( ノノ∠イ_ ノハ_リリソ
     `)     Y<;;::;;;;;:::;;;;`´;;;;;;;;;!ノ
     フ   ,ヘ |ヽ;;;::;;;;;:::/ヘ;;;;;;;ノ
     ヽ  {Kノ ゝ`'''ー''′ , 〉 i    「ムゥ……サボテンの花が咲いちった……」
      ))  ヾト ヾ. u       /
     ラ ( (ノレ \   ´  ̄ /
    ,イルゝトミtr、. >  __/
   ノ::::::::::::::::/:.:.:.ヾクハ_入くヽヽ_,,、-


36 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:34:14 ID:DPCzynj6

そして水銀燈は、昨晩Lと相談した訓練プランを皆に告げる。
なんだかやけに楽しそうで、体育祭かなんかと勘違いしてるんじゃないかとも思うのだが。



    /wヾ´^~^^ーゞャ_::::::::::ヾ;;::::))\     ハ
    / / |   |   | ゞx;:::::::ヾ;;:)) \    ハ
   ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ
   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ
   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',
.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/       「と、いうわけで――今日から毎日
    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄        午後イチから1700時までを合同練習。
    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /
     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ     それ以降を個別の特訓に当てるわ。
      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/     OK!?」
.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三
      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三
     |i!  / / 彡i//|  /::|彡≡xwミ 、三三三



   lイ       /   /Jヽ  /u`ヽ   人
  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チイ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー' !
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ  l/⌒ヽ
   ノ! トv| ニ‐´   三rー         ` {   !ノヽ   「訓練尽くしじゃないか!
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ / ) /
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_ノ/- ' /   それにその時間まで訓練していると、
    /ヽハ       `二 _          /´ /    家に帰ってマクロスが見れないよ!」
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl      (_ /
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ- '-‐ ´
 /  |      /\    ー 三ヽ    |  ヽ



しかしその中身はというと、以前いた小隊よりも随分長い訓練時間であり、
すかさずアムロがブーたれるが、水銀燈は真剣な口調でアムロを黙らせる。



' /     ::::::::::::::/ /   '"´     ,  /      │   ゝ
/     ::::_::..-/ ィ  /          /  i    |     l
    ::, イ::::: ,' // /      / .イ::|   ′  / '   ヽ '
   .イ /::: // // - .. / /// |::|i /    ' /  |  ! !
 /  .イ::::::/ :::: /':::::_..-::': >< /    |::|/   / /,   i  | |
:/   /:/ レ:::   |,.イヽ:`:<_ /\    ' /    ' //:::  '  | l    \_人人人人人人_/ 
'   /:/ /::::::      |  >イ 、\ \ / '   //_/:::: /   | ′    ) 黙りなさい!( 
  /: '  ' :::::      i  {弋:jiハ ヽ, '`  ,.イ'イ /::  ,    //l/     /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
  :::/i / :::::       ヽ` ゝ- ' ノ'i/ . イィ,=.ハ/:: /   //
 ::::/: |' :::::::          ̄  / ´    fヒ7/イ    ,イ
 :/ ::│::::::                     `' イ::/  //
, '′::│:::::.                     ,レ' .. イ j/     「訓練は何より大切なもの!
  :::::::::::::::       ,. - r- 、      / /´/ ' /         軍隊は訓練に始まり訓練に終わる!
. ::::::: \ ::::       /    \.\_ _   /..イ´
ヽ:::::::::::: ゝ::::.     ト、     |::::>'´  イ´ j/           汗の1粒が命を1秒長引かせるのだ!」
三\ ::::::::: \:.    ヽ \.__レ'    ,.イ   /
三三\::::::::::: 〉、     ` ー…'_.. イ::::/  /
'二二二ヽ::/ j::::>  二ノ´フ:::::::/::/  /



37 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:35:03 ID:iak6ThIY
アムロアニヲタかよw

つかマクロスやってんのねw



38 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:35:05 ID:DPCzynj6

           ___
         /..:::::::::::::::::..\
        /.:::/ / ̄ ヽ \ヘ
       〃7´ イヽ、 ノ ト `ト 、
        《_{{∧ { o   o } ∧}}_》     「……って、昨日ドラマで言ってたわぁ!
     〃ー∩ヽゝ'''r―ヘ''厶イ ヽ‐ヘ
     Σ(⊂)_ヘ トヽ_~_ ノイ /_/乙     後、Lさんも同じような事言ってたし!」
      /^7フ::::>イ::∀::r<:::::∩┐ヽ
       { /{厶イ>く::人:::>、 ト个ー1 jノ



       , -'              ヽ`ヽ
      /'´    _   i イ l      \)
      /   /、i   jノー 、(ヽ      ヽij
     _l   ! ノi i'´  l7:oヽ_ヽノ_,.イ   i ヽ.
    / ` ー- |_V) ノ ー -` '´  _,、ノク  |ヽ}、
    _l        `, 7    _  .r' i;゚ハン  jノ     「後半部分だけでいいだろ!
  .ー- ヽ    / /  ./ーヽ、'´ ` i´ rー'´
      .l  /  /ヽ  !ヽ  >'  /‐ '′        そういう言い方するとLさんの発言が
     l/ヽ  i、  \` ー ´ /           ドラマ以下っぽいじゃないか!」
   、       { 丶、,ィ ー‐ ' ヽ-、
.  _ヽ       /  ヽク   / |                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                         | その発言も傷つきました  >
                                         \__________/


但し黙らせたのは一瞬で、瞬く間に話は横道に逸れていくのだが。



         / / ,:":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.\
        / ./ /:.:./:.:.:.:.:.:.:.|:.:ト;.:.:l:.:.:.:.:.ヽヽ
      /  / /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:| ',:.:ト、:.:.!:.:.l:.',
     く   ,'  l:.:.:.:l:.:.:./:.:.://_/ .l:/ー-ヽ:.:| ',|
        .ヽ、.」  l:.:.:.:.l:.:.l_:/フ ' /' 、,,,,,.ノ:./ ′
        /:.:.{  !:.:.:.:.Vr   ,,ィ ′  ///イ}     「翠星石も見たですよ!
       /:.:.:.:{   ヘ:.:.:.:\=''"//   _   ハ!     桐山将暉がカッコよかったです!」
      /:.:.:.:.:.{   ,イ_ヽT rr‐',  <ノ  , ' }
     /:.:.:.:.:.:..{ r-,.‐-.、>、ヽヽヽ ..__/   }
    /:.:.:.:.:.:.:.:{ </: : : : :ヽ} ヽ、  ,ヽ,‐;.:.::{   }
                                               〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                                              ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
                                              /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                              i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                         .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                              t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
                 「俺も俺も!                     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                    『俺の罪を数えろ……!』ってな!」         ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                         .       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
                                                  i  tー'--,ノ / ,r'
                                                 ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::



39 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:35:30 ID:Ud25RVjA
お前がそれを見るのかw

40 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:35:32 ID:fQBuW.rE
いの一番に脱落しそうなくせにw



41 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:35:43 ID:DPCzynj6

わちゃわちゃと、小隊員が騒ぎ始め――


   .`ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.      /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
     l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
      |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
      ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/     「君が言うと余罪の自白に見えるから、
     }:l::.|:ゝ       /:/:,'_ ,.‐ 、   その台詞使わない方がいいと思うよ?」
      /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リl !   rf:ヽ
    ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/ |. ヽ,. ナ/ /
      rt<   /ニ7弌ー、 ㌦ .!/ /
     / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ 'ミヾ! ィ、



.   / /: :/ :/: .ィ i: :  : : l:!:! ヽヽヽ
  /://: . :/: :/: . :, '//: : . : :/从 : }: |,:i丶
  /://: : /: ./: ://、/' !/|: : : /ナ |l : |: :!||
. |/|:{: : /: : /: ///‐〃 |:i: :/_ |l!: | : }リ
   iヘ: :{ : : |: i.ィ≡ミ/ V:ル'r≡ミメ |: l: /
    ヽ:ヽ: :|: |"     /'   、、、、ノイ}:{        「あのドラマの銃の撃ち方が
     }/{ヽト ト´´´  〈}、       ムノ゙`          カッコいいんですよね~
      ′ゝ. ヘ    、-―‐ッ   /イトi
       | ̄:>、  `¨¨´   /: /            2丁拳銃っていうんですか?ああいうの」
   / ̄ ̄`ヽヽ{` =.、 __ .イNハ!   . -- 、
  /       ヽ\  \ /{ _ -‐v'´    \
                                       /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、::::
                                     ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ:::::
                                     /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ:
                                   /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::
                                        i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::
                                      'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::
                          「おいコラ本職」      'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::
                                          ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ'
                                        ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ',
                                             リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃


自覚無く話を横道に放り込んだ張本人が、偉そうに号令かけ――



          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |   「黙んなさいって言ってんでしょ!
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |    すぐに着替えて、グラウンドに集合!」
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j         、_人__人__人__人__人__人__人__人_,
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶        )                   (_
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //         )   「「「はーい!!!」」」   (_
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ        )                  (
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒


皆は教室を飛び出した。
水銀燈小隊は、今日も全く持って平常運転である。


42 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:36:18 ID:DPCzynj6

そんな五月蝿い小隊員の背を、ゲイナーがぼうっとした視線で追った。



    /´        ヽ、ヽ、
    / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
   i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
   |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
   ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈     「……」
    ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ
      ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
       `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
         ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]

                                         l〔冫:ヾ‐:::::::::::ヘ:::::-、:::ヾヽ :::::\
                                       冫:::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::Vノ/:::!:::::::::::ヽ
                                       /::/:::::::ト、 ::::::|\_::::::::::::V、__!!、::::::::::
                                         /::/!:::::::;L_\::::l ´>=、:::::::lr'rニ1!::::::::::::
                                      {::/::|::::::::レ,=、\! ヒ'_ト、:::川jレ,ハ::::::::::::
                「どうしました?ゲイナー君。         ∧!:∧::::::ハ,ヒ〕      lVベラ´ ';::::::::::
                みんな行っちゃいますよ?」      /:::冫::;ヘ::: ∧  ' _ _,   ルく    !::::::::
                                     /::::::::: /::;!ヽ{_ > 、_  イノL`ヽ   !::::::
                                     ,' ::::::::::;:::::!       ,r┘‐‐ ' >、_   l::::::
                                     / ::::::::::;::::::!  ,.-‐ <,ム、  /´   ヽ  l::::

ミクがゲイナーに声かけると、ゲイナーは



          ,,..-ー-..,,_
        ,.ィ''"    ト、 \
     /        }ー \ }
    /   /   l  ノ ,仝iリ
    |   i ;:;i   リ/`ー’`“7
    |   l;:;:;:;l   /    iュ;'     「ああ。
    ハ ;:;:;: ;!:;:;:;|    |;;..    ヽ     ……いや、イメージと違うなって」
  彡/ヘヽ;:;:;:;:;ヽ:;:l   |;:;:;:;.. ,..〆
彳  k^〉 ミ;:;:;:;:;:;:;:∧ri';:;:'  |
及 ( ,ニニ二ヤリハ/ー―----ャ


と言った。
どうやらゲイナーはミクと同じ事を考えていたようで、ミクはちょっぴり嬉しくなる。


44 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:36:59 ID:DPCzynj6

自分は軍に溶け込めるのか。上手くやっていけるのか。
九州行きの電車の中でも悩んだ事だ。


        ┌──────────────────────┐
                __           __
               / ◎ \       / ◎ \  .O―~,
               ヽニニニノ       ヽニニニノ   . || 軍 |
               |(●) (●)      /(●) (●)\ ||―~'
            /ノ| (__人__) |   /^):::⌒(__人__)⌒:: ヽ
           /^/ .|  `⌒´ |   / / |    `⌒´    |
          (  ' ̄ ヽ   _/ヽ (  ' ̄\      _/
            ̄ ̄| = V // | |   ̄ ̄| = ̄ //  | |
              |   // | |     |   //   | |
        └──────────────────────┘
                          ┌─────┐
                          └─────┘
                                 ┌─┐
                                 └─┘
                                     □      _ .... _ /`ヽ、、
                                            r=≧≠´: : : : :``ヾ、ヘ:`:,
                                       j: /: : : :.ヘ: : :ヽ: : : :.Ⅵ: : :,
                                            ,: ,': /: ハ: :.ヘ: : :ヽ: : : :li| : : :,
                                      ,: ;' : i: :|-、ヽ∧X: :∨: :il| : : : :,
            「フフ、私もです。                    ,: :{: : :i: :|ィテミ\V心vⅦ!| : : : : :,
                                         /: : !ハ: !从弋ソ   `"´メⅥ|: : : : : : :,
            軍って怖いイメージありましたから、   /: : ; : :.ヽヘ!ヽ.  __,  //  '; : : : : : : :,
            ちょっと安心しちゃいました。」        /: : ; : : : : :\ヘ〉> <イ    ';: : : : : : : : ,
                                   /: : ; : : : : : ; -―>〉/ヽ/ ⌒Y ';: : : : : : : : : ,
                                     /: : ; : : : : : /  ,:':.:.:/l:l:.:.:.:.:.} 01 } '; : : : : : : : : :


この3日で解った事だが、この小隊の雰囲気は他の小隊と異なって、普通の学校に近い。
やり易い所に来れたなと、ミクはこの配属を好意的に考えている。


46 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:37:35 ID:DPCzynj6

だが、ゲイナーの考えている事はミクと全く異なるものだった。



         _,. -―‐- 、
        ,  ´         丶
    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\ 
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
.    \! `         u |   ′// /  /     「安心?そうかな? 」
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'



硬い声でゲイナーがミクに聞き返す。


      /                      ヽ
.     / .          、              ',
    j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
    l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
    l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、
     l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \
    ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.     「雰囲気は、やり易いかもしれないけどさ。
  . -'´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.       これで戦場行って、大丈夫なの?」
.     /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:.     ,. -‐ァ Λ .:.:
       \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
             `\`''‐    .____/



ゲイナーは雰囲気のやり易さなど求めてはおらず、
寧ろ軍隊の匂いを感じないこの雰囲気を、危険なものと感じていた。



                                  |:/     ./ |      .ハ   l  .|  .|l\、   /
                                  |.|      / .|     |. ∨  |   |   |ll,: : :::ー/::/
                                    |    人、 !    .|  ∨  .|  .|   |::lー:/:/:::::
                                      |     ./___`ーl   __|_,,.... メ  |  |  .|::::|.〈//:::/
                                  |  !、: |´/,-ヾヽ   |-,.__ \ .!  .|   |=:!、゙!||-´!:::
                                  | | :!, | .|,!;;;;〉| \::、:|´7,´=ヽ,、、 |  :|;;;;;;;;>∨i:::/
                                     |':  .ゝ ! `ー-'   ヽヾ |!;;;;;;;:l |〉\:| /-、。/::/:::∥:
          「あ……それは……えと……」      / .∧ :|ゝ、"" 、    ゞ、ニ'ノ'   ヾ/: ://-'/:::∥:
                                  /:/. |:ヽ |、   、___   """/,   / :/:/ /::::∥: :
                                 ,シ  | ヽ:|l.\、'、_ ヽ    /イ  ./--'''  |::::/: : ::
                                        |  |:!゙==ロヽ、___ ̄,,,;;;;‐ ./ イ-、     |::|: : : ::
                                     |  |l      |>-'''' //, -':::|     |:/: : : :
                                     |  |     /'' __l-‐ .'''゙゙゙::::::::::::`、   /:|: : : : :


47 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:37:56 ID:DPCzynj6

視線を、もう一度小隊員の背中に向けながらゲイナーが呟く。



     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ       「僕は、不安だよ。かなりね」
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′  .  、
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./      ),
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./     彡
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′



その声はとても冷ややかで、視線の先――


                                                     |
                                                  \     /
                                          ,.-'⌒ヽ,      /⌒\
                          ,.‐、,ノ⌒ヽ_        ノ     ヽ、 ― ( ゚ ∀ ゚ ) ―
                         ,ノ   ノ   ヽ__   (´  ,ノヽ    )    \_/
                        (´ (⌒´ _,.-――'  ,.-' (´     `)`ー-、/  ノ⌒ヽ、
                         `ー-―'´       (´   ,ヽ、 (⌒     ヽ、(    ,;ヽ
                                     `ー-'´ ⌒'ー、,,,,,,,,..,,.-' ̄ ̄  `ー'´ ´


 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \


ポカポカ笑う水銀燈と、酷く対照的なものだった。


48 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:38:19 ID:DPCzynj6



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i          4話 「訓練やろうぜ!」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / / 
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       S-4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




49 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:39:33 ID:DPCzynj6

┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、            ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、            作者の妄想ストーリーです。
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ             原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
      ):::  ....   \        大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.
     /      ::::::::::::::::::|      具体的に掛け合わせている作品を明示すると、『イナズマイレブン』でリーヨです。
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|       そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・この季節、食後のアイスコーヒーが美味しくて>>1が泣きそうです。
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/       いい大人が泣くのは非常に見苦しいので、ご注意下さい。



──────────────────────────────────────────────────




50 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:39:54 ID:DPCzynj6

水銀燈小隊初の合同訓練は、小銃を抱えてのランニングだった。


  ;..;:.,.,:;.:;.:,;.:.::;.   :.;.;.;..;,,;''    i     ゙゙w;; :: :::: : : ::: : : ::: : : : : : :::
  .;..;:..;..;:.,.,:;.;.:;.,;;.;.;..;.,,;;''  /         " ;; :: ::::: :: ::: :::: ::: :::: ::: ::::: :
  .:;.,;;.;.;..;;..;:.,.,:;.;.;..;;;゙"                '' ;; :: :::: : ::: ::: : ::: : :::
  :;.:,;.;..;:.,.:. .;.;;; ''             ヽ     "';; :::: :: ::: ::: ::: :: ::: :
  :;.:,;.;..:,;.:.;;w''゙           |             ゙;; ::: :: : :: : ::: :: 
  :;.:,;.;..:,;ii"  /                  \   "w;; :: :  :: ::
  :..:;.,;''"          l                   "''、;; :::: :: 
  :;w''                       ヽ        " ;;; :: :


水銀燈は「何をするにも体力よ!」なんて根性論染みた事を言い、
皆をなんだかゲンナリさせたが――


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            '\:ヽ
  i   ,,         `,,|
. /! /|    /|/|  ,  ト、
ゝ| ∨ .|   / / .| /  ト、t
、___-,| / ,,ノ--| /!  ト、/
_ ̄ ̄"  ‐弋zク7/./ !||l::!  「体力体力ぅ!」
"           ̄/./ ,,,/i!レ'
         ,   ""i/  /    .,_,___ -‐ ☆
\   `  ̄    // /-/^!‐'":::::::;;ノ___
::|::::>t.-..r <"フ-/ /:::/ ,/:::::::::::::::::::::::::::::〆
,r'´|}〉≧=≦〈{|:::::/ /:::r '-、^ヽ:::::::>" ̄ ~
.>ヘ|}〉 〈八〉 〈{|:::i/:::l{__r '  〉::\,,.___
Y::::|}〉⌒Y⌒〈{|:::::Y::::!`ヽ`r‐ ':::::::::::::: ,,:〆
                                        _,. -ァ――‐-- 、_
                                       / ノ* , - '^⌒"´`丶、
                                     / ノ  r'´         ヽ
                                    /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
                                      /   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
                                   /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
                                    ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
     (何でですかねぇ……                  ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l
      こいつが言うと何でも間違って聞こえるのは)   l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ
                                     l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ
                                   l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´
                                    l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l
                                   ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


彼女が言うからおかしく聞こえるだけであって、大抵の訓練はこれから始まるし、
翠星石達やギャル夫達が昔居た隊でも、訓練はランニングからスタートしていた。


53 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:40:37 ID:DPCzynj6

皆直に気がついたが、実際のところ訓練メニューは元自衛軍の兵士――Lと水銀燈で、
事前に打ち合わせして決めているようだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                    ,r,== {薔}ー-、_,、
                             __〆  / /   ヽヽヽ  ヽ
                              ||ノ,人ソj | |     | | i .} }ヽ
                               く/l_|||斗七\  |メ、|/| j }|
                               /从|ヘ/ /   \ソ   〉/ /,イ
                                / | |/ヽk== , r= 、ノ /l     「――という訳なの。
                            /  \\> ┌‐┐ ゙/ 'ハ          皆わかった?」
                             |  l  \ヽ、  ヽ_ノ イ /i |
                        r777777777tノ` ー r ´ |/ i l |   /|_
                       j´ニゝ        lK/||\>へ、 /|/l/::::::::::::'ーz_
                       〈 ‐'   乳酸菌  l|〔{〈匀}くl::::::: V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                       〈、ネ..         .l|::-ゞーヘ/::::::::_ノ〉:::::::::::::::::::::::::::::<_
                       ト |l. 摂ってるぅ? とニヽ⌒トイ :::l\:::::::::::::::::::::::| ̄
                       ヽ.|l         〈ー-   { :}`ヽ. ::l `Y' ー─-、l
                     |         |l           .lトニ、_ノ  { :::ヾ、!
            , ィこぅー‐.!    彡 .|l__________l|   }/ ::::::: ソ
               / 入Zツー‐|    彡
           {ソl  |  l  :|     彡
      チラッ   /イ| /l ノニ:| ┌‐、
            〈」|l.ノイハ   ヒ」 r|  |
           L}ト、〈ゞ'丶 :|, -t ̄ ̄L
           || ゝト≧ 二〈    ̄L.」
            || / . : :/::::,「 ̄L._ 〔
         ヾスス/ , ‐く.二リ     了




::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
:::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
::::::::::,:::::::'::::U::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
=ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
./ハ:::::::〃:::::::/ '".u  /"  .. ,ソiリ !
ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '    「わ、わぁ!
.ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i        とってもいい訓練内容だー」
  ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
  i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i
   i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


内容もセオリー通りだし、本物のお墨付きならまぁいいのだろうという事で納得し、
突然のランニングに、皆が黙って従った。



56 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:41:29 ID:sLcNY01s
Lww苦労してるなwww



54 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:41:17 ID:DPCzynj6

時刻は正午を少し過ぎた、お日様が最も元気な時間帯。

                           |
                      \           /
                            |     /
                         \  |
                              /
                   --   -   ○  ー _
                         /
                          /   \
                      /     |

:.:.. .:. ...:..::::::...::..:: .:: : .. .. .  ..               ,,、、,,,,;;;´"
...::..:::..:::.. . ..::...::.: .: . ...                  ,;;'":::.:.....::.::...
,.,, :.. . ..::...::.: .: . ...                 ,,.r'":::.:.....::.::....::...
;;;,;ヽ、                   ,,、、-'';":`::::::.:.....::.::...:...,..::...
;;;;,';;;;ヽ;,               ,..-''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,..:..:....::...::...
======================,;;r''"::::::.:.:.:..:....::..::...:...,.:...:...,..:..:....::...::...
;;;ii ;;;;;ii,;;;;;,ii.;;;;;ii.;;;;;.ii .;;;;;,ii.;;;;;(  ::::::.:.:.:..:....::..::...:...,:...:...,.,,..:..:....::...:..:....::..
''_'''''_'''_'',.'''_''''_''_'''''_'',.'''_''''_''_''''',;;;"''ー-l、,,'""'゙,゙'""'"、.wiルv,iルwviw.:
__- =_≡ _- _-_=_ = - _-_ -_ =≡_-;`--_ _、., _,__  ̄`¬.,v:.:
^ _ _ -_ ^ _ _=_ -_^__ =_ - _ -      ≡         Y,.,lji,; 丱
=__-_ -__= - _-_ -_ =_ -_ ^__-_=  -ー"`゙           i ,.,...ユiW
_ -_ __ -_^__ =_ -_ ^__   _,,、。"`゙ :::   :::         ∥,,::iリv,i
_ = _ -_ _ _ = __ __,,、。-ー''"`゙:::                  」:.::.vノiVi
  _,,.,..、。v-ー''"゙~ :: ' ::: : ::: :::    ::  :::: :: :::      「;;,,;;:yハiW
`"゙  :::: :: :::' ,:: ::::  : ::: :                  /,:.;,:.;,:.ナwy


サンサンと照りつける太陽が、時折ちょっとうざったい。
そんな、明るく暑い中でのランニングであった。



57 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:41:40 ID:DPCzynj6

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ゴール地点――学校のグラウンドに帰ってきたミクは、ゴールした後すぐにしゃがみこむ。

元々そんなに体力のある方ではないし、鉄の塊を抱えてのランニングは、
思った以上にミクを消耗させた。

                          | v|N |       "''.llヾ  "'',,"'  " ,ll   ""llヾ  "''
                          丶E∃      ,,'' "'',||~~||~~~||~~||~~||",, ",, ',||~~||~
                           ヽヽ       ,, ,, 'メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ
              __ _          ヽヽ_____,,____________
.         _/7/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ヽ/7    ___√コココココココココココココココココココココ
        ///:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  //⌒ ヽ
       /:. //:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.   / |: : : : : : ヽ
.      / : :T:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ̄ヽ: : : : : : : \
     /: : : .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: : : : : : : :ヽ
     /: : : : .l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::U:: , 、:.:.ヘ: : : : : : : : ヽ ハア ハア
.    /: : : :.:.:.:}:.:.:.:.,:.:.:.:.ト、_.:.:. ヽl l:.:.:.:.ヘ: : : : : : : : : ヽ
   /: : : u: : :/i:.:.,ヘ:.:.:.:l ヽ __\:.:.:.ll ノ/οヘ: : : : : : : : : : :ヽ
.   l: : : : : : :/::.ヽト、\:!ヾ== i:_//    .ヘ: : : : : : : : : : ヽ
.   l: : : : ::.〈 `::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::∥´‐-')/.......\: : :u : : : : : :ヽ
   l: i!: : : ,ィ丶_: ´:::::::::::::::::::::::::||、__ヲー-、...........\: :: :: : :. : : :.'.,
.    l:.ト、: イ::::::`´::::: ̄` ,ー-.、__||::|,ィ'ヽ \:::`:、..........ヽ: : : : : : : : :.i
    |! ヽハ:::::::::::::::::::::::::i!::::::::::::::::::`´:::::::::}  Y´:::\........!i: : : : : : : : :|
    |   ヽゝ、:::::::::`ー、i!:::::::::::::::::::::::::::::::::::l  ヤ/:::/ヽ、.l: : : : : : : : :


                                       /     ,へ  ,、         l
                                       / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
                                       l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
                                       l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l
                                       l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !
               「大丈夫?                  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l
                    水持ってきたけれど、飲める?」      ヽ l: :l      `      l: : : : /
                                         レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
                                           `>i、    ̄   /l/ノ
                                            l '‐-`   =  -‐' l_
                                       ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、



59 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:42:45 ID:iak6ThIY
小銃抱えてランニングか

そりゃ初めてならバテるわ



58 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:42:33 ID:DPCzynj6

差し出された水をありがたく受け取って、一息に飲み干す。



          ∠㍉//7x-‐‐- .
       , '"     /⌒ ''"´⌒`ヽミメ、 r‐、
       /      /            ヽ|ii|:》、
.     / /    / /{   ト、  ヽ ヽ ハ. |ii|⌒ヽ
    /__/   / 乂_,.イ   | '、   '.  V::vハ   :、
   ′/   /x≦ミ、|   xヘ         }:::vハ    :.
     /{   /《 ら沁  l  j ゞ=-‐   i  :|  マ    '
   / |   ,'cっ辷ソ   Ⅵ/ x=ミ、  i  i!  i!    '
.   /   | γ /i/i/i/i ,   らr心',  i   ハ ,'|      i
  /   i|八 o       /i/i/i ゞ辷ソ∧ i /:::レ |     |   「水が……こんなに!」
. /   ,八 个u. rヘ=-、__    とつ    /册} |    |
/       ヽ{⊇へ`¨` -、)   o/  /∨:::::/   !    |
      |  /⌒'{i>t---z-ο厶イ>ゞ="   |       !
      |((n/YY'y::〉rf''"i} 01ヽ         |       |
      |「ヾ=x_っ{   n^YY'h_j          |      |
      ||厂i:::: ̄7::|  {ゝ==彳}|       |     |


2、3度呼吸を整えて、漸くミクはゲイナーを礼を述べながら、
ゲイナーを見上げる事ができた。


                                        /      ,l   i               l
                                .       /    / |   ト、  |          |
                                .      /     /  ',   |ヽ、 |l            |
                                .     /    /´\ \ | _ヽL_、l   |     |
                                      /l  /r.f.r‐i_〃 ⊥´, -_、\|  |     |
                                       l   |1_ゞ=' )‐-(  !f:_j 〉、│  l     l
                                      l  |   ̄ ノ   ` - 二/ ̄レ /     /
          「……砂漠か北斗の拳でしか            .|  l   丶゙         /    / /
             聞かないような事言うね」         - 、  \ l   Fニ‐、  u   ./   / /
                                .    ,,`丶'∨'、  ト、`‐i       /  / /
                                        .、  '\ ゝ三-'  , ィ´ノ_/|/
                                        _ヽ/\\ー-_‐ ' ´ノ/
                                        \〃 \¬ 二/- 、
                                            ヽ   / /  /   \


ゲイナーは既にジャージを羽織っていて、随分先にゴールした事をミクに悟らせる。


60 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:43:29 ID:DPCzynj6

そういえば、姿が見えていたのは最初だけで、あっという間にちぎられた事を思い出す。



      /// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::×
.      / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : : : :ヽ
      /{: : :´/ 丿 ヽi ヽ\`: ::|::::i ',: : : : : ヽ
.     /: :!: : /イ==  == i::::|:ヘ: : :::::: : : : ヽ
    /: : :.!:./:::|  ′    u |:::|∠|ヽ::: : : : : :    「はい。なんとか……
.   /: : : :|V |:::ト,  丶フ  .イ: |≦-,__',: : : : : :    ゲイナー君、速いですね」
   /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`',: : : : :
  ./: : : : ,      /::::::「ii | |// i⌒i>::',: : : : :
 /: : : : : i     ./:::}:::::| ii |´\ /i01.i:::::::',: : : : :
                                       ./  !               ヽ
                                       /   ,| | {\ \          i
                                         i  ハ {\ _,>ハ           |
                                       l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
                                       l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
                                       ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄  .リ   / , / /
                    「まさか。遅い方だよ。              \! `        |   ′// /  /
               運動はそんなに得意じゃないし」       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
                                              \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
                                           ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ



        /: : : : : ,ィ: : : : : : : : ヽ: : : : i//ヘ
        .i: : : /ヽ!: : : :,: : : : : : :ヽ: :.//ヽ〉〉
       l: ::/イハ .l: : :.l ヘ: : : : : : :i:.〈〈: : `,
      /:l:.l!l弋:シ i!: :.l!'´`ヘ: : : : : i: :.〉、!:.:ヘ
      /: : :l:l      ヽ:!ィカョ、ヽ: : : :/: :/ i: :.:ヘ    「そうですかね。
    /: : : :.ト!   '   弋zリノl: : :/:/  .l: : :ヘ    でも、私より早いし、隊長よりも」
.    /: : : : :l! ヽ ー     ̄./l:/´     .l: : :.:ヘ
   /: : : : : l l´ `ー,- ,-‐ ' ´//´)`!.、     .l: : : : ヘ
  i: : : : : :.l! .l、__./.......|、 __,/ /..../ .ヽ,  l: : : :.:.ヘ
  i!: : : : : :i! /:::::/!........l .,,,、ィ'.´....../   .l   l: : : : : :ヘ
                                       /´        ヽ、ヽ、
                                       / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
                                      i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
                                      |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
                                      ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈
            「隊長とは……                        ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ
          あんまり比べない方がいいんじゃないかな」     ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
                                          `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
                                            ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]


ミクはお世辞抜きにしてゲイナーを褒めたつもりなのだった。
しかしゲイナーは隊長という言葉を聞くと、渋い顔して視線を道路に投げ出した。


61 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:44:14 ID:DPCzynj6

道路上には、ダントツのドベ。
歩くのと変わらぬスピードで走る、見るに耐えない顔となったお嬢様がいらっしゃる。


                                     、_人__人__人__人_人__人__人__人__,
                                     )                       (_
       /イ                   \::::::.ヽ          )   ほら、隊長!頑張って!   (_
      /:/          l          \::::lL __     )                        (
      〈l:′l    |  ∥ | |  l|l | |  Ⅵ(二二)〉    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
      |:| |  l |l | |||l | l| || l 」⊥l | ||l | 「\ ̄\
  ____|:| |  | |l | |||l | l| jイ川 l |l| ||l | |l ト \_}〉
  く<二二フノ |||7廾土¬八 |〃≫≡ミ刈 |¦リ.ハ\ヽ\ 、
    ̄/|:|仁∧l|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |l | ノイ   \ニィヘ\
.  〈〈_/イイハ乂 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 川 /、\  \|:| \>イ
.    ̄ |:| |:|/∧ \    "   i     u / / l \ >‐一< /  ゼヒャー ゼヒ、ゼヒ、ゼヒ 
       l:| |:|/ |ト、_>   ___     ∠ イ | /...:::::::::::::::::..\
        レ>ー┴| \ u  {  __〉  /.::::|l |/ .:::::/ ̄}::::::::::::..\
      /.:::::::::::::::::::l l | `ト    ̄   /..::::::::|l |:::::::::::〈(_フ/¬、:::::::::|       、_人__人__人__人_人__人__,
.     シ .::::::::::::::::::::| l | |::::::>ー< :::::::::::::::|l |::::::::: ノ /  / L:::::::/       )                  (_
.   /..:::::::::::::::::::::::: l  ヘ \:::/イト \::::::/|l |::::{⌒Y / ノ l:::::{        )  後ちょっとです!  (_
  | :::::::::::::::::::::::::::::::.',  \ く<_/ハ∨/    |l l::: >宀^ー<__ノj::::::ゝ         .)                (
.  ヘ :::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ   V⌒Yト-ヘ( ̄`ー|l ∨.:::::::::::::::::ー一':::::(          ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒



皆の応援を受け、なんとかラストスパートをかけようとしている様だったが、
足が空回るばかりでちっとも前に進まない。



         ____
      ,...-‐:::::::::::::::::::::::::‐-.....、      \_人人人人人人人人人人人人_/
     /::::-‐  ̄ ̄ ̄ ‐- 、:::::::ヽ       ) 若さが無いな!若さが! (
    //.   u  l    l ヽ::::::`、     /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
.   //.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ                         | …ほ、ほら、始めたてですし |
   l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l u l/^` ヽ  ヒッヒッフーヒッヒッフー          \___________/
   l l. l`ヽ-‐ u `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ
.   l 〉`lV`r'⌒、 !l!lll!! ゝ--' l ノl. l l   ヽ  ヒッヒッフーヒッヒッフー       \_人人人人人人人人人人人人人人_/
    l l`ヽヽゝ.-'       u ノ/.l ノノ.    ヽ                    ) 赤く塗ればいいのだよ!赤く! (
    l l. ヽ\u -‐―‐-、 u.//   /::フ、 ヽ           、_人__人__人__人_人__,^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
    ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v lヽ.ヽ          )           (_
     ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l 、、`、          )   黙れ中年!   (_
      `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-‐ ' ヾ             )              (
        l`- .>::::::::::::::::::::::::::::l ヽ:::ヽ   l             ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
      、二く. /::::/l:::::::::::::::::::::::l.  ヽ:::\∠\



62 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:44:32 ID:w5xRQZVA
おい言いだしっぺwww

65 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:45:22 ID:vwSYaAvg
ラマーズ法ww



66 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:46:13 ID:DPCzynj6

発案者の癖に満足に走れぬ水銀燈を見ながら、ゲイナーがひとりごちた。


                                  ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
                                   ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
                             .    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
                                   l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
                             .     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
        「始めたてって言っても酷い…かな?」    ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ
                                     \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′
                                 f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
                                 .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
                                  l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
                                  L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′



きつめの言葉だったが誰もフォローができず、やや気まずい空気が流れる。


    r==ニ二ニ三三三三三二≧
      `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
.       /::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ
      l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|
       |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|
       ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/   「……」
      }:l::.|:ゝ       /:/:,′
       /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リ
     ′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/
       rt<   /ニ7弌ー、


しかしここで、お嬢様第一の僕。
夜神ライトが高笑いを上げながら、ゲイナーに反論を試みる。


|| !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |
||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |
||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |     「ハハハハハ!!!
||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |
||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |     お嬢様は我が会津閥が徹ッ底的に
||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |     箱入りに育てたんですよ?」
||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|



             r ― _ ─ 、
        ,. - ─- | γ _ ヽ  \
        /::::::::::::::  |  し′ ) )   \
     /::::::::::::::::::::::::::::: \   |_j     /
   ノ::::::::/::::::ミイ:::::::、:r‐レ'ヽ ○   /
   イ:::::::'::::ナ ´ |:::::ノ/`ー|::::: \/
    ハ::l::|::/,ニ 、|//,==、jイ:::::::ゝ
    リ:,、::!l:::::::イ′ l::::::::イ l:::ハリ
     l V `ー`   ` ー` イノ     「それがどうしたんですか?」
      `'、         ノッ
        > 、 _ ∩__ イヽ_
       .'7  ||_><_|| ./ ヽ
         ハ  |ト、三/||/ i  |
        | ∨|:::ヽ/:/|, レ |


68 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:47:00 ID:DPCzynj6

    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!    「走るなんて事は粗雑で乱暴者がやる事と
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ      教え込んで参りました」
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!  <正直スマンカッタ!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'

                                          NVVVVVVV\
                                          \        \
                                          <         `ヽ、
                                          </ /"" \ .ノヽ. \
                                           //, '〆  ノ  )  \ ヽ
        「ギャース!!                            〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
          彼女にはしたいけれど隊長にしたくないタイプ!!」   .レ!小§    (__人__)  | イ━
                                              .レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
                                          /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
 ,ィ仁从从从ヘ从                                    (受\  ∞   ∞  /_ノ
`ヾジ从.从从ヘ从从                                    .\ “  _∞∞_ノ∞/
  `ヾ从ヾ从从ヘ从从                               \。____  /
.    ヾ从ヘ从从i从从
        ヘ从,从从'i,从从ヒ
.       ',从i从从ヘ从从ビ
       |从l从从从从从彡
        .r' }圭l!佳少´ヘヘビ、
       .〉、`!圭l!ソ´   ', ヘ彡     「病気がちな薄幸の美少女とか言われた方が
        .l ' \圭イ ⌒  ヘ ',ヤ     よっぽど同情できたぜぇ!」
       l ,.ィ´ 二>ニ≧ュェェハビ,
       l仁三i水三≧彡´ ト l三ビ、
       l`ー=イ二ソ  、 )! iィ三三ヘ、_,.r二三    ____
       ハ  `i"==ュ、.   l ヘ三三三lュ,r'´ 二  ̄ ,.イ ̄    `丶
        `、.  i ┬  l! !.リ  ヾ、≧'´ >'´.   /    >ュ.、 l.
         ヘ lトー-‐イ} / l  /  ./    /  >=ュ、ーァュ.、ヾ
          ァ´i 、`=一" / i j/∠//   / >'´ `丶 `丶ヘ.ソ´
        //l l `ー─‐イ  l/ .l  .l l  />〈´  __I!,  i l


反論は言い訳にすらなっておらず、余計な絶望を撒き散らしただけだったけど。


69 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:47:22 ID:DPCzynj6

そうこうしている間にブービーのミクから10分程遅れ、やっと水銀燈が完走した。
水銀燈はゴールするなりハラハラと崩れ落ち、汗まみれの両手を地に付ける。


                                \_人人人人人_/     / ̄ ̄\
                                  ) GoooooAL(     ./ _ノ  ヽ、\
                                  /^Y^Y^Y^Y^Y^\    |  (⌒) (⌒).|
                                     ∩⌒ヾ     . |  (__(⌒.)  |
                                     い   )      i   `/ /  (⌒)
                                      、 . ノ .     ヽ  / / ./ /
                                       |  | / ̄ ̄\ / // /
         「頑張ったなー銀ちゃん!!             |  |./   _ノ  \   こ二二⌒)
                                       |  |   ( \)  |彡  \
          おっと卑屈になるねェ。確かに君は遅かった。   |  |   (⌒ (\)  .|ヽ .\
          けれど、走りきった事が大切だ!アンダスタン?」   l  |   / ̄(__丿彡   .(.__)
                                       ト    /ー、/  彡
                                       |     \ノ
                                       |      )
                     , _,,,
 ヾ 、、           __,〃ノ;;;;;;;;≦ー''
 `ヾ`;;ヾ;;;ヽゞ__     , 」´/ノ;;;;:;;;;;;;;;;≧`ヽ、
 >;;;;;;;;;;/´   ` <´シ-ー-、;;;;_≦`::. ::.::.\,-┐__
  `≧、/___ _ .iフ  ` 、 ヾヽヽヽ、::. ::. ::. ::;.ヾ-、‐_,`ヨ┌フー='コ
   ヾ{=薔==⇒K=ッ,.-ヽ、ヽヽヾ::. ト-、::. ::. ::. :.ヽ⌒レ‐::'´::. ::. :.ノ´
   /トー-- ‐‐ '´!トヽ i::. :::.ヽヽゝL_」::. ::.ヽ::. ::. ::. ヽ´ヽ::. ;;- ' ´
    7∧.i   i  l  L!::. ::. ::. :.》、ノ::. ::. ::. :.|ヽ::. ::. ::.ヽ┬´
   ` iヘ  ハ 从レl〈::. ::. ::斗,ヘl::. ::. ::. ::. i ヽ::. ::. ::.ヽ! 
.      レ! ヽ' ノ i レ`='|=ラ7ミ、テ,i::. ::. ::. ::. .! `ヽ、::___\
        ヽ!、::. :)   ,!ヽ`ソ::ゞ、>l::. :.ii ::.:/  , ノウ    ̄
       /`:.∧´ =×ヾ::.人><ヾ::. >< ノ`ヽ>ノ
.       /::. :i  ゝ`ー‐'7i::. ::.ヾ`ー\_::. ヾ::. ::.\              ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_
      く::. ::.|-!‐>  フ-|::. ::. :.ヽ、  ` ー ----┘           r==ニ二ニ三三三三三二≧
       >、_」_」-'   /ーl::. ::. ::. :ノ                   `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/
      ´'u' u ゙   彡`フー--‐´                     /::.::/::;´::.::.::.::.:.::.::.ヽ::.::ヽ
                                             l::.::;'::/::.::,:::.::.:::.::.:.:::.::.}::.::.|
                                        |::.::レ'::.::::i:.::.::.::.:.i::.U:.:l.::.::.|
              「しゃ、喋れないほど消耗してる……」    ∨::.l::.:::.:レ:.::.::.::;i::.::.::.j::.}:/
                                             }:l::.l:::.::.:::.::U:.::.:::.::.:/:/:,′
     \_人人人人人人人人_/                       /人:ドレ|::.::.::.:.::.::.::.:.l::リ
       ) 誰か、水!水!(                     ′ `ヽ レ'|ゝ'V´| レ'|;/
      /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\                     rt<         ー、


70 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:47:52 ID:DPCzynj6

                                             / ̄ ̄\
                                           /   _ノ  \
              「踏み出せばその1歩が未知となり、        |    ( >)(<)
               その1歩が未知となる――」             |     (__人__)
                                       / ̄ ̄\彡    ` ⌒´ノ
                                     / _ノ  .ヽ、\        }
                                     |  (●)(●) |彡       }
            「ああ水銀燈よ!君は何処へ行く!」   |  (__人__) .|       .ノ  mm て
                                         .|   ` ⌒´  ノ彡   ̄ ̄ ̄ つノ (
                                      ヽ  ._    .}     | ̄ ̄
                , -‐,‐- 、                 ヽ_/ } . ノ 彡
.       ,、    _,_、┌「  /   , `ヽ、              /、 〈  く  彡
      / ~ヽ. // ,トL人!/从〃イ / ,. {::ヽ ゴ            ハ ヽ Y`ー.、i
     人_   `i 'く   〉^ 、 _ '´//// {:::::1 キ           { ヽ_ゾノ-‐1
    _/  └、  ヽ_二フ l´   _≦, {:::::::              `¨´┬' . |
    /└、  ゙┌ '´ ト.  `´ヽ   ヽ、_彡 {::::ノl
.   /   ` Y ´   i ヽ        !/ フ,、.、 |  ゴ
  (  , -'´:::`ヽ_,.-| `ゝ.     //  〉 ト' |   キ
   i`\|::::ヽ::::::::::::::|  /! `フ‐ - ‐イ/  ノ i  |   ュ
   |::::::::|::::::l`i::::::::::|  !__〉_とX_,. 、〉 /.-┴-┴、
.   i::::::::|:::::::i,l:::::::::| /) ゙薔   //:|:::::::::::::::::::i ,-‐フ
    |::/i::::::::〉`‐=,レ'´}    ,、〃:::::::ヽ::::::::::::-‐ゝ、≧


しかし水銀燈が地面にへばり付いていたのは僅かな時間。
差し出された水を受け取ると、スクリと立ち上がり、一息に飲み干す。


                                      / ̄ ̄\
                                    /   _ノ  \   \
                                    |    ( ○)(○) \ \
                                       |   o゚ (__人__)  __
                                     |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\
               「酷い!お父さん!           .  |     /  }         \
                  あの子私を無視するの!」   .  ヽ   /   }          }て・,‥¨
                                      ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
      ____                               /    く  \  YY ̄ ̄YY
    /     \                               |     \   \    ・; ∵ ..
   /  ─     \                           |    |ヽ、二⌒)、       .
    ' (●)       \  「煩い
  (l、__)          |    黙れ
    ⌒´         /      誰がお父さんだ」
   `l          \
    l           \


71 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:48:28 ID:DPCzynj6

そして、ふらつき、体から湯気立てたままで、皆に向かって指立てた。



      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′u.     l¦ l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |        「よし、じゃあ次の訓練行くわよ!」
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ
     .| | i从   、-ァ u .j从ハノk≦圭圭圭≦
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | 〉ニ、 |  仆圭ミメ、



        .. -― =-</゙>'ヽ
     rl" !'´  ´    `ヽ! |  ヽ
     l !'     、     \!   ',
    .|'  l ,!、  |-- 、 ',   l|    l
    l i  !,'/.、 ! z=s、::. ,.!.l.   |
    |' | ::l' r=.、 ヽ',. !イi:::i:::l' i.|    l   「え、ちょっと休まなきゃ……」
    .l ';::|. !i!:!:i   丶-'!:/-=!    |
    |  ヽl.i,,,゙‐' '   "゙ '!l' |::    l
    l   ::::ヽ  ......-. .イ> "ヽ.    |
     |   ::::| /´ ! | X /l  01.!     l
    .l   :::::l_!  | 'L/´, | '´ ̄.i    |



                     __ャュ__
                ,、-‐=''::::ゞイ:::`ヽ、
             /  /:::::::::::/ ̄   ヽ
            /    l:::::::::/ l .l  l   `,
            /  l l::::::/ .l l i ヽ l l l  .l
             i! ./ l .l::::/ l |、 i! i!、ヽ!从! | l
.             l l  l!ィ-l:/、 i! lγヌ、 ヽ!,__ l /
           l l  l ゝイト、!、!.i弋リノ    /´       「皆はもう休んだでしょ?
              l  l./ l | | ´ヽ i! `´   。 /        だったらやるわよお!
   、_      l  i! l l / >/___:`ー、-- '
 ゞ=三三三三三! l l l./\ /三三=ュ、ヽ         私のせいでみんなの貴重な時間を
  ゞ=三三三三l/ / / ./ .</三三三三ヽ、           奪うわけにはいかないわあ!」
    =三三三!i! / / \ ノ::ヾ三三三三三ト、_
      =イ"´イ / /<ィ'´:::::::i!::ヾ、三三三==-
      _,l /!l l /:':´::::::::::::::i!::::::::::ヾ三ト、 ̄
.    ,ィ'´:::::l/:::i!./:::::::::::::::::::/ |::::::::::::::/ヾ、


72 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:49:02 ID:DPCzynj6

言うこと立派なのはいつもの事。それに実力が伴わぬのが水銀燈。
明らかな無理に、周囲の方が気を使う。


  ./        i           (
 ,i /    ノ,ノノi i i         )
 ! ,ヽ, ∧ニ'レ'ー' !、j、 、       i
 ヽ\ソ,ノ''ミェf、  ,__二ミ      j
  "Yヽ.ト   )  ''ミェァ,;゙) '"   )
   リゞ.l _ /      ~i //,\       「心掛けは立派だが、
.   ゙ヽ!トl ,\ヽ      j !, (/i゙`' \      無理するべきじゃないんじゃないか?」
   __,j,ハL!ヽ.゙y‐'" ゙̄ヽ'"j j. ,r┴‐‐'゙7i!
  (~r' ! ヽ./__,r=~ヽイ「「`^~  ((  !
  !.l  ) ,f~  _,,ィ、\,i !j! ,.へ    )/
  | | ( /      ヽ./,// /゙^ヽ.__/
_,..-.! !  i   -==ー//j、,、))   /)



しかし今日はいつもと違った。
ゲイナーが、水銀燈の提案に乗った。

                                         /´        ヽ、ヽ、
                                         / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
                                        i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
                                        |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
                                        ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈
            「いや、実際訓練の時間は惜しいよ。          ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ
                                ――やろう」       ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
                                            `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
                                              ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]
               _    _,,......,......,,_    __
            /ii,.-''´: : : : : : : : ::`:ヽ.///ヘ
            ,/-:: : : : : : : : : : : : : : ::.///_. ヾ\
          /::/: : : : : : : : : : : : : :///|: : ヽ//
           /://: : : :;ヘ : : : i: : : :.\ヾヽ|:: : ::×
            |/ /: : : :./ ヽ: : :|ヽ: : : : :\ヽ',: : : : :ヽ
.           |: : : :/-‐´ ヽ: l`‐\: : : :.|=lll丶.: : : :ヽ
          /|: : :/ r=-、  ヽ. r==ヽ: :.:.| l| i: : : : : :ヽ      「ゲイナー君!?」
            /:.:|: :/:|弋::リ    弋::.リヽ: :|´ノ  i: : : : : : :ヽ
         /: : :.Vl:::l     ,       |ヽl/   !: : : : : : : i
.          i: : : : : |:::ト   _       /|:::|     i: : : : : : :.:!
          i: : : : : :l∨ `// )、_  / |/     !: : : : : : : i
          l: : : : : :l   {   '´ / 〉イ.lヽ、       i: : : : : : : :!
        l: : : : :.;l__,::‐|    /_ノ /  l::‐.、 _ l: : : : : : : :l


73 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:49:21 ID:DPCzynj6

今この場で、一番やる気に満ち溢れているのは、おそらくゲイナーと水銀燈なのだろう。
ゲイナーが拳を握りながら更なる訓練を望むと、


                                    /      、              ヽ
                                    /       l              |   l
                                    │       ∧             |   |
                                    l       l \  ト 、 - 、 ヽ、、  |  |
                                    |      | /_   \ \`ヽヽ_<_-ヽヽ│ |
                                    l    、 | |' `,ニ‐-`ヽ丶,-r j .〉 Y| | |  |
                                     '、   ヽ. | rf. ワ 〉 ̄)‐r、`-' _ノ | ! ∥|\
         「実戦もそう遠くないんだろ?          \   ヽ!ゝ`ー' , '´  !  ̄´  / ,! /リ  ヽ
             だったらキビキビ動いてかないと」        /\   ヽ  ̄´    、 r    // |/      |
                                   /    \\ '、     _. - ,  / !      l 〉
                                  /      `ソ\ ト、   └‐ニ´ //       //|
                                /          \  ` ‐__--_- '‐く       // ノ\
                               ./ ____     、 `ヽ、丶 ノ  /  `ヽ‐'-、-、   / '´   ヽ
                               .! '´    `丶、   ヽ    ノ  /    /  ヽ \- 、    ヽ


我が意を得たりと言う様に、水銀燈はゲイナーを何度も何度も指さした。



          ⌒ヽ ||    /X /|    j |   ヽ
       / /二ヽ∨  / //\ l    /|  |       ,
        | l { J j | 厶≧廴   '    /| 厶 -‐   l
    ト、   | ヽ ー′|イ}「/ .:::::下ミ /   ' Τ/ |  |  |
   }三>ヘ   ̄ ノ|  |{:::::::j | /  / ≧ミk.|  | l   |
   |/      / | 弋辷ゾ / /  /.:::::l 「≫ ハ| |
  -<    ヽ  {  | :.::.:.:..         |{:::::ノ/ | / ||  j     「そう、そうよ!
/        ∨ \.ト           `` く /|./ |イ|l 厶     いいこと言うわねゲイナー君!」
    {    }   \_>、  /]     .:.:.::. ノ/イ |=j //
 \   \   |       ̄`ヽ ――┬<  | | |三厶イ
   ヽ   '  |        丿/.::::::::::::|   ノノ 丿三三三


74 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:49:54 ID:DPCzynj6

そしてウン、ウンと頷くと――
周囲の不安気な眼差しを他所に、のたのたと、亀のように水銀燈は駆け出していく。



               _ -─ ─- ,- 、
            rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
          // / / /      \::::::::::l  ',
         ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
     _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
    // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !    「次は射撃訓練よ!みんな演習場に集合!」
         、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
         `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
         /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ
         ヽ:::::::| ハーr'゙Y//:::::::::::::::::::}:::::::::::::::::< ! 










  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/     「…大丈夫かなあ」
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
    /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ


蒼星石が、心配そうに、口の形をへの字に曲げた。


75 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:50:04 ID:DPCzynj6



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘




76 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:50:26 ID:DPCzynj6

場所を学校脇の射撃訓練場に変えた水銀燈小隊。




  _,, ,,               ,,,r''";; ;; ;;,,  `::、
''"" ;;,,  `::、        ,,..-‐''" ;; ;;      ;;;;,  `::、
 ;; ,, ;;;,,, ; `‐- -__,, ''''""                 `':.、、__
;;;;   ,,,;;;   r'";;;;  ;; ;; ;;,,        ;;;,,,  ;;
;;  ;;;;   ;;;;,,, ,;;  ;;   ;;;; .        ;;;;,,,  ;;,,,  ;;,
⌒ゝ' , ー 、.ィ.~⌒ゝ' , ー 、             , ー 、~⌒ヽr..、   
:::::::::::::)、::...::::::: ____:::::::::::::)、::...::::::ゝ .::):::::::::::::),.,;:;::、、,,:.:,..
~⌒ヽ:::`⌒;/\      \~⌒ヽ:::`⌒ヽ.:::::..::ヽ⌒ ,,;:;:;。;,;:::;::::;,..
::: ::  !::::::/ |  \      \:: :; :;; :;:::;:: ! ;::.::: ,.,:,,:;;:;::;,.,。,.,:,;:;::;,.
''''"''"''"/   |    \      \''''"''"''"^^''"''"''" ''"''yi''""''yi''"
Www/     |      \      \iijwwiijijyyywWww..ili yyji,.il ijijyWww
""'"''"'""''"''"'"'"'"' """'"''"'""' '"''"''"'''"'" ''"''""'"""'"''"'""''"''"'"'"'"'

今度は的に向けての射撃訓練を実施する。


動かない的目掛けてとは言え、やはり最初は難しい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                ┳
                                ┃
                                ┃
                                ┃
                                ┃
                                ┃
                          / ̄ ̄┼
                       / ヽ、  .┼\
                    . ( (ー )  ┼  |  「ファ~ぁ。なんだか眠くなってきただろ」
                    . (人__)  │  l
              ┣━━━━━ ┼ ┼ ┼ ─┼─ ┼ ┼ ┼ ━━━━━┫
                         (三) |  .ミ│  ̄\
                      > ノ / ┼  ヽ、_ \
                     /  /  i  ┼)ハ(・)   |
                   /  /  ミi   ┼`-'つ) │   「ムム?
                    |__ヽ .ミi  .┃,,ノヽ__ノ .|     どこかのかわい子ちゃんに
                            |  ┃`-´   |      見つめられている気配?」
                            ヽ .┃.     /
                          ヽ┃     /
                                ┃   <
                                ┻
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

水銀燈小隊の練度では、的を正確に射抜くかという本来の訓練になる訳もなく、
弾をまっすぐ飛ばすにはどうしたらいいか、なんてレベルから訓練は始まった。


77 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:51:14 ID:DPCzynj6

頼めば傭兵2人が見本を見せるし、

≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐
             __                                ____
             l.::\                             /     \
              \_.:>            __              /  /       \
                           /.::l            /  (●)        \
                   ゙,       <_.:/            |(__人__)         |
                   l ヽ                    \⌒ ´.         /
                _  l ヽ  l                _ `  ̄,_.` -'´ ....::.::::::ヽ
                \~―'  `、,l l____,-――――――――'  '` v' /⌒ヽ )   ....:::::::::l
           ― ニ  二_      l,,,,,,,,,,,,,,,}‐-―――‐┰┰--、    V ..::/ ´  .....::::::::::l
                  フ, ´l  /  ̄ ̄~ヽ}――-- ,,、___,ノヽ ` ー-、/ ...::/    .....:::::::::::l
                     l l            `ー- ,,, _  ̄  ̄ ..::/、 _.,,--―――{ }
                     l                  ̄ ‐ - - ' l     .....::.::::::::゙,/
                                             l    ......:::::::::::::l
≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐≡二三二≡=‐=≡二三二≡=‐


元自衛軍の兵士達がコーチングについている。
実は非常に贅沢な訓練だったのだが―――



.          ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
.          /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
         /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
            i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
           / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
      rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_   「あーと、顔が悪いです」
    / |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
    |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
    /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
   〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
  /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i


78 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:51:56 ID:DPCzynj6

教えられている方にそんな意識は無く、


  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|    「な!なんて事いうんスか!
  レ!小§    (__人__)  | イ━     人権侵害っスよ!児童虐待っスよ!」
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
  .\ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /

                                       /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
                                       /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
             「違う違う!                         /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
                                      !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
           顔の位置が悪いんだ。                  i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
           君の顔が悪いわけじゃない!           .  ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!
                                         ト、::! u         j |::/lj:::!リ
           あ、悪くないは言い過ぎかもしれないけど.       ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
           そういう意味じゃないぞ?」                  リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
                                          rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
                                         / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'


    ///:;:/::/::/::/::'/::/ :::/ //∧:`くXXXXX)、 \
    // ':/::.:/::/::/:::/::/::.::/://:ハ::.:、:::\XXXX)   >
   〃 i::|::l::i::.:l::/:::/;:イ::.::/:/// >く::\::.:VXXX) イ
   |  | |::l::|:::<:/j/::.:/イ:/ '´,ヱ、)\::ヽ∨XX }:!::|
     ! '.:い::,:イlうミ/ // ,ヘ:、::j:}》ヘ::Y::ハXX/::l::|
     ヽ>く:::爪ノr个 /    ゙ー ′/::ノ:/XX/::.::|::|
      ` }ヽ::.:` ゙ ''′  、    '"ー=彡'XX / ::.:::l::|  「つまり顔も悪いってことですね!」
      /:l|:::|l:ヘ.'″  r ^,    ,.イXXXX{::.::.::.:|::|
       /::.;'::.:リ::|X> 、  `    / ノ XXXX)::.::.::|::|         / ̄ ̄ ̄ ̄\
     ,厶/:_::/::;'XXXX7¬‐ '´ /XXXXX}i::.::.::.:|::|         | そうそ…… |
    / /`ヽ)/XX, -_‐=ミノ_r┴<XXXX7:l::.::.::.:l::|         \____\_人人人人_/ 
   八  '´_ ⊥7}{ {  ,ィ::(/'⌒ヽ`YXx/::.:|::.::.:::|::|                     ) 違う! ( 
                                                   /^Y^Y^Y^Y^\



的にかすればもうけもの。円の中に当たれば皆で拍手。
そんな低いレベルでの訓練が、周囲の迷惑も顧みず、騒がしく煩く続いていた。


79 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:53:02 ID:DPCzynj6

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ゲイナーの射撃が的の真ん中付近を貫いて、
ミクが思わず両手を合わせる。


