RPG系AA物語まとめるお

Home > GPM みんな纏めてヒーローになるようです > みんな纏めてヒーローになるようです 第5話 『              』 前編

2014.01.20 Mon みんな纏めてヒーローになるようです 第5話 『              』 前編




278 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:28:42 ID:FZu4eDdI



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i       5話 「                   」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / /
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       S-5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




280 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:29:15 ID:FZu4eDdI


4月14日
 熊本市立矢留弐高校 校庭
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        (ヽ、00  ∩
      ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
      ( ⊂ニニ   / /⌒) )
       `ー――'′ し∪  (ノ
  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______{≡}    (ヽ、00  ∩
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||   ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||   ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
    , - -――‐┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||  ( ⊂ニニ   / /⌒) )
   /l|ヒl \ 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||   `ー――'′ し∪  (ノ
  lレ'.|ヨ|  トェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/
  j!!コココニ≠IIIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
  | ||..:::| | | |   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ
  | ||:::::| | | |  || |:::|| ̄~|| ̄~|]| | : : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::| |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
‐┴===‐┴ー-ニ」|__|:::]]]]]]]]]]]]]]|..| : : : : : :.:.:.:.:.::::::.:.:::::::::::::|____________|_|l|__|l|
       .   ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
 "  ''               : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
          。         : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::


その日、矢留弐高校の校庭は、ピリピリとした緊張感に包まれていた。


281 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:29:44 ID:FZu4eDdI

先程、幻獣襲撃を告げるサイレンが校内をつんざいた。


   ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/''                 ,,..-''"
   三  201v1、201v1               三           ,,..-┬─''"    ,,..-''"
   三                            三           |  |  |  ,,..-''"||
   三  全兵員は現時点をもって作業を放棄、 .三     . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
   三  可能な限り速やかに教室に集合せよ  三.  ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
__三                            三 -''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
    /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ  ,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
__________ ||(l||l)| ______  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||.└─┘ l|         ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||     ||________.||  |
___________]    .|]______]. ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      三                            三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    ______ 三  全兵員は現時点をもって作業を放棄、 .三
        |  L   ___  \  \   __ .三  可能な限り速やかに教室に集合せよ  三
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[   三                            三
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄


放送を聞いた1720小隊の人間は皆一様に、緊張した面持ちで教室に走る。





278 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:28:42 ID:FZu4eDdI



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │       Gunparade Metal            │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i       5話 「                   」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / /
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       S-5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




280 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:29:15 ID:FZu4eDdI


4月14日
 熊本市立矢留弐高校 校庭
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        (ヽ、00  ∩
      ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
      ( ⊂ニニ   / /⌒) )
       `ー――'′ し∪  (ノ
  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______{≡}    (ヽ、00  ∩
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||   ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||   ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
    , - -――‐┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||  ( ⊂ニニ   / /⌒) )
   /l|ヒl \ 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||   `ー――'′ し∪  (ノ
  lレ'.|ヨ|  トェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/
  j!!コココニ≠IIIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
  | ||..:::| | | |   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ
  | ||:::::| | | |  || |:::|| ̄~|| ̄~|]| | : : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::| |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
‐┴===‐┴ー-ニ」|__|:::]]]]]]]]]]]]]]|..| : : : : : :.:.:.:.:.::::::.:.:::::::::::::|____________|_|l|__|l|
       .   ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
 "  ''               : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
          。         : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::


その日、矢留弐高校の校庭は、ピリピリとした緊張感に包まれていた。


281 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:29:44 ID:FZu4eDdI

先程、幻獣襲撃を告げるサイレンが校内をつんざいた。


   ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/''                 ,,..-''"
   三  201v1、201v1               三           ,,..-┬─''"    ,,..-''"
   三                            三           |  |  |  ,,..-''"||
   三  全兵員は現時点をもって作業を放棄、 .三     . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
   三  可能な限り速やかに教室に集合せよ  三.  ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
__三                            三 -''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
    /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ  ,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
__________ ||(l||l)| ______  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||.└─┘ l|         ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||     ||________.||  |
___________]    .|]______]. ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      三                            三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    ______ 三  全兵員は現時点をもって作業を放棄、 .三
        |  L   ___  \  \   __ .三  可能な限り速やかに教室に集合せよ  三
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[   三                            三
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄


放送を聞いた1720小隊の人間は皆一様に、緊張した面持ちで教室に走る。


282 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:30:28 ID:FZu4eDdI

水銀燈小隊の訓練期間。
やる夫と水銀燈の約束の時間は、4月13日を期限としていた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                            ~ 1999 年 ~ 
                        ┏━━━━━━━━━━━┓
                        ┃ 4月   April  卯月   ┃
                        ┠───────────┨
                        ┃              1  2  3 .┃
                        ┃  4  5  6  7  8  9 .10 .┃
                        ┃ .11 .12 .13 .14 .15 .16 .17 .┃
                        ┃ .18 .19 .20 .21 .22 .23 .24 .┃
                        ┃ .25 .26 .27 .28          ┃
                        ┗━━━━━━━━━━━┛



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


そして今日は4月14日。


283 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:30:46 ID:FZu4eDdI

逞しい大人に守り抜かれた時間は終わり――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                / ̄ ̄ \
      .      /       \
      .      /  _ ノ  .ヽ、_  \
           |  (ー)  ( ●)   |
      .     \  (__人__)   /                               / ̄ ̄\
      .    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、                          /   _ノ  \
          |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ                         |    (⌒ )(⌒)
          |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|                             |     (__人__)
         /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ                         |     ` ⌒´ノ
         〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|                             |         }
      .   i::::::::!::::::::::|::::::||::::::ヽ_::::::::!::::::::|                           ヽ     ヘミ|
                                                       /,` 、` -`,--` ,
                                                 __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
                                                /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
                                               ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
                                               |;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
                     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、         ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
                    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\          ;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
                   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
                .. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
                  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
                  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
                  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
                    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
                    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'
                .      ヽ_.. _       /   トj:::iN
                .      iー     / /```ヽ
                       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
                         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
                         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ついに彼らの行軍が幕開く。



284 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:31:16 ID:CJiLxOHM
ついに出陣か



285 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:31:52 ID:FZu4eDdI

教室にて集合後、すかさず出撃準備で皆散った。
パイロット達と共に校庭に立ち、戦車の準備が整うのを待つ。



                             | v|N |     iiヾ~~ii~~~l;;lii;lii~~iiヾ    iiヾ~~ii~~~l;;lii;lii~~iiヾ
                             |v | N|       iiヾ "'|:;|,il:|   ,,iiヾ    iiヾ "'|:;|,il:|   ,,iiヾ
                             | v|N |       "''.llヾ  "'',,"'  " ,ll   ""llヾ  "'',,"'  " ,ll
                             丶E∃      ,,'' "'',||~~||~~~||~~||~~||",, ",, ',||~~||~~~||~~||~~||",,
                              ヽヽ       ,, ,, 'メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒メ⌒
                                ヽヽ_____,,___________________
                             ___√ココココココココココココココココココココココココココココココ


                       __  _ _
                   ,{@}´ヾ、   `ヽ、
                    /ヾ、: : : : :.l}  ノL ハ
                 /   、 ヾ、: : :l}___⌒  ',
                 ,'イ   Lト、~|Zl:iヾ、   ヽ
                 |!l   イiレァ| l i:l  ゙    ヽ
                 ヽ、ノ'ゞ' ! イ | ゙   i     ハ
                   ゙〈   レ'| /| u.   |    ヽ  ,. ノ     (……点呼した。出撃準備の命令を出した。
                    ヽ‐_./ /:!     !     ∨:;/ __,.     作戦の確認もした。後は――)
                    ヽ、ヽ,,,/ /l::|       U   ^≦:;/
     ぐっ    ぱっ  ―-≦:;:;:;:ヽ:;:=!      i      ヾ≦
         ,.、 ∩  n    ,.-‐'≧:;:;:;:;:;:;:;:|     |    i    ハ≧-
        _ヽ ,.ヘー、   フ-ァ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l     l    ハ    ヽ
.       ゙ー /   ) ))  ヾ 7:;:;:;:;:;:;:;:;:;|     |    ハ    !
       ⊂ ゝ、  ゙イ=ュ、_ _ }〃ッ:;:;/l/l     l           ヽ
   ぐっ    ゙゙ ヽ'>'~_,-ュ_{ {.///"ノ :: |      ト i    |l ハ ト  i l
       ぱっ   r' } / _」‐l :: :: /:: :: ::.l  l  i | w、 / ハ l |  ハ i
            / ノ }  ラ、ッ:: ::〃.:: :: ::!    iヽ! ヾ ∨    l l / ','
           ヽ} L "/il.:: ::k.:: :: :: ::l  | ト ゙        レ'  !
            `"´ ラ :: :: ::/_:: :: :: :: ヽ  iヽ!‐‐-、
              / :: :: ::/ 7 ::ー‐、__ヽ ヽ | :: :: :: `゙ー-、
                / :: :: :: ! / :: :: :: :: :: `\V、 :: :: :: :: :: \`゙゙


その時間が、やたら長く感じる。
手を世話しなく動かすその姿は、彼女の内心の動揺を、絶えず周囲に伝えていた。


286 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:32:55 ID:FZu4eDdI

突如水銀燈が振り返り、皆に真っ赤な顔を向けた。



 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ ;
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |   .  、
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.! ;    ),
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l| ;  彡
  | |:|  |ヾ、 `'~ :::::::::::::::: ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //    「いい、みんな?ハンカチ持った?
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.     ティッシュ持った?おトイレは行った?」
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_ ;
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐- ;
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
                                                ____
                                              /      \
                                            / ─    ─ \
                                           /   (●)  (●)  \
                            「おめ、落ち着けお」 .   |      (__人__) u   .|
                                           \     `⌒´    ,/
                                           /     ー‐    \



   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/   「隊長が一番落ち着いてないよね」
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、



      //    /          \::.::.:.ヽ
.    / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
   /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
    ′u. l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
   |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
   | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
   |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
    |:トヘ ` {  ̄::::::::::::::::   ̄ / /  | |:| く/ |   「そ、そんなことないわよ!
    レ  |\ヽ_   ヽ    U ∠/|    || レ     |    私ってば超COOL!」
.      |  ト  __      /|    |l      |
     .|   | // )、_  <_j   リ\   |
       |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
      |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
    /|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\


ただその間抜けな確認に、皆が皆苦笑い。
どこをどう見たって一番テンパッているのは、我等が小隊長様である。


287 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:33:32 ID:FZu4eDdI

     ./ ̄ ̄\
   /  ヽ、_   \
   (ー)(ー )    |
   (__人__)       |  「まあ、初陣なんてそんなもんだろ」
   .(`⌒ ´      |
    i    .ミ/ ̄ ̄\
.     i   ミ_ノ  ヽ、  \   ,.:┐
.     ヽ ミ( ●)( ●)   ..| / |
.       (__人__) ///  |./   /
        i⌒ ´ .r-、  |/  /   「チビったらちゃんと採取……じゃなくて、
        {     ヽ, ',. .,/ :/',     掃除してやるから、安心しとくだろ」
        .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
         .ヽ . |   / , --'i|
         /   {  V , --ヘ
                                                    ____
                                                  /     \
                                                /  ⌒   ⌒\
                                               /   (● )  (<) \
                                               |       __´___    |
                        「スポイト……ゲフン。             \       `ー'´   /
                            清掃道具はバッチリです」       〉         ⌒ヽ
                                          .     |          、  \_
                                                !          ヽ   _⌒)


       /ニYニヽ
   (ヽ  /(。 )(. ゚)ヽ    /)
  (((i )/ ::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
 /∠_| ,-)トェェェェイ(-,|_ゝ \   「舌!舌での掃除はありかっていう!!」
( ___、  |-┬-|    ,__ )
    |     `ー-'´υ /´
    |         /



290 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:34:04 ID:zy46uQcI
駄目だコイツらw

下ネタ振るのがトリオになった



288 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:33:51 ID:FZu4eDdI

.       /      ,′      /   /|   |   >斗-く  |
      .′ i  |  |       /   / ,′ | / イ仆{ヽ\l
       | | | |  |  l     //   , /  /く::<_/:/ハ\_〉
       | | | |、 |  |   //   / / / | \_/|:|   ト-'
         |/ヘヽ !ヽl⊥lヘ// /-‐/_¬ リ   / |:|   |::|
            | l\トーキ .ミ ∨/才弋_ツ/ ′ /  :|:|| |::|
            | |  ヽ _ゝ'      〝 ̄ '" /  /  / | ¦|::|   「やる夫。貴方だっけ?
.        |゙、 ヘ  〈         / /   /ヽ|  lヾ|    この2人連れてきたの」
          |  \丶    ,._      //′  /|   l
.      |l//|   |\\  ー    /,./   ,イ   l   l
      ト、 ヘ∨ | | ` \    _ </ /::|   l   l
    .∠\\ \ l  l     フ爪\/ /l::.::.:|    l  イ /
    \::::.::\\ ヽ  l二ニ イ/∧/ へ\l::.::.:ト、   /// ::

                                                  ____
                                                /     \
                                               /  \     \
                                                ' (ー)       \
                       「やらない夫の独断だお。        (l、__)      u   .|
                           やる夫は神に誓って無関係」         ⌒´         /
                                               `l          \
                                                l           \



       ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
    ′      l¦ l | ∧|、   ,
    | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l    「……貴方が神様を信じてる顔には
   ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |     見えないんだけれど」
     \ 斗≧ ∨ 弋::::ノ| l|  |レノ  |
      | l ヽゞ' ,       | l| |l |「   |ノ} イ
      | | ハ         j从ハノk≦圭圭圭≦
     ノ人{  > ^⌒ /  | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      x≦圭≧厶! l丁  /| | |    /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ// ノ||   /    〉圭圭ミ

                                                  ____
                                                /      \
                                               /  _ノ  ヽ__\
                    「信じているお。                      /    (─)  (─ \
                 誰も顔も見た事ない引篭もりのニートだろ?   |      (__人__)  │
                                             /      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
                  経済に貢献しているとは言い難い」          .(  \ / _ノ´.|  |  □
                                                \  "  /   |   二⌒)
                                               \ /


291 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:35:14 ID:FZu4eDdI

ただ、彼女が落ち着き無く体を揺する間も、必要な準備は整って行き。



     , '               .:.:./:/ ';. ',     ヽ
.  _.. '´7            .:.:./:/   ';. ',    :',
     ./           .:.:.:/'´_  ヽ:...',   l :.:ヽ
      ,      .l    .:l:.:/  _ `ヽ ヽ:.',:. ! .l:.:lヾ、
.    l       :.!.   .:.:!/__,イ_ソ-l ..._   -:.:.!:.:!:.:!  ヽ
      l        :.l::.  ..:.:.:l'   | ー     ,ト、ィ:.j'l/:./:./
.     ', ',    ! :.l:.:. .:.:.:.:.l   `  ̄  ̄   '、、 /ィ:.:/
.     ',::..',:.., :! :.:!:.:.:.:.:.:.:!          ,ノ `「:.:イ     「指揮車の準備オッケーです!」
        \:ヽヽ:',:.:.:!:.:.:.:.:.:!           ,':.:.:′
    f 丁 ̄ 丁 ‐- 、:.:.:.:!       ‐ニア  /:.:./
    .l l    l    l´``丶、     ` /:.:./
     l l     l    l     >、.... _,.イ:.:./
     L..ヽ...._ヽ.   !    /   `丶、. `'′



                - ─-
          __  ´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、
.         //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/7、
         〃:./:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.//:.:.ヽ
.        イ:.:./:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.i:.ヽ:.:.:.:ミ、:/ハ:.:.:.:.: ヽ
.       /:{:イ:ハ:.:i:iリ-ヽト:.:.:iヽjヽ:.:.:V=ヾヽ:.:.:.:.:.:.ヽ
      / :.i:ハ:l/)i:irぅ心ヽ:.irぅ示ァr-ム ヽ',:.:.:.:.:.:.: ヽ
.     / :.:.jノ:Y〈ヽハ弋ソ ヽ弋zソ〔j:.j ` ' } ,:.:.:.:.:.:.:.:.     「通信機材、感度良好です!」
     / :.:.:r-‐┴‐、人  ' _   ノj:.ノ〉‐-'-、,:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.    / :.:.:.:f´ ̄ ̄ヽ7 > ..`_'.. イ‐、'_ }-‐─、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
   / :.:.:.:.:.|l:::::::::::::::/'´T´7云´ /´ |::::::::::::::ヽ 〉:.:.:.:.:.:.:.:ハ
.  / :.:.:.:.:..:|l::::::::::::::/ /レイ:.:.ムノ{  0l:::::::::::::::::fl',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
  / :.:.:.:.:.:.:.リ:::::::::::::/7  /:.:.|  .l 、 l:::::::::::::::::l| ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ

                                           i                      ',
                                           レ      j                i
                                             /      ノ八 :|、           i
                                          /   / /:ノノ  \!ヾ丶          }
                                         ,'  / !:/彡イ  ___ゝ\\ゝ      ノ
                                         {  i l リ;;;;;;;;;;;`´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミ     /
                                         \{ {ゝi;;;;;;;;;/iヘ、;;;;;;;;;;;;;;;/´(     ./
                       「戦車……いけるぞ!」       ゝヽ∧ー'' j__, `ー‐‐′ノノ7   {
                                               ) ヘ  __`     ゝ、ソ   リ
                                             (( ヘ   _  ̄  ,.、_ ((    ノ
                                         ____つハ      //へヘ) }イ
                                          ',     彡 i`ー‐<//:::::ー=ニソ八


292 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:35:54 ID:FZu4eDdI

整備班からの報告を受けると、水銀燈は顎に手を当てて視線を彷徨わせ、



          /:::;:zュzュzュzュzx:::\
          /::zタ´        ´ヌャ:l
          l_] l  |  ト、  | l  r‐|ー、
        く小| |', !'、 | \!, ! └丈オ
        厶! 乂f;iヽ l  f;i ヽ| l.../ |ヤl       _, ---- イ
       八 | |:l|   l:j l|/.....  | |    /:::::::::::::::fイ
_, -― 、 父,| l ´ 、      イ|....l.... ヘ   /::::::::::::_::ゝ
ァ:::::::::::::::::丶 ! ...ト 、  n‐'  イ|....l.l..|.. \/::::::::::::::::、:::>
´イ:::, -ャ::::::::/ ....ハ..l...j |::X::::::::!....| ̄'、......\:l::::::ヽ::j
  レ  /ノ::::/ ..|..l:::|../ へ:トJV|...l.l:::::::::ヽ....、..\ー-ゝ
     ´し/ ......l|..|:::!.|_,、_丿   l...l.|:::::::::::ス.......... l