          レ'/: : ; イ : ∧ : : : : `ヽVヘ:.:.: : : : : : :
         /:〃: : :/ヽ|: .;' .,_'; : : : :. : l:V;|:.:.: : : : : :
         ,'/:;' :.: /,.ュ, l: ;'  `'、: : :.:. .l:.ヤl:. :. : : : : :
       ,.:'l/ .:! :.';{.'.牝 '; l  ,-z.、ヽ: : :.:l,. 、'; :.: : : : :
      /: : : :.ハ: :.:ト ゞ' ヾ ' 什::ハ'ト、: lΞハ: : :. : : :.
    /: : : : .:. : ハ :{   '     ゞ‐' ,': :∨カ:,:ヘ: : : : : :.   「凄い!あたりましたよ!」
    ,.': : : : : .: : : .:.ノ:人 ト_、      ,': .:ィ';_ノ、 '; : : : :
  ,.': : : : : : : : : .:.:.'ハ.,.∧ ゞ-'    ,.':/`l__ヽ)  '; : : : :
 ,.': : : : : : : : : :.:.:ハ.| '; l ',.'、 __ ,._._:' '-‐ ' ´ }ノ   '; : : :
,.': : : : : : : : : .:.:.:.:l. ';l ';! .}  ,λ´__    ,ノ::ヽ   ':, : :
: : : : : : : : : .:.:.:.{.'l';_,'.l-'lr l゙γ)`´  ハ /:::::::::::::ヽ   ':, :
                                            /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
                                .          //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
                                              i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
                                          i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
                                          _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ
                                .         f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}
              「センスがありますね。    .          |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′
                構えもそれで大体OKだと思います」     |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ
                                           l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
                                      __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
                                     _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{
                                    厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ


教官側に回っているハルヒもお墨付きを出し、ミクは興奮したように両手を振った。


        冫、   ゝヽ_ノ´ 'ィ .. __/.:::::ii::::|
       __/  ン´        `ヽ::::::::ii::::|-、
     / /:::://            、:::ii::::| |
.    / /:::/ /    ,   i      ハ::ii:::| ト、
    / /::::/ /     ,′  :ト、      ハii:::| / |{
.   / \/ イ   イト、 .::|rヘ       Y´/ |1
   ′′ | / {   八jハ :::|  ∨ ト、   、 ∨  | |
.  ' '::::::::{ハ i   イんハ `ヽ{  んz、 ヽ  /`ヽ | |   「ゲイナー君凄いですね!
  | |::::::::::レ 八   {弋::ソ    弋::ソ`  イ  / /|::|    しかもなんだか慣れてる感じありますし」
  | |::::::::イ ト、ハ トt , , ,   '  , , , イ/ /レ' / / /:|:::|
  | |::::::::ハ::::| Vヽヽ    、   //}ノリ/ / /::::{:::|
  | |::::::| |:::|  `ヽ`>、 _  イj/  { }∧′.:::::}::::i
  | |::::::| |:::|     /八__ ...ィ了  V / .::::::{:::::i


81 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:53:33 ID:DPCzynj6

当のゲイナーの感想は、正直こんなもんかといった印象だ。



    /                `.
  /     ,へ  ,、         l
  / i    /  ヽ ヽ\  、i     l
  l  l  /‐- 、  \l , \ノヘ    : l
  l  l / , ‐-、       -‐ 、 ト、 : : l    「反動以外は結構ゲームと一緒みたいだからね。
  l  、/=l‐ {_'ノ‐ィ─ト、 {_' ノ l-l : : !
  l  l: :ト- ― '´ l  ` ― -' !: : : :. l      ……ウォードレスで補正が効いてるから、
   ヽ l: :l      `      l: : : : /     反動もたいしたこと無いし」
    レヘ:\     r= 、    ,イ: :/
      `>i、    ̄   /l/ノ
       l '‐-`   =  -‐' l_
  ,  -─┤   : : : : : : : : : ノ ` ー-、


言葉通りゲームの感覚が相当活きていたし、反動も噂に聞く程では無い。
的に当てるのが難しいという感覚が、寧ろ解らなかった。

                                            NVVVVVVV\
                                            \        \
                                            <         `ヽ、
                                            </ /"" \ .ノヽ. \
                                             //, '田     )  \ ヽ
                                            〃 {_{    ノ    ヽ_│i|
                                            レ!小§ ( ○) 三(()) | イ
               「おーうおう、これがゲーム感覚って奴ッスか。    レ §    (__人_)  |ノ
                   これだから最近の若いモンわ!」          /   ゜。   `⌒ 。゜ ∩
                                            (愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ
                                            .\ “  _∞∞  / /
                                              \。_\\\\/
  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡   「ヴァーチャル世代の弊害だぜェ」
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;



86 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:54:34 ID:iak6ThIY
あーウォードレスあると銃の命中率も変わってくるのか



82 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:53:44 ID:DPCzynj6

一方、我等がお日様系はと言うと――


               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \  て
             |  (○)(○) |   (
.             | u.(__人__) .|
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /    「ストップ!ストップだろ銀ちゃん!!!」
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |                     _/\/\/\/|_
               `'ー'´                           \          /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ <    てい!   >━━━
                                          /          \
           /   _f〆::::::::::::::::y=ー¬¬冖-―-ヽ          ̄|/\/\/\/ ̄
           /    {f7:::::::::イ厂       . ヽ ヽ ヽ  .  _
           / __{f|:::::/   .ト     ∥ ∥ | | ...//
`ヽ        / 〈匚/イト\l.ヽ\ .| \   ハ /ィl | |./;:./            ,.. -_、._‐-─
;:;:;`ヽ       /    ̄7 |l|___}〉ー=≧x、ヾ, /.斗:‐刋/ .//;:;:;:;.|            //´   ...........
;:;:;:;::;:;:\   /  .  //  |:| ̄:::弋_リノヾ'ー|/::::ヽソ '// /;:;:;:;:;:|/´|         {{::::::::::::::::::::::::::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ / _ム┴‐く{_トi\             |孑''"~`''ー- 、_,. -─‐ 、     ヾゞーzァ──‐
;:;:;:;:/ ̄`゙マ''´ ........    \ .\     __,.'   人::::::::::::::::..../......:::::::::::.... ヽ      ̄
 /::::....     丶:::::::::::::::::::..... 仏ゞ彡フ_  ̄` ┌─チ‐┼─r─く;:::::::::::::::::::::::::::_;厶、
 ̄ ̄ ̄`丶、  ヽ:::::::::::::::__/ ,.ィ''"´  `ヾ 厂 ̄ ̄ ̄ ̄′  `''ー三三三二 ̄´{ ,. ニ\_____
..:::::::::::::........ `ゝz‐`ー// _/           \             (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)  |〃~ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::; ' / /  ∠-‐ァ   _   ヽ  ヽ               ̄ ̄ ̄  |{{;;;;;;;;;;;;r 、__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::/...::/ ::/    __/       ヽ   ゙、  `、      r_,.             | \;;;;;;/ー}_,ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::-‐::''´::::::::/ :::〈   _≦ヘ、  、`ヽ、 \  \ \__    r_,            |/ ̄r‐} .!  f゙ヽ─--
::::::::::::::::::::::::{::::::::::\_ ∠_二ニ孑'~{{ー‐\___>く::\r∨`}"'''‐- 、.,,_           |  /ーノ l   |ー'{
:::::::::::::_;;:、-‐ミ、;;::::::::`゙''‐-、\::::::::::{{     {{::::\弋゙__ノ     | ̄``i''‐- 、.,,_  |/ /  |  |  V////
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


83 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:54:00 ID:DPCzynj6

                    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                   <              >
 ,:::'':´: ̄:`:.、          <   すいぎんとう      >
 /;:' /l l ! l i         <   ふっとばされたぁあ!>
  天 lOヽノOl/!        <               >
   |i  ぃ 「 ̄! ノ |         ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
   |l  」l>=ィ」|│
   .≦〈:`:: { @ }´::〉
    |l |::: ::: ::: ::: ::j│
      |l |__「!:: :: :: |」 |                                      _ --- 、
      レvlノ丶:: A :: ト                                 /´  ̄ ト、 \_
         \::丶:: \                何処かで見た          /ヽ //l l  l
            つ  つ                  光景ですゥ>  //O/´ヽ:| |  」
              、 、  、                           / ! r- 、 Ol ! l/ \
              \ \ \                        // /アヽ _|_/ {    ヽ
                \ \ \                   / / /{_| {_{}_}| /\   ヽ


やらない夫の静止を振り切って、不恰好な構えで射撃をし、反動ですっころんでいたりする。





   /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
.   /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
  /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
  |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
  {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!
  {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/   「だから待てって言ってるのにどうして撃つのさ!
     |:.:|:.:ヽ:.、      _     U  /:/:.:.:..:/:/
     .}:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/     そんな構えじゃ反動で跳ね飛ばされるに
      |:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/     決まってるだろ!」
      レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
    , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
    /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′



.      /:::/             、   \::::::::'   l
     //      '   /        |  l |  ヽ::::|    |l
   〈/      | | i |   |  | l∥|| | l_|::::|_ l|
    ′| '| || | | l|| ! | '. l j」L⊥!| l {{⌒氷⌒ヾ||
   |  | |l l| |l | | l |l | l| >イ | l | || | ヾ、イハ、_ノl |!
    | |l| |l |ヘT ト ハ ヽ ヘ´ ,,斗=ニ、寸| l /7⌒lT´l |l
   | ||l l|ヽ|,,ゝ ;=ミ  \\〃 | r、 }〝リ //.:::::::| |l| |         「あるェー?」
    、トヾ ヽヘ〈 { tヘ      、ヾノィ //〈::::::::::ハ|| |l
     \l\ヽ\ ヾ彡       ̄  , ∧::ヽ/ー┴ッ  l|
      |  \ ヽ    ‘   _,,. u// / 厂::::::::fア >'⌒ヽ、
      |    ` >、  ヽニ´'´   イ ' /.:::::::::::fア /.::::::::::::::::::l
      ∧   〈 |||>,、 __  <__l l l::::::::::::fア /.:::::::::::::::::::::|
     〔 ̄ヽ   ヽl| l:::::|{ム::::::::仁ヽ_| |:l|:::::::::fア /.::::::::::::::::::::::::ト、
    _〕ーt__,、 イl |:::::| {ム:::::::}_ ィト| |:l|::::::fア /.::::::::::::::::::::::::::::い、


怒られ、身を小さくしながらも、銃口をペシペシ叩く水銀燈。
その動作すら、蒼星石に怒られたりして。


85 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:54:15 ID:DPCzynj6

あんまり酷いもんで翠星石が尋ねる。

                                             ,  --=ニニ、ヽ、
                            .               ∠ -―‐--- 、 \\
                                           / / /  ,   `ヽ ヽ\
                                          // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
                                          // // / // / //||l l!  \
                                         {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
                                         l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく
               「おめ、かなり運動オンチですね。         N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |
               スポーツとかやった事ないんですか?」          jヘ、  _   " 彡'// |l  |
                                           / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
                                          厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
                                         / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |


翠星石にとってファンタジーの存在に近いこの女なら、
運動神経が生えていない事も考えられると思ったのだ。



            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、        「あ、あるわよ!
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ        無い分けないでしょう無いわけ!」
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i



      / ̄ ̄\ ( ;;;;(
    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)
    |  (⌒)(⌒)/;;/
    |  (__人__)l;;,´|
    | ./´ニト━・' .l      「スポーツって結構共通して使える感覚あるからな。
    | .l _ニソ    }
     /ヽ、_ノ    /       ちょっと他のスポーツに例えながらやってみると良いだろ。
    __/  /    ノ__       何やってたんだ銀ちゃんは」
  / /  /       `ヽ.
  /´  ./       ,.  ヽ.
  ト、_,/.       |、  ヽ


流石に水銀燈も否定する。
ただ、続くやらない夫の親切心からくる質問には、


87 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:55:19 ID:DPCzynj6

酷く、答え辛そうに話すのだった。


.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
    ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
    |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |     「乗馬とか……
    レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |       社交ダンスとか……」
.      |  ト  __      /|    |l      |
     .|   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\


                                                    ____
                                                  /     \
                   「……乗馬ついでに流鏑馬でも        .    /       \
                   やってくれてりゃよかったんだけど。       / /) ノ '  ヽ、 \
                                             | / .イ '=・=  =・= u|
                        なんか投げたりぶつけたりって         /,'才.ミ) (__人__) /
                   運動はやった事無いのか?」         .   | ≧シ'  ` ⌒´   \
                                            /\ ヽ          ヽ


              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//    「と……投扇興を少々」
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!|
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\
i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l



88 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:55:59 ID:iak6ThIY
平安貴族だー?!

91 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:56:55 ID:sLcNY01s
雅すぎるww



89 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:56:10 ID:DPCzynj6

   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
           ____
          /  ノ_ ヽ,,\
        / ≦゚≧ミ:≦゚≧
        |    (__人__)|
        |     |r┬| }   「雅wwwwwww
         |     | | | }      和の心wwwwwww」
       .  |.    `ニニ  }
       .  ヽ      }
          ヽ    ノ

                                                  ____
                                                /     \
                                                /       \
                             「お前……                  ./ /) ノ '  ヽ、 \
                                   ……楽しそうだな」    | / .イ '=・=  =・= u|
                                                             /,'才.ミ) (__人__) /
   / ̄ ̄\                                          | ≧シ'  ` ⌒´   \
 / ⌒  ⌒\                                    /\ ヽ          ヽ
 |::::::(○)(○) |
. |:::::::::::(__人__)|   「馬鹿言えバーローwww
  |::::::::::::::` ⌒´ |   みんなを生き残らせるために必死だよ」
.  |::::::::::::::    }
.  ヽ:::::::::::::    / ̄ ̄\
   ヽ::::::::::  / _ノ  ヽ、_ \ キリッ!
   /ヽ三.ミ|  (・)ハ(・)   |
    |:::::::::::.ミ| .(⊂`-'つ) .│
        .|  (__,,ノヽ__ノ |    「この誠実な眼差しが見て取れないか?」
.         ミ |    `-´   |
.         ミ ヽ       /
            ヽ      /
            >     <
                                                 ____
                                               /     \
                                              /  ─     \
               「猿は誠実か――中々に難しい問題だ。         .' (ー)       \
                                                         (l、__)          |
                   シートンなら何かいい見解を                  ⌒´         /
                     示せるのだろうか」                   `l          \
                                               l           \


90 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:56:52 ID:DPCzynj6

やらない夫の大笑いを切欠に、兵隊の雛共が、一斉にぴーちくぱーちく囀り始める。


|  i   ,,         `,,|
|. /! /|    /|/|  ,  ト、
| \∨ .|   / / .| /  ト、t   人人人人人人人人人人人人
| O ヾ | / ,,ノ-‐| /!   ト、/
ト ー ,,, "   O i// / !||l::!   ちょっと笑わないでよ!
|        `" ´/./ ,,,/i!レ'    投扇興は意外と腕とか――
|   、___     i/  /
ト.、  |!l!l!l|    / / /      VVVVVVVVVVVVVVVVVV
|::::|:::ゝt.-..r <、"フ / /
|:::/''t/| ,.ィ──--.、 /



      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::      人人人人人人人人人人人
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t      火炎放射器をくれぇ!
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i      俺の本領はそっちなんだ!
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/      VVVVVVVVVVVVVVVV
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
                                         rヘ          /::/ヽ    /
                                            /:∧,、 -‐  ̄ ̄ : :/::/ヽl     ─
                                         l:/: : : : : : : : : : : : 〈:::Y: : ヽ    \
           「コラ!いくら隊長がドン臭いからって、       /l: : : : : :/: : : l、: : : : : l:::l: : : :ヽ
           その笑いは失礼ですよ?人間誰しも         ./: l: : : : :/ \: :l \: : : :`l: : : : :
           できる事とできない事があって、隊長        /: : l: : : : l \ヽl / ヽ: : : l: : : : :
           はできない事が多いってだけじゃない     ..,': : : ',: : : l. ○   ○ l: ヽ: :l: : : :
           ですか!だからそこはハハ、ワロス程     .,': : : : :',: : :li       l: : 〉:ノl: : : :
           度で曖昧な感じに流してあげて――」     .,': : : : : :.ヽ:.l:l.     r‐、  レヽ.  l: : :
                                      i: : : : : : : |\l>‐─ r '">-<.  l: : :
                                      l: : : : : : :l      >l Mヽ: :./  ヽl: : :
--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
,   /:.:.:.:/''´  0′',       「あー……ソロソロ煙臭くなってきたです。
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔       そろそろ帰らねーですか?
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_) \ -、  体に匂いが染み付いちまうですよ」
::l:::{|:.:.:.:八    /     (__丿


1人でも騒がしい水銀燈の周りに人が集まりゃ、その煩さは乗算で増す。
デシベルはあっという間に法的基準を超えて、立派な騒音公害が出来あがる。


92 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:57:34 ID:DPCzynj6

その横手から、発砲音すら凌駕する、大音声での怒号が飛んだ。


 、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__, 
 )                                   (_.
 )    う      る      さ     い   !    (_
 )                                  ( 
 ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y

  _,, ,,               ,,,r''";; ;; ;;,,  `::、
''"" ;;,,  `::、        ,,..-‐''" ;; ;;      ;;;;,  `::、
 ;; ,, ;;;,,, ; `‐- -__,, ''''""                 `':.、、__
;;;;   ,,,;;;   r'";;;;  ;; ;; ;;,,        ;;;,,,  ;;
;;  ;;;;   ;;;;,,, ,;;  ;;   ;;;; .        ;;;;,,,  ;;,,,  ;;,
⌒ゝ' , ー 、.ィ.~⌒ゝ' , ー 、             , ー 、~⌒ヽr..、   
:::::::::::::)、::...::::::: ____:::::::::::::)、::...::::::ゝ .::):::::::::::::),.,;:;::、、,,:.:,..
~⌒ヽ:::`⌒;/\      \~⌒ヽ:::`⌒ヽ.:::::..::ヽ⌒ ,,;:;:;。;,;:::;::::;,..
::: ::  !::::::/ |  \      \:: :; :;; :;:::;:: ! ;::.::: ,.,:,,:;;:;::;,.,。,.,:,;:;::;,.
''''"''"''"/   |    \      \''''"''"''"^^''"''"''" ''"''yi''""''yi''"
Www/     |      \      \iijwwiijijyyywWww..ili yyji,.il ijijyWww
""'"''"'""''"''"'"'"'"' """'"''"'""' '"''"''"'''"'" ''"''""'"""'"''"'""''"''"'"'"'"'


煩さに音を上げたのは――
すぐ傍で訓練を行っていた、別小隊の隊長さん。



94 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:58:13 ID:iak6ThIY
お隣さんいたのかw

96 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:58:16 ID:dWrnrKds
他部隊はいい迷惑だなwww



95 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:58:13 ID:DPCzynj6

別小隊の隊長さん――背が低く、気の強そうな目つきをした女の子は、
肩をいからせながらずんずんと水銀燈に近寄ると、

                                            __
                                               |::::::|._
                                     _____|::::::||_:::|
                                     |:::::::::::::::::::::::::i____i/::::!
             │     | ∧                  i:::::::::::::::::::::::::::::::/|:::::|
                 !      |'/∧                   |___:::::::::::/  ̄
                 |        ! /L_                    /::::::::::\
                |        l / ̄〉                  /:::::::::::::::::::::\
               |       |  /∧                /::::::::::/\::::::::::::/
              |     /`i ′,∧                 \:::::::/  \:::::/
             |L... _     │ /'/∧.                 \//\  丶'
                  「 ̄ `   /  ′/ ∧.              /::::::::\
               |..__ , /〕、   _」.                  .\ ::::/
             / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉                  .\/ ./\
                ∠.. _     /!-‐=ニ />..                  /::::::/
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉                   /::::::/
       r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´               \/
       iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'






          /   , ' ´     r 、_ ノ 三三レ!
         r    〆     __ト、;;三三〃´ ¦
\    __, イ        ,〆;:三三! `` 、    f
ヾ 二 / ,,三/         r==、_ 丿    \  ノ
    / 三/      _ / ⌒'!          Y
`ー=,!三三l      /三;::j l! |::: !     ヾ  |
   |三三|    ∠ ーr-イ |! │:::! ,!   iヽ  ! i|
   |三三|      __,/ / | |\ト、:! .lト、  l:::i l !l
   |三三|  , 三三:: イト、|-十=',ニリ.'ヽ,/:/,/レリ
    ゞ.三_:|_/ 三三イ│| ヽ弋テハヾ'::::ヽi_イ|         「ちょっと、遊ぶなら他所でやってくれない?
    rイrーt,,ヽ.三ノl!  |│|     ` ´:::::::::::::t;f !        こっちは真剣なの」
ー-テ| l!kt〃,ij  / l   |│|            ノ!ハ
    ゞ、ニイハ,/,.イ !  | ヽヽ         __ ハ r、\
,、.   `ー-く三\| !  |  ヽヽ     ´-' /::! ヽヽ、\
| \      \三| !  |    ヽヽ __  ∧!:f |/ | ト、\
   `ーr--、_ ゞ| !  |_, -―- l |´三1l_ノー-| i   ' ' |:ヽ,ヽ.
 |!     |   _,.>'| i  | 三三 ゝ\:: |トrj`!::ノ       |、::: l  、
      く.    |,  | 三三三; ) ) |ハン} |       / \   \
  \、    ノ!   |;  | 三三三/ /三Lyノ_ゝ-r、 rー 、_  ヽ   i


棘を唇から噴くように、水銀燈に向けて強烈な視線を飛ばしてきた。



98 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:58:52 ID:iak6ThIY
紅の小隊ktkr



101 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 00:59:47 ID:DPCzynj6

その顔を見て翠星石が顔を曇らせた。6000小隊の真紅。

胸の勲章の数が示すように、学兵の中でもエースと呼ばれる部隊の隊長であり、
彼女の戦功は学兵だけでなく、自衛軍にも轟いている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 , -、/ ̄ヽ   __
            __(  しヘ 弋/ )\
            /ー'    \    └ヘ\
         └ヵ              |\
        / ̄\             〕 \
        └┐         _   -―-\  ヽー、
        ┌┘        ,.   /  ヽ \ 了   ト ∠ム / ヽ
        廴     /   /       ヽ`つ  ∨Y   ̄〕マ7_
         r┘   /              |  |└┐ | |  rヘ´ \ j!   _
         `つ   ./            |  |  | | 〔. ||<_ム__>  ̄__
         〔_ .′           |  | || |i `)|| 〔 ヘ\ <
           ヽ| | :  |  |    |  | ||  レハ 弋 |r= 、r┘ | \ `    ローゼン
            | | |  |||    |  川ィチレ,_| ({ヘ參〉)  !   \   「6000小隊!行くのだわ!」
            | | |  |⊥从_| /j//ィi´うハ「| |广7_ハ   ヽ
             \\ヽ7了7ヾ     ゞ- '| |∨/   \  \
               \| ヽ ゞン       | | ∨     \  \  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 | ∧    ` . -    __| ハヘ      \  \ | 隊長!呼び方に無理あるかしら!  >
                 | l| >_    / j / ̄ヽ.マ_     \   \______________/
                 /∧|/   __ア=ミく入`マ" ̄ ̄ /        \
              // ヘ   /-ゞ參r' _≧ \ ̄/___〉         \
          ___/∠ ヽ_\イ   `T1く, ―‐  ∨  ヘ,__
          \   _...ニニニ>    」 K_,/ ̄ヽ 〉¬   \_
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


同時に怒りっぽい上に妄想家で、時に妄想で怒り出したりするんだから手に負えず、
必要だけれど来て欲しくない、ありがた迷惑な小隊長としても有名である。



            , ‐ ' "´ ̄ ̄ ̄ 丶、
        ,  '´ _r─'´ ̄`ー-、_    ヽ
      r‐ ''"  ノ´ ※    ※   ヽ   丶
     | ..::::-┴´ ̄` ̄` ̄`ー、_   `ヽ  ヽ
      Y'´   : : : : : : : : ヽ ※ ヽ  '、
     ∧ /   /    : : : : l : :ゝ、  l.   ',
     /: : /:   / :/ : l : : ヽ ※ヽ  ',
    l: : /: : /: : /: /: ハ :  : :ヽ  {    '、
    {: l!: :⊥、/: : /.:/. /|: : .l   ヽソ    ハ
    .l: |l: :l :トリ_`ー':^/: {、  ヽ: : : | : : |_,..ィ'´ ̄   (めんどくさい奴はめんどくさい奴を
     人:弋 じぇ、"´   、 `丶、_ヽ.:l: /: : l|:. |        引き寄せるんですかねえ?)
      ム `ト `"'゙      '^ぅテォ-テ/./: /: /l.:..:.|
      ∧ 八     ,    ヾジ /.イ: :/. /: .l : |
    / こ}※ \__ トー‐、  __ ノ_ .イ//_:_:_l..|
    ノ  匸l/⌒ 、 )ヽ___ノ _ .. イ ̄※ ノ厂兀l.|
   /  て/  ´  ヽ`三/ ┴、 /    ノし  }: : l|
  /    (_{     }{"´  ヽ |〃_. イJ´   l: : : |


その、真紅だ。
馬鹿と妄想家を噛み合わせたら――翠星石はその想像に、一人波乱を予感する。



102 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:00:25 ID:iak6ThIY
ある意味似たもの同士だ



103 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:00:42 ID:DPCzynj6

非は自分達にあると思ったが、余りの喧嘩口調に水銀燈も余計な一言を加え、



     , '〆.:.:.:.:.〆         ` 、
   /{f7.:.:.:.:〆          \
   / -∠.:.:.∠  /  l        \ \
 ≪_ハハ.:V、\ | |   |       l   ヽ
 /ヾイ イハノ/ | |ヽ  |\   '    !  l ',
./ /://!l l:l∠  |庁゙ト、|、 ` , |!   ! l |l |
 ,'l::l/. !| l:l \ | 仆{!ンヽヾ  { | / K/ /
, ' |::|   l| |:|\ \ ` ̄¨`:::::::::レrテ/ ///
  l::l  l| |:| l\ \      、`¨/ イレ´
  l/  l|    |. 丶-ー   ___   / /      「騒がしかったのは謝るわ。
     ハ    ト、     ‘ ‐'´ ィ  /         でも、こっちも真剣よ」
   /ハ   l:\:>、  ___ /|/|
  /  ∧   l:::/:.:7爪::.:7 l | /
 ̄`ー_<:::ヽ Ⅴ::/ 小ヽ::| l | /


それが真紅の勘に触り、


  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」     「どこが?
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |       さっきから見ていれば……
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク :::::::::::     | ト |_|  |       2、3人を除いて、的に掠りすらしないじゃない。
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、   どの口で真剣とか言うものだか」
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、
.   l   ! //l  l::..::..::..::/;ハミZシ//| |::..::..::..::..:/::..::.`ー


その返答が、水銀燈の癪に障る。


 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~:::::::::::::::::::: ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //     「技量と真剣さは別の話でしょう?
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/. 
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ     腕は悪いかもしれないけれど、
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_      私達は真面目にやってるわ」
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :


生来の馬の合わなさでもあるのだろうか。
ほんの僅かなやり取りで、2人の小隊長は頭に血を上らせた。


105 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:01:08 ID:DPCzynj6

暫く睨み合いを続けた後、真紅は小馬鹿にした口調で言い放つ。
その言葉には嘲りがこれでもかって程篭められていて、聞いていた全員が顔を顰めたが、



    `ー,:::::::: __ノ /  / /   \  \ ム::::::::::: |企;:::::::::::}___
     (_:::::: ヽ/   / /     ヽ  、ヽ(__:::::::::::|三|:::::::::::⌒Yヽ
     r’:::: /      {   |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !    |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!     |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!    i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!  // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |    「……そうね。
.       { | | { 卞ト、ハ!_ //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´  /弋じ:::}| 〉 : ゝニン   |  |     ポッキーを頬袋に入れようとしている
         ヽ乂ヘ!ゞ、rゝ':{`:::::::::::  宀'´ |  ∨//    |        ハムスターだって真剣だものね」
          }  |ヘ ^¨´  、         |   {ノ´     |    |
          川 | 丶     r‐、     ノ  } !        |    |
          //}  ! _≧-..、 `´ ,∠⌒} / 八ヘ .       |   |
           ,厶.j /':.:.:.:.  .:.:.:/>=(:.:.:.:.:.:. / />ヽヽ     |   |
         / /`ヽ):.:.:.:....:.:__}イ夊)_r / /:./::::::ヘ∧     |   |


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             _,,,,,,,,,,,, __ っ
      アレッ!?コレ以上ハイラネ!     ,,..-‐'''"´   ''"´ ) っ
                        (    ● u  ./ ミ    ぐにょーん
                  ⊂二二/""ヽ゛、    ヽ  二二二二二二二二二二⊃
                      \  \\,_           ミ
                       \  \,ゞ``         ミ
                        ^ヽ、 `゛         ミ    【トリビア】
                          ヽ、          ミ     ハムスターにポッキーを与えると、
                           ヽ           ミ    垂直に頬袋に詰めようとして
                           i           ミ     オエっとするを繰り返します。
                           /           ミ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´    「でしょ?」
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::



107 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:01:40 ID:sLcNY01s
>>105
噛み合ってねええwww



106 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:01:33 ID:DPCzynj6

                                                     \
                                                      \
                                   ┼┼ ヽ ,    ───────  ○  ───
                                     ノ   /             /    、
                                           ┼┼ ヽ ,     /  / | γ⌒ヽ
                                     r´⌒ヽ.     ノ   /  /   /  |(   ⌒
                            , ⌒ヽ    γ⌒  ⌒ヽ        /    / ,'⌒
                           (    '   (      ⌒ヽ⌒ヽ、 /     γ'⌒
                           ,ゝ    `ヽ(              )      (⌒
                          (      γ⌒ヽ, '⌒         ヽ- 、 γ⌒

               __
            /r': : :└、
         , ./ r┘: : : : : :乙                           ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
     r‐z- イ(  ' { ' ̄ ヽ 、: : 〕                          /:;: '´T 丁l `ヽ::}
     に/r'/ // イ」 川 ト、ヾ」                          /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
     |i 〈  l::|' ノ_lトリレヽノソ                         ldb| l k_ィヽレ仁リl│
      li | ヽ l::||.K◯   ○ ||                         | ∧l  lK◯   ○ソイ
     li | .(6l||ぃ ,-┐ ノ.||   「……」                   ,l  (l  ぃ 、_ _ ,从|
      |i.,!  ヽ|トゝ、ニ.イ .||                             l   ヽ トゝ、 __ イト、ト、
      li |   ,ノ||::、 ◎:`ヽ.||                         |/≪T ,バ、:文:`Yラ_n  て  グッ
     .|i |   /:((:::::;i:::}::;;:;:;)((                        N≠{〈:::::::〉:;i:::;ヘ:_;_{__)  (


108 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:02:06 ID:DPCzynj6

                  rz_几_n
                  f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
                 r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
           .       ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ
                  亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}
                .∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|
             .__彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|
          , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、
      ./, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、      「でしょ!じゃないでしょうが!
    / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了
   /   { i      |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ      そこは“私達を馬鹿にしているの?”
  .{ i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__      だのなんだの言って噛み付いてくる所なのだわ!
   _>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}
  ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´      会話の流れとか空気とか
    ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!       一般的なストーリー展開を読みなさい!」
  彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ
  _/  /ミ三;^i^i^l^ト、::.::.:\-‐─ァ ‐=ニ二,__ }   l
    .\ノ::.::.::.:{     }::.::.::.::.::ヽ 〃ー一 ´ ̄ ̄!  !