首をこっくり縦に振ると、


            _,z=====z、
            /'´ _, -――- 、\
         // / / l     l \ハ
         lj_/l | l l! /  / l ヽ|
       くノ! | | l \ ! l  / イ  l|
        /l:'┘NT ,ヘX  ノ _メl /イ|
        // | ト ー┘   イ 'ノチ / |
       /   ! l、   _' ` / / l, ィ   「…………うん」
      //  :! l|\ ` ´  イ' / / /
     / /  __l V {><}__/「Y/ /
     / //   \|ー‐ 八 ー/r:| / ̄ヽ
   /! //     、 {j¬¬¬{j〈 ヽ  |ト、
   // l  : :/  : :}: {j┌{こ}┐{jト、└ソノ卜、
   /ハ  l: : / . : /  {jL/ ヽ」 (_Y´ ̄」: :.',






胸いっぱいに息を溜め込んで


            _,,、 _
           t匕ア::-‐< ̄ ‐-
          イ.:〆.::〆     ` 、   \
      /I7.:〃.::/」           \ \ \
     / I7.:〃.::/」     \       l  ヽ  ヽ
    /  {{l:::|l|::::l}}    l |  \     i   l  ハ   _,,.
    ′ {{|:::|l|::::|}} |  | ト、 / ` 、   |  |  | /イ    スゥ-……
   |   {{|:::|l|::::|}} |  | X\  '、 \人 _|_  |/i|l|l|    彡
   |   {{|:::|l|::::|}}  、 ∨ヽ _,,;;;;;彡,,    i  |i|l|l|l|   彡
  / /  {{|:::|l|::::|}}  \ヽ ´´ ̄        ! lli |l|l|l|lレ
  / / ,  小:.ぃ::.マ} _  \\,"""    - ´i |l|l |l|l|l|l|l
 / / / / l >=rf<⌒ヾ  \           ; |l|l| |l|l|l|l
/ / /    | {:{___ノハト =='\ ー一      . イ l|l|l|!|l|l|l|l|
/ / /   | `¬1|  |:|\ \\  ー 〔_  | |l|l|||l|l|l|l|
≧x. /   丿   ノ:|  |:|  ヽ \\ -r=く}\ムイ ̄ ̄ ヽ
三三≧==三≧ト.,,_ `′  }  } \\_ノハ、`¬-、::::::::::::::\


293 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:36:09 ID:FZu4eDdI

ワンと一声吠え立てる。

                                                          ━━==]司〓ヨ
                                                       ___   ~|□  ┌
                                                    ,,-|][ ][|」――┘└―┘
                                                _ ,,,-'''__,,,,,__    ,,-ー''''~ ̄
                                 (○) ̄) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄))  )  ̄ ̄))| ̄ ̄|
                                    ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ | ̄| ̄。ノ |__|____
                                              __,,,,,,-─''''~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,-'''~__,,,,,,-─
                _  - ―― 、                    /ニニ/ ニニニニニニ/ニニ / ̄ ̄ ̄
               イ.:::::::  -――-\              〈                       .\   |
            / /.::::/      ヽ  \         、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,  .⌒'‐┴―
           / __〈::::ノ  {   { ヽ.   } | :lハ      )                        (   ゝ__人__人
           /<_ 小、> | \ーヽ \ ノlノィノ |      ) 水銀燈小隊、出撃準備よーし! (_ .^^^^^^^^
           / </|_」   | f=ミヽ   ィ7| /      )                        (
            /      | ヽ  、  ||     || レ'ィカ      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
            /      人 \_>  r‐ ¬ィ''〔 ノノ
         /   ≧==≧\  \ |  /{ 7 く__つ
       /  ∠三三三三>ー一'´:.:.:.:..\>┤
      ./   / ≧三三了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\| |
      /   / /三三三∧:.:.:.:.:.:.:>ヘ {仡}:l:.:.:.〉ノ
     ;  / 厶ィ⌒ヾ三ニ>=イ:.:.:.:.ヽ |:|:.:.{
     | /  /    }彡ヘシ}:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:ト、:.:.\
     | l |  / _,,.∠斗―/-―:.:.:.:.:.:.:.:〈 \:.:.:}ヽ、        |\     /\     / |   //  /
                                           _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                                          \                     /
                                      ∠   「「おおおおお!!!」」    >
                                           /_                 _ \
                                            ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
                                        //   |/     \/     \|


294 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:36:43 ID:FZu4eDdI

一同が、今日ばかりはビッと整列する。

                                         .ト VVVVVVV_ノ\
                                          .\           \
                                             ハ            \
                                          ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
                                          .彡  〆     \ \ ヽ
                                           〃 ハ   \   /\ l  |
  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、                                     ル从§ (●) (●) ヾ  |
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃                                 .乂§   (__人__)   从イ
     `、||i |i i l|,                                  \   `ー´   /
      ',||i }i | ;,〃,,                                /           \
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ                        /※/: : : : : : : : : : :.l: :.l: : : : ヽ、 \
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三                        ,' /: : : : /: : : : : : /:./:..:l: : :.、: : :ヘ /
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;                   ー{/: : : :./: : : :/:/: /,':./: : : :.'; : : ハ´
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;                        . !:l: : : : :.l: :_:_:./ ;//:/_ヾ:_:_: :.l: : :lヘ
                                      ..l:.l:l: : : : lィ-ィョュ、  /; '´,.xュtヾ: l: : :l }
                                      .l: ト'ヾ: : :ヘ`弋 ノ /   弋:リ' /,':..:/
                                      .!: l   `ト、:ゝ       '    ,.イ:/
                                      l: :l ※ l: :ヽ、    -    ,ィ- ' l:!
                                      l: :ヘ   V: : :.i>   , . <: l .※ l:l
                                      !: : ヘ   'ィ'´ヽ、_  ly-、: :ヘ   l.:.
    |ニ./ /ニニ二二二二ニiーr、                    rt_, ィヘ ※ l   ___Y´   `ヽ{  /∧
    lニ/ /ニ二二>´ ̄ ̄、 ̄`ー、}
   !/ニ二>' ´ ‐-      ヽ   ハ
   /ニ二/  \ _   \ >、-\  !
  lニ二/、 ` _ヽ  __ ≡±-ト、、.∨|
  └―{i   !ゝ,、_\=`゙ 「 lソ  !` ヽミ
     |l 、 lヽ}ス! ‐  ̄ `´   }l ヽヾ
      ヽ\ノ 、ー‐' i  _   ト i、 ト ヽ、
      ` ∨\   ´  / !ハl  ! `!|
          ヾ _二=― 'ー-、! ∨「  レ
         ソ::::∧:::::乂ハ、v、ヽ>rr< ーッ、



皆、今日がスタートなのは良くわかっている。
緊張感とやる気が見える、いい顔を皆していた。


295 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:37:56 ID:FZu4eDdI

その中で、翠星石がフと笑った。
我ながら、似合わない事をしているなと思ったのだ。

                                        //: : : : : : : : l: : : : : :.\   ヽ    
                                      /: : : : : : : : : :l:..:l: : : : : : : :.:ヽ. ∧  /,.ィ
                                      ,'/: : : : /: : : :.:l:.l:.l: : : ヽ: : : : : :',*! /´: :
                                      /!: : :.l: :l: : : : ://l:,'、: : : :ヽ: : : : :.! l/: : :..:
                                     ,' l: : : l:.:l:_:// / ,ム-、-、:l: : : : :l l':..: : : :
                                     l '; : : l:.l:/`'/ / ´  ` `ー!: : : / l: : : : :
                                        ヽ: :ヘx=ュ、    x==ュ、/: :// /: : : : :
                                          \ヘ    ,     ///*/: : : : : :
                                        l `ヽ   r┐   '´/!   !__: : : : : :
                                           ! * l.>.`,  ,. <イ/  / `>ー、: :
                                        ヽ   l: _,.ィ `´ィ'´   !   l (:::::::::ヽ:


だから普段通りに水銀燈をからかうが、


                                                 , -=ニニニ≧ 、
                                             / ´+ ※  ※ +ヽ\
                                           // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、
                                             〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈
                      「初出撃にあたっての      .   ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ
.                        訓示とかないんですか?         .l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ
                                          | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:
                          ドラマとかだとビシッ!としたの、   `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_:
                       よくやってじゃないですか」       ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´
                                               `ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: :
                                              j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ


             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳   「無いわよそんなの」
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ


水銀燈が乗ってこない。
それどころか、ややうつ向き気味に顎を下げ、フ、と儚く笑うのだ。


296 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:39:23 ID:FZu4eDdI

どうせドヤ顔で一演説ぶるんだろうと予想していただけに、その反応は予想外。
翠星石だけでなく蒼星石も、目をパチクリさせて水銀燈を見る。



    .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.\/
   .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\
    .l |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/
    `V.{.:l.::lrr㍉l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´
     V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′
       `11' ' ',    」いシ.l/::l:/.::::/  「無いの?
.        |.:ト、       ' ' '/:::.:,.::,:::/    好きそうなのに。そういうの」
.        |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:/ノ
      |::::/l:/´ 丁二l:::::.:/´ ̄ユ、
      |:/ ',rチ7´ 」 |:::/ノ´~~ヽ」

                                        /   ,イ^ヽ _米ソ_ _ \  \
                                          〈   /´.:,.:. :.:..:::::::/!:!:::::.:.:.\jkヽ  \
                                         `y' .:.::::/::,.:::::::::::/::lノ::::::、::ヽ::ヽ. t、__j
                                         / .:.:::::/::/.:::::::::/::/:ト、:::::`,:::!::::| !:ト、 /
                                          |.:/.:.:/、/.:.::::,イ:://ハ::ヽ:;;:ヽ|:::::!/::::.:イ
                       「こう、ドヤっとカッコいいの      l/トト,!::::仁ニヽ'´ , -‐<:::::::!::::|{::::::.:.|
                       考えてないんですか?」        〉V::i:|ヾトッソ  ´トッツ7::/::::/ !:::.:.::|
                                           /,.ィ´ ト、' ' ' 、  ' ' ' /::,::イ /:::::::.:.|
                                            ,イ: :|  |/ >、 _ 0_, .イ´7  /: :  ̄`ヽ
                                         _ノ: : :j  j!   \ フ/  !  |: : : : : : : :.\



水銀燈は双子の視線を、似合わぬ疲れた表情で受けた。



             / /         |     |   |  {::{   ノ::;ハ |:|
            /  /        | l   | ハ   | }  ヾニィf′| |:|
        /  '        | | !  j/イ  川     |:|   | |:|
          /  |       | | |/} _L.// |      |:|   | |:|
        '    ||      / | /イ/ィ゙´〃 |   /|:|  | |:|
       l|   ||ヽ    / 〃 / イ_ソ 彡'′ |    , l::|   | レ
       | |     l ヽ \  {           ,   /| レ'   |      「無い無い。
       ||ヽ  ト、 >≧          U / / |     |
      |ヽ \ \ ヾヘ_ソ ,           //  |    |        ……私は、とても立派な隊長と
          |\|\ >|  \      ィ         |    |       言える腕を持ってないわ」
          |:| 八  { ヽ    ∠ ィ´      |    |l\
   _     |:|  \ \\ _           |    ハ \
   \: : : .ー- レ    | ` ー┬‐<             l    厶┴ 、
    \: : : : : .` ー-|   | / `  ァー--‐く -‐7   /.:::::::::::..\
―――‐ `ー- 、: : : : :|   |./     / / /:「」:.ヽ′   /.:::::::::::::::::::::



先程から頭の中に、この1ヶ月の出来事が駆け巡る。
自分のしてきた事を思い返すと、とてもじゃないが偉そうな事いえたものじゃない。


297 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:40:16 ID:FZu4eDdI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                       | 銃も一番へたっぴだし―― |
                                       \___________/
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l ///       { =ミ //| | l     「やったわ!
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'       弾が前に飛んだわよ!」
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //
ノ| l    !       '、    / / イ:|
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /



    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!   「なん……だと……
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ     お嬢様が発砲後、ひっくり返ってバタついてもいない!!」
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'
                                             r-':、 ̄ ̄ ¨ ヽ   ___
                                          , - '  : :.l      \/   ´ ̄ヽ
                                          {     : ::ーヵ      |::\    |
                                          〕   : :.:./ └i:: . .   ヽ:::.∨   ヽ
                                          └i  : .:/     └t.:..   ',::::|:. .   」、
                                           {  .:/  /    l  }::.   l::::|:. . r┘ :|
               人人人人人人人人人人人人人人          .ヽ.;/ / l |   l / ゝ-、:. !::l::  /l l :|
                                           〔_:|l | :l l   .:l ,.:i| _ト|  T |:l: 「 l | :!
               どういうレベルで喜んでるのよ!!         |l/! |!\ イ!ィi´:::|.レ'| |l l:|: 」 八 l|
                                             l| ヽlト rヵl   L.r’'ノ| l{ |j Y/  ',l |
               VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV            / l ハ.{」_, - 、 /:| 」:.../'    lハ
                                              / / { ヽ{  」_, -'´ ̄ ¨ヽ   ヽ :|
                                             , r'´ ̄ス、!_>t.zッ'.::: --― ::',    ヽ!
                                           / レ' ̄-'´ l__{ヅ .: :___  - /.:|!    |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


298 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:40:35 ID:FZu4eDdI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   (⌒ヽ            _                               
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   \ )        ,r=={薔}ー-、      / j                          
| 整備もできない―― |
            〆/ ̄ ̄ ̄`'┴-、  (_/                          
\________/
        __f7∠ /          \
        |「 ̄ノl|_〉)// /  ヽヽヽ    ヽ
        ||//人ソj | |     | | i .} }ヽ |
.       く/l_|| ||斗七\  |メ、|/| j }|   「手伝いにきたわよー!」
      ./ /从|ヘ/ /⌒ヽ\ソ⌒ヾ〉/ /,イ
.       / / |  | |/ _ヒ)   ヒ)_厶'イ|/              \_人人人人人人人人人人人人人人_/
.    / /  \\> r─‐-、 θ┘ ト、               ) いかん!戦車に近寄らせるな!(
    /  /   /ヽ \ーゝ__ノ,イ ∠r‐-、 V             /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
  ./ ./ /:::::::::::\K/||\>::|/::√  }  \:
  / ,イ  〈::::/了ミy'⌒ア  {:::::ヾ::{   ト、  |   \_人人人人人人人人/
  |/ ノ   V:::::::|弓}_.ノ⌒⌒7:::::ノ/`l { } .j     ) こいつ!動くぞ!(
                               /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y\


                                     !    !            |  ヽ  l  /  ! !
                                     l    l、         lヽ  !  !/ l /-┼┐
                                 、   l    !ヽ           ! ! //l/! /   ! //
                                 l \ 、!\ | l\      / l/!/- 、l/   ! /l
                                 |l _\!≧‐- 人_ノ 、  ヽ _/_//! r三、ヽ  l/::::!
    人人人人人人人人人人人人人人人人      .、\  〃r三、ヽ\::::\_/.::::::/  ヽゞ=’ノ〃::::::::::j/
                                 ヽヽ  ヽ ゞ=’ ノ ..::::::::::::::::::::::::::::::<´三彡"
    部下からどういう扱い受けてるのよ!        !\  `三三 彡:::::::::! :::::::::: _
                                  ヽ、ヽ  ̄ ̄    ヽ  /  l ヽ、      /
    VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV          ̄ ハ        /´/ ̄    jノ ヽ       /\
                                 // l       /\!          !    /.::::::::
                                 . /l ト、       !              /    /.:::::::::::
                                 /:::! !:::::ヽ、    ヽ           /  /.::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



299 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:41:06 ID:CJiLxOHM
痔は治ったんスか?www



300 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:41:27 ID:FZu4eDdI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              ,_‐' 二二二 _'ー 、                  
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             , '   _ (薔) _   ヽ                   
| 戦術の方だって、        |
          r,==/_,-‐'´      `'ー'ヽ!                   
| まだまだLさんに頼りきりよ  |
          ||{ノイ|              ',                     
\___________/
          〃フト'    l      !     l
          ,'| lヽ l| l   /| イ |  |!
           / l l | _ヽ!ヽト、 ノ _l/_|/l  l
            l  | ヽl 乂ツ  . 乂ツイ jノ|!  「つまりこういうことよね?」
            ,'  :l   ト、    '    jノ.: l
_          | l::.l l  ト、  ー一   ィ! / l ',     /
 >::::::丶_- j |::.ヽト、ヽ| l>‐<!.::}イjノl  |  _..::::'´:/_ -―/
´:::::::::::::::::::::::::::丶l |::/ ̄ ヽイ:〔士〕:トノ  ̄ヽ Y´.:::::::::::::::::::::::::::::::ー:::ァ
/:::::::::::::_  ― '/ f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_)f_):::::::::::::::::::::::::/
 ̄//      /l |                    |  ̄ 丶 ::::::::::\
        .:: l |                    |_     ̄ \ヽ        あってますけど違います>
        ノー, -┐     メラ × ヒャド     .r‐' 、└i
       く / '´}                 {`ヽ l  {
        {|  '丿            =破壊力   \ } /
        厶:Z|                    |イ_「
          |______________j
                                                  rz_几_n
                                                  f⌒U::.::.::.::.::.し'^)
                                                 r┘::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.乙ヽ
                                           .       ̄}::.:、-、、-、::.::.::.::.::.::ハ
       人人人人人人人人人人人人人人人人                 亡=-、} } 川¬ ァ、::.::N:}
                                                .∠二二ミYl |l i/// }ヽ.ソ:|
        メドローオォォォォアアアアアッ!!                  .__彡三三,> ⌒ ル'// ハ (::.:|
                                          , ´ -─=,∠ _  \ '// / } _ノ::ト、
       VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV           ./, /     /´ ̄`゙卞;㍉ // イハ〔::.::/:::::ト、
                                    / //       i ヘ、  ゝ__X イ/  }ノ:/::::::::|:::了
                                   /   { i      |ヽソ      ___ソ  イ〆:::::::::/::.:ノ
                                  .{ i   弋¬ー‐-,-、|  ,  ´ ̄   /:':::::::::::/::〔__
                                   _>‥=二./:::::::X´   _,  ‐≦彡::::::::_;:<:广《__}}
                                  ∠  --‐一く::::::::::〃  /:::孑_=≦二匸ノ_.ィ〃! 》´
                                    ,=、 ___<::::::::::::ノ) )`ヽー、  ⌒ヾ;一 ''´  l {{ l {!
                                  彳 〃 ニヽ:::::::: ー ' ノノ/ =≦-┴──┐ヽ   ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



301 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:42:01 ID:zy46uQcI
なんで余所の隊長がいちいちツッコミ入れに来てるんだよw

303 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:42:06 ID:qJjqH1/I
真紅のツッコミの切れ味が良すぎるwww



302 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:42:05 ID:FZu4eDdI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       -―--{薔}
   <ヽ´ニ-――- 、 `ヽ
  ,<_7,/ /! l ノ   `ヽ ヽ
.,/ / i / ト iヽ.ハ  八_ ヾ-、
.///i  Kl o混ト ゝノ//i ,ヽrヽ
./〃ト l. u `~´   /乱}ノイハ
 i!/{ ヽu _    `u´ ノィ .ハ   「そんな苛めなくたって……」
 i!',>、__/´ ̄`゙ヽ、 u / ,ィノi!
 ト!/ ,つ`ヽ、_ `) ∠ィ '| ′
 ハ._r' `lュ-、i ~Y_,ノ/ |
.ノ゙l/ /7 F`ヽy′ノ_/ /l  !                 __
`L`ヽノ[__`~´~L__「,/彡ミミ≧               _(:::`ー'`-、_
  ゝ´ ! `ゝ-/,ノ彡彡≧             (::: ̄:::::::::::ヽ‐::ヽー―-、_
                           ノー:::::::ヽ::::,-`ー、:::::::::::::::::::`i、_ r‐、    __     スッ
                          (: ̄:::::::,ィ'´   l:::::__:::::::::::::∨|`´::ノ_,ィ=テ" ̄ゞミi!       ./レVVVVVVVV イ イ イ
                          `j::::::/        `´ `jー::::::::∨!::´:)ヽ=≠=彳     /           ///
                           ゝ:/    i      ゝ-、_:::::|ミ|::::::`i ヽゞ_》       /         ∠∠∠
                            `l i l  l    l   ノ:::::::|ミ|:::::::ノ   l.ゞ!     ./ /ヽ/^^\   x≦≦≦⌒
                            l l! .l l ll! l  l l .l  l `i:::::::||!:::::_)   l |ミ|   / /   (     〆  ミミミ≡=-
                   .          l.ト、ト、!从 l  /l /l / .(_:::://:::( l   l |ミ|  .| ′―   ―    ム  ヾヽヽ
                              l! ヽィャォ.ヽ/_'´_.l/l/ /ィュ、::ノ.l     l. ¨   .从| (○)三(○ ) §从 ゝゝゝ
    「あら、私は当たり前の事を        .  l ゞイ  ´弋::ソ//.弋ソイ  l    l     |  (__人__)    §ル' ' '≡=-
     当たり前に言っているだけなのだわ」   .ゝ   ___   `´// /    l.    l.       \⊂ヽ_∩    o ゚ ヽヽヽ
                              //ヽ,`ー',、-‐//:´ヽ    | l!  l        | ゝ_ \     } } }≡=-
                                //ー、〉::◎::::/ .l:::::::::ヽ   l l.l   l      | l___\ `´  ///
                             / _,」l::/\l  l:::::::::::::ヽ   l l l   l      \____\__///≡==-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



304 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:42:33 ID:zy46uQcI
真紅、うしろうしろー

305 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:43:09 ID:dLxgMLSI
もう尻は勘弁してやれよwww



306 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:43:34 ID:FZu4eDdI

水銀燈の自嘲めいた言葉を受けて、頬をひくつかせる双子の姉妹。
こちとら水銀燈がダメなヤツである事など、とっくのとっくに知っている。


                                             ,.ィ'´: : : :l: : : : : :`ヽ、
                                        /: : : : : : :i!: :.l: : : U:.: :.ヽー、
                                       /:/: : :/: : : /l:/:.l,ィ-、‐:‐ヽ: :ヽヘ
                                        /:/: l:./_//// ィォョュヽ:.l: : :l l.ヘ
                                       /'l: : .l´ ,ィハ、  /'  辷::ツ l:.l: : :.!.l ヘ
         「う……                           l: : .lヘ弋ツ ,      //: :./ lト、 ヘ
                                       ヽ: :ヘ `´   _  ///  l:ヘ `>'
          それは否定できない事実としてもう               i`ー U  l __+〉  / l   l: :ヘ′
          翠星石の中に刻み込まれてるですけど……」      l \        /:l.※l: : :ヘ
                                         l ※.> 、   ,   !: : l /ゝ-、:ヘ
                                          l    l: : :`' i´ ,ィ'´ ̄l lr‐'´:::ヽヘ





.    //´             、 、 /
    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i
      ヽ{   `    u. ノ   / /   「えーと、
       八   ´`     ー=イ  fl /    無理にフォローするのは厳しいからやめとくよ?
      ハ\     ...::::::|  jハ{
        \{` ー‐、.:::::::::::| /       ホラ、君、アレだし」
           `    」::::::/j /\



ただ、何故初出撃の今になってそんな事に気がつき凹むのかと、
心の中で総ツッコミ。


308 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:45:09 ID:FZu4eDdI

     アストラル
双子の精神世界でフルボッコになっている事も気付かずに、水銀燈は言葉を続ける。



   ,,ィ≦::::ト必}ノ三`>、_
 , ク:::::::::::::::::::::::::::::y^´ ̄ヽ\
/ ム:::::::::::::/マー^         \
iム:::::::::::::/マ´            ',
.{:::::::::::::/マ´               l
. }:::::::::/マ!     i   i} / 从 .|
. !ヾ:::レ' | .| ヽ∧ l ! ,イァt  i! l !
ノ 〉〈  ! ,!-=tニkリ!/ 〈::ル ノ /!ノ´   「でしょう?
 ノハ_〉 弋 弋:::レ   、 ̄ルイノ
      >  ̄    _  /!ツ        私はまだまだ、とても1人前とは言えないわ」
   l  ハ >   _  __/.i}
   ! .K´ヽ `Yア  !  | i}
   ノ  i >::::\ヽ\!  | i}



未熟で実力もない。完成してすらもいない自分が、何故ここに立ってられるのか。
それを先程から考えていたのだが――



 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ     「だからね……
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ          ウチの小隊は、みんなでここまで来たの。
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //      これまで私に付き合ってくれてありがとうね。
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_.     本当に感謝しているわ」
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::


それは、お礼となって現れた。


310 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:46:03 ID:FZu4eDdI

ダメな自分を支えてくれる、隊の皆に対するお礼。
素直な気持ちで現れた。



: : V:.:.:.:.:./|:「 : : : : |: : : : : : |: :|: : : :|:|:|!: : :i! |、:.|:..: L二二ァに二.ヽ
: :/:.:.:.:.:/= イ : : :¦|: : : : :|:| |: : : :|:|:|!: : :l! | ! :ト、: :|イ_ イ \ \
:/:.:.:. イ l: ¦: : : :! | : : : :.|:|i:!: : : :!:!:!: : :.| :-|升 一└┬'丁 |ヽ\_
:.:./:.¦:!: .:! : : : :! | : : : :.|:||: : : : !:|:|イ:丁:| !: |   V:.:¦:∥ |: : ト
:/: : : イ:..!.: :!: : : : ! |: !: :..|:|:.|!: : : 从川 : !:ィニメ=z |: : | /:| /.:. :|! i
i!_/ イ: : : : : : : : ヾ! | : : :|:¦|!: : / /  | 'イ芝少  ¦: / : イ:..:..: ト、i
一;/:人!ヽ: :、 : : >:.|-一ト:!从 ,.        ´    /: :ア: :l |.: : :¦!:
:../://∧: :ヽ:\: :ヽ レ: .:ニ ゞ               / イ|:.リ.: : : | |:
/ 二イ小: : : \:\:ト イ代少              / レ′ : : : : :ル'     「これからはもっと苦しくなるし、
: : : : |:||: ヘ: : : ::ゝ :\ ´         、           /: : : : : : : ト、:      辛くなると思うけど……
: : : : |:||: :i∧: : : : : ゝ:ミ=-__           7      ,.イ: : : : : : : ∧
: : : : |从::|: 人: : :V: : :| :へ        ` _         |.:|: : : :人 _ゝ     これからもよろしくね?」
: : : : | : :|:!: : : :>‐… ⌒Y>          ∠ノ::|:.| : : ′: : : :
: : : : |!:.¦_ イ      _ ム ⌒ヽァ ‐z - イ「冂¦:.|:.¦: ∧ミ_ __
: : : : | V´  ヽ    ´   〉   \/イ介1 ||::|:レ' : ヘ \/:



これは何時もの水銀燈。
ダイレクトに自分の感情をぶつけてくる。


                                   , -‐ 7: : : : : : : :./ : : : : : : : : : : : :`Y
                                 .   ̄´/: : : : : :.ノ: /: i!: : :ヽ: : :ヽ: : : ハ |  ※
                                     ,': : : : ://: :/|: : : ハ: : : ヽ: : :ヘゝ、
                                    ハ: : :/イ:.--:.:|: : /イナ ‐ -: ゝ: : ヘ: ) ※
                                    !: :.:."|: :/: x≠ミ ! l/: /孑テミx:|\: ヘl
                                    |:. :. :.i: | く l ftァ}|/ ´ マ:.rfアリ| : :\{ ※
                                    入: : :.|: l: ヘ ゝ-"     `=´/: : :入.
                                「……」      ヽ、!: ゝ':ハ "" ′   """/: :/: :l! ※
                                       }: :l!: lノヽ   ー '  /イ´: : : :l!
                                       ノ/}/ /: `>  ィ ´  .ム : : : :.l! ※
                                     / ※ , イ: i : ≦ー- -‐・'´人 : : : l!

なんだか照れくさくなって、翠星石は黙り込む。
知らず、優しい顔になっていた。



     j::::::.:.:.:. _ __ _   /
    」r'"´   _ _____``ヽ、
   <´   ,..:'"´.:.:.:,.:::::,ィイt、:ヽ.,/
    `V´.:::::::::::::::/:/:ノノノ!::i:::i:::ヽ
      l::::::::l:::; ィイ仁ニ、l/|:ハj:::|:|
     |::::::l|.:::::::|ヾヒソ7` '-、!:::::リ
     |.:.::1l.:.:::::i! ``   ヒソイ:;イ′「……隊長」
     `ト、j;ト、.:.::!   _ ' ノ:::/
       l/V/\:ト、 __, .イ:::/
      _ノ´ ̄ ̄`ヽ__,l/^l/
    ,イ      j^7 ⌒ヽ


311 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:46:24 ID:FZu4eDdI

黙り込んだ姉に代わり、蒼星石がポンと水銀燈の肩叩く。


      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ     「学兵の小隊に戦車を2台調達したのは、
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./       紛れも無い隊長の腕だよ。そう謙遜しないで」
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/



            ,ri'/lヘ"\´\` 、\::::\ ヘ,rァi
              Уィ ! 、 \.\. \ヽ  r、::ヽ //!l
          〃 ll | i.ト、 \ \.\ ヽ!. !:,、∨∧|:!
.           ii l ll | l.ト、ヽ\,,≧ミxil ハ. !:| 〉:小.」|
.           !!.l ll |+乂ヽィウ{Tリ゙メリ | ! !:V/i.|ヽヽ
           ソ/!|イ、リ`  ` ´ ノl | ! !〉イ l ! |゙i:|   「結構人頼みなのよねえ」
           ///!; r′     //!.レ' イl .!.! l l:|
           //二`、!、r‐ 、  彡オ/, !l .!.! l l:ト
   f`Y´>.//´ /<ィしク>\´   ィ |:{ /.∧!ハヽLム
  ,. ┴├, | 〈〔__,.ノ-‐二⊃\_`> く !ハ:V ∧┴≧ノ::
.〈__ -+- ⌒ヽ >- -< i|.rヘ |:::⌒i ̄∧! ト.〈:::/「::::イ:::::
 } ,. ノ! ,.--イ ト---<L!/!::::\:::::::l::::/::::| |.i:::/ .レ'::::|::::::



ギャル夫が、片手振り上げながら口大きく開ける。

                                               ト VVVVVVV_ノ\
                                                \           \   ∩__
                                                ハ            \ 〈〈〈 ヽ
                                             ⌒≧ /  /^^\〆 、 〈⊃  }
                                                彡  〆     \  、 |   |
                                              〃 ハ   ⌒   ⌒\ l:|   |
                「自衛軍から人引っ張ってきたじゃないッスか!」     ル从§ (●) (●) ヾ |   |
                                                 乂§ ⌒(__人__)⌒ 从|   /
                                               \   |r┬‐ |   /  /
                                               /__`ー ´    /
                                              (____)       /


.      / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
     /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
      ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
     |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
     | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
     |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
      |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |   「う~ん。それもかな?」
      レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |
.        |  ト  __      /|    |l      |
          |   | // )、_  <_j   リ\   |
         |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
        |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
.        /|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\


312 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:46:59 ID:FZu4eDdI

翠星石がそっと傍に寄る。

                                             / / /  ,   `ヽ ヽ\
                                            // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
                                            // // / // / //||l l!  \
                                           {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
                                           l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく
                                           N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |
                「どうやったかは知らね~ですけど、      .   jヘ、  _   " 彡'// |l  |
                訓練期間捻出したですよ?」               / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
                                            厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
                                           / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |

      ! : |: : : :l!. .    . : : : : | . . : | : : : : . l         ヤz:: l!::
    . . l: : !: : : |'; : : : : : : : : : :l: : : : l; : : : : : :l . . .l : : .    ヤz:l!::
. . . : : : :, : l:, : : l、; : : : : : : : l: i!: : : :l|: : : : : :/: : : l: : : .    ヤツ厶
. . : : : : : ト: lヽ: :l ヘ. : : : : : : l:/| : : / l: : : : :/: : : /: : l: : : : . .|:: :K::
; : : : : : : :lヽ!ツヘ:lx、ヽ    /|'´l: ./‐-!: : /l. . ./!: : /: : : : : :l:: ::!:ヽ
ヘ. . :, : : : ',  弋:::;;i㍉.、 〃 j:./ z:ュl/二j.//. :/: : : : : :/|!:: {',::
 ヽ. ト、: : ヘ  丶ー'、 ヽ'   /'  ´ i:::::;;;;;::_ト/./: : : : : /: l|:: ::!:';:     「ごめんね、それもなの。
   \\: : \   ,/         丶 ::::ソ/! . : : : : ;.': :/}:: ::! :l
       l: ーz ゝ  〈:.                /. . : : / : /:〈:: ::l: :!     ……何でもかんでも人頼みで、
    ,. -i: : : :\   '             ,. '´. . . :,. :' : : : / : ト:: {: j:     正直心苦しいのよね」
_, -:. ':. :. !: : : : ; :\   'ー-、    -=ニ´:__: ; -'. . : : : :/: : :l/::j:/::
:. :. :. :. :. l  . : :l: : |:_、 ´        _ , -‐7: ,  . . : : :,':l : : {:: :!:i::
:. :. :. :. ::,'   . .|!: :!:. :. ≧x:--‐_´≧´:: :/ ./  . . : : /: l : : l:: |:l}::
:. :. :: :: ::!    . ll: :l:: :. :zヤ:,:-rx':: :: :: :: :/イ   . : : /!: l!: : :ヘ::〉l::
:. :: :: :: :l     |:'; |: zヤ l/::Lノヘ:: :: :/:: ::/  . . . . /: l: l|: : : : l :ト


それでも浮かばぬ表情の彼女に、モヒカンが優しく声掛ける。


  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡      「気にし過ぎだモヒ。
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ       頼れる人がいるってのは、隊長の強みヒャハー!」
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;


313 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:47:29 ID:FZu4eDdI


   |   |   |           ∥  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧           /
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '        /.:/      「そう……なのかしら」
| l\\  \          〉    / イ   ',     /..:::/
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:::/  /
| |     \        -   /| |\   У /.:::厶イ
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,. -‐ ニ
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_,.. -―
:::::::::::::::..\ヽトl:::::|:|::::|:| |:|:.ヾV<|   '::::::::::::::::::::::::.ヽ\::::::::::::::::::::



             /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ
          /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
          ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ
           |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl
         l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|
        ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|
        ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃   「そうそう。隊長はよくやってるから、
       _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′    そんなかしこまらなくたっていいって」
      /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|
       rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/
      7:.:.:.;.:.く_nl〈  /,ニ{}ヘ f弌k ノ/;リ



駄目押しに、ポンポンと頭を叩きながら蒼星石が笑いかけると、
やっとこさ水銀燈の声が跳ねる。


  |  ||     | |    |   |  l l
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \ヽ
\ l ///           /// / / l | |     「本当?」
  l\        '      //´ /  .| | |
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..`
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
::.::l   |》  \/イ ハヽ_ノ丿! /l::.::...\::.::.::.::.::.::.::.:



314 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2010/10/31(日) 22:47:56 ID:62mzZiCc
銀ちゃんかわいいw



315 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:48:02 ID:FZu4eDdI

         _,. -―‐- 、
        ,  ´         丶
    ./             \
   ./  !               ヽ
   /   ,| | {\ \          i
.  i  ハ {\ _,>ハ           |
   l  ,「ヽヽ '´ , -、__\ l       |ヽ
   l 小{tT^{ ̄ iツノ j「 | |       | }\
   ヽ! ト|‐'j   ̄ ̄ ̄u リ   / , / /
.    \! `         u |   ′// /  /    「……なんで出撃前に皆して隊長を慰めてるの?」
       ヽ  r__っ    j//| ハ// /  /
.       \ ^    _,.  l//ヽ// /  /
       ,ィ |个ー 1\__/  /' ノ  イ
.       イ ||l   |― 、  ム  |  | ー'
     ./|| ヽ\ 寸ヽ\_| トヽ |  |