        ___         ━┓
        /:::::::::::::::\       ┏┛
      // ̄ ̄ \:::\     .・
    __r!" /i   ,ィ、 \:ハ
    l/7 l! i |   ハl ヽ| ゙}:ト、
    (_イN◯ ゝノ  ◯| (」ー'
    ./ l !    △  ,少イ !\
      | \        ,イi |
     ノィ ≧>ニフヽ≦ | |
    〃 | i ゞ:ヽノ:::ノ  ノ).|
     !.| /:i::::A:::ヾヽ// `


水銀燈に皮肉なんて通用せず、
逆に皮肉言った真紅が馬鹿にされているような気分を味わった。



    !    !            |  ヽ  l  /  ! !
    l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //
l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l
|l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!
、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/
ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"
 !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _                「不思議そうな顔するな!」
 ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /
 ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\
// l       /\!          !    /.::::::::
. /l ト、       !              /    /.:::::::::::
/:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::





           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'            u.   `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/     「隊長……
  ヽ {.fi {( U      _」  │      向こうは隊長を馬鹿にしているよ」
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /
   _`ヽ {     └--‐'  /┐
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7



109 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:02:28 ID:w5xRQZVA
皮肉通じねえwww



110 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:02:34 ID:DPCzynj6

    /〃 // ' / /  l| l|  l l |   |
.   /// //、 /  '/ /!|l l! ハ l| {  |
  // l |l| | 「トl| l !| l l|_厶⊥L!_|`l  l
  〃 |l |ll ,ィ永 l l |l |jム=ミ/〃ノ|| l
  {  川lV| {リ|  ソ   f℃ `X リ| |
       |l| ゙フ     {じ'   イ/ /l| |
      l||!ヽ     `iiT′/' ィ ′|   「え?なんで!??」
       ノハ  、__   _彡1/ ,′ l
         lヽ `     ̄ /,' /  l
         ! ∧       〈〈 ,′  ハ
          // /ンー┬=≦三N   ,′|
.         // ∧  /j三三三| /l  l



     l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
   l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
.    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
     !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ. u  .| !  「えーと、ちっとも真剣に見えないって。
     ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'   寧ろ間抜けだってさ」
      1 ヽ、ー'l. ヽ                /
      ヽ、, ヽ、.ノ`,  u    '"´ "'      /
          ヽ ヾ {.           -      /
          ` 、..,,_ノ              /
           ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ


アムロから解説を受け、やっと怒りだす水銀燈。
向こうも気が強いが、彼女も穏やかな性質ではない。



  ': /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l| :'
   `7/ // ll )レ |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
': /丁7 l| l l| ⌒ | |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j :'      「な、なによそれ!
':  //lハト、ヽ f--tミ ::::::::::: f‐‐ア彡 '/// l |! | |
   /// 7∧ヽハ .゙==' :::::::::::::::ゝ=‐' //ハ /! j l | | :'      ゴールデンハムスターの雄と雄を
  〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |        同じケージに入れたらどうなるか、
  ″{ { ,' // |l ヽ、  f⌒ヽ   /// ハ | | | ト、 , =彡   この子知らない訳!?」
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、 、___ノ , イ // ,l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三


すぐさま怒りに任せて怒鳴り返す。



112 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:03:05 ID:sLcNY01s
>>110
日本語でおk



113 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:03:12 ID:DPCzynj6

         ,. -‐‐- 、        ━┓
.       /.:.:.::::::::::.:.`ヽ      ┏┛
.      /.:.:,. ィ´ ̄ `ヽ、:}       .・
      {.,.イ , i l i i ;.:.}:!
     l〃 /リ VV ハVV:ノ
    /ハ  ・    ・ ハ { ',   ……
.   // i ヽ     ノ ノノi |
.   //ヽL  >=< くく | |
  //  孑.:.:{:::ハ::::}:.`V | |
  LL__ `7.::::::::::::::::::::ヽ l |
.   _フノ 〈.:.::::::::::::::::::::/ ( (                             ,
                                            //
                                             ./:::/
                                         >  >
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.: /:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ    //
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   ′ ピロリロリ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:. 人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
   Jハ:.:.:.:.:T´  ニ''"           ヽ ヽ - '´ /:.:.:.:.人{    「隊長は――
     ヽrー'"                 }     /:.:} ̄
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/        《ハムスターは真剣だ。
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /           縄張りを守るために命を懸けて戦っている》
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_                           ――と言っている」
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/



                  rz_几_n
                  f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
                 r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
           .       ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ
                  亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}
                .∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|
             .__彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|
          , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、
      ./, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、
    / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了    、__人__人__人_人__人__人__人__人__,
   /   { i      |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ     )                   (_
  .{ i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__    .) ハムスターを引っ張るな! (_
   _>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}    )                  (
  ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
    ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!
  彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ
  _/  /ミ三;^i^i^l^ト、::.::.:\-‐─ァ ‐=ニ二,__ }   l
    .\ノ::.::.::.:{     }::.::.::.::.::ヽ 〃ー一 ´ ̄ ̄!  !


けれど、なんかもうええと、ほらあれで、それが余計に真紅を怒らせる。



114 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:03:36 ID:sLcNY01s
>>113
ニュータイプパネェ!



118 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:04:21 ID:DPCzynj6

興奮しきった真紅は、なんと勝負を持ちかける。
訓練形式の勝負というお題目で、水銀燈に赤ッ恥をかかせてやろうと企んだ。



  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」   「そこまでいうなら勝負でもしてみる?
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.イ,斗予 | |{K!j |    真剣に鍛えぬいた部隊がどういうものか教えてあげる。
   〈:;小、ヽヽ、T,Zニミヽj  ^ヾrシ | |ァ1 |
    |  \ヽN {ヾtク :::::::::::     | ト |_|  |    自分がどれだけふざけていたか、
.   |  |   l \    `-   /!| |::..::.`:┴-、  身をもって知るといいのだわ」
.     |  |  |  | > 、 __ /::..::|| |::..::..::..::..::..:ト、
    |  j  /|  l/::..::..::..::..rクニミ::../| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、



水銀燈も挑戦を受けた。
こちらは特に考え無し。ちょっとプンプンしちゃってるだけで――


        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ     「受けてやろうじゃないの!
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ
―‐ 、 、   /  !   |            イ |          うちの小隊に挑戦したこと、
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |           後悔させてあげるわ!」
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |



   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |    「根拠のない自信だけは
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |    人より優れているようね」
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |


それがまた、なんとも真紅からすると愚かしい。

小隊の練度を考えれば、勝敗の行方なんぞ計算する必要もない。
何故に虫は好んで火に飛びこむかってなものである。


119 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:05:09 ID:DPCzynj6

ただ、計算のできぬ女水銀燈。
計算こそできないが、彼女は太陽に贔屓されてる事を真紅はまだ知らぬ。



            _,,、 _
           t匕ア::-‐< ̄ ‐-
          イ.:〆.::〆     ` 、   \
      /I7.:〃.::/」           \ \ \
     / I7.:〃.::/」     \       l  ヽ  ヽ
    /  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     i   l  ハ   _,,.
    ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / ` 、   |  |  | /イ
   |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\  '、 \人 _|_  |/i|l|l|
   |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ _,,;;;;;彡,,    i  |i|l|l|l|
  / /  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ ´´ ̄        ! lli |l|l|l|lレ
  / / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\,"""    - ´i |l|l |l|l|l|l|l  スウッ―
 / / / / l >=rf<⌒ヾ  \           ; |l|l| |l|l|l|l
/ / /    | {:{___ノハト =='\ ー一      . イ l|l|l|!|l|l|l|l|
/ / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||l|l|l|l|
≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄ ̄ ヽ
三三≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、::::::::::::::\


胸張って、大きく息を吸うと―――
ただ一声、命令を。


  ヽ:..  ゚ 。+ . : : : : :丶        _   --- ___ r〈{仡k
   }:::〉   . : : : :  o +       ´ ....::::::::::::::::::::::::::::弋ゞご少  : : : : .
  ノ'´ . : : : :  x        / /:::::::::::::::   ―― `¬<\   : : : : . +
。 . : : :  *'´     |      / /:::::::::::::::/ /       \::::::\ `'* : : : . ャ
. : : : +      - + -     / /::::::::::::/  / /       |   \:::::ヽ   ゚ 。 : : : .
、 o           |    / /:::::::::::/   / /  /   l      ヽ::::l  、__人__人__人__人__人__人__人__,
ノ)         クイッ   / /:::::::::::/ ′/ /、/ //   ,         Ⅵ.  )                   (_
´        ― 、     /  l:::::::::::/l | ' 〃/ Х/ /  / / /     |ノ   ) やっておしまいお前達!  (_
.      / _y  ノ^ヽ  / / |::::::::::|| | l /_/ / //l\ / / //l   |  )                      (
   /  〈__/ /`Y r==ぃ::::::ノ| | |'イ干ミメ〈 | / / / 〃l |   |  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
  /´     (__/ /`ヽゞ==介くこ)〕 | |八 ′ノヾj/ / / /⌒| / /j   +'゙  x . : : : :
/    ⌒ヽ ` て__// /イ|  ̄| | |  `ヾ     //=ミX厶イ / ,  ,.::´ 。 . . : : :
   ゝ      / / 〈/ ノノ  /i| | |        〈 'ノノ / / /  〈:::{ . . : : : x
     >- 、 ヽ  /   /〈/  ハ| |        ,  ` / / /   )′: : :
  /\    \ ∨  /   / | ヽl|     `ヽ、    / イ//   . . . : : : ャ
 ̄`ー‐┤   / ∧_ノ  /   /  |  |\        イ  _j___
 ̄\_/  / /___/_   / rく|__ \_ <___j/::::::::::::::::::::::\
 __〉   //:::::::::::::::::::\厶イ:::::::::::::::::::::7ィト:::::ヽ:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::\
´∠廴_ /:::::::::::::::::::::::::::::::\ \::::::::::::::://|:||:トヽ:::|\:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::ヽ
´〔_ |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \ \::::::〈〈_ノ八Vノ:/  ヽ:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::l
   ノハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ \/`ー1| |:「V    |::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::|


真紅の、記憶から消したい1日は、こうして始まった。


121 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:05:38 ID:DPCzynj6

                 └────────┘

                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
         lj_/l | l l! /  / l ヽ|
       くノ! | | l \ ! l  / イ  l|
        /l:'┘NT ,ヘX  ノ _メl /イ|   「ゴールデンハムスターは
        // | ト ー┘   イ 'ノチ / |    縄張り意識がと~~~っても強いのよ!
       /   ! l、   _' ` / / l, ィ
      //  :! l|\ ` ´  イ' / / /   同じケージに入れると、
     / /  __l V {><}__/「Y/ /    どちらかが死ぬまで喧嘩を続けるわ!」
     / //   \|ー‐ 八 ー/r:| / ̄ヽ
   /! //     、 {j¬¬¬{j〈 ヽ  |ト、
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                                                /⌒>、,..,,、,.、  ,.ィ⌒ヽ
                                                !::::::,.:'::::_,,.、::゛゙゙:::㌧ ノ!
                                                 >'::0:'゛  ゙; 〇:::::::" ;゛
                                               ,:'゙ ;'  , 、  ゙'' :::.::.::;'、
                                                ;'   :  ( )       :::::::゙:,
                                自分こう見えて獰猛ッス>   ;'    、 ,工、  ,    :::゛;
                                              ;    ゛   `゛       :::゙;
                                              ゙;   ゙:.、   ,:'         .::;
                         あ、イメージと違ってサーセン>      ゙;  、 ⌒ヾ   ,.      .::;
                                               ゛; ゛ヽヽヽゾ゛       .:;
                                                ゙;    ̄             :;
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘
                        ┌─┐
                        └─┘



126 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:06:37 ID:hY72EzMA
一時期飼ってたがあいつそんな獰猛だったのか・・・よく噛まれたが



125 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:06:30 ID:DPCzynj6

疾風怒濤、雷光一閃――

______________l           l ‐″________,/  /______././________
                       l,        l                ./   ./           / /   .___,,,,,,,,.......... --
              _..-'″ ヽ       .ヽ        ____./   /.....---一ー''''' / /゙゙゙゙,゙二...... --......ィ;;;;'''''''"
              _ /     .,, ,,ヽ       .ヽ'''''''"゙゙゙ ̄ ̄  /   | _,,,,,,.... -;;x-゙‐'''"´             `゙''
........... --――''''フ'"     /   .ヽ       .ヽ ._,,,,,.... --一.!    l ._.. -''"゛    ._,,.. -ー'''''""゙゙゙´^゙゙"''''ー
       _/゛     . / __,,,,,....、\       \      l  _..-'"゛    _.. ‐'/゛        . _,,, ー''"゛
    . /       ./ ゙ ̄゛      .ヽ.       ヽ,   ._._..-'"     ., / / ./    _,,, ー'''"゛   _.. -
'''''゙゙゙ン´         /            \       `、ン'"      .,/゛ `'''/ .i!_. -‐''"゛    ._,, -''"゛
. /        ./        _,,,.. -ー''''" .\    _/゛      /-、   /  /  ⌒゙"''''¬ー'┴――――ー
゛        / . _,,,.. -ー'''''"´            \ /       .,∠-‐''" `゙'ー│ .!         ___,,,,,,.... --ー
       / .`                     /        .,/'-,      !  .l゙" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄彡‐ .,..-'´  ,..‐
      /                     /        ,/   . \ ._,, - !  !     ._..-'" ,..-'"  ._,, ┴″
     ./                   _,,.. /           ,,<      `'-、 │ │  ,..-'"゛ .,..-'" _.. -'''" .,.. -'"゛
     l          _,, -''''"゛./           /._.. へ、       `'-、 .| -'"゛ _..-彡-'''" ._.. -'"´   ,.
     .|     _,, ー'''"゛    /         /'"゛    `'-、.       ゙''-、,, -!'"´ ._.. -''"゛     . /
     ! . -‐''"゛           /         /          `'-、,       .`''</'"       .,/
     .ヽ          /            /         _,.ir=゙‐''"´゙'‐、           `''ー、,,,   /    ./
      `'-,,.      ./             /   ._,,,.. -‐'''"´   ._.. -.''|゛ `''ー、、        `''ー ,,_ ,/
            `''ー . /           / .‘゙´         _..yr''"゛   !    .l.`゙'ー 、_            `゙'''ー
             /              /      ,,, ‐'彡'"     ._..!     .ヽ   .フ'ー ..,,、
           /            / _,, ー'''". _..-'"     ,/゛ │     \ /     ,.~゙'''ー ..,,,_
             /               / ゛   ._..-'´     . ,..‐″    .|       . \    ./   _..-''  ´"
            /             /   _ /       ,..‐″       .!            `''''―ーー''"゛   .,/
.  ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄´ /                / ,,-'"       /            l                    /


開始の合図とほぼ同時に、真紅小隊の猛者が崩れ落ちる。


127 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:06:43 ID:DPCzynj6

互いに隊員を1人ずつ出し合っての白兵模擬戦。
そんな勝負、水銀燈小隊に勝てる学兵小隊は皆無であろう。



               NVVVVVVV\
               \        \
               <         `ヽ、
               </ /"" \ .ノヽ. \
                //, '〆     )  \ ヽ
               〃 {_{   ノ    ─ │i|
               レ!小§ (○)  (○)  | イ   「気がついたら相手が
                レ § u (__人__)   |ノ     ボロボロだったっス……」
                 /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
                / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ                   〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
                /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|                 ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii .
                | ヽ〆        |∞|                   /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
                                                i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
                                           .     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
                                                t'" ;;;r'⌒''yー'" u :::t
                         「閃光が糸状に走ったようにしか   i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i
                          見えなかったゼぇ」             ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
                                           .       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
        ____                                     i  tー'--,ノ / ,r'
      /      \                                   ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
     /  \    /\                                  , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -
   /    (●)  (●) \
   |       (__人__)    |
   /    _nnm´   /   「今のは16回斬った」
    (  \≦フ _ノ]二二フ
   |\ “ ム∠,__|  |
   |  \(三___/
   |    | i    /
   |    r| i  /
    ヽ.   /レ'  |
    >__ノ   ゞ ノ


なんたって水銀燈小隊には、100戦練磨の傭兵が常駐している訳でして。



129 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:07:13 ID:sLcNY01s
あーあww

130 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:07:15 ID:w5xRQZVA
傭兵無双か…



131 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:07:23 ID:DPCzynj6


      ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
     /:;: '´T 丁l `ヽ::}
    /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
    ldb| l k_ィヽレ仁リl│ ドヤッ
    | ∧l  l ィf;;li  ハシ} イ
   ,l  (l  ぃ  _' ,从|
   l   ヽ トゝ、` ´イト、ト、
,=ニ三~~//i i`<リハ三ニ_
  三三/(:::::::::\Ni i\i三下
     ミ\(ミゞー'Y^fY ̄;)
        ヽ::ヽ/`Y^Y:::ノ



.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |    | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l|  l| |
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽ ヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/レ=ニミ刈 |  リ  ,.ニ气 l |
  ):.:rへ_}|/ l| {l f伍}` ノ    狄l ' ハ
  ヽ、!{レ' ///   ゞ='′      ¨´ ∧ |    「……………………なによあれ」
   ///人           '    八l |
 // /_>ト、_r个、    r¬ _/| ヽ\
// / /: /::..::..::{::..:ヽ.   /::..l`'┴:-:ヘ \
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ::..::トァ=く::..::..:l::..::..::..::..::}ヽ、\
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨{リ廻lト、::.l::..::..::..::./  ヽ、ヾーr-



真紅は暫く目を見開いたままにしたが、やっとこさ震える声で質問し、
よくぞ聞いてくれましたと、水銀燈は目を輝かせて解説する。



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'      「傭兵よ!戦闘のプロ。
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //         お金を払ってきてもらったの!」
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |


134 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:07:57 ID:DPCzynj6

水銀燈の満面の笑みに真紅が激怒。
傭兵ってなんだ傭兵って。私達は一から皆で頑張って来たのに――


                  rz_几_n
                  f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
                 r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
           .       ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ
                  亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}
                .∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|
             .__彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|
          , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、
      ./, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、
    / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了   「それは学兵じゃないのだわ!!
   /   { i      |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ 
  .{ i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__    反則!反則よ!傭兵なんて考えるものですか!
   _>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}   無効!この試合は無効!!!」
  ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´   
    ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!
  彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ
  _/  /ミ三;^i^i^l^ト、::.::.:\-‐─ァ ‐=ニ二,__ }   l
    .\ノ::.::.::.:{     }::.::.::.::.::ヽ 〃ー一 ´ ̄ ̄!  !



水銀燈への見方が変わる。この女は卑怯な女だ。


            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \          「我侭ねー。
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-     ……まあ、そんなに無効にしたいなら
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::     そうしてあげてもいいわ」
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.:
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―


卑怯な奴に、負けたままでは終われない。
学兵全体の沽券に関る。


    !    !            |  ヽ  l  /  ! !
    l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //
l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l
|l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!
、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/    「なんで上から目線なのよ!
ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"     
 !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _               もう一戦!今度は射撃で勝負なのだわ!
 ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /      傭兵は禁止よ!」
 ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\
// l       /\!          !    /.::::::::
. /l ト、       !              /    /.:::::::::::
/:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::


真紅は名前以上に顔を赤くして、再戦を申し込んだ。



139 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:08:39 ID:iak6ThIY
これは明らかに負けフラグw



137 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:08:20 ID:DPCzynj6

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

精密射撃というのは、恐らくこういうものなのだろう。

                           ゙''ー ,,、              \         .l   i      /    ./
                             `'''ー ,,、       `''-、     ..l  !     /   . /
.,,,,,___                             `゙'''ー ..,,,      ゙'-、    .l  "   /   ,/   .
     ̄ ゙゙̄"'''''''――-..........,,,,,,___                  `'''ー ,,、  `'-.   l    ./  ./  .-‐'″
                      ̄ ゙゙゙̄'''''''''ー    ___________   `
________________,,,.. -―'''''''^゙ ̄ ̄    . __,,,,.... ニニニ===─            ____
               _,,,.. -‐'''"´             _,, -''''"´                       ,,,
            _,, ー'''"゛            _.. -'''"   _,,,.. -ー'''''"゙,.. -'''彡..     ..   .'i.'i  .、  `''ー 、_
     ,,, ‐''"              _..-'',゙,,.. -ー'''''"゙´  _,,,.. -/ ´_.irメ'"´  ,. ./.   l .l  . \    `''ー
 ,,, -'"´                 _..-'"゛ ゙´    ._,,, -''''"´ , / ,/゛    .,/ / . /  i' .、| !   、\.
´                _..-'´   _,,.. -‐'''"゛    . /   /     . / / ./   l .|│ .l   \ \.
              _..-'゙_,,,.. -‐''"゛         ,/  ./ _/゛ ./゛,/゛ /   l  :!/ │!、  `'、  `-、
              ,/゙‐'゙´            _,, -'" /   /.,..-'´ ./゙ /   /  ,,  l  /  .! .ヽ .、 \  .`'
         . /             _,, -'"゛  ./   /-'´  / /    /  ./   .!  ./   .!  ヽ .ヽ  ヽ,
       . /         _,, -'"゛   _.. /    /    _ '彡'"    ./   ./   l  /    l   ヽ .ヽ  ヽ
     /         _,, -'"゛   _..-'" /     /   _.ツ'"     ,/ノ゛   ./    ! ./     .l    ヽ .ヽ
   . /     _..-‐'´    ,..-'"゛  ./    ./ _..-'″     ./ /    ./    .i./      l゙ !    ヽ ヽ
 ./   _.. -'"゛    _..-'"゛    /     ._..テ'´         ,/  /     ./ . /  ./      l .l    ヽ ヽ
ヾ._.. -'"゛     .,..-'"゛     ,、./   _..-'"゛       , ;;/゛  /     /  / /       /  l     ヽ .ヽ
'"      ._..-'"         ,/゙./_..-'"゛        ,/ン゛  /      /  .//         /    !     . l


撃ちだされた銃弾は、その全てが小さな的の真ん中付近を射抜いていった。


140 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:08:51 ID:DPCzynj6

互いに隊員を2人ずつ出し合っての的当て勝負。
そんな勝負、水銀燈小隊に勝てる学兵小隊はめったに無いであろう。



            r ― _ ─ 、
       ,. - ─- | γ _ ヽ  \
      /::::::::::::::  |  し′ ) )   \
    /::::::::::::::::::::::::::::: \   |_j     /
  ノ::::::::/::::::ミイ:::::::、:r‐レ'ヽ ○   /
  イ:::::::'::::ナ ´ |:::::ノ/`ー|::::: \/
   ハ::l::|::/,ニ 、|//,==、jイ:::::::ゝ
   リ:,、::!l:::::::イ′ l::::::::イ l:::ハリ
    l V `ー`   ` ー` イノ   「あれ、先輩射撃上手いじゃないですか。
     `'、         ノッ     意外だなー」
       > 、 _ ∩__ イヽ_
        '7  ||_><_|| ./ ヽ
       ハ  |ト、三/||/ i  |


    j::::/::::゛、::::ヽ:::ヽ、:::::::ヽ、::::::ヽ::ヽ:::ヽ `
    l::::!:::l::::!:ヽ:::::゙:、::::ヽ、::::::゛、:::::::::`::.、::::\
    j/:l::::!::l:ト、:ト、:::::::::、:::ヽ、:::::ヽ::::::::::::::\{`\
     i!::::!:::!:ハ!_」l_ \{`\、____、:.、:ヽ:::::::::::::ト\
    ハ::::V:::! ソ oヾ \^~/ o ヾ:i`:.、:::::::::::!、__,, -
   ′ i:::i:!::ハ ヾ=彡     ヾ≡彡リl::::ヽ:::::::{ ! /
     ヾ{i::::l:!              ハ!::::::::::!:}`ヽ/    「……あなたの私に対する低評価の
     /^ヽ!::リ:、     ` ^  ノ´)/::::::::从ト{   /    理由を尋ねても宜しいでしょうか」
  /    ソヾ{\  <ニ>' / ̄i ̄`)V  ! 
  /          ゙ 、 \/   ' / {<⌒′/ !
. /      ` 、    \/       }〈  / /    ←この道十数年




                                                    _.. -― 、
                                                /,,ィ===、、 \
                                                メ、-'_ノヽ二>「  _
                      「ライトは偶に役に立つですよね」    _  `丁'〇   ● ! lハ,/ノ
                                             ヽ.> 、lヘ *△* ハ. l' /
                                               \.l !> --<l_,l 「 ヽ
                                                 l Hヽイハヽヘ Ll、|ヽ' '
           .ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
           .,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
          l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
          |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
           ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、
           ヾヽヘu  |';二::!  入',    「やめろ!偶にとか言うな!
            `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ    僕は何時でも役に立つ!」
      ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
    /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
    /  .,ノ  Yヽ   l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
  /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
 r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`


なんたって水銀燈小隊には、専門の訓練を積んだ元自衛軍兵士が常駐している訳でして。


141 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:09:29 ID:DPCzynj6


      ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
     /:;: '´T 丁l `ヽ::}
    /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
    ldb| l k_ィヽレ仁リl│ ドヤッ
    | ∧l  l ィf;;li  ハシ} イ
   ,l  (l  ぃ  _' ,从|
   l   ヽ トゝ、` ´イト、ト、
,=ニ三~~//i i`<リハ三ニ_
  三三/(:::::::::\Ni i\i三下
     ミ\(ミゞー'Y^fY ̄;)
        ヽ::ヽ/`Y^Y:::ノ



.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |    | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l|  l| |
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽ ヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/レ=ニミ刈 |  リ  ,.ニ气 l |
  ):.:rへ_}|/ l| {l f伍}` ノ    狄l ' ハ
  ヽ、!{レ' ///   ゞ='′      ¨´ ∧ |    「……………………なによあれ」
   ///人           '    八l |
 // /_>ト、_r个、    r¬ _/| ヽ\
// / /: /::..::..::{::..:ヽ.   /::..l`'┴:-:ヘ \
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ::..::トァ=く::..::..:l::..::..::..::..::}ヽ、\
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨{リ廻lト、::.l::..::..::..::./  ヽ、ヾーr-



真紅は暫く目を見開いたままにしたが、やっとこさ震える声で質問し、
よくぞ聞いてくれましたと、水銀燈は目を輝かせて解説する。



 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'     「元自衛軍の兵士よ!戦闘のプロ。
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //         スカウトして来て貰ったの!」
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |



〉::::::└f::::::_:::::::::::::::::::ヽ ̄ヾ:::::::::::::/::,!∠`ヽ
`ヽ::::::::つ:::::\:::::::::::::::::`!  !:::::::::::::::::::|ニ´'/!
 (:::::::::::ゝl-:-::::::::::::::::―|  |:::::::::::::::::イ`Y´く´;
  jゝ::::/  ゝ、::::::::::::::::::::|  |":::::::::::::)'!゙i ̄|ヽ;
  \/   / ゝ_;::::::::::::::|  |:::::::::::ソ .| |  |
    Y!i |   l、`く::::::::>-<::::::_ ィ /| |  |;
.   ;ヽヽ!\i!l!i j/!ゝ:::{薔}::シ  ,/!!| |  |
.      ;〉K` レ' j  ト/く  ´ ィ i :| |  |      「そう……」
           、ー j/! l′ヽj~ ド.! l :| |  |
         >' l .!'フ 、:r/ | | :| |  |;
          f 〉、j .!< ,ヘ:´ヽゞ | :| |  | ;
          .;/ ,.-" -'ー/:::::\::::`| :| |  |; プルプル
         ;〈 "/!‐'¨ア::::/!:::::ヾ:::\| |  |
        7`ー¨.ニ/7:/ :::::::::::::::::ヽ|  |;


馬鹿明るい声を聞いた真紅は、ワナワナと体を震わせて――



142 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:09:30 ID:hY72EzMA
本当にいろいろとおかしい小隊だなおいwwww



143 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:09:52 ID:DPCzynj6


                        、__人__人__人__人__人__人__,
                        )                 (_
                        )  巨人軍かっ!!!  (_            .,-イ .,,,、、 ,,,,、
                        )                 (             .,l゙ .゙‐'` ゙l |,,,|^|
==ニニ=ー-、,,            ,,.-''"`i  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒        ./'゙_,、.r‐',i´.l゙ ゙ .""
\.   ``''‐、,,`ヽ、      ,,.-''"::::::::::::::|,,,,_                _      .ト'",l゙ l゙ l゙ │
\\      `ヽ、\  _,.-'":::::::::;;、;:::::::::::}-- ``''ー`''ー、,,,,,....=r==、''"二---ヽ、      l゙ ,l゙ .l゙‐'"
``'\`ヽ、    r‐`''7"7:::::::::::::r''  `ヽ、::{"" ̄ ̄  -、,,,,`''ー、,,_,,..-''", _,, _,.-ァ `:、     .レ'"  _,,、,,r、,ーjl'
    `ヽ、`ーr、r':::::::;';;;/:::::::::::::::!     \-''''"" ̄   ー\-\.r'"-'"-''" ,r'/  .'、       .{-!ト''゙l゙,i´
      `r‐''`)::::::i;;;;{::::::::::::::r' ヽ、 \ヽ ',,,..-‐'''"⌒\,,.-r''⌒`i., ヽ\,∠,,,,,...,,.-' i        ,レ"
    ,,,/`'ー!;;;;人::::::i;;;;!::::::::r''"ヽ、 \ ハ i:::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、__,ノノ   ,~_,,.-'"/ |.          l"     /  ̄ ̄\
 __,,,/:::::::::::::::::\ '、:::i;;;';:::r''i、ーヾヽ`'rォヽヾ::::::::::::::::::::::::::::;;ノ"//  r-、 _,ヽフ ノ                / / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 !::::::::ーァ::::::::::::::::``ヽ( )::!| |.r'i;;フ   , /:リ::::::;;::-''"``ー''" // \    ,.ァ‐r'''"  <アベッ        .|/ ━    ━ |
/|::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::!ハ'、_  rュ/|j;:-''"r-' ,,.-''"-''''_,,.ニ-ァ‐--`'''''''<                     || -・-     -・-
:::`、:::::::::::::;;:-'''ヾ、::::::::i'"゙!|`',';/`''''゙-'''"''"  ,,.-''".,/_,,,,_   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`-、,                 (6 @  ( ・ ・ )@ノ
::::::::`ー-;( ; ;. ;' ノ::::::;-i  ',!. '、'、/7/'"⌒`'''ゝ/i {~ヽヽ`><へ、,、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/                ヽ  , ~~、/
:::::::::::::::::::`ー==',r''"  \ リ,,r''、,>'" ヽ ヽ ./ >'` ,`''`''`7   / \,、;;;;;;;;;;;/                    ヽ ヽニニニフ/
;;::-:''"::::::::::::::::::く -''",. ノ、」 /:::::',  r''''" r-'_,,人r''/   r''"  ノ ``:;;;;\                 \__/
::::::::::\:::::::::::::::::r`ヽ、/ /;;;;;;;;;;;;;;',.-<  /"./_,,ノ レ、,,,__,,/   /    |;;;;;;;',                 )ー-(
::::::::::::::::\:::::::::::i    /;;;;;;;;;;;;;:::-'''" ヽへ/ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ノ,,_,,,ノ   _,,/;;;;;;;;;               / `Y'"\


思わず渾身のナックルパート。



145 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:09:58 ID:0F/HldQw
これは真紅キレていいwww

146 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:10:21 ID:fQBuW.rE
まあコネも立派な戦力w

147 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:10:24 ID:0SO3unFg
真紅さんマジギレwww

148 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:10:42 ID:iak6ThIY
ナベツネw

149 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:10:49 ID:BfkqYkzE
その怒りは正しいw



150 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:10:55 ID:DPCzynj6

   !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l
  !l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l
  トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/
  l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ
   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l     「痛い!何するのよ!」
  ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l
 \. ヽ、 ##       '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ.
    l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l
   .l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/
    l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
     l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<



頬腫らした水銀燈が涙目で抗議申し上げるが、真紅はちっとも取り合ってくれない。


\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///       「何するのよじゃ無いのだわ。
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://           おふざけも大概にしなさい!
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l             学兵出せって言ってんでしょうが」
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l



              |
     , ィこぅー‐.!
     ./ 入Zツー‐|
    {ソl  |  l  :|
    /イ| /l ノニ:| ┌‐、
    〈」ll.ノイハ   ヒ」 r|  |     「全員学兵よ?」
    L}ト、〈ゞ'丶 :|, -t ̄ ̄L
    || ゝト≧ 二〈    ̄L.」
     || / . : :/::::,「 ̄L._ 〔
  ヾスス/ , ‐く.二リ     了



                  rz_几_n
                  f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
                 r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
           .       ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ
                  亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}
                .∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|
             .__彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|
          , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、      「それは建前でしょうが!
      ./, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、
    / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了   傭兵の学兵も自衛軍の学兵もいないし、
   /   { i      |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ    オッサンの学兵なんぞいないのだわ!」
  .{ i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__
   _>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´        | ナイスミドルな学兵はここにいるがな  >
    ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!    \_人人人人人人人_/ _________/
  彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ     ) 黙れシャア! (
  _/  /ミ三;^i^i^l^ト、::.::.:\-‐─ァ ‐=ニ二,__ }   l      /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y\
    .\ノ::.::.::.:{     }::.::.::.::.::ヽ 〃ー一 ´ ̄ ̄!  !



152 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:11:30 ID:IC7UpwM.
黙れシャアww

153 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:11:30 ID:0F/HldQw
シャアwww

154 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:11:51 ID:zfkXLkyA
赤い者同士、仲良くするべき     ですぞ



155 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:12:03 ID:DPCzynj6

馬鹿にされたと解釈した真紅は怒り狂っており、ついに実戦形式の勝負を宣戦布告。


       r-':、 ̄ ̄ ¨ ヽ   ___
    , - '  : :.l      \/   ´ ̄ヽ
    {     : ::ーヵ      |::\    |
    〕   : :.:./ └i:: . .   ヽ:::.∨   ヽ
    └i  : .:/     └t.:..   ',::::|:. .   」、
     {  .:/  /    l  }::.   l::::|:. . r┘ :|       「こうなったら模擬戦よ!
      ヽ.;/ / l |   l / ゝ-、:. !::l::  /l l :|
     〔_:|l | :l l   .:l ,.:i| _ト|  T |:l: 「 l | :!      実戦に近い戦いで、貴方達の未熟さを
       |l/! |!\ イ!ィi´:::|.レ'| |l l:|: 」 八 l|     教えてやるのだわ!」
       l| ヽlト rヵl   L.r’'ノ| l{ |j Y/  ',l |
           / l ハ.{」_, - 、 /:| 」:.../'    lハ
        / / { ヽ{  」_, -'´ ̄ ¨ヽ   ヽ :|
       , r'´ ̄ス、!_>t.zッ'.::: --― ::',    ヽ!
     / レ' ̄-'´ l__{ヅ .: :___  - /.:|!    |



ハンベかかせてやろう位の気持ちだったが、真紅は何時の間にか水銀燈のペースに巻き込まれている。
この卑怯で汚くて理屈の通じない女を、イッペン本気で泣かさないと気がすまなくなっていた。



   ,,ィ≦::::ト必}ノ三`>、_
 , ク:::::::::::::::::::::::::::::y^´ ̄ヽ\
/ ム:::::::::::::/マー^         \
iム:::::::::::::/マ´            ',
.{:::::::::::::/マ´               l
. }:::::::::/マ!     i   i} / 从 .|
. !ヾ:::レ' | .| ヽ∧ l ! ,イァt  i! l !
ノ 〉〈  ! ,!-=tニkリ!/ 〈::ル ノ /!ノ´
 ノハ_〉 弋 弋:::レ   、 ̄ルイノ      「付き合ってあげたのに駄々こねて。
      >  ̄    _  /!ツ
   l  ハ >   _  __/.i}        ……煩い子ねぇ」
   ! .K´ヽ `Yア  !  | i}
   ノ  i >::::\ヽ\!  | i}
_ イ   i/.:::::::::::::ヽ ! 气〉‐=、



   、__人__人__人__人__人__人__人__,
   )                    (_
   )  ダワァァァァオッ!!!  (_      .,.、/レトヘトト、
   )                    (      /  V-‐'ヽ、 }
   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒       r'/   } fニ、i V⌒'i
                        , -┴!   /j_ `ー'  j,  |
                      _,L,  | //ハ ヽ_, イ }}.\|
                ._,,.. --一'ニr‐┘ -=く/.{  {㈹_,ノiヽ..ノ
       ,.. -‐_ニ- ̄ _,二二二二三人_  < 〈ーノ_フl  |  {
     /,. ‐'',. -‐  ̄            } ´ / ヽ! >レ'  ノヽ
    // /                   __  `ー/      }ー'´ \ `丶、
  / ./ //   _r'´ ̄ ̄ ̄``丶、   |  ``ー'}        {    `丶、 ` ー-
  ヽ{ l/  <__          `ヽ 」 -‐イ´ ヽ    /勹      `丶、
    ヽレ‐''二,Z{ ,. -────‐ァ'´     \ \ /  \
   /,. イ //        /     / /       {   \
  く/ //  |     ,. ‐'"´    /  /  /     ヽ    \


でも水銀燈、だんだん真紅を面倒臭く思い始めてきてて、
思いの他COOLな目線を向けられ真紅ちゃんショック。



157 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:12:39 ID:fQBuW.rE
ダワァオw

158 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:13:12 ID:w5xRQZVA
月みたいな事になってるwww

160 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:13:38 ID:NurkCRiE
部下の士気が心配になるくらいペース乱されとるな、真紅www



161 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:13:47 ID:DPCzynj6

でも申し入れの方は有難く受け取った。


               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
         | |  \\~    ,    / | | |     「いいわ。やってあげる。
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |
         l | | |'ヽ     . イノ|| | |     自分達の実力を知る、
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||.      いい機会かもしれないからね」
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\
    /:::::: n:::| 八 | 〈/  レ厶イ::::: | |::: ::\



真紅の挑戦は水銀燈からしたら渡りに船なのだ。
練度の高い学兵との模擬戦なんて、やりたくたって中々やれない。



    !    !            |  ヽ  l  /  ! !
    l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //
l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l
|l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!
、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/
ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"         「そのドヤ顔、すぐに変えて見せるのだわ。
 !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _
 ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /        いい!学兵意外禁止だからね!
 ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\      20歳以上禁止だからね!」
// l       /\!          !    /.::::::::
. /l ト、       !              /    /.:::::::::::
/:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::



きっとこの模擬戦は、隊に何が足りないかを浮き彫りにするだろう。
それは掛け値なしにメリットだ。



         ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′      l¦ l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ ||         「わかってるわよ。
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ 
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ       そっちこそガオガオしない様
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦     注意しなさいよね!」
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | 〉ニ、 |  仆圭ミメ、


一方的にヒートアップする真紅をあしらいながら、
水銀燈は模擬戦をどう進めるかに思考を進めていた――


164 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:15:07 ID:DPCzynj6


         ,. -‐‐- 、        ━┓
.       /.:.:.::::::::::.:.`ヽ      ┏┛
.      /.:.:,. ィ´ ̄ `ヽ、:}       .・
      {.,.イ , i l i i ;.:.}:!
     l〃 /リ VV ハVV:ノ
    /ハ  ・    ・ ハ { ',   ……ガオガオ?
.   // i ヽ     ノ ノノi |
.   //ヽL  >=< くく | |
  //  孑.:.:{:::ハ::::}:.`V | |
  LL__ `7.::::::::::::::::::::ヽ l |
.   _フノ 〈.:.::::::::::::::::::::/ ( (
                                            ,
                                            //
                                             ./:::/
                                         >  >
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.: /:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ゝ    //
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:/ ノ:.:ハ:.:.:.:.:.{  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\   ′ ピロリロリ
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人:.√ ̄Vヘ:.ヽ、>:(_   :.:.:.:.:.:. 人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ >
  -- 、:.:.:.:.:.:.:.:.(  、>=ァゥミ、ー-≦彡  _}:.:./  }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  >、 i:.:.:.:.:.:./   〈   ヾニン }       yー=>ミ1:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.}
     Y:.:.:.:.:(       ` ー―一'     /r7ャ尤、  }:.:.:.:.:.:.:.ハノ
   ( {:.:.:.:.:.:.:(_ ミ-‐''"          { { ヾ-'' <:-':.:.:.:.:ノ
 :.:.\_/             ,. ―- 、 <_7'"    }/         「ガオ顔……そうか!
 :.:.:.:.:.{           /ヽー- 、 \_      /
 :.:.:.:.:.:.:>        {____    ̄/     /            隊長は――《吠え面かくなよと》申しております」
  二´ -┴-- 、    `ヽ:.:.:.:.:.:\ /    ,∠_
  ::::::::::::::::::::::::::/二 ー┐   ̄ ̄      /::::/三三ヽ
  ::::::::::::::::::::::::::|三三//   ̄``     /:::::::/三三三/



                  rz_几_n
                  f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
                 r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
           .       ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ
                  亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}
                .∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|
             .__彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|
          , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、
      ./, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、
    / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了    、__人__人__人_人__人__,
   /   { i      |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ    .)             (_
  .{ i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__    )  もうええわ!  (_
   _>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}    )            (
  ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
    ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!
  彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ
  _/  /ミ三;^i^i^l^ト、::.::.:\-‐─ァ ‐=ニ二,__ }   l
    .\ノ::.::.::.:{     }::.::.::.::.::ヽ 〃ー一 ´ ̄ ̄!  !



166 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:15:42 ID:iak6ThIY
アムロが便利すぎるw

167 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:16:01 ID:w5xRQZVA
ニュータイプ能力の無駄使いwww



165 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:15:21 ID:DPCzynj6



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘




170 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:16:43 ID:DPCzynj6

場所をさらに移して、自衛軍の所有する山の中に水銀燈小隊は現れた。

この辺りは人気が少なく、模擬戦を行うのに絶好の場所である――らしい。
まあ要するに、真紅が良く使っている模擬戦のフィールドであった。


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, '´                     ,' : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, '´                      ,'´. : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :; '´                    :´."' : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,'                      ,:'´. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, '´                        :´. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`,                      ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`;                  , '´. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:.:.:.;´' : : : : ,:::': : : : : : : : : : : : : : : : : : ;                     ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.:.:,ノ"/: : : :,:::' : : : : : : : : : : : : : : : : : :;'"                ,:'´". : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
'"  / : : : :' : : : : : : : : : : : : : : : : : :;'"                    ,'´. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 i |: : : : : : : : : : ,´ : : : : : : : : : : : :`' 、,,              , '´ . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 l |: : : : : : : :,,、': : : ,: '´: : : : : : : : : . . . . . . `': .、,.   ,. '´ . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 l |: : : : :,、ィ,:'/,:':: : : : : : : : . . . . . . .                   . . . . . . . . . . . . .: : : : ,,:,:,;: : ,:::':.::.:.,、ィ,:'/,:'
 l |,:':.':.:.:.|l ; /:.: . . . . . .                              . . . . . . . :,、ィ'r'゙:::.::.::.::.::.::.:|l ; /:.:
 l |:.:.:.:.:.:.|l  |: . . . .                                     . . . . .| !|.::.::.::.::.::.::.::::|l  |.:.:
 l |.:.:.:.:.:.:| l|. .                                    . . | !|:.::.::.::.::.:::.::.::| l |.:.:
 l |:.:.:.:.:.:.| l |. .                                     . .| !|:.::.::.::.::.::.::.:::| l |.:.:
 l l ""''''""''''""''""''' ''" '' ' ' ' ' '' ' ' ' ' ' ' ' ' '  ' ' ' ' ' ' ' '' ' '' ' ' '' ' '' '"'' ' ''''"""''''""''"""'''"""''
 | ヽ              "'''"                  '"'"
 |ヾ  \ ,  '"''                  ' ""'''              ''       ""'''


山中でこれから行うのは8対8での、ペイント弾を用いた模擬戦である。

特別ルール――ハンデと言ったら真紅が暴れた――により、20歳以上の兵士は
参加不可能となっており、今度は正真正銘学兵同士の模擬戦だ。


171 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:17:21 ID:DPCzynj6

スタート地点にたどり着き、さてどうするかと皆が顔突き合わせ、水銀燈の言葉を待つ。
小隊長は、開口一番こう言った。

                                                       |
                                                    \     /
                                            ,.-'⌒ヽ,      /⌒\
                            ,.‐、,ノ⌒ヽ_        ノ     ヽ、 ― ( ゚ ∀ ゚ ) ―
                           ,ノ   ノ   ヽ__   (´  ,ノヽ    )    \_/
                          (´ (⌒´ _,.-――'  ,.-' (´     `)`ー-、/  ノ⌒ヽ、
                           `ー-―'´       (´   ,ヽ、 (⌒     ヽ、(    ,;ヽ
                                       `ー-'´ ⌒'ー、,,,,,,,,..,,.-' ̄ ̄  `ー'´ ´
              ,. ,,,,,-;;{@};;;;-,,、
           /;;;,'''- ― - 、;ヽ丶
             /,.ri ! ト l ヾ,.ヽ lヽ ヽ
          i| !ト、ヽl、| '´!レ;=ミ | lY,‐!
          |l l レイ,=ミ、 ´ ゞイl ! !.:i
          ヾヽlゝゞ'  、 __ |l l rj|        「で?作戦はどうするの?」
             !lヽ   <  j l |イ|,|
            | i ヽ、__`´ ,iィ !_j |       ,_,___
            | | i!ゝ>,.二=レ'  >‐-,. =、-- ‐'":::::::;;ノ___
            |_ii >-- 、   /::フニ--、j ::::::::::::::::::::::::::::::::::〆
  _, -― 、    _|,.- ィ薔7/.: .\_/.\_//!r'⌒丶rニ 、__。 :::>" ̄ ~
 ァ:::::::::::::::::丶r' '7.::..::| _j/::. .:::::::::::::::.:.: |シj{_  - ┴、--‐'´
  ´イ:::, -ャ/:::::|.::::. :「l.::::.  :..::::::::、::/ヽl//7´  ヽ、 `ーァ
   レ  / \:::::ヾ:::..ヽヽ::::..  .:::::::.l ::. ::ヽ |  ヽ._  l ̄
      ´しイ:::::::ゝ=oゝ>:::.-- ' :::::::| !:i::.:::::jヽ、_ __ , j
      ィ'::::::::::::::j.://:.. .::::::::::::. :::.!j.::::/ ! l l l ! l l |
    /- 、:::::::://ハl::::::... .:. :.:::::::.. /  ヽj ! !l j | |
     「 ̄二!〈ィ::::// !l:::::::::::::.:.___:/      丶'ヽ! ´



172 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:17:54 ID:iak6ThIY
せめて考える振りくらいはしろよw



173 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:17:54 ID:DPCzynj6

                            .      (三三三ニ. :'´: : :|: : : : : : : : : : :\: : : : : `: .、三三三ニ)
                                  ー</: : : : : : {: : 、\:.:. : : : : :丶: : : : : : :.\ニニ/
                                   /: : : : :/:.:.:.八: : \: \: _: : : : :ヽ:.:. : : l: : : :ヽ/
                            .       /://: : :.:7:.卞、 ノヽ:.:.{ \:.:\\:.:.:._」≧: :.|: : : : : ',
                                  /:/: |: : : :.|:.:/ //\_、:ヽ  \:<,ィ<: :| _V: |: :.|: : : :'
                                   |:ハ: :|: :{: : |:kメテ=ミ \',   ォ夕テハ}^∧:.}: :.|: : :| |
                                   {ハ: |: :ハ: :.{ヘうんソ}    \  弋ゞ' ノ ′}/:.:/:. : :}:.!
                                  {! ヾ!:.:.:ヽ:.', `冖´   {  `  `¨^´  /:.:./:.: :.:/:/
         「………………                       |:.:|:.:ヽ:.、      _   U   /:/:.:.:..:/:/
                                        }:.:!:.:.:.:ト\     V⌒       /イ:.:.:.:.:.: /:/
         ……もしかしてボクに聞いてる?」          .|:∧:.:.:.ヽ.     ‘ _ノ        //:.:.:.:.:/:/
                                      レ ヽ:.:.ト、{>..   ー     . イ:/:.:.:.:.;.':, ′
                                    , - 、  \{ ` }ヘ`ト __ -‐ 7:.:/:./:.:.:.:/レ'
                                     /二、_≧ー―‐ ´ ̄ \    {:./|ノ|:,イ/ ′
                                  /    )_ヽ        \r‐'⌒\_'__


視線をじっと向けられた蒼星石が、長い沈黙の後口を開く。
小隊長殿は元気良く首を縦に振り、肯定の意を示される。


  ヽ:..  ゚ 。+ . : : : : :丶        _   --- ___ r〈{仡k
   }:::〉   . : : : :  o +       ´ ....::::::::::::::::::::::::::::弋ゞご少  : : :
  ノ'´ . : : : :  x        / /:::::::::::::::   ―― `¬<\   : : : : . +
。 . : : :  *'´     |      / /:::::::::::::::/ /       \::::::\ `'* : : : . ャ
. : : : +      - + -     / /::::::::::::/  / /       |   \:::::ヽ   ゚ 。 : : : .
、 o           |    / /:::::::::::/   / /  /   l      ヽ::::l      : : : . o
ノ)                 / /:::::::::::/ ′/ /、/ //   ,         Ⅵ     |  + : :
´        ― 、     /  l:::::::::::/l | ' 〃/ Х/ /  / / /     |ノ  - + -  : : :
.      / _y  ノ^ヽ  / / |::::::::::|| | l /_/ / //l\ / / //l   |   | X : : :
   /  〈__/ /`Y r==ぃ::::::ノ| | |'イ干ミメ〈 | / / / 〃l |   |   ;    . : : : . °
  /´     (__/ /`ヽゞ==介くこ)〕 | |八 ′ノヾj/ / / /⌒| / /j   +'゙  x . : :
/    ⌒ヽ ` て__// /イ|  ̄| | |  `ヾ     //=ミX厶イ / ,  ,.::´ 。 . . :
   ゝ      / / 〈/ ノノ  /i| | |        〈 'ノノ / / /  〈:::{ . . : : : x
     >- 、 ヽ  /   /〈/  ハ| |        ,  ` / / /   )′: : :
  /\    \ ∨  /   / | ヽl|     `ヽ、    / イ// ノノ. . . : : :
 ̄`ー‐┤   / ∧_ノ  /   /  |  |\        イ  _j__ ノノ  コクリ
 ̄\_/  / /___/_   / rく|__ \_ <___j/::::::::::::::::::::::\
 __〉   //:::::::::::::::::::\厶イ:::::::::::::::::::::7ィト:::::ヽ:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::\
´∠廴_ /:::::::::::::::::::::::::::::::\ \::::::::::::::://|:||:トヽ:::|\:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::ヽ


174 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:18:24 ID:DPCzynj6

                                     r'三: _, -―r ー -、- 、.___三三三三 \三 v
                                       ヽ ィ'´::::ハ ::::::::::::::::::\ ::::::::::` .、三三三 \/
                         .               /:| :::::| l'ヽ::::\ :::::::::ヽ!::::::::::::::\三三三 ヽ
                                        / ::ハ! ::|!| ーヽ_‐_\:::::::リ :::::::::::::::::::ヽ三三三}
                                    ' :::l::::ハ,:| ヽ イj;! /`‐-ゝj :::::::::::::::::::::::::ヽ 三 '
                                     l ::ハ::::从乂  レ′   /:/:::::::::::::'::::::::::::l/
                                    | ' i:::r '          /イ/:::::::::::/:::::::::::ノ
              「コクリじゃないでしょコクリじゃ!       ヽ ヽ:, __     U  ':::::/ィ::::::::::::,. '
              何のための隊長だよ!」               ヽ V_ヽ     ./ ::://ヽ _. t‐ォ,-、
                                         ノ\      / :::,j/ ,.イハ ' ⌒ヽノ-、_
                                          //ヽヽ __ ノ, .イ ノ「/::::::::::::::::::lヽj_フ
                                           ヽ ::::|  _j_ ノ、「/i '::::::::::::::::  ∧

蒼星石がその無責任さを咎めるが――


           _ -─ ─- ,- 、
        rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
        〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
      // / / /      \::::::::::l  ',
     ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !       「隊長としての経験はまだ3日目。
 _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
// ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !         そんなのより、1ヶ月実際に戦った
     、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i        .蒼星石の考える事の方が正しいと思うのよね。
     `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
    < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',.       だから今回は戦闘指揮を蒼星石がやって。
   -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ     これは命令」
    /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
     /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ


水銀燈ははっきりきっぱり言い切ってくれちゃって。



176 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:19:16 ID:hY72EzMA
妥当な判断なんだがなぁ・・・ww



177 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:19:21 ID:DPCzynj6

その奔放さに蒼星石が困ったように髪かき上げて、ミクとゲイナーが苦笑いする。


                                           .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.
                                          .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.
                                         | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:
                                           `V.{.:l.::lrr㍉l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l:::::
                                            V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!:::::
                    「命令って……凄い命令だね全く」          `11' ' ',    」いシ.l/::l:/.::::
                                            |.:ト、       ' ' '/:::.:,.::,:::/
                                            |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ
                                            l::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、
                                            l:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」


だが、翠星石はワリカシ本気で感心した。


        / / /  ,   `ヽ ヽ\
       // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
       // // / // / //||l l!  \
      {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
      l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく
     N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |   (へえ……)
        jヘ、  _   " 彡'// |l  |
        / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
       厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
      / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |


だって翠星石は良く知っている。水銀燈には何もない。
戦闘の経験も知識もない。




だけど、つい先日、決める事が隊長の仕事だと教わった。

          _
       -―〈{包}ー 、
    /::/ ̄ ̄ ̄ ̄  \
.    //::/           ヽ
   | |:::|  | 斗     ト、 l  |
   | 小 |八 人     ハノ  |
   〃|| || |   O ヽ / O 厶仆
  _{{_儿ll、\、、     、、 ノノ|ル__
  >:::::{  ト-   <__フ /} ノ:::::::〉
 く::::::::::::\_〉⌒ヽ ―<7⌒Y:::て
  / ̄〉イ|l |ト--イ「 ̄ 「 ト-仆ヘ「

                    □
                      ┌─┐
                      └─┘
                          ┌─────┐
                          └─────┘

┌─────────────────────────────────────┐
        ____
      /      \ ( ;;;;(
     /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
   /    (─)  (─ /;;/    「仕事なんて、やれる奴に任せちまえばいいんだお。
   |       (__人__) l;;,´|      誰にやらせるのかを判断するのが隊長の仕事だ」
   ./      ∩ ノ)━・'/
   (  \ / _ノ´.|  |
   .\  "  /__|  |
     \ /___ /



       / ̄ ̄ ̄\
     /        \
    /    ─   ─ ヽ    「やれる奴がいるなら、丸投げでいいお。
    |    (●)  (●) |      自力でなんでもかんでもやるのが隊長じゃない」
    \  ∩(__人/777/
    /  (丶_//// \

└─────────────────────────────────────┘


言葉を丸々鵜呑みにして、水銀燈は隊長としての仕事を全うしたのだろう。


179 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:20:35 ID:DPCzynj6

その判断は、隊長として最強に情けない判断だ。
証拠に新人のゲイナーは、形容しがたい視線を彼女に向けている。


 || ',  l| l l   ! ',
u ! !  ヽ. ト、 V| l  !|l
  !|   ` \| |i  !|
ヽ_   ,.二._  ! :!   , !
'⌒ヽ.  `く::;ハ l i  ′!
 { / `丶、`~´ リ/ / i ,′
`   \   `ヽ/.' / l |′
     ヽ __,.グ/ ハ{
\   u  /´  /
`¨     // /
   , イ,_,.-‐'´
-ァチレく
/'く   _ぃ



ただし最適な判断だと、翠星石は水銀燈を支持する。



   / V´ *_rー'  ̄ ̄ i :Tヽ、* ヽ \
 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|    (アッポがアッポなりに考えたんですね!)
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
: : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|
: : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i


実戦経験も、教練をどれだけ真面目に受けていたかも蒼星石がこの中では一番だ。
なら蒼星石に任せて何が悪いのだ。アッポのド素人が指揮をするより幾分かマシだろう。

水銀燈は間近で蒼星石から学べばいい。翠星石はそう考えた。


181 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:21:11 ID:DPCzynj6

  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡      「じゃあ蒼星石さん。どうする?
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ      俺達は弾ばら撒くのと穴掘るの位しかできねえぞ?」
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三                               /レVVVVVVVV イ
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;                                /           /
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;                              /         ∠
                                           / /ヽ/^^\   x≦⌒
                                               / /   (     〆  ミ
                                          | ′_ノ   ―    ム  ヾ
                                             从| (●) (● )  §从 ゝ
           「申し訳ない話ッスけど、                  |  (__人__)    §ル′
           精密な射撃は蒼星石さん任せになると思うッス」    .\ `ー ´    o ゚ \
                                                ∽    ∽    ヽ
                                             /  ∞∞  / /   |


意外なことに、固まりかけた場の流れを動かしたのはチンピラ共だった。
一早くリーダーを蒼星石に切り替えて、話をし始めた。



. /  | /  / /  /  / // / ハ.    ヽ    ヽ. \
/' 丁|'  i l /   /// 〃/  \ ̄ \!     |\|
\/ j|  ,レ' _ / /.///./  _ \  |\. | |/
. /__」ヒ.´_彡'_>=,ニドノ'  //  'ァ,.'ニ=<} '  | |
/  {{ ̄ { \ P⌒!i  //    P⌒!i ノ ,'   /! /
,/  {ハ..  \__, ゞ冖^  /' !     ̄^` ブ ///
   ハ. \   く             __  ∠ イ ,ノ'
  ,/ ,ハ 7`ト _,>       __,. イ !   /〃/     (気が小ィせェだけあって
f´ ̄ヽ ヾ、'.{}ヘ.     `'マ二..__ /   /{}ヽ》       空気よく読むじゃないですか!)
_) >┴=く¨ヽ ヽ.、       --     , イ   }}
/  '´   \レ-、V__. 、      _,. イ/{{ヽ{}/《
  .'      `て{ ヽ\ `  -- /  / {{-- -}}
 '    '    __j| ,ヘ \.  ∧_/  {{ /{}ヽ }}


水銀燈を無視するようで、水銀燈の意図に添った流れ。
こいつらも意外と水銀燈贔屓だなと、翠星石がにんまり唇を曲げる。


183 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:22:17 ID:DPCzynj6

横目で見ると、髪の中かき上げながらも蒼星石はもう考え始めていて、
本当にこれでいいのか悩みながらも蒼星石も乗っている。なので――


                                      `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
                                       ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
                                     rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
                                   . / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
                                   /     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
                                        .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
                                       .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
                                      ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
                     ___
                     , ‐_二........_ヽ、 `丶、
                     /"´  .i.}  、ヽ\ i >
.  ,、             / /  .//:ト、/ } .ヽ V'、
  ヽ\_,.、            / . .{ ..:ノイイiイ7下i : .:} { ',   「ばら撒くのなんて誰にでもできるですからね。
 rく V´ ソVヽ、        i:{ : :{弋リ ,  ゝ'/イ.::/i i  ',
 ゝマ__ノ〃、‐、丶、   , -`ゝ::ヽ  r‐ 、  ノィィ_i .i   ',  下手でも何でも経験のある翠星石とお前らが
    ⌒ヽ、: : . .`}1水)  i``、 ゝ._ノ   r'1 「.{::.  ',  アサルトがいいと思うです」
        `丶、 : i:i ∨: .  }+i てiー< L_i , i:、::. ',
         / ̄i:i ヽ: : : j.+i: :〈V´rッ水ヽ+ {::::、::..::',