            ,
           ,r/ ,;-ー_
         /:::レ:::::三:::::`ミ::=-、
         ,i::::::::::::::::、:::::::、::::ヾ::ヽミー-、
         ,r'::::::::::::::::::ヽ::::::::\.:::::::::::::\
      //:::::/:::;:::i:::::ヽ:::::::::::::\::::::::::::::ヽ
.       /::/:::::::/_ヽ:!:::::ヽ:::i`_、:::::ヽ ::ヽ:::::::!
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
     l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::!   ` ` ヽ     i:::::!::::::::::::i   「なんでなんでしょうかねぇ」
       l:!:::l:::l !  ,r_ー‐-、   u. l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i


317 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:48:29 ID:FZu4eDdI

結局輪になって水銀燈を慰めだした小隊員を、少し外れた所で傭兵が見る。
やらない夫は勝手に笑い出す口に、そっと手で蓋をした。



        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (⌒ )    |
     . (人__)      |
     r-ヽ         |   「面白いよな。
     (三) |        |
     > ノ       /.    頼りない神輿を壊さないように、
    /  / ヽ     /     担いでる方が気張ってる」
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |
                                                 ____
                                               /     \
                                              /  ─     \
                                               ' (●)       \
                                             (l、__)          |
                                         「……」      ⌒´         /
                                              `l          \
                                               l           \


温和な表情を浮かべるやらない夫と対照的に、やる夫は普段通りの固い顔。



   / ̄ ̄\
 /    _ノ \
 |     ( ⌒) )
. |      (__ノ、_)
  |      ` ⌒ノ   「見たことないタイプの隊長さんだよ。
.  |         }    銀ちゃんは」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |
                                                    ____
                                                  /      \
                                                 /  _ノ  ヽ__\
                                               /    (─)  (─ \
                                               |       (__人__)  │
                       「……確かに、皆張り切っているようだ」      /      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ
                                               (  \ / _ノ´.|  |  □
                                               .\  "  /   |   二⌒)
                                                 \ /

一人、淡々と準備を行った。


318 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:49:05 ID:FZu4eDdI

元々はお仲間だったはずのやらない夫が、緩みきった表情をやる夫に向ける。



   / ̄ ̄\
 /   _⌒  \
 |   (●)(●)
. |   ⌒(__人__)
  |     |r┬| .}     「なんだか、
.  |     ー―' }.    こっちが頑張る気にさせられるんだよな」
.  ヽ        }
   ヽ     ノ



なんだか無性にカチンときて、やる夫は一つ皮肉を放りつけた。

                                                    ____
                                                  /      \ ( ;;;;(
                                                 /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                               /    (●)  (─ /;;/
                                               |       (__人__) l;;,
.            「ベテランの傭兵が、ゴブリンリーダーに負ける位に」   /      ∩ ノ)━・【】[]
                                               (  \ / _ノ´  □
                                               .\  "  /    (⌒)
                                                 \ /

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}
  |      | | |}    「それは言わないでくれってさ」
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)


320 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:50:11 ID:FZu4eDdI

徐々に普段の調子を取り戻し、ワチャワチャ話し始めた小隊員の耳に、
ハルヒの声が聞こえてきた。

                                        ________________________
                                      / ─────── / ,───ヽ-─-─-- -─---ヽ
                                    ,/              //|      |      ||    ヽヽ
                                  ,/                  ///|       |       ||     ヽ|
                                _∠__          __ //_|ニ)______|____||______|_|
                               /      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ /   |        |      |  ____|
                             //_______ / ノ/ ̄ ̄| ̄ ̄ ⊂⊃|⊂⊃   /_ロ  \_|
                            / //======//_ /________|        _|    //__________|
                            | ̄ └[.ZEONG]┘ ̄ ̄  ./;;;;;;;ヽ l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄/;;;;;;ヽ    ノ
                            |二|└────┘ |二)__|_|:(∴):|__|_____|_____|:(∴):|____ノ
                             ̄ ̄ゞゝ;;;;ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゞ_ゝ:_ノ     ゞ;;;;;;ノ     ゞゝ:_ノ

        .  "´. -‐   `ヽ,.._
       / . /. : . . .   . \
       , '/ : : /: : . /: }、 . : . . : : . ヽ
.      /:/: :/:/: : : :,/ :/‐ヘ: . : . : !: : :ハ
     i: i: :/:/| : /} ナ ―V : : :| : : |
     i: i: :V__! //´ .二..、 V: : : i : : !:|
     ヽl : { 八|  ´ f⌒ハk|/: :∧: :从
       \i戈ソ   之タ /:ル'ノ } {
        、 〈     ̄  '´... イ:从    「おーい、そろそろ出ないと間に合いませんよ~?」
          . ヽ t.ュ      / 从/
           \__  、´ /  {
              ハ /   ヽ



急かす言葉のはずなのに、本人自体がちっとも急いてないようで、思わず誰かが笑う。



323 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:52:10 ID:CJiLxOHM
ジオングwww



322 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:50:52 ID:FZu4eDdI

見慣れない車両が1台見えたため、やらない夫が質問すると、
サングラスを外しながらシャアが答えた。



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)   「あれ?そのワゴンどうしたんだ?」
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)


                                         ,i                  l
                                        ./        i           (
                                       ,i /    ノ,ノノi i i         )
                                       ! ,ヽ, ∧ニ'レ'ー' !、j、 、       i
                                       ヽ\ソ,ノ''ミェf、  ,__二ミ      j
                                        "Yヽ.ト   )  ''ミェァ,;゙) '"   )
                                         リゞ.l _ /      ~i //,\
             「ああ、私の店で使ってたワゴンだ。           ゙ヽ!トl ,\ヽ      j !, (/i゙`' \
           改装したので指揮車変わりに使ってもらう」     .__,j,ハL!ヽ.゙y‐'" ゙̄ヽ'"j j. ,r┴‐‐'゙7i!
                                        (~r' ! ヽ./__,r=~ヽイ「「`^~  ((  !
                                        !.l  ) ,f~  _,,ィ、\,i !j! ,.へ    )/


       / ̄ ̄\
     /     _ノ ヽ
     |     ( ●) |
     |      (__人)
     |        ⌒ノ  「……手作り感たっぷりね」
     ン        ノ
    /⌒ヽ、    _ノ
   /   ノ \__ィ ´
  /  /    '|.
 (  y      |.
   \ \    |


普通のワゴンに装甲と、通信機器などを運び入れただけのツギハギ指揮車は、
外見がとってもチープであり、ぶっちゃけた話カッチョ悪い。


324 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:53:00 ID:FZu4eDdI

だけど、こんなものでも皆のためにシャアが用意して、
整備班で作り上げたものであるからして、やらない夫の批評にアムロが頬を膨らます。



     l               イ  λ   ヽ  ヽ     ヽ
.    |          l   (ヽ、 ヽ、ヽ  l`') .人   、 |
.    ト、       ,  lヽ、,__ヽ `"´ ノノ '´'ィ'‐、} i   !ノ
   l        ヾ >=‐-、,,__,..ノノ   = ,.ニ=、ノノ   !
.   ヽ         / _ィび,l ̄ヾ       が;i   レ〃 iノ
.   i´ィ      //  `~ノ  ,,.     ; ヾ'r'..   { lノ´
.    '´|    ,,...、 ´l ι , ,  ̄        ヽ  "=  l./
     !.   i ヾl  ~ヽ. "           " ヾ.    | !   「それは否定しないけれど、
     ヽ、. ! ヽ !、. i''              ,;."     ト'    本職の改造だけあってこの車、凄いよ?
      1 ヽ、ー'l. ヽ                /
      ヽ、, ヽ、.ノ`       '"´ "'      /      外装は鉄板付け加えただけだから、
          ヽ ヾ {.           -      /      確かにカッコよくは無いけれど…」
          ` 、..,,_ノ              /
           ,,....l,,...... --- 、,ー―;;;;;tイヽ


                                     /                       !      !
                                    /     /  /                 、l , -     ',
                                   l     l   !,ィ               ノ'       ',
                                   ヽ     !  !l!             , , ノ        /
                                    ヽ    ト、 ヽ  ! /, _,.-_ ,ノノ ,ィノl'ヽ/,       ,'
                                   ,...ノ'   | ヘーヽヽl(/ l'´ ≧ミ、_ ,ノ' ! リ! l       ト!_
                                 r'´イノ    ヽ リ   r'`    ヽヾ歹、=、ヽ ,_リ=、  l  ノ l `
                                 !( ゞ,.     ´r、 r'       ̄` ヽ  /ゞクイノ /ノ ノノ
        「ハハ、手が空いたら塗装でもして、     }ヽ、`` ー- _i´, ノ'.lヘゝ          /  /ー '´_, '´
        少しは見栄えをよくしようとするか」     .l   ̄` ー- 、`ヽ、l,_        _   l  / ,(´
                                 !        ` ー-、ヽ       ヾ=-' ,.', ィ、丶、
                                _,ゝ          _レ'-―- ..,'' ―=- ,イ(   `ヽ\
                                           `iーrヘ ̄`ヽ、` ー, - '一ー- 、   ヽ.ヽ
                                                l lー-ヽ _, -`´ , --‐_レ‐- `)  /∠、
                                                | | ヽ./ r=ー'―‐'´-、  ̄ `ヽ///ニ,


が、シャアはその不恰好さを楽しむように、肩を揺らして笑うのだった。


325 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:53:42 ID:FZu4eDdI

                                               ,..::''" ̄ ゙~ヽ、
                                              r''"       ゙i
                                             r'  r,/゙i_  、   h
                                             l  jl,/ ,.つ;==f  j!
                                             ゙i i!l ゙̄^  l!l L「l !,
                                             \ヽ_/」\_/j//
                           「赤く塗ろうか、金に塗ろうか」       ヾ、 ― ,.イ ゙̄^i
                                             r――ヽ.../l Eヨ /
                                             \  ,「  ̄l   ゙ー-、

       、  ,-_  ,    ヽ
     イノ__ヽゝ )ノl/ヘ  ト }
     人{v_ヽ=イノ, ,,リニZ ) }レ'
  ,.-、く '、(cト} ;'  /'(r)`Zノノ
  i.{(.{ ノ ::: ̄    (  ̄ . !,)~`
  ヽソ`)´:::     _,.ノ   |'    「白がいいよシャアさん!白がカッコいい!」
    ~(     ,─- 、   l
    ゝ   {,~ニ~/  /-,、_
   ̄ ̄|==ii  ̄ _/ / /

                                               ,r‐―‐-、
                                             /      \
                                            /   ,ィ       ヽ
                                           i'   _.j_,j,rj_j,:、_ 、 l
                                           iト、._j'ji !! ァ-、 !j !;l! トヽ,
                               人人人人人人人     ( .`t.!!/ _!.ヽ='イi ,'  )
                                            ヽヽ,j   ,--、  j r ィ~\
                               ツノは要るな!       )ヽヽ. ゙=' /l  )ーi l
                                             ゙t j `ー‐'  」  iト-'~i ! <1本!
                               VVVVVVVVVV         .l  フ┬┬i'~二'iノ二ソノ
                                             liブ ,i i !└┘!__//_
                                          _,.:ヴー、j__j__jr-‐‐'''ー----`エー

                \|
          _,. -‐ ' "´ ̄ ``'' ‐ 、_..|
     `‐、,. ‐'ト、/〈/イ〉 ,イ   ト、 ノー-i ` ‐ 、
 、 ヽ.   |  |-'" ̄ヽヽ、ヽ{. \. / }/_,,.-へ  ,ゝ`'‐、
  l  i   !  !. 、y─ュ=、ニ7ノl/}ニニ-=ニ、,レ' ノ 7 : ̄
.  |   |   |  !    (cり     〈 ‘ (dJ ´ノル ./ .:
.  !   !   !. │ ,:=  ̄ ''´    ,ゝ、 ̄=-:._ | )/ ;      人人人人人人人
 /  !  |. | "            _,.ィ     `!// ,'
   /   ゙、. l、                |│ ,'       ツノは要るね!
  , '    ヽ ゙、.   i∠二二二ヽ      ,' |. ,'
        ヽ.ヽ  {':::._    |     ,イ .!.,'        VVVVVVVVVV
.          ヽヽ ヽ、_ `ー、 /   / :| i,'
            ヽ`、___/ ̄ ̄ ̄`i.'  _|l' <2本!
            :;!  ̄  :ト. __ .| ̄   !



326 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:54:09 ID:zK1WQaAM
お前ら仲いいなww



327 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:54:16 ID:FZu4eDdI

一足先に指揮車に乗り込んでいた、ミクが窓から顔を出す。


                   rュ、
               _ヘス: ‐-.、
           rx、 _ ,ィ:´: : :`ヽ \: : : >、
.          / スィ´‐ : : ⌒丶、::\_>、 : : : :`:‐.、
       r〈 〈/´: : : : :\: : : ヘ::ハ_ `ヽ: :: : : : :`‐、       「ハイハーイ。
       |:/ : : : :ヘ : : : : ヽ: : :ヘ叮rぅ  `ヘ : : : : :`>、     Lさんと隊長、乗り込んで下さーい」
       |{: : : : :i : ヘー,-、ヽヽ: :j/ (_   `丶: : : : : : `‐ 、
       !1: :!: : {\:ヽ f之ぇ:ヽj ,イ:.:.:.:\    `丶ヘ : : : : >、
.      / :!: :{ : ヘfてテ-  ¨ ルi1l.:.:.:.:.: .. `ヽ、  `ヽ:`ヘ : : : `>、
      / : ∧j:ヽ:ヘ:ヽ  r ァ イj fl:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.: \     \: : `:へ: : : ;ヘ
.     / : ,'::::::/´ ヽjヘj` ァュ令ーえ `ー-- ュ:.:.:.: .: .ヽ    \: : : : ヘ: : : :\
    / :, ':::::::/    ,ィ フィ介v、ソ/ ̄ ̄ ̄{:.:.:.:.:.: .:.ノ      \: : : : :\: : : \
   ,イ:, ':::::;::/    / /ィ7 / ヘイi     ,>─‐‐´       \: : : :: \ : : :\


出撃の時間は刻々と迫っていて、流石にもう出るべき時間なのだが――
それでも、雑談は終わらない。


                                             / ̄ ̄ ̄\
                                           / _, 、_ \
                  「運転は誰なんだお?               /  (●)  (●)  \
               藤岡はこういうの上手くなさそうだけど」    |    (__人__)    |
                                          \    ` ⌒´    /




      /:,イ///: /!/:〃:://::l::i:l:l:l::l!:l:l
     ,':/〃:i:i::/〃!,:イ/:://,'!::l::l:l:l:l::li:!:l
      i:.!:'i:i/l::!'/イ l!:〃:,イ l/ li::!'::l:l:!:il::il
      |:i:i:l:l:.ハソイ !//,:イヾ//小ハ::lリ:/:l:ll
      |:l:.l:l:!,:代ト//  ィマラ7:/l〃,‐:!l:!
      |!l:i:! i  ̄'     ̄ ´/イソ!'/ 〉}:l'
      lハ:ハ   i         〃_才:リ      「僕だよ」
      ! ヾハ  _` ´      / .T:i:リ'
.        `  、  、__ ̄   イ  .Ⅵー,-、
.           ヽ    /     . '   \
             i: .ー ´   ,.ィ ´       冫、_
                                                ____
                                              /      \
                                            / ─    ─ \
                                           /   (●)  (●)  \
                       「ああ、そういやお前がいたか」 .   |      (__人__)     |
                                           \     `⌒´    ,/
                                           /     ー‐    \


いや、雑談といったらやる夫が怒るか。
それは一応必要な配置の確認であったけれど、


330 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:55:21 ID:FZu4eDdI

                 ,. -─- .、,
                    ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                  ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                  ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
              l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ
              |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
               ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、    「おおい!扱いが酷いぞ!
               ヾヽヘu  |';二::!  入',       副参謀としても指揮車に登場する義務は――」
                `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ
          ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
        /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
.         .∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
      /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
     r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ


                                                   ___
                                                /)/ノ ' ヽ、\
                                               / .イ '(●)  .(●)\
                                            .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
                  「運転しながら作戦立てられるのか?」   . | ≧シ'   ´ ⌒`     |
                                            . \ ヽ           /



     ,...::´:.イ:::::i:::\:::::`:..、
    /.::/.:::!i:::::i::::::::ヽ::::::::\
   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ   「……出来なくはないさ。
    〈 _      U .i/ ヽiイ:!::i:::i'
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN        ……多分。メイビー」
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ


結局はお騒がしのトリガーになったし、ライトは無意味に落ち込まされた。


332 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:55:58 ID:FZu4eDdI

ハルヒがもう一度皆を急かす。


  / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ
. / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ
/イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|
 i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
 ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八
  〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/
.   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´    「だから皆さん時間ですって!
   iイヘ     _    ̄//./      そろそろ本当に間に合わなくなっちゃいますよ」
   |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´
   .へ-く  \  _  イ:从
__/  ヽ \   /   "
 ヽ    ヽ ハ  ハ


危機感の無い女が危機感を持って喋ると、流石に皆も動く気になり――
水銀燈が、ひらりと回って一同を促す。



            _ -─ ─- ,- 、
         rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
         〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
       // / / /      \::::::::::l  ',
      ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
  _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
 // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !       「……じゃあ行きましょうか」
      、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i
      `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
     < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
    -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
     /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\



      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i      「違う違う。
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j      もっと隊長っぽい言い方があるぜぇ?」
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -


しかしモヒカンが、どこかで聞いたような言葉で彼女を制止して――


333 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:56:20 ID:FZu4eDdI

水銀燈が、改めて言い直す。

                     _、、
                ,.. -:':´..({ヒrソ).、
                   /:.:. ,. --ー ヽ'、ヽ
             /:.:.:.: /     、 \ ヽ
               ,イ:.:. /     ',  `,     、
           / i:.:./  N、ト、  i  i }  ; ',
            / i:.:i  卞テみx、i ノ メ ,.イ リ
          / /什i::} ゝ ゞシ `ヽ}イ,ィだチソ ノ
         /  ,{:{」ムΛヽゝ、     ゞ"オ_ ィ
        /  / `;‐i::「 ミニ=-   ′ ハト、{   「そっか、そうね……
      /  /  l::l::l  ∧\r,、 ´ ' , イ } ', `,
    /    / >┴<ハ `ヤ| トュ,≦ j,ノ_イ i i            それじゃあ!」
   /     /..:::::::::::::..ヽ}   }.j LrYハ<:.ノ,イ ,'
 /     / .:::::::::::::::::::::.∧  f ‐‐} >〉 yア::::. V