翠星石も会議に参加して、これで5対3。
常識を覆し、場の趨勢は水銀燈支持で決まったのだった。


  /     {   /{   (   / /  _ノ-, ニヽ、}      /  !               ヽ         .__           _
  | !   〉、 {ーヽ、_ ィ { イヽ=_´∠三ニ_チ    /   ,| | {\ \          i         ./iiヘ,, ‐::----::‐.._ ///ヘ
  lイ   {/'ヽ!≧ー_-く{    ,三/ f:r_jヽ ヽー'     i  ハ {\ _,>ハ           |      ,/-:..´: : : : : : : : : : :::///_. ヾ
   {   ヽヽ`ニ! {。O:} }ニヽ  {、、,  ヽ-゚' /-l} ヽ   .l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ   ./::/: : : : : : : : : : : : ///|: : ヽ
   ヽ 、 了 'ゝ,二 ノ三}  `    ̄ 三=、lj ノ   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       |    ./// : : : ヘ : : i : : : :\ヾヽ|:: : ::
   ノ! トv| ニ‐´   三rー          ` {    .ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /  / /: : : :/ ヽ: ::|ヽ : :: : `,_ヽ',: : :
    l ハヽ| ´ {!  三{ ___         l! リ.    \! `         u |   ′// /     /{: : :´/ 丿 ヽi ヽ\`: ::|::::i ',: :
     ヽト }!   !j   Vハ ヘヽ      {j ノ_       ヽ  r__っ    j//| ハ// /   ./: :!: : /イ○     ○ :i::::|:ヘ: : :::: ボーゼン
    /ヽハ       `二 _                    \ ^    _,.  l//ヽ// /.   /: : :.!:./:::|  ´_    |:::|∠|ヽ:::
-―_ ´   jハ      i´, --`ヽl               ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ.     /: : : :|V |:::ト,  L 」   .イ: |≦-,__',
´--ァ-!     ーヽ     ー ´ ̄ ̄    /,、`ーヽ     イ ||l   |― 、  ム  |     /: : : : ,'  ヽ|  >-、-t ´ |::/|´:⌒:`'


184 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:23:00 ID:DPCzynj6

隊長が指示をしないという事態に新入りの3人は戸惑うが、
水銀燈はニコニコ笑っているだけだし、


. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i



蒼星石が

                                              /.:::.:.:.           _ _ __   /
                                           /.:::::::.:.:.    ,. '"´.:.:::::::::::::::.:.:.:.:.く
                                           \.:::::.:.:.,..'´.:.:.:.:.:::::::::::::::::.、::::::::.:.:.:.:.ヽ
                                              ハ ,.ィ:.:.:.;.:.:.:.:ハ:::::::、、:::::::::.\:::::l.:l:::.:.:',
    「じゃあ戦闘経験のある奴らが突撃兵で。               |   V.:.:.:/_:_:/:ハ:::::トト、::::::::::::_ヽl.:|::.::.:.l
                                         ,rr┴-、 l.:.:/.:::./ナナト、:.\`ヽ<.::T:l::|::::::/
    でも勝手に突っ込まないでね。                  ノノ ̄`ヽムレ':::.K.r=ミヽ \:::,.ィ云〒::l/.::/!
    突っ込む時は突っ込む役って覚えといてくれたらいい。   |7´o   `い::::::i:iヽ辷ソ     辷ソ7.::::/::!
                                       /       い::::l::',      .;    /;:イ::/
    他は敵が近づいてきたら適当に弾幕張って。         ./ o        り::::l:::|     _ _.   ノ.:::::::/
    僕は狙える限り狙ってみるよ」                /          ム:::::l:::| >      ,. イl:::::::/
                                    _/ o        /^7い:::::!   \`二フ`` リ:::/.、
                                      ̄``ヽ   /.;' .::} _ト、:!  ,.ィイ只ト.、  l:::ハ:.ヽ
                                           \_/.;' .:::〉 _」 ///.i,。{i:ト、:\l/!.〈::::.:.\::.、

と簡潔だが、てきぱきとした指示を下したので、流れに身を任せて頷いた。


187 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:24:05 ID:DPCzynj6

ゲイナーだけがやや食い下がる。


.   / .          、              ',
   j: :  .     ノ\  、   、   ', l l
   l.:. i  l   i /   \ ヽ、 `ーx、 l l l
   l:.:.l  |    l. /´`ニミ、_ヽヽ`‐,でナト! iノー-、
    l..:.l::.. l   |/ '´_ゞ┴‐、__....l ‐'_」 l/  l:.: \
   ノイ.l.:..:. l:..  :へ._`lー'´ _「 (`¨´ l/  /.:.:.
.   ´ノΛ.:.:.:l:.:.  |:.:.. └‐''' ´  -'   /  /.:.:.    「……布陣は、このままでいいの?」
   /  ヽ.:.ヽ:.:. l:.:.:.:      ,. -‐ァ Λ .:.:
      \|ヽ.:{ー、:.:.     〈..___..! ∠
          .`\`''‐    .____/

                                           V´ .::l:|:.  `、ヽミミヽ、  ヾ:./
                                              / .::l::从ト、   `ヾ_ミミヽ.、  \
              「隊全員で移動って練習してないからね。     l/l.:l.:リ仁リニトト、仁≧ミヽ:::ト、 .:::|
                  これでいいよ。                     `Y::{fトッソ ``ト。ッソ` 1:l:|::.`、::::!
                                            |.::l´¨ 、  ´ ̄  /::リ:::::::::V
                   出来る限り篭って、                      ヽ:ヽ、  ー     , タ::l:;::::::::/
                  どんだけ倒せるかってのをやってみよう」       , -─-、 __ , イ/.::j:|:::/l/
                                           /.,    `トい、_,/^i.:l:|/


けれどゲイナーもまだド素人。
積極的ではあるのだが、意見を言える知識がないので、この会話は遊びのようなものだ。



    /´        ヽ、ヽ、
    / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
   i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
   |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
   ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈
    ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ    「……それは、負け前提?」
      ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
       `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
         ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]

                                         \/  /   /, {     `ヽ  !
                                          , '   , '    // ハ   |  ト、 |
                                        /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
                                         l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
                                        j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
             「まさか勝てると思ってないでしょ?         ヽ{   `    u. ノ   / /
                  こっちに素人何人いると思ってるのさ」        八   ´`     ー=イ  fl /
                                           ハ\     ...::::::|  jハ{
                                             \{` ー‐、.:::::::::::| /


188 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:24:45 ID:DPCzynj6

ただ、どうも感情的に納得ができない。


    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /      「それでいいの?」
.    \! `         u |   ′// /  /
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ



蒼星石の言葉も気に食わず、水銀燈に伺いを立てるが



          /:::;:zュzュzュzュzx:::\
          /::zタ´        ´ヌャ:l
          l_] l  |  ト、  | l  r‐|ー、
        く小| |', !'、 | \!, ! └丈オ               「ええ。
        厶! 乂f;iヽ l  f;i ヽ| l.../ |ヤl       _, ---- イ
       八 | |:l|   l:j l|/.....  | |    /:::::::::::::::fイ     学兵同士の争いで勝つって、
_, -― 、 父,| l ´ 、      イ|....l.... ヘ   /::::::::::::_::ゝ        別に必要じゃないでしょ?」
ァ:::::::::::::::::丶 ! ...ト 、  n‐'  イ|....l.l..|.. \/::::::::::::::::、:::>
´イ:::, -ャ::::::::/ ....ハ..l...j |::X::::::::!....| ̄'、......\:l::::::ヽ::j
  レ  /ノ::::/ ..|..l:::|../ へ:トJV|...l.l:::::::::ヽ....、..\ー-ゝ


水銀燈の意見は蒼星石と同じ視点で、
ゲイナーの希望と異なった。



             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′      「やっぱなんでも経験よね。
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、      皆で戦場に出れるような機会ってそうないから、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\     今回は勉強させてもらいましょう」
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉


189 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:25:15 ID:DPCzynj6

ゲイナーには、勝ちたい。負けたくないという気持ちが強い。
なので水銀燈の気が変わりでもしないかと、少し脅しめいた言葉を口にするが、



     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ      「……負けるって事は、
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′     実戦だと殺されてるって事じゃないの?」
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′


水銀燈は意見を変える気配が無く、


.       /〈:{_ ィ|:ト、ヾヽ   |   |     |  '  ヽ
       /  7:/ |:ト::ー':/  /| |  | |      |   l   ヽ,
       /  /:/ |:| 丁   / l l  | l     |   |     l
      /  /:/  |:| |  |ト、 l '、 | ヽ     l  |    |
.     /   /:/ |  |:| |  ト、_`ト、 \ ヽ ゙,   /  / /    |
    /   〈:::{ |  |:| |  |弋> ミメ、\ |  /  / / / , /
.   /     ヾ | レ |ヽ l ミヽゞ'ノ'ヾ   | / ∠ 厶/ / /
  /      |    |  \           斗.,テミ、/ / 〈
/ト、    イ  /|    |               `ー'イ/イ |:|    「でも実戦じゃないわよね。
  ヾ:.、 l::{ / / l    ト      、   '    / /|:l  |:|     それなら何度失敗してもいいと思わない?」
\ト、}:ヽ|::::∨/ |   | \    ``;'   / |  `  |:|
::::::::::::::::::::::::〈  l    |___\        <|   |     `
::::::____:::\ ∧   |::::;;==≧ー<   |  ,'
/, ――― 、く::::::〉、 l{:{.::.::/;小`l:l    |  /



  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //
          〈_, イ/
          {  / ノ/
        - ´ イ_/      「……」
 ー ニ_ヽ   //
     イ_/
-‐ ´


ゲイナーは不機嫌そうに黙り込むと、銃を抱えてしゃがみ込む。



191 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:26:01 ID:LwJB6P5o
負けて当たり前、もしかして・万が一・奇跡が起きて勝てたら丸儲けw

192 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:26:32 ID:IC7UpwM.
どうすると死んじゃうかがわかるから負けたほうがよさそう



190 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:25:52 ID:DPCzynj6

話が一段落した事を見て取った蒼星石が、皆に号令をかける。


                                       ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
                                       Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
                                .       ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
                                      |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
                                       {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
             「じゃ、塹壕掘るよ。皆スコップだして     !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
                                       |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′
             ああそうだ、水銀燈もなんか1つ位       .ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/
             作戦考えなよ。練習になるしさ」          \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
                                             ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
                                            __,. '´_>v< `ヽ、′

            _,,..-‐v―‐--、 , クヘ
         , =、/:::::::::;:':::::_:::::::::<<:「`ヽ、
         l〔冫:ヾ‐:::::::::::ヘ:::::-、:::ヾヽ :::::\
       冫:::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::Vノ/:::!:::::::::::ヽ
       /::/:::::::ト、 ::::::|\_::::::::::::V、__!!、::::::::::ヽ
.      /::/!:::::::;L_\::::l ´>=、:::::::lr'rニ1!::::::::::::::ヽ
      {::/::|::::::::レ,=、\! ヒ'_ト、:::川jレ,ハ:::::::::::::::::ヽ     「塹壕?そんな簡単に掘れるんですか?」
     ∧!:∧::::::ハ,ヒ〕      lVベラ´ ';:::::::::::::::::ヽ
     /:::冫::;ヘ::: ∧  ' _ _,   ルく    !::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::: /::;!ヽ{_ > 、_  イノL`ヽ   !:::::::::::::::::::ヽ
    ,' ::::::::::;:::::!       ,r┘‐‐ ' >、_   l::::::::::::::::::::ヽ
    / ::::::::::;::::::!  ,.-‐ <,ム、  /´   ヽ  l:::::::::::::::::::::ヽ



     /!ノ              、  、      `ヽ、
     l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
   l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
.    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
     !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | !  「ウォードレス着てること忘れちゃ駄目だって。
     ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'    僕みたいな体格でも、結構すぐ掘れるよ。
      1 ヽ、ー'l. ヽ                /
      ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /     塹壕掘って、その土を土嚢に詰めて陣地を作る。
          ヽ ヾ {.           -      /     .歩兵の学兵の基本中の基本」
          ` 、..,,_ノ              /
           ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ
           |         lニ二キ'f´ニl |


194 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:26:48 ID:DPCzynj6

一度動きはじめると、騒がしいのが争いの元だった。
そんな事頭からスッ飛ばして、水銀燈小隊は騒ぎ出す。



      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i   「へっへー。俺達塹壕掘るのだけは得意だぜ?」
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::                   NVVVVVVV\
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -                   \        \
                                    <         `ヽ、
                                    </ /"" \ .ノヽ. \
                                     //, '〆     )  \ ヽ
                                    〃 {_{    ノ    ─ │i|
                                    レ!小§  (>)  (<) | イ ━
.            「穴堀の魔術師とは俺達のことッス!!」   レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
                                    /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
                                    (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
                                  .  \ “  _∞∞_ノ∞/
                                      \。____  /
--- ──ァ- 、
     /:.:./::>、
   /:.:.:.:/::/_ノヾ
,   /:.:.:.:/''´  0′',
:\{|:.:.:.:.i}      レ^)  「翠星石が知っているそのあだ名の人は、
::l:::{|:.:.:.:.|}       〔    ガチホモの方でしたよ?」
::l:::{|:.:.:.:.|}      人_)
::l:::{|:.:.:.:八    /
                                                _  -─-  _
                                              | , -──- 、|
                                             r/:::i:::::、::`ヽ::::::ト
                                               {:::::|ト、::\:::ヘ:::/
                    「もう始まってるから雑談は無し!         l::::if_テ f_テi}::l
                                               }リト、 -, イ/{
                        さっさと掘るよ!」                     r‐十示千、
                                                 /,-、i }{ fj:.:\_
                                               く∧_ノj=''=┘:.:.厂

蒼星石が流石に注意するが、なにかにつけ無駄口は止まらなかった。
水銀燈小隊で五月蝿いのは、何も小隊長だけではないのだった。


197 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:27:31 ID:DPCzynj6



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘




198 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:27:44 ID:DPCzynj6

塹壕から僅かに顔を出した蒼星石が、皆に警告を発する。

                                         lニ/ /ニ二二>´ ̄ ̄、 ̄`ー、}
                                        !/ニ二>' ´ ‐-      ヽ   ハ
                                        /ニ二/  \ _   \ >、-\  !
                                       lニ二/、 ` _ヽ  __ ≡±-ト、、.∨|
                 「来てるよ。来てるよ。           └―{i   !ゝ,、_\=`゙ 「 lソ  !` ヽミ
                       頭絶対上げないようにね……      |l 、 lヽ}ス! ‐  ̄ `´   }l ヽヾ
                                           ヽ\ノ 、ー‐' i  _   ト i、 ト ヽ、
                  水銀燈!頭が高い!」             ` ∨\   ´  / !ハl  ! `!|
                                               ヾ _二=― 'ー-、! ∨「  レ
                                              ソ::::∧:::::乂ハ、v、ヽ>rr< ーッ
   <ヽ´ニ-――- 、 `ヽ
  ,<_7,/ /! l ノ   `ヽ ヽ
.,/ / i / ト iヽ.ハ  八_ ヾ-、
.///i  Kl o混ト ゝノ//i ,ヽrヽ
./〃ト l. u `~´   /乱}ノイハ
 i!/{ ヽu _    `u´ ノィ .ハ    「ごめんなさいオブギョウサマ!」
 i!',>、__/´ ̄`゙ヽ、 u / ,ィノi!
 ト!/ ,つ`ヽ、_ `) ∠ィ '| ′
 ハ._r' `lュ-、i ~Y_,ノ/ |
.ノ゙l/ /7 F`ヽy′ノ_/ /l  !

                                         /  /  /:/;ハト,ヽ:、\ . :.:.:::::::|::::|::::::|
                                          i   ! /.:// \ト、ト、:.\:.:.:.::::!::::|::::::!
                                         |  l/::// __, ヾ! ‐ゝ-ト、:_:_|::::|::::::|
                                         | / .,:ィ厂_ _     `二ニ!::::!::::::!
                                         ト、 ̄.::/:!ヾテ。::.フ   ヽ辷フ 7:::,'::::/
                                         l/|.:.:::/:::|              /::/:::/
            「時代劇じゃない!って言うか君、             |.::/.:.:::ト、         /::/:::/
                 何回頭上げるなって注意されてるんだよ」     l/ヽ.::::l/ト 、  (⌒ヽ , ..イ::/l::/
                                             \N  `コ ー-‐<l:::/l/ |/
                                            _ _/  ̄`フ杯ト、 _
          _
         -〈{匀}-
       /..:::  -―‐-  \
     //.:/          \
      |_|::|   、    ト | l
     {ヒ{}コ}\  |\   | | | |    「見えないと余計に気になるのよねー」
      |兀ヽ l\!  \ ノ }ハノ
   三≧ト \|   |    |,, {:lノ彡
     寸::f⌒ト '''    ノ.f⌒ヽ
   ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄


200 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:28:29 ID:DPCzynj6

丘の途中に作られた塹壕は、予定の数倍頑強な作りになっていた。



      _   _   __   ___    __   __   __
     |\ \┴―┼‐┼―┼―┼―┼―'┴―┼‐'┼―┼―'┼―┼―
     |\| ̄~|_l__,」_」__」_ _.|___.| _」__l__ 」_」__」_」_」_」_」_
     l\{\ |\ \ ̄ ̄
     {\}\|{'\| ̄~|
     |\ \|\|\”>―、
     |\|\|\\|\l\ \
     |\ \ \|\|\\|' ̄~|                       ト VVVVVVV_ノ\    *
     |\|\|\ \ ヽ|\\ ̄\                ☆        \           \     ☆
”~'ー w'!|\|\ \ \|\|\|\|\ ̄\               * . ハ            \      +
     |\ \|\|\|\|\|ヽト\\_\              ⌒≧ /  /^^\〆 、 \   *
  , ,wi.|\|\|\ \|丶|\|\ト、\!___|          .+   .*     彡  〆     \ \ ヽ    ☆
                                           〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |       +
                ギャル夫はモグラに憧れるっス!>.   ル从§ (● ) (<)ヾ  |    *
                                     *     乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ
                                       ☆     \   ∩ `ー´   /   +
                                    +         / ⊂  \∩ィつ ヽ
                                            /  ゝィ/ _ノ  丶
     。                                       (   /  / \   )
     ||                                        \    / \    /
                                            ー ´    ー ´
誰にでも何かしら特技はあるもので、
本当にギャル夫とモヒカンは塹壕堀が上手く、瞬く間に陣地を作りあげたのだった。


202 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:29:03 ID:DPCzynj6

急ごしらえにしては見事な陣地が汲みあがったことで、蒼星石は作戦を変更する。
土嚢で円形に作られた陣地を囮に、背面・側面から相手を攻撃しようという作戦だ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                               ┌────────────┐
      〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_                   │(      茂み        ). │
      ヽ::::.:/ , -'"´              \          、  .     │( ☆            ☆ ). |
       Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/         三__|__    │ ~~~~~~~~~~   ..|
       /.::::::::.:.:.:.:., ィ:7::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.、:::.:.<             口 |       │                     .....│
      \.::::::::::,ィ.:.:/:/::ヽ:::::、:::::::::::::::.、:.:.:.ヽ:.:.\                 │                     .....│
       \,::イ::|::/:/.::::::ト、:::ヽト、::::::::::i::l:::::|:::.:.i::|        ‐┬‐       │   ┌────┐      .....│
          i.::i:::|/ー-、/ \::.\`> -‐'':|:::.:.|::|        │田│     │   │     ...│      .....│
           |:::|:::!/:::::, -一'´ ヾ:、`ー、-ニ!::!::::::l/  r‐ 、     ̄ ̄     .│   │  陣地  │      .....│
         l:、!::ト、::ィ弋::zソ`    弋辷7`/:::/:/  !   |    、 マ      │   │     ...│      .....│
            !::ヽ:::`:、       ′   /.:/:/  /   !    了 用       │   └────┘      .....│
         ヽ.::ヽ:::.\   、 _,    /:,:::イ  /   /    '"`ー‐     │                     .....│
            \ト、:::::: .、  ー′ ,イ:::/l仁ニ7   /⌒ヽ   ,       │ ~~~~~~~~~~   ..|
             \Nト> ー‐<'´ ̄17.:.:.:ノ   ,イ!  ノ⌒! レ |.     │( ☆            ☆ ). │
              _ノイ厂   (´ ̄ `ー'   イソ  /  /ヽ ノ.       │(      茂み        ). │
              /イ夊刄   `ゝ─-、    > -‐< _ノ /          .└────────────┘
                                                   ☆……隠れた小隊員

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


陣地の中には4人。水銀燈。ミク。ゲイナー。そして蒼星石。
他の4人は突撃兵として、思い思いに身を隠した。


206 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:30:04 ID:DPCzynj6

既に真紅達の姿は見えている。
陣地を作り、そこから一歩も動かない気配を見せた水銀燈小隊に、まず彼女は怒りを露にした。


                                                     |
                                                 j_ 人l、
                                             j、ノ¨{⌒}|
                                               /^'| ̄ト=イト、j、
                                            /{ニ7丁 ̄入仁!
                                           ト}人{⌒}TT{⌒}j个:、
                                    陣地⇒    rイΛ:八_ノl冂lゝノ:{::!:{Λ
                                            /:/':/:::丿/て(工{:ヾ\::`ヽ、
                              ....._         /ノ::´ノ/:ノ:丿}`つ):ハヾ`ヽ、_\- ‐- 
                              :. :..` ⌒ヽ..._::_''´ ''"´`⌒:⌒゙ ''= ‐-((,,..=''⌒::⌒ ´ ゙̄''::ー -
                              、 :: :: :. :. .゙:. : ..`⌒::ー ‐ ‐- - -=ニ´ -‐_,,.. -‐ = ニ '':: ー-
                              : `::ー =ニ..⌒ ‐、_::- -..ニ ⌒゙''::ー =、::'' ⌒:)`ヽ -ー ''"  ̄..


小隊同士の演習は、普通は遊撃戦になる。
歩兵同士がスキルを駆使し易いし、一番それが練習になる。


\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l       「なんなのよあれは!」
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l


それがいきなり要塞戦になったのだから、そりゃ怒るだろう。
水銀燈小隊は開始早々泥沼の消耗戦を宣言しているのだから。



209 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:31:07 ID:iak6ThIY
待ちガイルされたらそりゃ怒るよねー



210 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:31:24 ID:DPCzynj6

更に言うと装備が汚い。
小銃のみの武装というルールにした事で、手榴弾が使えない。




      |\ \ \|\|\\|' ̄~|
      |\|\|\ \ ヽ|\\ ̄\
 ”~'ー w'!|\|\ \ \|\|\|\|\ ̄\
      |\ \|\|\|\|\|ヽト\\_\
   , ,wi.|\|\|\ \|丶|\|\ト、\!___|
      \ \|\|\|\ \|\ \|\|\ \           「さすが陣地!なんともないぜ!」
          \|\ \|\|\|\|\|\|\|\''i\ ̄ ̄\
  ,          \|\ \|\ \|\|\|\ \\| '\   \
           \|\|\ \|\ \|\ \ \|\| \___\
    wi    '"   \|\ \|\|\|\|\|\|\|\|_|    |
                \|\|\,\ \|\ \|\\| ト---<
                \\ \|\|\ \|\ \| \   \
                  \|\ |\|\ \ \\ |\|'\___`
   。               \|\ |\|\ |\|\ |\|\|\ ̄ ̄ ̄\
   ||      '” wr        wi|\ |\|\| \ \ \|'\|\     \


                                          ガンパレード
土嚢を越えて攻撃する手段が真紅に無く、いきなり諸手を挙げての総員突撃しか打つ手が無い。
もうその時点で十二分に腹が立つし――


213 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:31:56 ID:DPCzynj6

ちょくちょくチラッチラっと顔を上げる水銀燈が、これ以上なく苛立たせてくれる。
ド素人ならではの行為は、真紅には余裕の挑発にしか見えず――


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                            _____「二二]____
                          〔_____________〕
                          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                          |  ̄|  ̄|   ̄|   ̄|  ̄|  ̄| |
                          |   |   |    |    |   |   | |




                       (⌒)
                         `ヽ       -〈{匀}-
                                /..:::  -―‐-  \
                              //.:/          \
                               |_|::|   、    ト | l
                              {ヒ{}コ}\  |\   | | | |
                               |兀ヽ l\!  \ ノ }ハノ  チラッ チラッ
                            三≧ト \|(● ) (- ){:lノ彡
                              寸::f⌒ト '''    ノ.f⌒ヽ
                           〔  ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ 〕
                           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                           |  ̄|  ̄|   ̄|   ̄|  ̄|  ̄| |
                           |   |   |    |    |   |   | |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::\:\_人人人/   /  .:l:     ::l      l:.   l
\__/ ) ビキッ (    ::! .::/::l:.     :::l   ! :. !::   l                 ___
/´ / /^Y^Y^Y^\ l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l               〈´¨Y¨L,.=、
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!        _,.=t=t=≦¨!´:γ´¨ヽ丶
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:/\_人人人/ .,--─==''|三[l:: [l::[l三ニ|::::{:::!⌒ヽ:l:::|  DOM!
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧) ビキッ ( 三三三三!三三三三ニ:|:::弋ゝ='.ノ::::|!.    DOM!
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// /^Y^Y^Y^\ 三三三ニ:|三三三三ニ:!:::::::`ニニ´::::::!
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///'三、__,======ⅲⅲⅷ!}、三三::f}三',三三三三::_'.
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://l三:::IIIIIII三三三 ⅲⅲⅲII|ー―――‐ゝ三三三::/
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /==t_,ゝ三三{T=、、f¨ヽ三ヽ====斤`ー―‐‐!三二ニ:〈¨
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ ..//´' ̄ ̄\三三三!三:、三三=ソ::j_|三三三ヨ==f ̄ ̄ ̄`ヽ.
/´¨ ̄7::::......、_   `7'フ'´ r'´ /   `¨ ̄ ̄{ ̄ ̄{  j三三fニニニニニニニ='庁´三ニ/三三ミ、ヽ
  ─t==='¨`ー、_/´ / |::!|f     __,=──''¨三三V三三三三ニ',::::,'三ニ::!::γ⌒ヽ::::}
/  /´ ̄ ̄√    |  |:弋|        {l`¨ ̄ ̄ ̄}==、三──`ー‐::::|三...::j::::{:::::::ソ:::::|
  /  /´´     '. ゝ、`'.   ー――――'¨ ̄ ̄}  \三三三三三三ヽ.三弋=='::::::j
 / ,.. イ         \  \'.   、___{l___ノ    ` ̄ ̄¨¨¨---==三三三:::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


真紅に、無駄弾を随分使わせてくれたのであった。



217 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:32:39 ID:IC7UpwM.
なんというモグラ叩き



218 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:32:48 ID:DPCzynj6

あんまりにイライラしすぎて、真紅が頭を掻き毟り、


   、__人__人__人__人__人__人__人__,
   )                    (_
   )  ダワァァァァオッ!!!  (_      .,.、/レトヘトト、
   )                    (      /  V-‐'ヽ、 }
   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒       r'/   } fニ、i V⌒'i
                        , -┴!   /j_ `ー'  j,  |
                      _,L,  | //ハ ヽ_, イ }}.\|
                ._,,.. --一'ニr‐┘ -=く/.{  {㈹_,ノiヽ..ノ
       ,.. -‐_ニ- ̄ _,二二二二三人_  < 〈ーノ_フl  |  {
     /,. ‐'',. -‐  ̄            } ´ / ヽ! >レ'  ノヽ
    // /                   __  `ー/      }ー'´ \ `丶、
  / ./ //   _r'´ ̄ ̄ ̄``丶、   |  ``ー'}        {    `丶、 ` ー-
  ヽ{ l/  <__          `ヽ 」 -‐イ´ ヽ    /勹      `丶、
    ヽレ‐''二,Z{ ,. -────‐ァ'´     \ \ /  \
   /,. イ //        /     / /       {   \
  く/ //  |     ,. ‐'"´    /  /  /     ヽ    \



隊員達がそんな隊長を慰める。


      ,. ‐ Tヽー‐ 、
     /   ', \ 、 ,>-、
    / .:.!  .:.:∧   〈(⌒゙}
   i .:.:.:|  .:.:/  `\:{7r{薔}
   |.:.:.:.∨:/ _  __ヾン,ノ
   ヾ,:.:「゙7  _    __ |/
     ゞミく___ww  , w,厂ヽ    「少し落ち着くかしら真紅」
      ,.-k′_〕 ⊂つ ,ィ、
   /  ヽ、 ゙]` =´  ノ
  /       孑 |::ll::| 孑゙\


相手が十分な準備をしている所にいきなり突撃する暴挙を行う気にもなれず、
まごまごと時間ばかり過ぎていった。



219 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:33:04 ID:.2TfUZU6
真紅頭に血が上りすぎw



220 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:33:25 ID:DPCzynj6

だが、突如真紅小隊に勝機が訪れる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         {:::::::::::::,'          i、      ヽ   ヽ       ヽ    ヽ:::::::::::::::/
   _ .. ー-´ゝ,:::::::,'/ i      ハ  |.ヽ  ヾ、   `、丶、 ヽ`、 \ ` 、   ヽ`ー<__
,.'::::::::::..-ーノヽ:::::ソ l     ,'゙`', .ト 、` 、. ゙、`丶、_ \. ヽ ', _>、_ \. ',,  ,、 ヾ、 ̄ `丶 、...__
:::::::,' ,,...-イ"/  /../',   ,'l ,'_,.-ゝ'ー 、ヾ、 ',      ̄ ,ィヾ''' ヾ.ヽ辷 `Y ハヽ、ヽ、
:::{ r_,-'",-''"   ,'/{ . 人 . ハ|.{..'!. {i .';;;' .}`i ` ー     /{i. ';;;' i} ソ   ',. |ソ.  `ヽ}`丶、..,,,,   !!??
|_:/, "       `フ  }ノ ',リ  ヽ_ゝ-‐´         ' ゝ-‐´.ノ   / レ'丶、        丶、`丶
, ", "       _, '",-'"ノ | ',     ̄      ..        ̄     /  >ヾ、`丶、       `丶、
, "      ,.'",.'" / ノ `ヾ,,...rー'" ̄`ヽ  .::::::   ,,...-ー'"`丶、. /ー ´ ヽ `丶、 `丶、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


敏感に気配を察した真紅が、体を90度横に曲げ、茂みに向けて乱射した。


                     {     : ::ーヵ      |::\    |
                     〕   : :.:./ └i:: . .   ヽ:::.∨   ヽ
                     └i  : .:/     └t.:..   ',::::|:. .   」、
                      {  .:/  /    l  }::.   l::::|:. . r┘ :|     、__人__人__人__人_,
                      ヽ.;/ / l |   l / ゝ-、:. !::l::  /l l :|     )         (_
                      〔_:|l | :l l   .:l ,.:i| _ト|  T |:l: 「 l | :!     )  そこっ!  (_
                        |l/! |!\ イ!ィi´:::|.レ'| |l l:|: 」 八 l|    )         (
                        l| ヽlト rヵl   L.r’'ノ| l{ |j Y/  ',l |     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                          / l ハ.{」_, - 、 /:| 」:.../'    lハ
         ,J ソi             / / { ヽ{  」_, -'´ ̄ ¨ヽ   ヽ :|
         〉__  'ー/         , r'´ ̄ス、!_>t.zッ'.::: --― ::',    ヽ!
        <! \ ッ        / レ' ̄-'´ l__{ヅ .: :___  - /.:|!    |
        {i   ゙i ン       /i/く::.'    /l└t. _  .::ー './ .:::|    :ト、
        {i.   ドi  ⊇    / イ /\::.  ,:. l '  L.. _  /.:: .: ,'    l ',
       〈|     } > ]\ , / i 〈 、 lハ:::.     _∟ .:' .:: .: {       l i|
ニニニニニニニニ { ( 二二==-------------ヽ_/!,_ イ.::    l\________
        {i     |. _>=]三∥∥__=====\ヽ/┘::.ーt. __「i:: ______ ┌─┐¶
        〈i     l. (,        ◎└───┘_「.: --_└'¨ ,::: :.}       l \\  | |
       ゝ|   ゝ  ン          〈, -|_」 {::り;:」 .::  ' ´   /.:: : : \    | ! |\\」 |
        〉゙i_/  ゙i          └t_〕j/      /.:::: .: : : :. \   .j l| | \__|
         ゙ヘ, ,. ,r'イ\       /         ::::::  :. :. . . \/ ,リ |
          ト ヘ,|
           !|


隊長のとっさの判断に、手馴れた小隊員も続く。
茂みに向け、小隊員8人の一斉射撃が行われた。


222 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:33:47 ID:DPCzynj6

発砲音が連続した後に、真っ赤に染まったアムロが、両手を挙げて茂みから現れる。


           _ _
     ,, ‐' ´  ´´   ´ー:z.._
    /'             `ヽ_
  /!'                `ゝ
. (           ,、 ,イ  ,、 、  `ヽ
  ゝ   ,イ-ト、リ_ヽノ V´ レ',.-、 , )!
. (/     )´、r‐o-=' /=c<,ィ ル'
  !  r‐、 }  ,,ー‐'  ( ー-' !/
  ヽ {.fi {( ;;;;;     _」  │    「クソ……僕を赤くするなんて!」
.  ヽ. `ー;`'     r─-、´  /   
   _`ヽ {     └--‐'  /┐   
    |  ̄ ̄ ̄|┐  ´,. ‐'´  「7




密かに真紅たちの側面に回りこもうとしていたが、動きが甘い。
真紅に悟られ、逆に返り討ちとなったのだ。



     r’:::: /      {    |!  | |!  |!ハノ :::::::::|三|:::::::::::::::乂{
     `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
      ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.      | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.       | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.       { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
       ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´  -__,,,..-c+| 〉 : ゝニン    |  |
         ヽ乂ヘー-r-c`       ヽ,,ノ |  ∨//     .|  |
          }  | `- '           |   {ノ´        |    |
          川 |ヘ             |  |       |    |
         //}  ! ヽ   rヽ_____ノ)   ノ }  !       |    |
          // j /_>r-'ー ヽ_-_' ∠⌒<}/ 八ヘ      |    |  ニマッ
          ノ ,' / /'.::.:.:.:.|_, ̄  \(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
       // / />ァー:| 、 /":.:.|=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |


真紅はニヤリと笑った。
直ちに部下を呼びつけ命令を下す。


225 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:34:13 ID:DPCzynj6

兵を外に伏せるのは悪く無いが――伏せる兵は、練度が高くなければ意味が無い。
外に半分も出してくれればしめたものだ。その分狩れるし、陣地の火線が緩くなる。

陣地は、思ったより攻略が容易かもしれなかった。


    ̄つ.:::.::/   / ,′    |    |  ̄ヽハ. i.:.:.:.:.`i!ヽ.!_/:./
   (:.:::.:::.::!l!  l  i      |l!   |  ノ:.:.| |:.:.:.:.:.:||:.ト、;:ノ
    `7:.::|l|  | ハ      ;'|     し-、| |:.:..:_ノ.|.:| |
      ヽ|H  | | l__,    / |  /  / ノ|/:.:ん. l |:.| |
       |l!ヽ. 代「 ヽ.  , / `ト、/! ,イ. く:.:/:.; -┘| L」 !
        |  l N.--ミ ヽ/ソ _レ'´ lメ // |/  | |   |
        |  ! |l,ィ^h.、    ´ ̄ ヽ 1  |     | |   |    (下手糞のアンブッシュなんて
       | !( { { | | ' _, """ ノ!|   |    | |   |              何も怖くないのだわ)
      !.| |_\  ヽ、    _,. <._| !  |ヽ.   | |   |
         !/〈.:.:.Y_>、 }、 ̄´;:;:;:;:;:;://|  |:.:.::',  l l   |
       ム-レく.:.:.:_}ノ:@;:ニ、;:;:;//;:;! 、|:.:.:.:.:L_ ! !  |
     _,.∠=ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ  V;〈〈_;/| ヽ:.:.:.:.:.:L_l !  |




アタックが成功し、陣地を占領できたのならば、今度は自分達がそれを利用してやればいい。
自分達の作った陣地に篭られ、攻略できないのはどれだけ悔しいだろうか。

      _   _   __   ___    __   __   __
     |\ \┴―┼‐┼―┼―┼―┼―'┴―┼‐'┼―┼―'┼―┼―
     |\| ̄~|_l__,」_」__」_ _.|___.| _」__l__ 」_」__」_」_」_」_」_
     l\{\ |\ \ ̄ ̄
     {\}\|{'\| ̄~|
     |\ \|\|\”>―、
     |\|\|\\|\l\ \
     |\ \ \|\|\\|' ̄~|
     |\|\|\ \ ヽ|\\ ̄\.         __                      ー二三_
”~'ー w'!|\|\ \ \|\|\|\|\ ̄\    . /::::::`ー-i三ニ=―               z-ー`::::::゙i
     |\ \|\|\|\|\|ヽト\\_\   ヾ.:,.-―ヾ三-二    r┐┌r  ー二三ッ―-.,:.ッ
  , ,wi.|\|\|\ \|丶|\|\ト、\!___|    / / / ハヽ、::「!::〈_   rL.77.Lr   _〉::!1::、,r'ハ ゙i ゙i ゙i
                          _  i! ヽ l ! ノi',::!|ノi ハ/:::三二 - ー二三 i!、|!::,'i(, ! l ,r' !i  _
                       r' ̄「::\ } ・   ・  .!:リ-、! |:::::/     \:::::| !、-リ:!.  ・   ・ { /::1 ̄'r
                         ̄{::::.:::::ヽヽ"ー' "イ...|l{y}i |三二-  ̄ - 三 \| i{y}ゝ゛ ー ゛ノ,r':::::.::::} ̄
                           ̄`l;;;::::〈:〈 薔 〉:::::::} l l   /::::::::::::::\   l l {:::::::〈 薔 〉:〉::::;;;l´ ̄
                            ( (~::~~~~^~::( ( ̄ ̄三- 三    )::~^~~~~::~) )
                             ≫ ヽ:::::::::::::::::::::::≫::::::::::::::::::::::::::::≪:::::::::::::::::::::::,r' ≪
                              ≪   ヽ,:::::::::::≪;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;≫:::::::::::,,r'   ≫
       。                        ≫    \::::::::::::≫:::::::::::::::::::::::::::≪::::::::::::/    ≪
       ||                           {:::::::::::::::::::::::::::ノ!、:::::::::::::::::::::::::::}



228 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:35:41 ID:iak6ThIY
隊長動きキモいっスw



229 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:35:49 ID:DPCzynj6

歯噛みする水銀燈を想像し、真紅はフ、フと不気味に笑う。


  「`ー'′/    /   ヽ、 \ \  ヽl}::.:)、 \
  l_,ィ  / /   l      l 、  l `、 {:|}く\ヽ/
  ノ  ,′ !    {      | l|   |   l ):|} ノ|:「´
.  ヽ∧| , |   | l      | l|  |  l| {:|!::)|:|
   |::l| | |  l  、    | l | _,厶| j| {::|}::} |」
   l:::| `、!|   \ ヽ、 |,.  _ .| |{K!j |
   〈:;小、ヽヽ、 l ヽj   〃 ̄` .| |ァ1 |
    |  \ヽN { ,ィ=-        | ト |_|  |  ムフー
    |  |>-}ヽ.j     '._,   | ト |_|  |
     |   〈r .ス ヽr ‐ 、.`´ __ /|| |:::..::.`:┴-、
     |  !/ ,ィ   「二 ヽ.rクニミ::../:| ||::..::..::..::..::..:ト、
     l  ,ト、.ヽ   `r- 、 .l:ヽ:シ//| |::..::..::..::..::./::..`ヽ、


トリップしきった笑いに結構引きながら、副隊長の金糸雀が肩を叩いて現実に引き戻す。


                                               _,. -―- 、,.-‐、__
                                           __ ,/.:.:.:.: ,-― ' ,.- ヮi {
                                          〃、ヽ.:.:.:.:.:.: } ┌‐ヒ薔ハ y !
                                         亅/.:.:. 〉、.:.:. ヽ\へ〒ヽ_ノ、
                                          i.: l.:.,' `  ̄ =--、l」ニ´i_〉!
                                          ∨:.{ _,   /x‐=、i!ヘY.:.l
                                       .     ヽ:ヘ ,=、   弋_ソ l!ノ//
                                              ゙ラ、i::リ       /.:/.:i__
                 「…………隊長。準備整ったかしら」        {::ハ、_ ` っ /シ.: ,イ ヽ
                                              レ-{゙ー.i/jト、-‐ノ:/.ィ  ',
                                             / 〈ニ/ノ}{ヽヾj .;.:. ノ   ハ


真紅の命令により、周囲の待ち伏せに適した場所の洗い出しが全て終わったのであった。
ならばもう終わったも同然。


  廴::::.:::.::.:::::.::.:::/   /           i `‐-‐、::.::.::.::.::::.::.::.::.:.', : : :
.   _)::::.:::::.::::::/     i     i    |     〉:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::!: : :
   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |     !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :
      \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ !メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
        | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_ (::::::::::::::::ハ{{
        | |i     i i _」 ト、|| /    ,_,.斗t  ト、::::::::::代`
         | l|    X´i l\l  レ'   .ィf´| f心V .| ト‐-,:::|:.`:     「わかったわ。
        ヽ!ヽ、 ト、            弋 マソリ  | l| 〈::::}: : :
         `  \| k rf圷、       `¨´   ! ハ  〉,': : :     .じゃあ、この馬鹿げた模擬戦を
              ハ圦rvハ            l i | |: : : :      終わらせましょうか」
              |  ヽン          // | |: : : :
              | `、    ,           // /| |: ;/  ニマッ
              }  ト、       __,.イ  .///__| |_:::::::
              / /| | ` .、     ´  , ィ'/: ̄ : | |:|-;:::
                / / .| |    _,>ー _ l´://:: : : : :.| |:|. L


妄想家で名高い小隊長――真紅は、ニマ顔引っ込めぬまま突撃を宣言した。


231 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:36:09 ID:DPCzynj6



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘




232 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:36:57 ID:DPCzynj6

突撃を開始した真紅の小隊に横手から飛び掛った翠星石は、ニヤリと口元歪めたが――


────────────────────────────────────────────
‐‐── ────‐─── ──────‐‐‐‐──      ─ ─ ───────── ─ ─ ─
___  __    _────  ── ─

. /  | /  / /  /  / // / ハ.    ヽ    ヽ. \
/' 丁|'  i l /   /// 〃/  \ ̄ \!     |\|
\/ j|  ,レ' _ / /.///./  _ \  |\. | |/
. /__」ヒ.´_彡'_>=,ニドノ'  //  'ァ,.'ニ=<} '  | |
/  {{ ̄ { \ P⌒!i  //    P⌒!i ノ ,'   /! /
,/  {ハ..  \__, ゞ冖^  /' !     ̄^` ブ ///
   ハ. \   く             __  ∠ イ ,ノ'  
  ,/ ,ハ 7`ト _,>       __,. イ !   /〃/     「クヒヒ!引っかかったですね!!!」
f´ ̄ヽ ヾ、'.{}ヘ.     `'マ二..__ /   /{}ヽ》
_) >┴=く¨ヽ ヽ.、       --     , イ   }}
/  '´   \レ-、V__. 、      _,. イ/{{ヽ{}/《
  .'      `て{ ヽ\ `  -- /  / {{-- -}}
 '    '    __j| ,ヘ \.  ∧_/  {{ /{}ヽ }}
  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄-==____
───___  ─  ̄-==____  ─ ̄ ̄ ̄ ̄───___  ─

                              Vハ ',ノ:∧                   , -――- 、
                               辷ハ   x=ヘ.             .く ̄`'ー 、 ,rz:yェュヽ
                               Vハ //ヽ.ハ             ./.:ト 、 ー-{{ rャz_}}ハ
                               こフ} {>、 ノ|>           / '}   丶、 ヽ,:クー'ヽ.〉 li
                              >≦_>ヘーヘ,{           l.: /     >‐ゝ〃ヽl l|
                            /^\)ー.:.:.:{/〕へ          ..l: /- 、   ' ,ィfメ、 \ l :!
           .「お粗末様かしら~♪」  . {⌒ 、ア:ー'.:/ / ノ }' \           ヽ!:y=、     ヘ:りj  、Y´Vl
                           \_.」><´  }ヘ _〕\´l\       _ハ:り 、    ´    fヽjノ
                             '.t- ヽ__ノ .〉´ / _} \    //⌒ヾ  _, -'´)   ,rー」
                               フ⌒K´ '  ヽ、|   ヽ、__./ ̄ `ヽー 、ニ´  r '´ ̄ ̄¨ヽ
                               厶ィ l \    / |  、 ヽ `丶 -  V 」ト-イ_V´ . 二 _ 」、
                               /  ハ.  丶、{_ 」   `     ヽ   /   _}。 Y゙-―‥チ:〉
                                └ 'イ. ヘ    / イ    /‐t―     ヽ、, イノ  l:ト、 , -_」{
       ─ ── ── ─ ─────       ────── ─ ─ ─          ─ ─ ─ ─
    ‐‐── ────‐─── ──────‐‐‐‐──      ─ ─ ───────── ─ ─ ─
────────────────────────────────────────────


さらにその横手から飛び出した金糸雀に、頭を撃ち抜かれて敗走した。


233 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:37:09 ID:DPCzynj6

―――敗走した?


     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: l! : : \: : :: : : : :ヽ.  ヾ
.   \_人人人/ : : : : :: : : :l: : :ハ: : : : ヽ: : : : : : :.:l!   !}
   ,.'.:. ) ビキッ ( : : .:: : : : : : l: :.:/:: :: : : : :.:!: : : : : : :|:   !}    ィ'"´
  ,' .:./^Y^Y^Y^\ . : : : : : : イ: :∧:.ヾ/: : ''! : : : : : :|.   !}   イ:! \
  |: :' : : :.l: : : :.' : : : :/: :,/ '::/  ,イ!\: :.:.l: : : : : : :!   !} /: : : | :::: \    、__人__人__人__人__人__人__人__,
.  |:.l!: : : :l: : :. ! : : :/::レ'   j/ ,/, =ヽ=、-、l: : : : : : !l / !}:..! : : : :.| :::: ノ     .)                 (_
   |:ハ: : : :l: : : | 、_::/   ナ "  !っ::::r ! ' i: : : : : :'。 = !}:.:!: : : : :|./::::::::   ) てめぇ!               (_
    l! ' . ::∧:.:.:|/_´.二_ /     ゝ.`´ノ ノ/: : : / lj ヽ. !}.:.| : : :/:::::::::::    ) 顔撃つんじゃねーよ顔! (_.
     ゝ: : \l!`  f't:l:::::::::::::::::::::.::::: ̄  /ィ : : , ′    !}: :!,:/:::::::::::::::::    )                 (
      V!: :!: ハ  ゝ' :::::::::::::::       /, イ    _/,.ィ:::::::::::::::::::::::::/    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          ゝ\トゝ   ヽ  _      '  f! ィ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  \_人人人人人人人人人/ 
         `ハハ    V  ヽ     ,.. ' ´::::::::::::::::::::::::::::::\_人人人/  )不運と踊らせっぞ!( 
         ∧:::ヾ ゝ、   ゝ_ノ    /:::::::::__::::::__:::::::_:::::::::::::::) ビキッ (  /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
        /_ハ:::::::L.  `  、    ../::::::::::'´::::::::::::::::::::::: `ー-./^Y^Y^Y^\
        {:::: `ー--ゝ ヽ!/ !}:: ̄ /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::\::ノ

                                             /   '´ ̄ ×  |  l    , - 、  \
                                          / __/  |l  \ \  l     \ ハ
     、__人__人__人__人__人__人__人__,                  / /  ///  ! \    __j__, - 、ー 、
     )                   (_        .l ̄ ┐  /⌒} |/   ,.;==x、|、 \  |_ -‐{ く7|   |
     )  ごめんなさい!      (_          |   /   l  |/  / 〃  }| ┘  l \/ l  ̄ゝ-イV' /
     )  降参するから許して!  (_        ./!  | ̄¨'|  /  // {|._〃      ,.;==x、 \__| ∨
     )                      (       /´)/)   \l  ///  ̄´        〃  }|\   ,  l_〉
     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒        / /´)   l    /└-、       {|._〃   ヽ| /
                              ' / /   ト、   /   └-、_   ̄´//   }'/
        \_人人人人人人人人人人人/       /l     | \/          └ァ ///   / ̄}
          )財布は今は無いかしら!(      ./  , -‐――,イ / ̄`ヽ         / //  / /
         /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\   .'‐‐'´ ̄) ___./      ̄ `ヽ.  /    /--イ
                               , - '´  ,| ___'\          V__/   l
                              イ    //| 〈_/ > 、    /|     , -/´)┐ ̄|
                              ス   //└-ァ '/  / ¨T〒′/l     // / /  |

この時点で人数は6対8。


234 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:37:41 ID:DPCzynj6

突撃に併せて陣地から4人が射撃を開始するが、射撃が当たらない。


. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /   「あ!今弾が前に飛んだわよ!」
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /        \_人人人人人人人人人人人人/ 
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /            ) そのレベルで喜ばないで!( 
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /             /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i
、 l   l:::/   " - 1 }  /  / ´ ./ .i  !


フットワーク軽くジグザグと走る兵たちは、薄い弾幕をあざ笑うかのように陣地に急襲した。
辛うじて蒼星石が1人しとめ、ゲイナーが類稀なセンスで1人をしとめた。



: : : : : : : : : : : : : : :r:::'::`::::‐-:::::::::__:::::::::::::::::::::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
: : : : : : : : : : : : : : :!:::::::::::::::::::::; <、    ̄ ` ‐、-:::-:::::::_______: : :.〉
:::: : : : : : : : : : : : : |:::/:::.:.;.-'´,. - .、`ヽ、、__ l  ヽ、ヽヽヽ、、:::::::::::::::::::!:.:.!〉<
:::::::: : : : : : : : : ::::::|:/:.:,ィ ̄f" T::;;::Tヽ‐--rr'    r==''"ニ、、:.:!l:.:.:.:./:.:.:l: : ヽ
::::::::::::: : : : : : :::::::::|'; イ!   ヾ ゞ- ' '   ! ==、-.'/フ,イ::;;:T 〉 サl:.:/::::.:.l: : : : 7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!' |.!     ー-‐   _l.!   `!l ' ゞ- '/  /ニl !:::::l:.l::: : : :,'   「やったか!?」
::::::::::::::::::::::::::::::::::::!!. └――― ' " ´      ,' ` 、ー   /:.:.:!l::.:!::!:.!::: : :/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::!l                  !    `` ‐、/_:.:.:!l.://ヽ!: : /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::トヽ                l         /::::::::.:./':::::::: : /



            >`'´:.:.:.:.:.:.:.ミ|l|:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.          /ソ:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:|l|>、彡ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /´ /:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:lヽ、:.゛=====ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.\:..ヽ
        《 .r'/:.:.:.:..{:.:.:.:.:.:´{⌒ヽ:.:.:.:.:ヽ::::〃´\:.:.:.:.:.:.:.:.\:.ヽ
        V {:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.', , ≧:.:.:.:.:.V::::::::::::::>、:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      , -‐-、{:.:.:.:.:.:.lヘ:.:.:.:.:.l〃斥心ア:.:l:::::::::::::/  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:
     r'/ `ヽ:.V:.:.:.:.l  ヽ:.:.:.i 弋zソ i:.:.l_,_ノ    \:.:.:.:.:.:    「これならいけそうです!!」
     f':::::::::::::::ハ个、:.:.圷心ヽj     i:.:.l=-'/       ヽ:.:.:.:
    /::::::::::::::::::::V八ヽ:.弋ソ ,     i:.:/:.:く        ヽ:.:
    /::::::::::::::::::::::::リ:人:.:.:ゝ   - '  イノf´⌒         V    \_人人人人人人人人人人人人人人人/
   /:::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.ヽ:.:.:.l≧ =-r イ_ -'´ヽ_               ) 君達絶対ワザと言ってるよね!?(
   /:::::::::::::::::::::/l:.:.:_:.:.:_>'‐-rゥ'´><     イ、               /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^^Y^^Y^\
  /::::::::::::::::::::ノ` ̄ヾ、    }ソ./云ヽ  /イj ` ヽ


――でも、そこまでだった。



235 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:38:00 ID:Ud25RVjA
おいwww

239 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:38:37 ID:MhzLGpzI
やるじゃないかゲイナー君



238 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:38:31 ID:DPCzynj6

あっさりと陣地にのりこまれ、瞬く間に制圧された。
蒼星石が白兵戦で一人仕留めたが、それが最後の抵抗。陣地は僅か数分で占領された。


                /: :: :: :: :: :: : /:: ::    ',   ヽ
             / : :: :: :: :: :/!:: :: /:: ::  !
          ,':: :: :: :: :: /〉、| :: /! :: :: :: l
          !/! :: :: ::iフ´メミ、l|゙!:;!l:: :: :: :: ::
            l :: :: ,イl ヾ-''l !;' l|:: :: :: :: l ::   l
              レ:: :: | l      ! l_「l-!:: :: l ! :: ,'
    r―┬v‐ヘ/´l :: i'!   r、 ,  ヽソ!l:: レ' ::l ::/
   /`V')ヾ)  ヽ,、!:::lヽ_  `   ,. イフ:: :: |├'    「くそー。
_/ /   フ ! )   !l_!|;!、/  ̄ 77フ ::/ :: :: :;ィ ;!      わかってても負けると悔しいな」
´/    てl )  ` l,レ-,=、.,l/ / : :: :: :: :/ ! l
_,,.-‐-、ヽ 「/)  ノ / !ト,..,‐、/::/ /:::::/ ,レ'
  、  ゙ヽ /  し‐' /!l/ 'ァ レ゙rv':/  /


真紅は既に勝鬨代わりの高笑いを響かせていて、


                                                    ,r ¬
                                                _,r¬」   {¬
                                             /lー'        ̄}
                                       r¬¬イ‐ソ        {'
                                      r'‐  /| 〕´ ̄ ̄`ヽ   _」  __
                                / ̄」〕  / /「        ヽ L. _」 l __
                                 l//L  l lイ l/l‐|、! /  i |」┘ {_/  \
                                /ヽ/| l_ l /|」/ `!=、l/ノl‐l、l,     {`ヽ,  l
                                ! / !  |__/ ,l   じ’   トチ/\ _,/ゝ下 ̄\___ ,
.         「ホーホホホホのホホホのホー!」   /   |  l∨ /|   ト、_ `l「_l/f   -'´〕     '´ }
                                 / /_,| !」!\  ー ' / i   |    /lイ      /l
                                  _/__/ / /」1fこ}´ ̄/ヽ ヽ /_, イ   ヽ     /./
                                〈-、.  / \/ /l \  |  |ヽ |イヽ   \_  ヽ、 ,/
                                 /´|_ {__  ̄ ヽ  T 〈 ̄`ヽ! |___ .>、└'
                             __」/  l_r‐'´ーイl_/ヽ、rテ'二/ヽへー-、|
                           /'ーヽ    /r‐ヽ.__ヽ   >イ        ̄`ヽ/


           フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:i
            /:.:.:. /:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:、\
         i:, イ:.:i:.:.:./|:.:.:li:.:.:.:.:.!:.:.:.:|:.:i:.:.:.i:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.|::}`ー
         _|i !::l:.:/_  !:.:.| !:.:.:.:.ト、:.:.!:.:ト、:.:l:.:.:.:l:.:.:.!:.:.:.l:リ    
     ,. '´ l「`l::{:.i.__ ̄ヽ:.! \:.:.! }:.ハ:!¦:|:.:.:.:|:.:.:|:.:.:リ′
    /       V小`≠ミヘヽ ヽマ/‐-∟l:.l!:.:.:.j:.::::!::/ー‐‐――
.   /        ` 丁' ―-}冖{「`ー==、 !|l:.:./1:,イ/:::::.         「クソっ!」
  〃           ‘ヘ  _〈 _ ` ー- .__jjテ'l:/:::/:/:::::::      
  'i            ::\` =¬、  _〃´//::::::::          
 丨|              ::`:ー-r:ァ:'´::-‐::'´::::::          '
 ノ l i              :::{::{:::::::::::::             l 


ゲイナーは敗北感に地を叩く。


240 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:38:54 ID:DPCzynj6

・  ━  ━━ ━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━ ━━  ━  ・

      …  ─ ── ─── ──────────────── ─── ──  ─…
                …… … ────────────── … ……
                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


だが、そこからが長かった。
                           ..........................................
   ⌒Y⌒                  ...::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::.............
        カァー         .......::::::::::::::;;;; ''''          '''''' ;;;;:::::::::::............
                  .......::::::::;;;;;''''                 '''';;;;:::::カァー:.....
         ⌒Y⌒   .........:::::::;;;'''               ⌒Y⌒  '' ;;::::::::........
           (´(;;;⌒;;;⌒ ) ;;'''     カァー             ..... ..:::::''.;;::::......
               .....:::::::;;''                     ..... ......... :::::.'';;:::::......
             .........::::::::;''     ⌒Y⌒              ... . ........:::::: :::::::::';::::::....