                     \_人_人∧从_人_∧_人∧_从_//
                      )                   >
                     < イナズマ小隊、出撃せよ!! > lヽ     、
                      <                   (\  ` 、__ノ丶  カッ!
       |:| /厶≦::.::.|:|/  \  //^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^Y^             \__
      r=ミー/   ヽ//    X/ /         / |       '.       "'' ;,; ,;, , ,        丶
      |;!イ/       〈 |  //\/ /        / ∥   _  ,.        " '; ,; ,;,;,; ,      /
     <イ;′      ∨L//_   /`7ー     //| 厶-‐ '´   l         '; :,: , :;: ; ,;,    (____
     /|         |l∨卞女ミメx//    斗 1´/ |       |          :: . :;, ;,, ;,; ,       ,.-''
    // |         |l |-、::::::::::}゛'/    / _|/  |       |          :: .:. : ,;: ,;,;,;,;      /
   </  |           ' トペ:::::::/ '  /  7≠=≦_」_     |        .: .: .. ;, :,;, ;, ,    /
   ,. ‐…一、      /! 弋辷'ン  | /    /、::::::::::/7「   |    !          .::.:.. ..: ;:, ;,; ,;,    l
  /       {`     イ | :::::.:.:.:..   ´      rイ゚::::::/ /|  ,|   ;           :: .. ;:, ,:;; ,; ,    \_
/       l     / |            ゞ辷シ  /! / |   ′/         .: .: .., ;:, :; ,; ,,       \
             ∧ ト           ..:.:.:.::: / |/ー| /∠ィ彡      : .: . .:;, , :;, ;,       / ̄
    ヽ|    ヽ   | |{ム>、   <l           /  |/'l::::|/:::::::::≦_      . :. :. :. .;:, ,; ,,'       _/
    |     ',   ー――'´  ̄ ̄`ヽ___, イ   イ |:::/::::::::::::<二      :. . : .; ;:, ;, ,;    /
     ヘ     }             }::.::.::|..||   /  |::::ト、::ヾミ⌒        :. .::; ,;;, ,;     \


太陽のような明るい声で。出撃の命令を。


335 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:56:47 ID:FZu4eDdI

                                        i'´|
                                        | |_;. -‐''´i
                                      _,ノ      | ._ _
      > ´                    /        .l´ _ .. i ´|   | |  |../ 7
   く         . -‐====== ー-く          .7´ | | |   | |  |/ /
.    \  ,. . :"´: : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ヽ         .| | |   | |  { /
      >'´ .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./ハ: :.l: :!: : : : : :l        .││ |.  _」. |_,.ィ_/
       i: : : .: : . :. {: : : : : : : :./ii|l|ハ: l.: !: : : : : :}        .| _」 ' ´
       |: : |: :.|: : : |::.:.:.:.:.:.`メ_.|=l||/Vl :l: : : l : ;′
       |: : |: :.|: : : |::|: : :∠イ. |.ソ/ /Vく: :./}:/
.      \|: :.|: : : |:.|: : : : : | | / /l||、: :/                   ヽ,ク .: .:,    .:.:.:.:.:.:.`ヽ、
        \|ヽ: :|.:|: : : :.i.:|.. ´ ヾ/ ,l:/                     / ,/.:/  .:.:::::: ||、 .::::::::ヽニヽ
          }ヽ仆ヽ: : : :lN    /: :l  「……」             // .||./  .:.:.:::::〃/.|.:::ヽ. ::::::`、/
          / ̄ ̄``ヽ、::|      |: : : :l              .    // .:::!!.:. .:.:.::::::イ./.::ハト、.:::', .::::::|.::',
.      /        |     ノ ヽ.:.|               // .:::::リ.::'´ ̄フ //.::/ ̄``v| .::::::|::::',
                                        |:ハ .:::::.', 、r.‐、"//,.r.‐、-,リ .::::/|::::::
                                        |:! .ト、.:::::ヽ 辷ノ    辷ノノ/ .::/.リ:::::::
                                        ゛ {| .ヽ、、_""" '   """ /.:イ .リ:::::::::
  NVVVVVVV\                        .     {|米j|、::::、  r-__っ  ノノ   リ.::::::|:::
  \        \                    「……」    {|  j| `> '` ー-- ‐ ´ノ 米 イ|:::::::|:::
  <         `ヽ、                          {| jレ'米 儿>介ノ.米 /|::::!:::::::!:::
  </ /"" \ .ノヽ. \                             `、<_ノノッ ´/ ,.-'´ .|.|::::|:::::::|::::
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
  レ!小§    (__人__)  | イ━
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃  「……」                               __
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃                              /..::::::::::::::..\
  (受\  ∞   ∞  /_ノ                              /..:U:::::::::::::::::::::.\
  .\ “  _∞∞_ノ∞/                              /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
    \。____  /                                | ::::::::::::::::::::::::::::::::U::::::::: |
                                            「……」    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                               ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
                                               ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


ただし、あんまりに日差しが強すぎたのか。その言葉に答えるものは一人もおらず。


336 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:57:08 ID:FZu4eDdI


                   _,,  、............._
               , <´    ーゝ、:::::::>-、
            , <  /        (_:::::::::::::ヽ、
          /   /           ー、:::::::::::ヽ
         ,イ   /   / /   > ´i   ゞ、::::::::::}     ○
         ,'  .// ., ゞ/-/ュ,,,∠.___ i /   <::::}ハ  ィ''´ ̄` ‐-、
          ,'  / /_ノ /; /l >====、i/i    (::::,、:::::> ヽ  /( _ノ
        ' , / /ィ>ュ、{/ ' ' ◎   ,ィ/-‐' '⌒ヽ.ノソ ト、\ノ  `ニ二' )
         i / i  >'イ ◎ ,{   ==, , ゝ , ,--、_  `ー--‐‐'   `つ     人人人人人人人人人人人人人人人人人人
         / . i.// ) _,.ィ/   ///_..' <ヽ'// `ー‐t-──''''、‐ 、つ
  _,,...-‐- ..__  'ノ ノ/〃  _,,.. ィ≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.V  /  /'´ ̄ ̄ヽ、 `ヽ、    ……って、なんで誰も返事くれないのよぉ!
 ゝ、  _..-‐''{ ( -'/:{  ヾ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /,' /:::::::::::::::::::::::::::>、  `ヽ
  / }´o  ゚ <二人  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´ ̄/ /  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ   VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
 `ー'     / ̄>ヽつ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./,イ   i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、
      ィ´  /´ /´`}、>.、ヽ:.:.:.:.:.:.:./,<´/ /  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/、ヽ、
      ゝ、     ,イ , i´:::>:.ニ ィ≦i// /   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ハ
       >、     '‐'::::::::::::::::::::::::::::}{/ /,'  ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ、ハ
      / : ヽ     }‐-、::::ヽ::〃(三{/ヽ{  i::::::::::::::::::::::::::::::::::>'´三ii}
     ー、ー-;:>-  ,_ i ,i´/:::::::}三/}ii/{iゝi  ,'::::::::::::::::::::::::::::::/::/三三{iヽ
       ヽ }`'-─i   //::::::::/三}X'  i} Y i::::::::::::::::::::::::::::::::::::>三三>ミ


校庭には、水銀燈の悲鳴と、


337 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:57:36 ID:FZu4eDdI

渾身の、総ツッコミが炸裂した。




  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : :
            /l/   、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__, ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/    )                                 (______|ユ__
           l/     )       イ ナ ズ マ 言 う な ! ! ! ! !        (_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          」!      )                                 (   __ __
          ||   _ィ壬⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y^Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒  ||_||_
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||___l\_||_||   ||_||_/
    , - -――‐┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||___||__.\._.||   |  /__.|
   /l|ヒl \ 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||___||_||_\.   |/_||_|
  lレ'.|ヨ|  トェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/              \/
  j!!コココニ≠IIIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
  | ||..:::| | | |   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ
  | ||:::::| | | |  || |:::|| ̄~|| ̄~|]| | : : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::| |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
‐┴===‐┴ー-ニ」|__|:::]]]]]]]]]]]]]]|..| : : : : : :.:.:.:.:.::::::.:.:::::::::::::|____________|_|l|__|l|
       .   ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
 "  ''               : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
          。         : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::




338 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:58:26 ID:FZu4eDdI


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━












━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



339 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:59:27 ID:FZu4eDdI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                いいか、みんな

                             (゚д゚ )     イナズマイレブンとガンパレードマーチ
                             (| y |)









          一つ一つじゃ交わらないが


                 超次元サッカー   ( ゚д゚)  高機動幻想
                          \/| y |\/











            二つ合わされば、新たなものが見えてくる
                                           ガショーン
                            ( ゚д゚)  《超次元幻想》
                            (\/\/









                           (゚д゚ )  <ok?
                           (| y |)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



340 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 22:59:58 ID:m9cBWVVA
OK

343 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:00:12 ID:zK1WQaAM
おk



345 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:00:29 ID:FZu4eDdI



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧       ━┓
           i ヽ     ┏┛                        ( ゚д゚)    i
            l  ヽ    .・                       \/| y |\/
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │          Gunparade Metal         │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i       5話 「                   」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / /
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       S-5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



348 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:00:48 ID:FZu4eDdI



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ                              u    ( ゚д゚)     サッ
            l  ヽ                             \/| y |\/
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l  て . ┌─────ミ ───彡────────┐
             !    ヽ   //.u _,、_,、_,、ヽ/ /.  (  │          G  i    nparade Metal    │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ.u  <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i       5話 「                   」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / /
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       S-5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

349 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:01:12 ID:FZu4eDdI



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ∧
           i ヽ
            l  ヽ
           !   ヽ      , =- "(薔)  /l     ┌──────────────────┐
             !    ヽ   //  _,、_,、_,、ヽ/ /.     │          Ginparade Metal          │
            メl    ヽ-´_,r=っ" ●ヽ.:.:.} /     │                              │
         / ヽ_ il|>    ~´='~ ヽ   <.:.:.:.:〉     │  みんな纏めてヒーローになるようです  │
        ,!   ||l           `ー--=´.        └──────────────────┘
       /    ,川       ,       .ノ i
       /   /  /    //        / l |
      {   /  /   ./:::/       .∧ / / i      5話 「超次元幻想 ギンパレードマーチ」
   __....,,j   / /      >  >      ./ ハ / /
  ヾ、   ハ  i /       //       .:人  ハ
   ∠__ゝl/.       ′   .::/   \ ハ
         ` 、_        /      \l
            ` ー 、7/ ´
               ヾ                                                       S-5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



353 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:01:56 ID:KuEL4svI
そうくるのかwww

354 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:02:24 ID:SgJ1.6M6
これは予想外



350 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:01:30 ID:FZu4eDdI

┌───────────┐
│閲覧に関してご注意    .├─────────────────────────────────────
└───────────┘



      _ , -―-、            ・このお話は『高機動幻想ガンパレード・マーチ』の世界背景を元にした、
 , 'ニニニ、::::(0::::::::::ヽ、            作者の妄想ストーリーなんでよろしくお願いいたします。
   ̄ ̄ヽ':::::::::::::::  ヾ             原作設定に準拠するものではなく、他作品の設定を掛け合わせた
      ):::  ....   \        大幅な設定改変があり、更には原作設定を意図的に取捨選択しております。
     /    ::::::::::::::::::ヽ.
     /      ::::::::::::::::::|      具体的に掛け合わせている作品を明示すると、『イナズマイレブン』……
    /       :::::::::::::::::::|
   / ̄ ̄ ̄\ ::::::::::::::::::::::::::|
  ─   ─  \::::::::::::::::::::::::|     ガンパレに思い入れが強く、設定改変/取捨選択を受け入れられそうに無い。
 (●)  ( ●)   \:::::::::::::::::::|      そういう気持ちをお持ちの方は、そっとタブをお閉じ下さい。
 | (_人__)      | :::::::::::::::::::|
 \` ⌒´     //::::::::::::::/::::|    ・このスレのやる夫は捻くれています。やる夫の性格改変(?)にご容赦下さい。
   | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ /:::::::::::::::/:::::|
   .|  ||      /:::::::::::::/::::::::|.    ・>>1の涙は枯れ果てた。
   |  ||      |:::::::::::::/::::::::/      



──────────────────────────────────────────────────




357 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:02:47 ID:FZu4eDdI

_√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z______√ ̄ ̄Z__√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z______√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ | | | | | | | | | | | | |/
        三          三        \| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
        三  テス。テス。  三          三                     三
        三           三         三  アーアー。          三
        /| | | | | | | | | | | | |ヽ        三  皆さん聞こえますかー? 三
                                三                     三
                                /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ

┌──────────────────┐.                  = = = = = = = = = = = = ジジ
│      ,r==┐__ _ __ ノヘVヽ         ...│                == もうちょっと色っぽく言ってくれたら   ==
│     ./^ト、/}〔/     `^ヽ }        .....│                 == 聞こえるかもしれないだろ!.     ==
│    /  k'ノノ   / ,.ィ ハ   \      │                  = = = = = = = = = = = =
│   ./  仄「i{  _/_/ | }i }  {⌒ヽ      .│
│   ′ ,ム_i|∥´フフ_`  | #キ‐! }ヽ      .│     ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
│   . .:i 「`ト|Nl,ィ升㍉ 丿伝y}¦ハ } 、.   ...|     三                            三
│     .::i }[II)!i }{f´-リ / ム} リ  ハ∧ } }   │     三  ……大丈夫そうですねU          .三
│    .:.:i ハ.」__乂i^ー′ . └' 1/∧}:i ∨/   .│     三  それじゃあ、作戦の説明を始めます 三
│   .:.i {{{バ`込__,ー-'   イⅩイ::.i .:〈    │     三                             三
│     .i|ヽX^フi才⌒ー</ヘ } }:::.:i :  ,   │     /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
│     :!! /⌒ハ \_)'^Y⌒〈 |::.:.:i   ′  .│
│   .:i ハ {   ,小、 ,(n)iYi| 01} !.::.:.i : .    │
└──────────────────┘

_√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z______√ ̄ ̄Z__√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z______√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


358 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:03:08 ID:FZu4eDdI

  ______          ____    ___________,          _______
_√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z______√ ̄ ̄Z__√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z______√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                       ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                  , ー'"´  ̄ ゙̄ゝ              三                           三
              /        l                三 今日の作戦は、高森町郊外にうろつく 三
              ../゛            l               三 幻獣の索敵/可能なら撃退です。    .三
      /゙゙゙'i .ゝ            \,,,,..,,/ ゙̄'-、   三                           三
   .....,,、゙''、  `゛`^'ー- -、      ,,,,,,,/       /   /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
   |  `'l"          /      /         _/
   .\  \     ./       |           〈、
   .,,,,,.゙'、  !、 .r'"^.l.  .,,,、 ,,,,,,,,!  ., 、、     .`゙゙゙゙´./
   .! `'ッヽ  `ー,,ゝ  l-'"゛    `''"  `i          ゝ-、
    \ ゝゞ   l,゙,,,,、 .l、          ヽ        /
     ゙'、   _,..、   | .ヽ,.  高森町⇒◎/'-、,,、  .,.  _ゝ
      !._..-'´ /   /  /       ,./     .`^^゛ ./
           ゙'ィ"  l,゙ 、       /         . /
                  /       !        /
              /        .!       /
                /         !      ./  ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
            ノ---- ,,_._____ ."     │.  三                                  三
             l゙゙'"      .|         ,ノ.   三 高森町周辺は幻獣に占領された地区から    三
             !        \          |     三 やや離れていますが                 .三
             |          `'、     ./     三                                  三
             ヽ     .__.    |     .!      三 何故かここ数日幻獣の姿が目撃されています 三
              |    ./ `'i   `''-、  ,ノ     三                             三
             /   / ゙'i'"゛     |  /     /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
        /'''"   ..l  . !    ..... /  /
         \___,   .\ .!   \  `‐′
               `-.... '".,ノ   .,/
               ィ′.. /
               `´
  ______          ____    ___________,            ______
_√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z______√ ̄ ̄Z__√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z_______√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


359 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:03:22 ID:FZu4eDdI

  ______          ____    ___________,          _______
_√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z______√ ̄ ̄Z__√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z______√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                        ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                        三                                     三
                        三 先日にはついに中型幻獣の姿も目撃されており、     三
                        三 幻獣側に、活発とはいえませんが動きが見られます。  三
                        三                                     三
      ,. -―  ―ァ、              /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
     く‐-、    /  \    __
      \ \ l    ヽ/    `ヽ
       ヽ'  `ヽ   / \   r 、l>、」
       ∠‐-、  |  /    \ 丶 (_)_7_.. ―- ,
       /    ヽ | /       \二イ ヽ      \
     /__    /l/`ー … ‐-  ___二  |    / 二>
     /  `ヽ/ 〈_ `''ー- _  / l \ l /  i´
      i, ―-、/ \` , (_7 ,...、   |__> /⌒|     ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | /
      l   f゙⌒ヽ "'‐ 、 、_ゝ_ノ (_) (/ ヽl.  _」     .三                         三
     レ'⌒、|    \  `ー-、  ̄ 二才  ヽ/ 」      .三 この動きの調査が目的になります。  三
     /   _」      }     ハ_」 ,._」   ヽ/ヽ    三                          三
.   /__ /  \    |   / / //  \    ト'⌒i    /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ
   /       ヽ   |  //‐イ     |    |/ハ
.  |        |  /-r=仆、    ハ ̄ ̄l  レ1,、 \
.  |  ト、 ハ、 ,个| ト冫     `ー-=/ \_」ト、 | |l レ'⌒}
   l/\ハ l  ト、 | | |、       /  \/ ̄` 、 |_|l ∧`i |
   ヽ|ヽ|ヽ、 | | | |ノ |       /     |    ヽ | ./| ト、 |
   ハ ヘ \ \|| |  |      |    |     |:l/|| | |
.  /  \l\|\| |ノ |   |    |_ -ー┴――;┴-、| |/| /
  /‐- 、二\\ \二lフヘ.   |  ̄ ̄ >――――‐t l/
 |    /  ̄ ̄ ̄ ̄|   |    |.     |        |
 |     |         |   |    |___」_          |
.└- _」______」.. -┘          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ______          ____    ___________,          _______
_√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z______√ ̄ ̄Z__√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Z______√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


361 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:04:33 ID:FZu4eDdI

                 __,、__,、__,、ィ‐r=;、
            ,  __f〆.::::::::::::::::::いゞソメ、
           / _f〆.::::::::::::::::::::::::::ゞ='´:..\
           / _f7.::::::::::〆^ー'^ー'⌒'⌒'⌒ーヘ、
           'ィ=={f7==、〆  '    /      ヽ \
         /〈:{_,ィ|:ト、ヾヽ  |    |     |  '  ヽ
      /  7:/|:ト::ー':/  ;/| |  | |      |   l     ,
     /  /:/ |:| 丁   / l l  | l       |   |     l
      /   /:/.  |:| |  |ト、 l '、 | ヽ  ,  l  |    |
.    /  /:/l  |:| |  ト、_`ト、 \ ヽ ゙,   /  / /    |
   /  〈:::{ |  |:| |  |弋> ミメ、\ |  /  / / / , /    「撃退の方だけど……
.  /    ヾ | レ .|ヽ l ミヽゞ'ノ'ヾ   |/ ∠厶 / / /     阿蘇市には自衛軍が沢山駐屯しているわ。
  /       |    | \          斗.,テミ、/ / 〈
/ト、   イ  /|    |             `ー'イ/イ |||      中型が多かった場合は速やかに転進。
  ヾ:..、 l::{ // l     ト      、   '    / /|:l  ||      自衛軍に任せちゃう事。無茶はしないでね?」
\ト、}::ヽ|:::∨/  |    | \    ``;'   {{;;;;;;;;;;}}==┘.
::::::::::::::::::::::::〈.   l    |___\      <|   |     `                     ヽ | | | | | | | | | | | | | | |/
::::::____:::\ ∧  |::::;;==≧ー<   |  /                          三               三
/, ――― 、く::::::〉、 l{:{.::.::/;小`l:l    |  /                               三 「「了解!!」」  三
                                                          三               三
                                                          /| | | | | | | | | | | | | | |ヽ

                                  ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_______________________/ ∨






           ____
         /      \
       / ─    ─ \
      /   (ー)  (ー)  \
.     |      (__人__)     |     「目撃された中型はなんなんだ?
      \     `⌒´{{;;;;}}==┘     ミノか他のかで随分変わるんだが」
      /     ー‐    \
                                    ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
                                    三                 三
                                    三 あ、す……すいません  三
                                    三                 三
                                    /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ


362 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:04:56 ID:FZu4eDdI

      /       ヽ  \:::::::::::::::.'.  ';
     /  l |           '.::::::::::::::|   '.
     .′  | |      |     |::::::r=x=、  、
      | |  | 八     ||  |l ト、||:::{}::||、  \      「目撃されたのはキメラよ。
      | | ヘ≧ミ\   斗キ三从 l| | |レ八ソ \   \
     lハ  lハハ ヽ /〃fで下jノ| | `r=x=、  \   \    皆も頭に入れておいてね」
      ヽ\〉 ゝ'    ゝ- ' / /|レ ||ソ   /l   /
         | ∧ 、     {{;;;;;;;;;;}}==┘〉   / :|/ . : :          ヽ | | | | | | | | | | | | |/
         レ ヘ  ー     / |   |__  // . : : : :          三           .三
         /  丶_  <_/,  /..:::::.` く : : : : : : : :          三 「了解だお」  三
           /   /    ヽィ{}ミ∨ l::::::::::::::::::...\ : : : : : :          三             三
         '   /    /{{ノハ∨  ,|::::::::::::::::::::::::...\ : : : :          /| | | | | | | | | | | | | ヽ



                                              .. -― =-</゙>'ヽ
                                           rl" !'´  ´    `ヽ! |  ヽ
                                           l !'     、     \!   ',
                                          .|'  l ,!、  |-- 、 ',   l|    l
                                          l i  !,'/.、 ! z=s、::. ,.!.l.   |
                     「うー……                     |' | ::l' r=.、 ヽ',. !イi:::i:::l' i.|    l
                         いきなりミスしてしまいました。      .l ';::|. !i!:!:i   丶-'!:/-=!    |
                                          |  ヽl.i,,,゙‐' '   "゙ '!l' |::    l
                         ミス一番乗りです」             l   ::::ヽ  ......-. .イ> "ヽ.    |
                                           |   ::::| /´ ! | X /l  01.!     l
                                          .l   :::::l_!  | 'L/´, | '´ ̄.i    |
   (⌒ヽ            _
   \ )        ,r=={薔}ー-、      / j
           〆/ ̄ ̄ ̄`'┴-、  (_/
       __f7∠ /          \
       |「 ̄ノl|_〉)// /  ヽヽヽ    ヽ
\lヽ.     ||//人ソj | |     | | i .} }ヽ |        「こらミクちゃん。ソンくらいで落ち込まない!
:::::::::::Vl  く/l_|| ||斗七\  |メ、|/| j }|         初めての実戦なのよ?
:::::::::::::::i∧/ /从|ヘ/ /⌒ヽ\ソ⌒ヾ〉/ /,イ
:::::::::::::::::::/ / |  | |/ _ヒ)   ヒ)_厶'イ|/         どうせ始まったら、
::::::::::::::/ /  \\> r─‐-、 θ┘ ト、  /|/l/. もっとバリバリ色んなミスするんだから!」
:::::::::::/  /   /ヽ \ーゝ__ノ,イ ∠r‐-、 V:::::::::::::
 ̄`フ ./ /:::::::::::\K/||\>::|/::√  }  \:::::::            ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
  / ,イ  〈::::/了ミy'⌒ア  {:::::ヾ::{   ト、  |::::::            三                   三
                                        三 「「バリバリやめてッ!」」  三
                                        三                  三
                                        /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ



364 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:05:41 ID:SU5LINE2
やめて!



366 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:06:00 ID:FZu4eDdI

指揮車からの作戦説明が終わると、
やる夫とやらない夫は頭の中で作戦をシミュレートし始める。


   "'" .      .                       (○)
       "'"                     "'"       ヾ|〃
 "'"             "'"                "'""
`',:'':'`::;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,





     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)     「キメラか……」
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

                                            .        / ̄ ̄ ̄\
                                                  ./ _, 、_ \
                                               /   (●)  (●)  \
                                               |      (__人__)     |
                                         「……」     \    ` ⌒´    ,/
                                                /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                                               /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                                              /    / r─--⊃、  |
                                              | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


指揮車の横をウォードレスで駆けながら、二人はキメラへの対処と、
今日一日どう戦っていくかを考え始めていた。


367 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:06:19 ID:FZu4eDdI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キメラは、ミノタウロスと同じく中型に分類される幻獣だ。
胴体前面に3つ、後方に1つ、計4つの頭を持ち、1つの頭に3つの目を持つ。



                      ,、-‐イ ̄`ヽ、    ,、‐'´  ̄ ̄`'''‐┬-r──‐-、
                    ,、-''´   /  `ヽ\=、/       r‐、 |  \    〉    _,-‐'' ̄{二二ニ‐-、
                   ヽ    /  ==    ,イ        `‐' / 、 ,>r‐r┴‐‐'''"´ /          \
                    \ /        / |         / `´|   ̄      !           \
                     `ー─‐、 ∵  ,イ  i        /    |     ==、  ヽ            >
                          /`'"´| |O ヽ リ   ,、-'´  〇  \         \     ,、-‐'''"~´
                         /f⌒! /┤  ヾ、,oイノノ 〇     ノ\ ∴-''T7~`ヽ、,   ,、‐'
                        /⌒!,ノ/ ヽ、  ヾY二シ       /lン‐`‐/ ,-、ヽ    ` ̄´
                       /   レ′  ヽ!  `r'´    ,、-‐'/,/ヘ   ∨-、ヽ!
                       レ⌒! /    `ヽ、__i__,rイ彡シ‐'´// 〉  /´ レ/
                     /⌒!i/        ヽ、」,工[_,、‐'´_// ト、/⌒!∨
                    ノ,,_  レ′     ,、‐'''"´|ヽ   ,,r─''´ /´ス /´  レ′
                   ,ノ-、. 〉 〉     /    | /〇 /  r'"´/ ├-レ⌒! /
                ,r‐''´  〉〈 |/      レ‐┐   YO /  ∧  i  レ'´-、 レ'ヽ
               /┐   / /      /  `ー┬'十‐〈  />┤,,ノ‐'´  レ' ヽ |
              /_/ ┌ レ′       ∧____/ヽ、 ヽ__/''´  /    /   i ヽ
            /      ノ        ,'     └┤      /       ∧   | ヽ


ただ、この幻獣の特徴は、その不気味な見た目ではない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


370 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:07:08 ID:FZu4eDdI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キメラはゴブリンのような俊敏さも、ミノタウロスの様なパワーも持っていない。
そのため、歩兵としては割と対処し易い相手だったりもする。


┌─────────────────────────────────┐
│                    ガー  ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/  |
│                     三                            三 │
│                     三 ……クリアー。キメラ7って所だお。 三 │
│                     三                            三 │
│                     /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ  .|
│           / ̄ ̄\   て                               ピー │
│         / ノ  \ \  (                                  .│
│         |  (●)(●) |                                    │
│.         | u.(__人__) .|                                    │
│    r、      |   ` ⌒´  .|                                  ......│
│  ,.く\\r、   ヽ  {{;;;;}}=┘   「キメラ7体この時間で屠ったのか?      │
│  \\\ヽ}   ヽ     /    相変わらずとんでもねー腕してんなお前さん」.│
│   rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ                               .│
└─────────────────────────────────┘



しかしキメラは非常に射角が広く、かつ超射程なレーザーをその身に宿している。



                                            ,. ‐''7"ヽ、,.‐" ̄`''o┬、─、
                                            < / = ,イ      ノ >┴'7 ̄iニ=-、
                                            `''''7-''i! ! ,,   / "ゝ、-〈  〈   \
                                              ,'=レ'!,゚ヾvィッ‐'。 ゚ ノ,,\,.,rTi--'''" ̄`
   //  /_,. -;=''" _,                              /ヽノ `i、'r'" rt''''彡'〉 くヘ〈,
  // '-'"`" -‐ニ‐"___=__---                          」^、ノ   '┼t'i"L, ‐''ニ ト/^レノ
:/レ    ____-__-_  i`''-w´ヽ ゝ,√"´\        /`''-w´        /,〉レ' , ‐''"|〉o /''"ハ"ト,/⌒iハ
.,/′          :    ̄/ゝ ̄ ̄ ̄ ̄ゝ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄    .,‐i''´ -レ' ノ-i__i.o〈 /| レ'へノヽ!、
ヽ  ヾ  --_--_-     三= ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、 ̄∟/ ̄ヾ_/ ̄ ̄   .//  ノ  ∧_人 `'''" /   /ヾノ ヽ、
 ヾ\\:  \,. -;=''" _,.-;-                            /  ,-'   !,_ '-|    ノ  リ /|    l
   . \ |\  :: |i''-'"`"                          ,ヘヘイ 〉   / `l  !  ノ // / i ┌--、|
                                     ノリ//ノフ  -=┤r-、r'`テ' /  ` /  ヽ   ノ
                                    ,i/ソソ レ   /ー-'/" ,ワクヘ/Y  ∠',/'◇'ヘ二=-
                                      //     く__,,/   ノ// ハツ    |   〈


対支援戦闘車両として無類の強さを誇り、ミノタウロスと異なる点で面倒な相手であった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


371 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:07:48 ID:FZu4eDdI

やる夫は瞬時に最善策を構築し、マイクに向かって語りかける。


                                               / ̄ ̄ ̄\
                                             / _, 、_ \
                                            /  (●)  (●)  \
                   「……こちらやる夫、やらない夫。       |    (__人__){{;;;;}}=┘
                   先行して偵察を行う」              \    ` ⌒´    /
                                            /          \

ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
三                         三
三 え……ちょっと危ないじゃないの! 三
三                         三
/| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ


                                                 ____
                                               /      \ ( ;;;;(
                                              /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                            /    (─)  (─ /;;/
                                            |       (__人__) l;;,´|
             「虎の子の戦車が奇襲で壊される方が怖いお」   ./      ∩ ノ)━・'/
                                            (  \ / _ノ´.|  |
                                            .\  "  /__|  |
                                              \ /___ /

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ー)(ー)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ     「人間より、戦車の補充の方が難しいからなあ……」
.  |       nl^l^l
.  ヽ      |   ノ
   ヽ    ヽ く
   /     ヽ \


372 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:08:32 ID:FZu4eDdI

' /     ::::::::::::::/ /   '"´     ,  /      │   ゝ
/     ::::_::..-/ ィ  /          /  i    |     l
;、‐"~ ̄`ヾヽ ,'  // /      / .イ::|   ′  / '   ヽ '
 ,,z==ミ、 Ⅵ/ // - .. / /// |::|i /    ' /  |  ! !
/厶r‐ヽ ヘ Ⅴ:::: /':::::_..-::': >< /    |::|/   / /,   i  | |
) }   } } }}   |,.イヽ:`:<_ /\    ' /    ' //:::  '  | l
l>、 ノ.:/ ノ}     |  >イ 、\ \ / '   //_/:::: /   | ′
\:.:.:.:/   ノ.     i  {弋:jiハ ヽ, '`  ,.イ'イ /::  ,    //l/
:.:.: ̄   ../        ヽ` ゝ- ' ノ'i/ . イィ,=.ハ/:: /   //
 >r-‐''´::::          ̄  / ´    fヒ7/イ    ,イ
 :/ ::│::::::                     `' イ::/  //     「人より戦車だなんて……
, '′::│:::::.                     ,レ' .. イ j/      貴方ちょっと聞き捨てならないわよ!」
  :::::::::::::::       ,. - r- 、      / /´/ ' /
. ::::::: \ ::::       /    \.\_ _   /..イ´
ヽ:::::::::::: ゝ::::.     ト、     |::::>'´  イ´. | |
三\ ::::::::: \:.    ヽ ,,,_ _|/ _/    |゙|
三三\::::::::::: 〉、     `{{;;;;;;;;;;;;;;;;;;}}======'┘
'二二二ヽ::/ j::::>   ` ̄フ,""′/  /
                                  ∧ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_______________________/ ∨




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)   「まったまった。銀ちゃん。
  |      |r┬|}      軽口じゃなくて現実だよ」
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く / ̄ ̄\
   |.   ミ / _ノ  .ヽ、\
    |   ミ.|  (●)(●) |
          |  (__人__) .|    「それに、索敵慣れしてない戦車に索敵を任せるより、
      ミ |  . '´n`'  .ノ    俺達がやった方が危険は薄いと思ってな」
      ミ .ヽ .  | |  }
         ヽ.. ノ .ュノ
.            / { ..ニj、              ヽ | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |/
.            |. | "ツ \            三                              三
.            |. | .l  |ヽ、二⌒)           三 レーダーも倍率のいい双眼鏡も無いでしょ? 三
                            三 許可できないわ。         フンゴッ     三
                            三                               三
                            /| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |ヽ


ただ、兵隊としての最善策は、水銀燈の不機嫌そうな口調で却下される。
同時にマイクにノイズがザッと入る。水銀燈の、荒い鼻息が原因であった。


374 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:09:06 ID:FZu4eDdI

優しさベースの命令に、やらない夫が苦笑する。
やらない夫の望む彼女らしさがあって、それはそれで嬉しい。



         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)
        |      ` ⌒´ノ   「……へーい」
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |



だけれどもここは戦場で、ここは彼女の優しさが不利に働く場所である。
やらない夫は少し瞳を瞑った後、やる夫にぴょんと向き直る。



     ./ ̄ ̄\
   /  ヽ、_   \
   (ー)(ー )    |
   (__人__)       |   「……」
   .(`⌒ ´      |
    i    .ミ/ ̄ ̄\
.     i   ミ_ノ  ヽ、  \   ,.:┐
.     ヽ ミ( ●)( ●)   ..| / |
.       (__人__)     |./   /
        i⌒ ´ .r-、  |/  /   「やる夫。お前の勘はどういってる?」
        {     ヽ, ',. .,/ :/',
        .ヽ   .|  l_/_, -‐、',
         .ヽ . |   / , --'i|
         /   {  V , --ヘ

                                                    ____
                                                  /      \
                                                / ─    ─ \
                                               /   (ー)  (ー)  \
                           「ん……。暫くは大丈夫そうだお」 .   |      (__人__)     |
                                               \     `⌒´    ,/
                                               /     ー‐    \


375 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:09:37 ID:FZu4eDdI

やる夫の勘は良くあたる。
まあ大丈夫かとやらない夫が笑うと、やる夫が咎めるような声出した。


   "'" .      .                       (○)
       "'"                     "'"       ヾ|〃
 "'"             "'"                "'""
`',:'':'`::;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ⌒)(⌒)  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/
.   |        ノ l;;,´   「オーケイ。
    |     ∩ ノ)━・'     暫くは銀ちゃんに付き合うか……」
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


                                                    ____
                                                  /      \ ( ;;;;(
                                                 /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
                                               /    (─)三(─ /;;/
                          「……リスクは増す。              |       (__人__) l;;,´|
                                  いいのか?」         ./      ∩ ノ)━・'/
                                               (  \ / _ノ´.|  |
                                               .\  "  /__|  |
                                                 \ /___ /

      / ̄ ̄\
    /   _⌒  \
    |   (●)(ー)
    |   ⌒(_,,人__)
    |   ∩ノ |;;;| }   「いいんじゃないッスかー?」
    |  /_ノ"' }
    /ヽ/  /    }
   (  ヽ  /_ ノ
   7.ヽ__/   \



377 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:10:00 ID:KuEL4svI
やる夫の勘もすさまじいなあ



378 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:10:24 ID:FZu4eDdI

やらない夫は軽く笑い飛ばすと、キザな台詞を口にして、




             / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ⌒)( ⌒)  |
           (__人__)      |    「この戦場の主役は俺達じゃない。
            l` ⌒´    |
           {         |                    違うか?」
           {       /
       _. -: ´Λ     _.へ` 、
      r<: : : : /:|: :、  ̄r'    \ :\_
    /: : :l : : : : : :\`IエL>、    >ヘ::Λ
    |: : : ト、: : : : : : : : : : : : : `ー/ : : V |
    〈: : : :::: _ -¬--―-、: : く:r 、: : : V }
    /: : :_ン´: : : : \ ,___, ィ ): : :`く : : : ヘ|



                                                     ____
                                                   /     \
                                                 /_ノ  ヽ、_   \
                                                /(●)三(●))   .\
                                                |   (__人__)      |
                                                \ ヽ|r┬-| /   /
                                                /   `ー'´      \


聞いたやる夫が、今にも唾を吐き出しそうな顔をした。


379 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:10:45 ID:FZu4eDdI



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘




381 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:11:39 ID:FZu4eDdI

戦車が、勢い良く街道を走っていく。
対向車は一台もおらず、戦車は自由にスピードを出す事ができた。


           ,,::''"                 :,     "'''         "'"
                               :,           "'""
                                :,  "''              "'"
                                :,      "'""
                                 :,         "'''      "'"
                                  :,
                                  :,  "'""
                                   :,          "'''    "'"


      ,.,  ,..  i     ;(. ´;,. ):. ;.)  ,  :.   ;,. (:.   . ,   :.)
      .;(..       i  (::.   ;,. (.:.       ',  ´⌒ :.);   ,. ):.
    ' (´⌒.:)   i  .;(..   ,,,...., ll      ',    ⌒`;,. ):.   ;) .,
 ' . .(:; .      i .,.(.,. .(''、, )|   ,.-+、_ ',  `;,. ):. ;).,.
 .;(. ´;,. ):. ;)   j, ___`tニ'',ョrュ__"'j"i''゚三ヽ  :. :;)
.:(:: .   ;,. (:. ;.   キ'´"'''- iニiニニ}_ロ{ー‐,;:::j==l~i ̄ ̄|,, :. ;)   ブロロー
(, ,;  ;,(⌒_____i「「「゚l "'ー 、" ''- 、,ー―‐冖,.,`, ー‐┘,;Oo `:;)
;,(´;,:.  ,   i ヽ、 _i_io゚、i    "'iー―‐i ̄~,´´"( (_,.-'''"i''", :; :. :;)
,;  ;,(⌒ ; i 、,, "'-、ヾー、'' .,_  |    |__ヽ.,,,,..:´~_i   : |`\.:(:. `;,. ):. ;)
,.(´⌒;, ;(:, └、"'- 、 "ヽ `゙゙゙ ̄"'''''''''''::::::::::::::::::,,.,,,,,,,'''' ̄==  \(´⌒ :.)
;, ,  (:;.   '. ',   "'-、ヽー―‐__       n ` ゙冖",´, oヽーー_ヽ、 `:;)
, :(  '  (:;  ;` 、i    "'-、ー‐ ゚゚ー ',ー――――――――':,ー ゚゚‐‐ヽ、⌒;)
..,;(´⌒;,. (:    . ,;` 、i   ij:):======:|∩_________∩ |======:', ;, ):)
(, ,;  ;,(⌒ ;,   (´;,:` 、i_,/ー――‐┘   〃       〃   ノj____,j ⌒.,;,)
   .;(:; ,   ;,. (:. ;. ⌒.:;}≡≡≡}ー―――――――´..::::}≡≡≡}, ,;)
      ,.,,(: ,;   ;,(⌒ ;,;/≡ニ≡/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`..::::::/≡ニ≡/ ,ノ
          ' ''  ''   ''ーーー ´...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ーーー ´


疎開で人が減っているのもあるし、幻獣出現の情報を得て、人がこの通りを避けているのもある。
ただ、誰もいない車道は違和感があり、なんだか不気味な感覚を与えてくるものだった。


383 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:12:36 ID:FZu4eDdI

翠星石が、やや上ずった声で2人に聞いた。


                _
        __...-‐ ニ ..._ ニミ 、
     ...ィ ※ ̄  ※ `ーミ、.\
    // ___彡=ミ、__. ゚  ヾ、 \
   〈: : {/  /  / ` ー.、ヽ ※ ヾ  ` .、_
   ∨j′/  / /  j }, \ 、 ` .ヾ、  /
     ソ / / .{. !  //:ハ l ヘー.、゚ リ: :/
.    !{ ' / ./{ l ///ー-l ! ./ ゝ{  .|lイ
.    !|} |:{ ./_ '{ /.イ厶xz:}' / ./{:{ ※}}|   「何か見えますか?」
     '{.!}.レ忘`∨  ゞ=リ//:}.{{ .〃|
.     {{ .ヘ''  '    "./イ/ィ j {l  {{ :|   っ
    (( ※.ゝ 、 -   イ }八!{  }}:リ    っ
      j}}ュ_ノ):.`ヾミェ<   弋-:リ※jハ、  っ
    /:/:.:.:.:.ヽ_,、ミ、 >- 、_才〃 .jjハヽ

    【翠星石:1号車運転手


作戦開始から30分経つが、まだ1匹も幻獣は見えていない。


                                                 ___
                                                /     \
                                              /  ノ '  ー‐ \
                                             /  (●)  (●)  ヽ
                         「何にも見えないですねぇ」    |         '       |
                                             ヽ、    ‐‐-‐    /
                                              /             \

                                            【できる夫:1号車機銃手
.ヽ    , -‐―" ̄ ̄ ̄`―--、__      )
  ` y‐"´     、         ``‐、  /
  //,  i   ノ, lヽヽ、    、   l  、 l,,/
  i'//l  | /λヽヽ、ヽ _,-‐ヽ''"!  i |
  l| l 'i ‐-/イノ‐ト ヽ、ヽヽ ._,=-t'フ   | |
  l,| | |l ノニ-y--、ヽ `ヽ /'i,,,;;;,l/ ノ  l l
   ',l lヽ、ヽ` i..:::l  ヽ    ̄ // , //    「同じく」
   ヽl', `ヽ_ト ̄   、     ノl /,-/ヽ
    ノ l li lヽ、   -   ,,,,,/-‐''''""''―-、
    /  ,ヽ',   ` ‐,- -‐''"~~~
,,,,,-―''"'')`iヽ}、-‐'"ヽ、  _, -‐'"~ ̄'/ヽ
     ) )/'´ ,--、 >' lヽヽ、    ) ノ
>'´ ̄"''"(~/ _  ̄`Y l | > ヽ   (`/

    【蒼星石:1号車砲手


翠星石の心では、出なくて良かったという気持ちと、幻獣が隠れているのではないかという不安。
双方絶えずせめぎあっている。


385 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:13:33 ID:FZu4eDdI

できる夫が、ふと思いついたように声を出す。


                                                    ____   ,
                                                  /     \  -
       「……そういや“三郎”ってラーメン屋、もう行きました?         /  ⌒   ⌒\`
                                               /   ( ●)  (●) \
        エリートヤンキーが始めたラーメン屋らしいんですが、       .|      ___´___    |
        流石ヤンキー。まだ疎開もせずに営業しているらしいですよ」   ヽ、    `ー '´   /
                                               /          \



翠星石は硬い声で頷いただけ。


  /※/: : : : : : : : : : :.l: :.l: : : : ヽ、 \
 ,' /: : : : /: : : : : : /:./:..:l: : :.、: : :ヘ /
ー{/: : : :./: : : :/:/: /,':./: : : :.'; : : ハ´
. !:l: : : : :.l: :_:_:./ ;//:/_ヾ:_:_: :.l: : :lヘ
..l:.l:l: : : : lィ-ィョュ、  /; '´,.xュtヾ: l: : :l }
.l: ト'ヾ: : :ヘ`弋 ノ /   弋:リ' /,':..:/
.!: l   `ト、:ゝ       '    ,.イ:/     「そうですか」
l: :l ※ l: :ヽ、    -    ,ィ- ' l:!
l: :ヘ   V: : :.i>   , . <: l .※ l:l
!: : ヘ   'ィ'´ヽ、_  ly-、: :ヘ   l.:.
rt_, ィヘ ※ l   ___Y´   `ヽ{  /∧



      ヽ三三二ニニニニニ二二三三三三三/
      Y´::.::.::.::.::/:l::.::.::.::.::.:\::.:`ヽ::<三/
.      ,'::.::.::.::.::.〃∧::l::ヽ::、::.::.ヽ、::.`、:l:T
     |::.::.::.フ7¬‐、ヾ、:\>、:|-ヘ::.::.}::!:|
      {::.::/代了圷ミヽ. \行‐t予l:ノ/::|
        !::.::.::.:| ゞ-'′  \  辷シ '/:/::./
      |::.::.::.:ゝ       ,       厶ノ::.;′   「無駄口はよそう。
      ヽ.::.::l|ヽ、    r-、     /::.::/          敵は出てないけれど、戦闘中だ」
          \:ト、:j> 、   _,.ィ:´::;:l:: /
            ヽ ` ,.イ `¨´ ト、レ'|/ |:/
           __,. '´_>v< `ヽ、′


蒼星石は、できる夫に鋭い視線を飛ばしてきた。


388 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:14:06 ID:FZu4eDdI

そして2人は黙り込む。



    く        ,.-────-、、、/
     \   ,..:´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
       `y'´.:.::::::::;ハ::::::::::::::::、\::::::::::::.:\
        /.:.:::;:::::::/.:トト、:::::::::、::ヽ::ヽ:::i::::|:|:::|
     /.:::::;::l:l.::::/:ハ::! \::‐ト‐ト-::|Vi::::|:|:::|
     ,':/ :::l::l:l:.:/;/-‐';|  `,.ィr==ァリ':::;::;:::l
      |,' |::|::|:|/:/rテテミ   _7込シ /.:://:::l     「……」
     |  |::|::|:|::::,弋zソ  .    ゙゙´ 7'´ ̄ ̄`ヽ
        ヽトト|.:::ハ    '_ _     /:',      ノ
.        ``|.:;'l::::ヽ、       ..イ::::ノ ,...--..、ヽ __ノ⌒ヽ
.          l/ |.:.:::/l:::>ー <__/´ /.:::::::::::.:.\    ノ
.            |.::/.::レ'´ ̄`7l/ /.::::.:.::::::::::::i::::.:.\ 〈_
.            |/ (__   ,..ィ介ト、!.::::.:.:.:.::::::::::l:::::::.:.:.\



     /  / / t米く _,_-ァ、_,`ー^ー=、′ ヽ
    rく    {ノ   , -ァ':´:/: .:.}: : l: ヽ`^:ー、〉
    ヽ _  j 、n, ノ: :./ /:.  :./: :/: : :l: :  : ヽ
        ∧{r米7: :./ :/:.  /: :イ: :/: }: : . : : l
      l: :ri `'/| : :{ /:. . /ィ/ /:イ: :ハ: : :. : |
     l: : } ィ {: | : |!:ァ‐<´  /' //  V: :| : :l
      ! : :{l  l:.j:. :l{7テぅト ン/´,≦二 }:..:}: :/
     l : : ハl トヽ、:..:l 辷ソ     伀リソノ:.ィ:ハ{
    j:./: : :.{、 ヽ\ヽ`_    〉 `^イ彡 ′      「……」
    //: : :.:.:.:ヽ 、n,ヽト ̄   ‐,- , イ_ l}{
.   //: : :.:.:.:.:.:.:{l=米ァ,}-`、 __ ...イr米'l}:|:l
  //: : : :.:.:.:.:.:.:_{l`′l   >く_ヽ:{  ´l}: l:.l



そんな2人の沈黙に耐えられないとでも言うように、
できる夫は大きく溜息ついた。
                                                    ____
                                                  /     \
                                           .    /   ノ '  ヽ\
                                           .  / /)(ー) (ー)u\ ハアー
                                             | / .イ    '       |
                                           .   /,'才.ミ).  ⊂つ  /
                                           .   | ≧シ'        \
                                            /\ ヽ          ヽ



                                                     ____
                                                   /     \
                                                 / _,ノ  ⌒ \
                                          .     /   (一)  (ー)   \
            「2人とも、もう少し肩の力を抜くべきだと思いますよ。    .|        ´    ij  |
            初陣ではなかったはずですよね?」                 \     ⊂つ     /
                                               /           \


389 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:16:05 ID:FZu4eDdI

できる夫のぼやきに、蒼星石が漸く顔を上げた。
1ヶ月ぶりの実戦に、なんだか新兵みたいな気持ちになっていたなと苦笑する。



    { /   , -‐ァ===‐- .._   ヽ ∨
    \/  /   /, {     `ヽ  !
     , '   , '    // ハ   |  ト、 |
   /   /_, / //∠=ヽ、 }   lハl
    l / { ,ィf´ ノノ 7f_j`ゞV   } |
   j∧ 「{kツ     ゙ー'  /   ,′i   「そう思うけどね。
      ヽ{   `    u. ノ   / /     そう簡単に抜けるものでもないな」
       八   ´`     ー=イ  fl /
      ハ\     ...::::::|  jハ{
        \{` ー‐、.:::::::::::| /
           `    」::::::/j /\



翠星石はやや不満げな表情を浮かべた。兵種が変わればやる事なすこと全部変わる。
緊張するだろうと思うのだが、できる夫はしれっと自然な笑みを浮かべていて、腹立つ位に余裕がある。



         _,. -ァ――‐-- 、_
        / ノ* , - '^⌒"´`丶、
      / ノ  r'´         ヽ
     /  ノ * ノ    /   ,  、 ヽ
    ./   l  l  //  ,  /,  jl i  ',
    /  、_ l   l l l/_/_,ィ// __ム! l l l
     ̄|`lヽj * 〈 l ,lィ'_.ノ'´ノィ' ,ィリ l,' l l
     ,l l l  { 'l下T::::T' //ナ!;Tリ lj l   「おめーさんの余裕の方がびっくりですよ。
     l l  '、  }、' ト。'ー' ´ , 'ーイ /リリ
      l l  ヽ* '、ヽ',""    "ツノノ      なんでそんなに落ち着いてるんですか?」
    l l l  {  ヾ>、   ‐_,.ィ"l´
     l l l  入  l^ヽミエ二、 l *l
    ,' ,' / ,イ rt, *'、, -‐ロ‐-ミt  l



                                                  ____
                                                /     \
                                              /  ⌒   ⌒\
                                             /   (● )  (<) \
                「僕ですか?                              |       __´___    |
                                            \       `ー'´   /
            ……まあ、僕はある意味諦めちゃってますので」      〉         ⌒ヽ
                                        .     |          、  \_
                                              !          ヽ   _⌒)

       ,  --=ニニ、ヽ、
.     ∠ -―‐--- 、 \\
     / / /  ,   `ヽ ヽ\
    // , / /  // /,イ   Vハ ヽ
    // // / // / //||l l!  \
   {ノl l| 「Zメ/l// /ム⊥|| | |  /
   l l |l 〈f沁 {/ / ィ汽く l| j ,リ } rく
  N八〉`゙′,   {゙りノ//〃/イ  |   「諦める?」
     jヘ、  _   " 彡'// |l  |
     / / 丶、`  , ィ7´ rク l   |
    厶イ __」二兀//-|-/厂ヽ、 |
   / / l { ´´rク〈 | /´   〉 |


しかしできる夫から帰ってきたのは、その表情とは裏腹の、
非常にネガティブな答えだった。



392 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:17:09 ID:5JcNWmps
戦車兵としちゃ初陣なんだから緊張すると思うけどねw



390 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:16:37 ID:FZu4eDdI

                                          (( (ヽ三/)        (ヽ三/) ))
                                           .  (((i )   ___   ( i)))
                                           / /   ./ノ   ヽ_\   ヽ \
                                           (  く   /(●)  (●)\   > )
          「何やっても、駄目なときは駄目なんだろうなって。     \ `/::::::⌒ __´___ ⌒:::::\' /
          そう思ってますので」                           ヽ|        ̄      |/
                                               \              /



あっさりと言ったできる夫。
そういや彼は突撃部隊出身だったなと、蒼星石は軽く目を伏せる。



   ./:/::::|::::::;ヘ;;;::::: ヘ;;;;::::::::::::;|;;:::::::::::::;::::::::::::::::l;;;;;::::::::::::::;:::::::::::;;l
  /:/:::::;|::::i:::;;;゙ i、;;;::::ヽ;;;;:::::::::;|;;|::::::::::;|::::::::::::::::|;;;;;;::::::::::::;;:::::::::;;;;|
  /;/|::::;;;|::: ヘ::;;;;;|\::::::\::::::::::|;|::::::::;;|:::::::::::;:::;;|;;;;;;;;;:::::::::;;;:::::::;;;;:l
 .|:;| |::::;;;|l:::::;ヘ:;;;;|. \::::\;r::::l;|::::::;;;|::::::::::;;::;;;;|;;;;;;;;;;;::::::;;;;:::::;;;;;l
 |:;| |:::;;;|.|::i::;;;ヘ;;ヘ   ,×、\;;|::::;;;;/:::::::::;;;::;;;;;|;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;:;;;;;;;l
 |;;| .|:::;;|. l::ト;:;;;ヘ;;ヘ/ .,rl' `''|:::;;;/:::::::::;;;;;;:;;;i;;ト:;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;l
 |;;|  .l:::;;| ヘ:、ト;;;ヘ\,ィく. |  /:;;;/:::::::::;;;;;;;;;;;;;|;;| };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 .|;|  ヘ:;;l ヘ.l::lヽヘ ヽヾレ /;;;ィ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;|;;レ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
  ヘ、  ヘ;;l  .リ |l\.   .///;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;|l;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト:;|   「……嫌だね。その考え方」
       \''  ノ  ゙  ´  l:|::::::;;;;;;;;;;;;;;/;;|'|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. ゙
          ゙iヽ、  _   .l:|:::::;;;;;;;;;;;;;/;;;;l .|;i;|ヾ;;;;;゙i、;;;;;|
          .|::;ィ::゙::´   |l|:::;;;;;;;;;;;;;/.l;;/ l| l| ヾ、|.\|
         // |;l;;;::゙ヽ   |;:;;;;;;;;;;/ l;/   ゙  .|、,,_
         /'  .l|ヘ::::;;;ヽ‐'i'|;;;;;;;;/| /'   _;,:. -‐': : :ヽ
            .' ヘ::::;;;;;;;;| |::::/,rl  ,, -:'''´: : : : : : : : : ヘ.
              ヘ::::_;;l-'V/_;,〉'´: : : : : : : : : : : : : : : : ゙ヽ、


393 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:17:25 ID:FZu4eDdI

それはできる夫にとって意外な反応で、思わず問い質してしまう反応だった。


                                                     ___
                                                    /     \
                     「そうですか?                            /  ノ '  ー‐ \
                   結構普通の考え方だと思いますよ?         /  (●)  (●)  ヽ
                                                 |         '       |
                   特に、九州なんかに呼ばれた人にとっては」    ヽ、    ‐‐-‐    /
                                                  /             \

    /  /,.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:\※ヽ
    \ /:.:.:.::/:.:.:.::.:.:.:.:.:.:!:.!:.:.:.:.:.\::.:.:.:..:ヽ ',
     /:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:../.;イ.:ト、.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ
    ,':.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.,:イ:/ ;:/ ヽ.:..:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.'※.
    !:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:/.// //   \:.:.:.:.|:.:.:.:..:.:i
     |:.!:.:.:.:.:.|;∠..-'" 〃゛` ―--\:.!:.:..:.:.::,' }   「まあ、解るですよ。
    !ハ:.:.:.:.:.!   _,,  /   、_    /:.:.:./:/∧
    i! \:.:.:\`=''"    `ー=''イ/:.ィ//:.:.    翠星石達もそう思ってましたから」
       }ヾ、_\   '      //´ /:.:.:.
       ト、※,.>-―…―--<7´※ /:.:.:.:.
       !:.r(´.._'' ¨´ ̄ ̄`¨r-┴ 、  /ユュ_:.:.
       /:.{ 〉ーュ__...::::::::::.r―_`ヽ〈 // {j:.:.



                                                    _____     ━┓
                                                  / ―   \    ┏┛
                                                /ノ  ( ●)   \  ・
                                               .| ( ●)  ,      |
                                               .|           /
                    「ました?今は思ってないんですか?」    .|      '~   /
                                                \_    ⊂ヽ∩\
                                                  /´     (,_ \.\
                                                   |  /     \_ノ


報道では勝っているように報道されているが、できる夫の実感では九州に来た学兵の6割は死ぬ。
そういう身に落ちた人間は、変に期待して生きるほうが辛いと思っている。


398 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:18:54 ID:FZu4eDdI

それは双子にもあった感覚だが、今のこの2人。少し期待してしまっている。



  /: : : ::/: : : : : : : : : : : : :/:/}: : i: :|: : : : :ヽ: : : : : : :V
  /: : : : :|: : : : : : : /: ::/:: / /: :/: / ヽ: : : : }: : : : : : :l
`.{: : : : : :|: : : : : : : : ::/.// /://:/-―--:、; |: : : : : : :|
 |: : : :{: : |: : : :,斗ァ''フ"  /"  //    \ヽ|: : i : : ::|
 |:i: : :i: : :l r彡"´    "   /        }: :ノ : : ::|       「……馬鹿に影響されすぎたです。
 l: i: : { : : l |     __,..    /  ''ェ;___,ェ; /: : : : /∧
.  ',ヽ: : : : ヽl ,r==="         ̄ ̄ ./: : : :ノ/  l       頑張ってりゃなんとかなる。
   \\: : : \        !       /, r '´ }: : :ヽl
   |: : : { `ー >              /{ * }: :  ヽl      そんなはず無いのに、
   |:/: : { __ i/ ヽ             ./: {   }:_:: : : : l     そんな気がしてきちまったです」
.  //: : : :{  "iヽ { :ヽ、    ⌒   /:__ : { / ノ: : : : :.'.,
  l/: : : : : :} r-┘、: ::r`vr‐ -  ´|: : : | _」_{./  ./: : : : : : : '.,
 /: : : : : : : { `ヽ、 ヽ.L._ヽ.    レ'V__ ヽ/: : : : : : : : : :'.,
/: : : : : : : : r ト *|ヽ/ ノ ヽ.'、  / { (___  〕r、_: : : : : : : '.,


             __ __
         ,.. -‐':.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::: 、
       /:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:.::.::.\
       ':.:.:.:.:/:.:.:.:|:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.:.ヽ
      ':.:.:.:.:::':.:.:.:.:.:.:|:.:.|:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..:.',
     .'.:.:.:.:./:.:.://ハ:.:|:lヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.::|
     l:.:.|:.:.レナナ'‐  l:.ト! \:.__:.:.:.:|.:.:.:|
     |:.:.:ィ升Krォァ=、 ヾ!\´ _ゝ_ ` .:, .:.:.,'
     |:.:.ハ:.:|  辷'ノ   丶 イt::_iヾレ:.::.::,
     |:.:.:.:l:.| ::::::        ゞ-' !:.:.:.:.:イ
     l.:i:.:.:.|ヽ.    _  ′ :::::  ハ:..:./   「水銀燈見てるとね。そう思っちゃうよ」
.     |:l:.:.:.|:.:.\     ̄    イ:::::/
     ヾ!.:,|ハ..:.:.|ゝ、  _ ...ィ/:.:.レ:j/
    _ _ _ゞ\ー- 、   |:./レl:.:..:/
   _レーハヽ     ヽォ_ー 、. |:.:/



                                                       ____
                                                     /     \
                                                   /  -     - \
                                                 /   (●)  (●)  \
                        「へえ、どんな事があったんですか?」     |      __´___     |
                                                \      `ー'´     /
                                                /     ∩ノ ⊃   /
                                                (  \ / _ノ |  |
                                               . \ “  /__|  |
                                                  \ /___ /


少し期待してしまってる身としては、彼の感覚。
一度通り越した感覚で、できたら忘れていたい感覚だったりする。


399 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:19:34 ID:FZu4eDdI

翠星石は語っていった。



.     /イ: : /: : : : : : : : : : /: : ヽ ※ ヽ  ∧
    /: : : :./: /: : : : /: :./l:..l: : :∨  ∧  ∧
.   /: /: :./: /: : : :./: /  l: l: : : :l    !   ∧
   /;イ}: :/: /‐-:.// __  l:/!: : : l ※ l     ヽ
  ´  '; l: /,xュ、     `/ヽ!: i: :l    l    /
     ヾ: }{ {,ハ    ,ィチミュ l:/: :.l    !, イ:.l
      :l l:. ゝ'    弋::リ 〉!:/:..l ※ l: : : :.!   「あいつが素人なのは知ってるですよね?」
       i:!八  '      //: : :l     l:..: : :.l
        l:l ※ヽ、-、     /:,:ィ´:!   l:: : : :.l
.       l:l   l >‐‐r‐ '´/´l>、:.:l ※. l: : : : :l
      l:.ヽ   !: ; ィ´!   , イ  ヽ!    l: : : : :l

                                                     ____
                                                   /      \
                                                 /─    ─  \
                                               / (●)  (●)    \
                                      「まあ、見れば」  .  |    ___'___         |
                                             .   \  ⊂ ヽ∩     /
                                                 |  | !、_ \ /  )
                                                 |  |__\  ゛ /
                                                  \ ___\ /
          , :´: : : : :/: : : : : : : : : : : : ヽ ヽ   \
.         /:/: : : : :/: : : : : : : l: : : : : : : :ヽ ヽ  /
        /:イ.:.: : :../: : : : : : /: l: : : : : : : : :.ヽ ∨
.       /i: :l: : : : l:.l: : : : : /: :.ハ:__:l: : : : : : l !
      / l: :.l: : : : l_l_: : :///´ヾ: : l:`: : : :l: l !     「あいつ……
      ,′l:ト、!: : :´:l:l_:/ /  ,ィチ云、!: : :l: :l: l l
..    {  {i ヾ: : : i"{示     辷:リ }: : :.l:/l:/ /:!     九州に来て3日で
         lヽ:.∧ゞ‐'  、      /: : :/ / / : :.    自分の部隊を立ち上げたんですよ」
         / ヾ:∧    r ァ   /イ: /:{ ※ l: : :∧
       / ※ /:`ヾ:>  _ , ィ__l//: :l   ヽ: : ∧
.      /  /: : /: : : :r┤、/  ヽ_:.ヽ   ヽ: ∧


                                                    ___
                                                /      \
                                               /ノ  \   u. \
                                             / (●)  (●)    \
                         「?そんな事できるんですか?」    |    __´___    u.    |
                                              \ u. `ー'´       /
                                              ノ           \

自分の身に起きた、摩訶不思議な出来事を。


400 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:19:55 ID:FZu4eDdI

蒼星石もちょいと語る。



  ∨三三三三三三三三三三三三三三三三三彡´
   ゞ=========ニニ二二三三三三三三/
    /: : : : :\: : : ヽ: : : : : : : : : : l: : ̄:¨¨"=イ"
.   l: : :ヽ:、: : \: : ヘ: : ヽ: : : : : : l: : : : : :l: : :.:l
.    i!: : : :ヽヽ、: ヽ`、:ハ:l:l:ヽ: : : : : l: : : : :.:l: :.i:.:l
    i!、: l: : ヽ\`'ヤテリフi!: :/: : : :l:l: : : : : l: :.l:.:l    「戦車2台付きでね。
    l! ヽ!: :.ノ   ゞツノ/:/: : : : :.l!: : :.: :.l!:.//l:l
.     ヽ:.ヽ      //l: : l: : : l: : :/: /:/!/ i!     そして、訓練期間を1ヶ月確保した」
      |ト、'ー、-、  / .l: /: : :/!: ///.|! |
.       | ヽ!、ヽ´ ,、ィ'´ l/: : :./ |/´/
    r+‐ィ-、ヽ!:l:`´:i!/i  |: : :/'´´ ヽ、
-<二二ト-、二!i!.|: :/|!'´!/!:./     `r‐、rヘ__


                                                 ____
                                               /     \
                                             /        \
                                            /  \    /  \
                                           |    (●)   (●)   |
         「実績だけ聞いてると、とても優秀に聞こえますね」    \      ´   u /
                                           /     ⌒     \




      /  /  ./  i   |     \::::::::::::::\
.     i  .i  .イ i  |    |      \::::::::::::::\
.     ト、  !/ | j!_._|_ ノ      i  ヽ:::::::::::::
      Vヘ !  i'从ハ /        |   ',:::::::::::
     /  ノ  ィ=zミ.V  /    ,'    ',::::::::
      / r '   /ソ ア У./    /     \:::
.     /ノ i     ー''' /イ/     , '       ノ
   ノヘ  !、 _        ,/   /   /    /
     i  ハ         ,/  /    イ   /    「ね。本人なんにもできないのに」
     ヽ{ ー- ,, _  / ./i  i   /从r'´
       \ _____ ノ./ /ーハハ|\ {/
        illllr///イli    \
    ___xェillll//}}}_ノソ r=z=z、 \



嘘だと言われても否定できない、幻の様なこの1ヶ月を。


401 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:20:14 ID:FZu4eDdI

  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  |  やってたのは、ばたばた足掻いてただけだよ  |
  \___________________/


                  ┌──────────────────────────────┐
                  │       -―--{薔}                                    .│
                  │   <ヽ´ニ-――- 、 `ヽ         、__人__人__人__人__人__人__人__人_,    │
                  │  ,<_7,/ /! l ノ   `ヽ ヽ       )                     (_.  ....│
                  │.,/ / i / ト iヽ.ハ  八_ ヾ-、     )  ブルウタアァァァァス!!  (_  .....│
                  │.///i  Kl o混ト ゝノ//i ,ヽrヽ    )                    (   ...│
                  │./〃ト l. u `~´   /乱}ノイハ      ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒   ...│
                  │ i!/{ ヽu _    `u´ ノィ .ハ                                │
                  │ i!',>、__/´ ̄`゙ヽ、 u / ,ィノi!                               ...│
                  │ ト!/ ,つ`ヽ、_ `) ∠ィ '| ′                                │
                  │ ハ._r' `lュ-、i ~Y_,ノ/ |                             │
                  │.ノ゙l/ /7 F`ヽy′ノ_/ /l  !                                 ...│
┌───────────┴─────────────────────────┬────┘
│           _  - ―― 、                                  .│
│          イ.:::::::  -――-\                                     ......│
│       / /.::::/      ヽ  \                                    ...│
│      / __〈::::ノ  {   { ヽ.   } | :lハ                                   ...│
│      /<_ 小、> | \ーヽ \ ノlノィノ |     、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,  .│
│      / </|_」   | f=ミヽ   ィ7| /     )                          (_    |
│.    /      | ヽ  、  ||     || レ'ィカ    )  ヒーローになりませんかー!  (_  │
│.    /      人 \_>  r‐ ¬ィ''〔 ノノ    )                         (   │
│    /   ≧==≧\  \ |  /{ 7 く__つ   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒     .│
│  /  ∠三三三三>ー一'´:.:.:.:..\>┤                              .│
│ ./   / ≧三三了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\| |                                   .....│
│ /   / /三三三∧:.:.:.:.:.:.:>ヘ {仡}:l:.:.:.〉ノ                                   .....│
│;  / 厶ィ⌒ヾ三ニ>=イ:.:.:.:.ヽ |:|:.:.{                                 │
└─────────────────────────────────────┘


                                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                  |  嫌な物は嫌だって駄々こねて、 .|
                                  |  身体動かしてただけだ。       |
                                  \_____________/


402 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:21:01 ID:FZu4eDdI

喋っているうちになんだか、アイツの馬鹿面を思い出し――
蒼星石は、少しおかしくなってきた。



ヽ      /     /. \ \ \\\\\ \ '、
  \ /     /\\ \ \ \\\\.ヽ ヽ∨
   /     /\\.\\ \ \ \\\\\ V
  く     /l ト、\ヽ \\\ \ `x.^\\\ヽ.ヽ ',
   \   /¦| | .ト\\\\\\/ ,. -‐.┐、\ヽ\ ',
.      \/ /.l l//ハ\\ヽ \ヽ `  ィ{:;{i:;jリ.j | | ! | l\}
      ∨| l|l|l,.. -‐\\ヽ\. ′ヾ`ニ′ハl | | |∧|   「でも、結果はこうだ」
.         '、.{. ! | | | _ z.-‐-、          //l l | |  }
         \| i ||弋{:{i:;jリ.j     、     /'./| l | |
          i\l i \`` ‐′   _,.. '    / .| l l¦
          |  |\ \\         /  ! l | ー─--
           i  {   \ \` ー----、‐‐´   / |
.          \__   \ \\,.'´ ̄ `ー 、r′



最後に、その馬鹿に乗せられている自分達も馬鹿だなと軽く自分を笑ったが、



 \::::::::/  /:::::::::::::.... , ‐ ' "´        `\
   \/  /:::::::::::.. , ' ´     l     \     ヽ
    `>'::::::::::.  /     . .l  |  i      ヽ    ` 、
    /:::::::::. /      |  .:::/ /、 |\  , -‐ ! :.. 、 !
.   /::::::::. ,.´:::::::.    | .::// _, V  _メ、_ i  ::: ハ !
   /:::::::.. /::::::::::::::.    |ー≠‐'´__ ヾ、 -≦ュ| ::::::イl l|
   |___」::::::::::::::::::.   .l/_≦==z ヽ  {ミカ ! .::/リ ′
       |::::::::::,:::::::- ' ´ト、 \_弋;ノ      ̄ |'´|
       ∨:::::::':;::::::::::. ヽヽ   ̄     .l  |. |    「足掻いてたら、
       ∨::::::::':;::::::::::. `N    r-─ァ   / i、|     意外となんとかなるもんなのかもしれない。
          ヽ::::::|::':;::::::::::.. ヽ    ` ´  /. / `
         \l、::、':;:::::::::. i     _, イ::;、/      そう思っちゃっても、仕方ないだろ?」
           `l/∨ヾ、:./     l´    V l/
               r-V _    |__
         rニ´ ̄ヾ´    `>、_ソ_`ー一'、⌒i、



できる夫は、そのちょっと歪んだ笑顔を受け止めた。

                                                     ____
                                                   /      \
                                                  / ⌒   ⌒  \
                                                / (⌒)  (⌒)   \
                                       「……そうですね」   |     __´___      |
                                                \    `ー'     /

隊に入って10日。
まだ皆に慣れた程度だが、いい隊なんだなと、その笑顔で実感する。


405 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:23:12 ID:FZu4eDdI

ただ、そんな思いと緊張は別の話。少しほぐれてきた今を見計らい、
できる夫は叱責に聞こえぬよう、軽く軽く注意をする。

                                                   ____
                                                 /     \
                                               /  ⌒   ⌒\
                                              /   (● )  (<) \
             「でも、それと力の入りすぎは関係ないですよ?    |       __´___    |
                随分ガチガチに見えます。               \       `ー'´   /
                                                〉         ⌒ヽ
                  戦闘前にそれじゃ、持ちませんよ?」           |          、  \_
                                               !          ヽ   _⌒)




   /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
  /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
  \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
   `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
    ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
  rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
. / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
/     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
     .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/   「……まあそうだね」
    .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
   ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
     〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_



      Y'´   : : : : : : : : ヽ ※ ヽ  '、
     ∧ /   /    : : : : l : :ゝ、  l.   ',
     /: : /:   / :/ : l : : ヽ ※ヽ  ',
    l: : /: : /: : /: /: ハ :  : :ヽ  {    '、
    {: l!: :⊥、/: : /.:/. /|: : .l   ヽソ    ハ
    .l: |l: :l :トリ_`ー':^/: {、  ヽ: : : | : : |_,..ィ'´ ̄
     人:弋 じぇ、"´   、 `丶、_ヽ.:l: /: : l|:. |
      ム `ト `"'゙      '^ぅテォ-テ/./: /: /l.:..:.|
      ∧ 八     ,    ヾジ /.イ: :/. /: .l : |   「ですけど、こういうのは、なかなか……」
    / こ}※