日暮れに近い時間となっても、残りの2人――ギャル夫とモヒカンが現れず、
真紅は陣地の中、イライラとした表情で時計の針を叩いていた。


\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l



しかし、その顔がニマっとする。
事の顛末に気がついた気がしたのだ。



   L_::::::.:::::.::/     |   ,' |     |    {::.::::::.::::.:::.:::::.:::::} : : :
      ̄l:::::::i    l |    i  |     !   ,ィト、:::::::::::::::::::::::::::|: : :
      \_| i     l |  i | l|    ノ_,ィ´/ !メ -‐'j:::::::::::::::j,ェ、
        | |    l |  | ! l|  ィチ´//_,」_/_ (::::::::::::::::ハ{{
        | |i     i i _」 ト、|| /    ,_,.斗t  ト、::::::::::代`
         | l|    X´i l\l  レ'   .ィf´| f心V .| ト‐-,:::|:.`:
        ヽ!ヽ、 ト、            弋 マソリ  | l| 〈::::}: : :
         `  \| k rf圷、       `¨´   ! ハ  〉,': : :    「どうやら逃げたみたいね」
              ハ圦rvハ            l i | |: : : :
              |  ヽン          // | |: : : :
              | `、    ,           // /| |: ;/  ニマッ
              }  ト、       __,.イ  .///__| |_:::::::
              / /| | ` .、     ´  , ィ'/: ̄ : | |:|-;:::
                / / .| |    _,>ー _ l´://:: : : : :.| |:|. L


242 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:40:27 ID:DPCzynj6

水銀燈はその言葉を即否定する。

               __
             ―く`亡7ア
         / / イ ̄ ̄ ̄`ー-、
          / // / / i     \
         ′ ′\ / /  | | \ヽ
       | l|  | / レハ|  |l | ト、  l |
        | ||  |x≧ミ、| /ナ+メ,| | | |
        | |八  | ヒソ " l/ ィ==x'|│| |
         | |  \\~    ,    / | | |
         | | | | ̄  、 __ ∠/ |ノ |    「逃げてないわよ」
          | | | |'ヽ     . イノ|| | |
.        || | |ノ___≧ー≦ i/ /|| ||
        ,―|  | |::≪[=}≫L/ 厶l| |、|
.     /::  |  | ト-/∧ヽノ/ /::: | |:::\


その笑顔が強がりに見え、真紅は水銀燈を苛もうとするが、


   `ァ: :′ /  / !     |!  |! |!  |! |`ー, : :::|三|:::::::::::::::} '.
   ヽ.′ /  /  |!      |!  |! |!  }! | Y:::::::::|三|:::::::::::::/  {
.   | | |!  |!   |!     i}  } |!  /_!_| ゝァ : :|三|::::::::_;ノ|   '.
.    | | |!|  |!、 {! |!   // /}//孑' /イ (_ : :r'--{:::::::) |   |
.    { | | { 卞ト、ハ!_  //ノノィ≦ケテ| (:::::〈ん)、) 〉´ |   |
    ヽト、 {ヘ、从ィ升=ミノ´  -__,,,..-c+| 〉 : ゝニン    |  |  「逃げたのよ。
      ヽ乂ヘー-r-c`       ヽ,,ノ |  ∨//     .|  |
       }  | `- '           |   {ノ´        |    |   今頃もう家に帰ってシャワーでも浴びてるのだわ。
       川 |ヘ             |  |       |    |   負け戦なんて馬鹿らしいってね」
      //}  ! ヽ   rヽ_____ノ)   ノ }  !       |    |
       // j /_>r-'ー ヽ_-_' ∠⌒<}/ 八ヘ      |    |
      ノ ,' / /'.::.:.:.:.|_, ̄  \(:.:.:.:.:.:.  / />ヽヽ     |    |
   // / />ァー:| 、 /":.:.|=-:.:.: / /:./::::::ヘ∧    |   |



     l   ,' ( l:::::,':::::(⌒ヽ/i l /    .イ  i l   l .l  .l ヽ
     l   ,'  .) l:::,'::::/ ヽ   .l l l    ./.l イ .l   イ ,l  .l ヾ
    .l i i  .(/*ヾ´(ヽノi   l .l 」____./ .! /.l,イ  / レ' l .i .l l
    . l .i i /:イ:::::lノ l .!  .l .l .l  / ̄/ーヾ / テヤl l イ.l
    l .i i /::::/:/:::::l'´ヽ .!  .l .! l .〆乏云弋 .l / .!{ll} l イ /.l.l
    l i i./::::/:イ::l:::::l  l .!、  .l  K  {::l_l:::}. ` !.' . 、´/く!.' !'
    .l.i i/::::/:/.l::ll:::::l、.rl !ヽ .l .l .`‐`-'.´  '    >´-、i
   .l i iゝ イ/ l::l.l:::::lヽ.l ! \.! !         ヽ-‐、 .ヽ   「んー。どうしましょっかね」
、  .l i .i .〃  l::l l:::::l,、_l .!  ヾ、ヽ         ' .'´ /
;;\ .l.i  i .,〃 .// .フ:::::::l .!  .l 、_`ヽ    -‐ ´.'   ./
;;;;;;;ヾ! .i .,'l.l  //  /::::::::::::l .!  l‐-、_‐, .__  _/   /
;;;;;;;;l  ,' .,' l l ./// ̄\::::::::l !  l:::::::::ゝヽ:::::::T    _,'、
;;;;;;;l .,' .,' l l /::::::::::::::::,\::::l   l:::::::/::l、ヽ:::ヽ`‐--‐'´.ト.、



歯牙にも変えない水銀燈。頬に手を当て考え込む。


244 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:41:59 ID:DPCzynj6

そして真紅に向き直り、模擬戦の終わりを提案した。



      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′      l¦ l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |        「まあ、あんまり長引くのもなんだから、
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ      そろそろ終りにしましょっか」
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ


それは負けを認めない降参宣言にしか聞こえない。


.:.:.:.:.:.:. / /:.:.:./  /   ,     `、        ヽ
.:.:.:.:.:.:/ /:.:.:.く /  |    | l     ヽ     、 ヽ、
:.:.:.:.ノ /:.:.:.:.:.∥  |l l  | l    `、`ヽ    l ヽト、
:.:.:.:{  !:.:.:.::.:;ハ  |l |l  ! |  \   ヽ、\  l|  l| |
::.:.: l  |:::.:.:.::) ト、|ト、|l  } ト、ヽ ヽ、 | l|ヽ ヽ |ヽ l|ノ
::..::.:l  |:.:.:爪,斗七|廾ト-|‐1ヽ }`ヽム-l¬ ∧ノ/ }リ
ヽ.:.:ヽ. ヽ::.}| l ハ/,ィ´うハVl/|   リ ん:::ハ. l |
  ):.:rへ_}|/ l| {l い:::j.      い:::ノ ハ       「呆れた。
  ヽ、!{レ' ///   ゞ-'′      ` ´ ∧ |       負けはちゃんと負けと認めるのだわ」
   ///人 U ゙゙゙゙゙     '  ゙゙゙゙ 八l |
 // /_>ト、_r个、.   ⊂⊃_/| ヽ\
// / /: /::..::..::{::..:ヽ.  ´ ./::..l`'┴:-:ヘ \
´ /   _工l::..::..::..::..ヾ::..::トァ=く::..::..:l::..::..::..::..::}ヽ、\
ノ   / : : {::..::..::..::..::..:∨{リ廻lト、::.l::..::..::..::./  ヽ、ヾーr- 、



    /wヾ´^~^^ーゞャ_::::::::::ヾ;;::::))\     ハ
    / / |   |   | ゞx;:::::::ヾ;;:)) \    ハ
   ./  ′|   | |、 |   |ゞw/;:ニ、ー 、   ハ
   | , |  |   |/ ||   //:/:ト、 ヾ、\\  ハ
   |/ |  | /| リ_」|,ィ   /:/|:::ト丶, |::|\_ノ   ',
.   |  |  ヽ  |ノ/;ii,j|  /:/_.|:::| \,.|└--‐'/      「勿論負けは負けよ?
    |  \\\| メ V | / ――|   |::l ̄ ̄ 
    .∧  \\`  ´/イ    |   ヽ`>    /    ただ、残りの2人は私の命令を
     |   '、丶 , |    |_∨_  `  / ,イニノ    待っているだけで、逃げた訳じゃないの。
      .l     `‐ィ'   ||   |::::::::::i!  /三三/
.     l |   /)i ゝ=┤|   |:::::::::::∨ニ三三三     チャンスを伺っていると、
      ||   / 'ノ)   ,||  .i!|::::::;;;;xムニ三三三三    沢山時間かかっちゃいそうなのよね」
     |i!  / / 彡i//|  /::|彡≡xwミ 、三三三
.     .> | ' / / |>/::|  /彡:::::::::::::::::::::::::\三三


246 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:43:35 ID:DPCzynj6

精一杯の虚勢がこれかと、真紅は蔑んだ視線を水銀燈に投げたが、
水銀燈は自分を飾ることに余り関心のない女だ。


    { イゝ   /.::::::::::,′. . . ..x  く`ーヘ.:.:.::::し'
    Y.::::::::ノ '.::::::::::::|.:: . ---xノハノ    ヽ:::)
   ( ̄  . :.|:::::::::::::「´ _、  )⌒Y     レ′
    i 7ゝ.:::∠!:::::::::::::|.:.:.:.:j「 Y    !    }
    | i::ハて...」::::::_.:::::! ノ」ハ '.  ,ハL /  ′
    | L! | 丁Yr刈:::|ィハハ「ゝVイムイ//ハノ
    |     |\ゞイ::::ト弋)ソ   ヒケj小    「負け惜しみはもう少し上手くやるものなのだわ」
    l  /   !  `トゝ:!ハ´     ' .イ j |
   ノ. /  |i  ゝ'' | 仆. .  ´ イ 」 ;i |
  / :/     |小./ゝ.|ヽ\下`ヽ 丁jハ
イ  , ′    ヽ:/ィ  ハ. ヽ\ハ.:.:.:jり__」!



なので言葉は言葉通りの意味であって、実は蒼星石に言われた通り、
初めての作戦というものを立ててみていた――



 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´   「あら、じゃあ最後に見ていく?
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //     イナズマ小隊の電撃作戦を!」
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::


出番がないかとハラハラしたりもしたのだが、やっていいとなってちょっとワクワク。
蒼星石に禄でもないと呆れられながらも、ギャル夫とモヒカンが何故かノリノリだったその作戦。




                           ,.. -―_r,.-v‐_-_ァ、 __
                          /    r/:./.::/ァ´  、 , ` .       、__人__人__人__人__人__人__人__,
                         ′  / L':./:.:/ァ   l!  ヾ \     )                   (_
                       /    / 「_ 水_フ /  / / ! l l  !    )  やっておしまいお前達!  (_
                         .′   /   〃/:.:|!` /j∠j/j /| l! ! │    )                      (
                    .′   .′ 「_jl><フイ/__' `く/_/jリ l     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
     _ _  _ _ _           /     / / ∧! |||| | l ' 、fijハ /x' / '′
    (_l j_   r_z_ヽ_    /    / .:: /l   |||| | |i! ::::::`   fiTイ
       ゝ| 〉‐、'ー‐'   ) . '′   .  ::::://   |j`Nヾi     ィ::: │
.         ゝヽ r‐-   イ/    / ::::./   .イ  |    r__、 /⌒i !
         ` T`─   |   _/__ ::::/   / |:  |     /ーl | !
.         / !  r-─ォ -‐:: :::::::: `ヽ--' 三ミ|:: へr‐  ´   . イ |
        ( ノ _.j / / ::::::::::::::::/!::::ll \三fl三|:: ト_j  _  イi::り ,!
      f⌒Y'´  |/ /| :::::::::::::::::i ::::::|!   V lj三|:: /::| Y '⌒ヽ|,|/イ !
      ノ γ⌒ V  rイ:::::::::::::::::::::::::::::ハ   V/,!/ : :|: |/      ` ァ:|
     r-‐ァ     _ノ!∧::::::::::::::::::::::::::/:::lぅ 〃 /| : :::|: | _ _  /::! !


水銀燈は、ちょっとだらしない顔しながら、オペレーションMGSの発動を布告する。



247 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:44:12 ID:Ud25RVjA
あらほらさっさー!

249 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:45:42 ID:dWrnrKds
アラホラサッサー!



251 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:45:54 ID:DPCzynj6

水銀燈の号令が、辺りに響き渡った。
真紅小隊の兵士達が、忙しなく視線をばら撒くが、兵士が現れる気配も無い。

電撃作戦とは、超高速の急襲の事を指す。しかし何も起こらない。

                                 _   _   __   ___    __   _
                                |\ \┴―┼‐┼―┼―┼―┼―'┴―┼‐'┼―
                                |\| ̄~|_l__,」_」__」_ _.|___.| _」__l__ 」_」_
                                l\{\ |\ \ ̄ ̄
                                {\}\|{'\| ̄~|
                                |\ \|\|\”>―、
        rーイ ̄¨ト、-┐                     |\|\|\\|\l\ \
      ,r::┘、」;;;;;;::j/:::::/入                  |\ \ \|\|\\|' ̄~|
      _i -、_>- --- <:::::┴i               |\|\|\ \ ヽ|\\ ̄\.
     .〈 -::./  ," ヽ `; .ヽ:::::イ           ”~'ー w'!|\|\ \ \|\|\|\|\ ̄\
     ._|::-./ :i ,l|  li  i,   i::::::〉                 |\ \|\|\|\|\|ヽト\\_\
     ┐::i .|Vlハk .i|\.ソ .. i_イ            , ,wi.|\|\|\ \|丶|\|\ト、\!___|
 .    九ハ_i( f:jヽ.'f:j )ソハヽ
       ./| ト、 " 、  u.//  ヽ.ヽ  「?????」
      ./ /...ヽ> ‘’..イ「ニ}  .| |
      | | /_:/_て)「_、_:ヽ,  | |
      | | /::::,i___/、i`、:、:::ヽ, | |
     _| |(ゝ,':.:.:.:.::.:`--':`、-'_) | |
     「/ / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 | |
   <二二」<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:,,j 「二二>
    「二二> `--,ヘ_::,-、-、_/ <二二」      。
           j__ソi、__j              || ←【?】


囮代わりに陣を出ても、なんら周囲に変わりは無い。
真紅の顔に大きな疑問符が浮かび、



      )::::::::::::::::::::,  ´    )::::::::::::::===彡::::::テ
       (::::::::::::::::://    ヽ:::_:::::::::::::::::i  l::::l:::::ハ二))
      >:::::::,.'  ′    |   ):::::::::::::::l  i:::i:::::(、二))
        て::::/   ll  l |  !|   {::::::::::::::::|  l::i:::::::::ハ〈
         しl |  l |  | | _!H‐'フ|/て::::::::::彡ミ::::::::(  !l
         l l  l _L | |ノ  rT´㍉ | (::::::::ミ彡::::::ィ  l|l
            ll ヽ ´ rr、    ヽ__ソ | l! {::l l::::;:::) |  リ
            ハ v)       l l | リ /:://   |  |     「何も起きないじゃない」
            ,' ハ 丶      リ ,| |//´  | |
            |  〉 、 `    lレ' | h、     |  |
            l / ||  > - ィ 〃 | | l7      |  |
            ノ'  |r j / rr、 〃  | | 〈 \    |  |


水銀燈に思わず聞いた、その時だ。


252 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:46:16 ID:DPCzynj6

凛々しく立つ真紅の股下から、土遁の術を使ったギャル夫が姿を現し、



        .ト VVVVVVV_ノ\
         .\           \
         .ハ            \
       .⌒≧ /  /^^\〆 、 \
      _ 彡  〆     \ \ ヽ/
    __ `〃 ハ  ⌒   ⌒.\ l .|/
      \ル从§ (●) (<) ヾ  |/ rへ,ノ <チョリッス!
 __>-へ. 乂§   (__人__)   从イノ  :.\_
      .:/从へ、.゚` ⌒´o.ノ从rーヘ_
    _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \


両手に持った竹槍を、真紅の無防備な尻目掛け―――


            ト VVVVVVVVノ\
             \            \
               ヽ             \
             ⌒≧x   /^^\/ \ \
              彡  〆     )   丶 ∨
               〃 ハ     ⌒   ⌒ Y:i|
               イ 从§  ( ●) (●) |从
              乂イ§   ⌒(__人__)⌒|
                 \゚ o     Y⌒Y /  <ヤリッス!
               /⌒ヽ ∽  ー ∽ヽ
                 / r‐、    ∞∞〆ヽ |
    <三三三三三))ノヾ >ニニニニニニ]___)ニニニニニコ
              | ヽイ          |  |



勢い良く突き刺した


      │||| |||||               〕.  |     |     |              | ||||
      │||| |||||            /ィ′|    |   ヽノ            ......| ||||
      │||| |||||           / ,//  |    |    ヽ             ..| ||||
      │||| |||||           `¨./   |    |    `、           .....| ||||
      │||| |||||            |    |    |     l、             | ||||
      │||| |||||            ,ハ   l     ノ  _,. -.- 〉           ...| ||||
      │||| |||||          /,└- .」   ム‐ ´  ヽ'           ......| ||||
      │||| |||||          `ソ     ト--イ     _,.-,〉          ......| ||||
      │||| |||||           `ヽ、__   ヽシ__,..,.-‐' ̄ <ドスッ         ...| ||||
      │||| |||||              l  ̄´   |  / \\              | ||||
      │||| |||||                l     | /   .\\          .....| ||||
      │||| |||||                l.    | ′    .\\         ...| ||||
      │||| |||||        .       l     l. l        \\         .| ||||
      │||| |||||        .        l.    l `、         .\\      ..| ||||
      │||| |||||                l    l. ヽ         \\     | ||||
      │||| |||||                 l-一ーl ̄l、         \\   ..| ||||



254 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:46:43 ID:zfkXLkyA
らめぇえええええええええ

255 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:46:46 ID:dWrnrKds
アッー



257 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:46:48 ID:DPCzynj6

    i└、:.` ー- 、_
    |::::::::ヽ、.....   `¨ ー 、_                    _
    l|::::::::::::>:.::.:....     ` ー-、_ __    _, -、 /r‐、| _
    ノ: . . ..:.i            ..:::|::::::::: `!ー='´   `>ス⌒¨ヽ.ヽ
    j|:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:::.:. : .        |:.:.:. : . |   .:.:.:.:.:.:〈斗i}    l:::|
    `ー、:.:. : : :ゝー-、        li:::::.::. |      ,ノ≒ェ- 、 l:::|
       〔;;.:. :.::/    入         |::::::::::: |      { !   !\:V::/
       7:.:/    /  `ヽ__: :.: .   !::::::::::: !   .:.:.:.:く |i   !   ̄
       ヾ/ /  ! |  |!   >、:.::. ,′:::::::::|   . ::r‐'´!.li  !
         i /!  l| l ,.|-―ノ |L_,.ノ:: ,ィ企ヵ   丿  l¦  l
         | |:.:.:.:!:. '´ |_ . _     〉〈〉 i{゛  ,′  |li   !
         ` ヾノノ仆'´i::゚i  `,   /ヘ,]テゾ='厂´  /| li   !   ―――その時、真紅の身体に電流走る―――
              ノ し' ノ  ,,イ l′ _r'′ /  | li  l
              !__  ,,,,   ,′| l /7  ,-´ li  l.  |i   l
            ヽ      li  ! |_;..上≠   li  l   |i   |
              ,x`_―  |i  ! |二ニニ=ァ .li  !   |i   |
                ∧〈i汐  |i , ' /:.:.: : .  ヽ. |i  |  |i  |
         r≦⌒iソT'`_,. '´ /:.:.:.: : :. .   ヽlj  l.  li  |
           ヽ二テ]ノ〈,イ  <   __     ヽ j   |l  !
              ノ ,}:.〈 /,二¨ ̄ ,. ‐': .     ∨   ⅰ  l      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       r=≠ニ_ノ/ .::. ̄,.-‐' , -'´:::: :: :: 、    l    |i  !       .|    ドスッ   |
       ヾ.ヽ   /::ハ.:.く <___,:::: : ::::l::: ::   l     li  l        \  ____/
          ノ丿 /::/ハ ヽ ¨フ  /::: :: ::::ト::: ::.  \  li  |       |/            \ウィッシュ/
                                                            V


262 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:47:12 ID:DPCzynj6

            、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
            )                                   (_.
            )      だわあぁぁぁぁああぉぉぉおっ!!       (_
            )                                  (
            ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
                           ..........................................
   ⌒Y⌒                  ...::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::.............
        カァー         .......::::::::::::::;;;; ''''          '''''' ;;;;:::::::::::............
                  .......::::::::;;;;;''''                 '''';;;;:::::カァー:.....
         ⌒Y⌒   .........:::::::;;;'''               ⌒Y⌒  '' ;;::::::::........
           (´(;;;⌒;;;⌒ ) ;;'''     カァー             ..... ..:::::''.;;::::......
               .....:::::::;;''                     ..... ......... :::::.'';;:::::......
             .........::::::::;''     ⌒Y⌒              ... . ........:::::: :::::::::';::::::....


              モグラスピアー
水銀燈初めての作戦。 MGS の成功である。


267 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:47:55 ID:DPCzynj6

ただし、ルール上では敗走したはずのゾンビ兵に、モグラ兵は生き埋めにされる。



         , '´   、     `ヽ `丶、
         , '´ /   ,'^丶、    丶  ヽrvx_rx
.      / /  ′  ,′   `丶、  \ { /了示k
      / 〃       l|       `丶、 {ヘ({_乂X}
.    ,'  /        リ    __     \ {/:7^ハ::〉
    ′ {  l  ,   /´ ̄ ̄ 、       `ヽ、ヽく∨r┘
.   l  l | ′/   >,ニ弌xヽ     ィニン∨彳
.    { 、 |  l レ'´   〃{フ癶j}`     /斤!Fハ /         、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
.   ! ヽレー、j    l|l cゞ=′       辷j ル'__        )                       (_
   ! {∠、     川l         /   ∨  /          )  真紅!殺人はまずいかしら!  (_
    ヽ弋/__ /       ___     }   レ'´ ̄ヽ     )  生き埋めは簡便してあげて!  (_
      厶イ,ゝ-‐¬      に= ―-′  , ′       /     )                           (
, ' ´ ̄ ̄` く    _厶              ∠--、ヽ、_ /     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
          `く彡,二フヽ         / -‐=厶
 /          ∨ ム=ミ>:-r‐Fマ´イ_ ̄`Y  `丶、
'/            ∨  _l::.:::_」ート、::\ うニ7´       ヽ
             |Y乙ィ;::イ::/ o|:::∨ヽ`了       l



::::\::/ / .:::::::/ .:/   :/  .:l:     ::l      l:.   l
\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///       「離しなさいカナリア。発想を逆転させなさい。
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://          生き埋めなのだから証拠は出ないはずなのだわ」
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l



激昂した真紅の怒りは凄まじく、埋めたギャル夫の上をコンクリで固めそうな勢いであった。
けれど、それらは全て喧騒たる地上の出来事。



        ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
.      ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
           `、||i |i i l|,
            ',||i }i | ;,〃,,  ボコッ
            .}.|||| | ! l-'~、ミ
           ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
          .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
       _ Y,;-   ー、  .i|,];;彡/
.    __ ` iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ/
       \ {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ/ rへ,ノ <ケンシロウ!
 __>-へ. ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミノ  :.\_
      .:/从 }~~ } ';;:;li,ノ从rーヘ_
    _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \


静謐たる地下には関りようの無い事であり。


270 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:48:21 ID:DPCzynj6

                                _. イ⌒ヽ_ノ ⌒し '⌒i
                            , 、_ノ⌒)´           し'⌒i
                   ,. - ─ァ⌒                    _ ィ
                  /    /:::::::::::::::::::::::::::::.......            )
                . '’     /───  - <::::::::::.          (_
       、      . ィ’       _)            ` . :::::::.          `ヽ
     / \   /:::::|      ( ´                ` .::::::::         ノ
     )   ヽイ : : :::::|/__     ノ                \::::::::.      (´
    (  ヽ.  │.::::::::::|   (´  '  ,  ′ i!              \::::::::::.     `7
      )   \.|.::::::::::::|    7 / / /   i!         、    ヽ::::::.     )
     '       |:::::::::::::|  (⌒' /  ' /     i!          \     V::::..   ノ
    ( _     |:::::::::::│  ) / i  i !     i! !         、    i:::::::...ノ
     イ::「 )    V.::  |  「 .'  i  i !/i    ヾ |             !ヽ  |::::::..ノ
  /  !::|(__    ヽ::.. r‐v7/  ∧ !|ト!、| |│ \!   !   !    ′i  |::::::::)   ―――モグラは、2度刺す―――
 .'     !::|ゝ==)     rfぅjV  ハ)/7从 、|ヽ! | /:||\ i   イ  /  .′ !::::\
   丶 !::| \ ゝ-.. ゝ少ノ ,'  | rzぇ::zrゝ 乂::ノ / 'ヽ /   .'  /  ,人::::ゞ\
〈     \:|  ヽ ヽ ` ーヘ  /  │ 夊f_少'   /レ')/ゝ/) イ  /  イ:| |:|⌒)::::)
 ヽ   ヾ: 、  〉、 \  V   |    :::::::::::::::::::::::: ィzテ7/ ! .′/ ! | __ノ '/
   \   |:|\ !:::|   ヾ |   ハ     :::::::::::::::::::: v夕 /レ' レイイ  | 「! (:/
    ヽ. |:|   |:::| r.. ―┤  |  '.        . j   ∧i|     |:  |/ !
        |:|   |:::ト<:.   │  ト i!     - 、    イ ヾ |     |:  ∧\
        |:|   |:::| \  人   \:ト、        . <__j!   \   | /  '. \   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        |:|   |:::|    Y'  \  \ > -<´:::::::::::: i!ー-, \ ! .'   ! )::)   .|   ドスッ    |
        レ′Y::/     | ヽ.  \  \tfうj} :::::::::::; /   /     /     | /::/    \  ____/
          │!    ム-‐─‐-ゝ   ):少 :::::::::; /   /ヽ.  , '  )  '/::/       |/         \ヒャッハー!/
                                                              V



271 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:48:55 ID:dWrnrKds
アッー

273 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:49:05 ID:ZBlH93xQ
これはひどいwww

274 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:49:16 ID:hdrzqYUk
ひいい



272 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:49:00 ID:DPCzynj6

1720小隊の最終兵器。
決死の覚悟のモグラ兵は、決意通り生き埋めにされたが――



 /  ::/ ノ:  ̄/: : : : : : :i: : :i : : :ヽ、 .}  \
く   :::レ': : : :/ : : : : : : : ::/: : ::i: : ヽ: ::\}.   \
 \ ::/: : : : /: : : : : : :/: /: : /: i: : : :.i: : : ヽ   /
   Y: : : : :`:く;; : : : :/://: //:/^レ:'":|: : : : :レ'´
   |: : : : : :|__>ァ'-.// /_ェ‐ニL;_: |: : : :i:|
   |: : : : i レイつ^トv" / イブい/゙| : : :i:i
   .∧: : : い ヒニソ /    ヒ二ソ ./: : :./:|    「えぐれ!えぐれ!」
   ,': :(V\:\      、     /: :/}: :|
  ,': : :} ヽ. `rー   -ー-ァ   "フ´  ノ__::|
  ,': : : :{ * .}: `i 、  `''  _. .イi * /:::  ヽ.
 ,': : : : :{.   |: : i: :i _| ー‐ .「: i:r┴┐|:::::...   |
.,': : : : :.r┤  レー ' ヽ.   .ノ `>く⌒ マ:::イ__ク
: : : :.r'´.ハ{  .|    ェ=>くェ.く \ ヽ  V 「 ヽ|
: : :/ /: ( ハ フ|=="゙ /^Tヽ| ヽ `   ノ |  |i



          _, -‐ ' ´ ̄ ̄ ¨ヽ
       , -'´:. :. :. :. :. :. ___」
     /:. :. :. :. _, - ' ´ ,r'´ ゙̄ヽ
    く:. :. :. :, -' __, -‐ '´____|
     ヽ/_, -'´, -ォi'¨´  \ ヽ \
      ,ゝ':. :./  /|lト、   ヽ \ ヽ ',        「酷い!これは酷い!」
     \/    |-!|ー\、  \ ト、! i
  ミ ミ ミ : :!: :i:: lz=≡   ≡z. {: !l     ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒.ハ :_ト:とつ \\\ C V     /⌒)⌒)⌒)
 | / / /: lヽ:|  \ヽ __,.   }l (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\  /   1  // ゝ  :::::::::::/
 |     ノ ヽ lY `  {_  _,ノイ|://  /  )  /
 ヽ    /   ヘ,、   _「    l/!'   /    /     バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||l  バ  ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、    ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


敗戦していた1720小隊の小隊員を、随分笑顔にしてくれたのだった。



275 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:49:29 ID:o.Qhz6Gs
翠ェ……



276 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:49:30 ID:DPCzynj6

水銀燈も初めての作戦の成功を素直に喜ぶ。

なんだかんだで4人倒した。新兵だらけでも、やり方によっては何とかなると実感できたからだ。
ここに傭兵達が加われば、思った以上にはやれそうだ。


                  _
.            -―〈{包}ー 、
.         /::/ ̄ ̄ ̄ ̄  \
         //::/           ヽ
.        | |:::|  | 斗     ト、 l  |
    ミ . ミ ミ 小 |八 人     ハノ  |     ミ ミ ミ
  /⌒)⌒)⌒):|| |  >ヽ / <厶仆   /⌒)⌒)⌒)
  | / / /:Lll、\、、  __, ノノ|ル(⌒)/ / / //
  | :::::::::::(⌒)  ト-  /   1/} ノ:::ゝ  :::::::::::/   「やったわ!やったわ!」
  |     ノ:\_〉_>{_  _,ノ_ -゙::て /  )  /
  ヽ    /:: :: :: :: {ゝ {薔} ノ} :: :: ヽ/    /
   |    |:: :: :: ::l||l 从人 l||l :: :: ::   l||l 从人 l||l
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



その笑顔を横目に、ゲイナーが水銀燈に声かける。
負けたのに、隊長が何を笑っているのだと、ゲイナーは感じていた。



     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ    「やっぱり、負けちゃいましたよ」
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′


だから、咎めるように低い声を出したのだが――



           _ -─ ─- ,- 、
        rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
        〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
      // / / /      \::::::::::l  ',
     ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
 _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
// ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
     、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
     `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ   「そうね。でも勉強になったわ」
    < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
   -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
    /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
     /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ


278 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:50:58 ID:DPCzynj6

水銀燈は負けを受け入れており、そこに悔しさも敗北感も見当らない。



        _,.--───- .,_
      .-'´     .,_ .,__  `ヽ、
    /´        ヽ、ヽ、
    / , 、 ヾミ 、    ヽ.ヾ 、ヾ ,
   i ヽ ヾ.-ニzニミ., ヽ、 ヽヾ,  ハ
   |  |`ヽミ_i´イ(r) `ヽ、、   .|i  |
   ゙i  ト,__ _,i._,/´   ^ヽ、 i/  〈  「……」
    ヽ,ヾXi゙(j         i リ| ト.,ゝ
      ヽゞ',.ゝ'  _      v'ヽト|- .,
       `ヾミ.,、 ゝ'´  _,.   / V r-ゝ,
         ヽエ-´.,_,.イ_,.-'´   'yー __]


今日一日の行動から、とてもじゃないが考えて動いているようにも見えない。



             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′    「どうしたのゲイナー君?
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、     あんまり楽しそうじゃないわね」
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j


そして、楽しそうじゃない。その言葉がカチンときた。



  ,ハ__/--、 ´\l i l| |  , |
/ 〃 ̄ ‐ _ |/ リ_l / /,′
   {i      /_ノ__ノ レ //
    ` ー─‐'  `7¨ ¬ //
          〈_, イ/
          {  / ノ/     「―――」
        - ´ イ_/
 ー ニ_ヽ   //
     イ_/
-‐ ´



だから、ゲイナーはギュっと拳を握り締め――


                    i| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    l| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |:
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    :| :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |i
                 | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    :|::;:;:;:;:;:,.        .,:;:;:;:;:;::|:
               :/:::.                 |:
                 :/:                  |:
            //:                |:
              //:                    |:
           :/:                  |i
             i,':                     ||
             l|:                  |:
             :|:        ,::..             |:
             :|:      /::.:.:.             |i
             i|:     / ̄`ヽ::.            ||
             :|:      |   .::ノ:::.         |:
             :|:      | :/ \    /:  /: //:
             :ヽ___人._____/:. /_/´
                      ̄ ̄ ̄ ̄


281 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:51:33 ID:DPCzynj6

その拳を突き出して、はっきり水銀燈を批判した。


     /       l              |   l
     │       ∧             |   |
     l       l \  ト 、 - 、 ヽ、、  |  |
     |      | /_   \ \`ヽヽ_<_-ヽヽ│ |
     l    、 | |' `,ニ‐-`ヽ丶,-r j .〉 Y| | |  |
      '、   ヽ. | rf. ワ 〉 ̄)‐r、`-' _ノ | ! ∥|\
      \   ヽ!ゝ`ー' , '´  !  ̄´  / ,! /リ  ヽ   「僕には、隊長が真剣なようには見えません」
       /\   ヽ  ̄´    、 r    // |/      |
    /    \\ '、     _. - ,  / !      l 〉
   /      `ソ\ ト、   └‐ニ´ //       //|
 /          \  ` ‐__--_- '‐く       // ノ\
./ ____     、 `ヽ、丶 ノ  /  `ヽ‐'-、-、   / '´   ヽ
.! '´    `丶、   ヽ    ノ  /    /  ヽ \- 、    ヽ



                -r=y=y=y、、
               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ
              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ
.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ
          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ
.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ
        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|
.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l、
  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ    「えっ!?」
  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//
、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._
i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_
i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_
i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,
i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;


283 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 01:51:48 ID:DPCzynj6



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘






第4話後編





関連記事
スポンサーサイト

Comments

name
comment
ななしのやる夫 : URL

Edit  2014.04.04 Fri 01:48

真紅さんかわいそすw

ななしのやる夫 : URL

2014.08.24 Sun 11:49

真紅さんをこれ以上どう赤くしようというのだ・・・

comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback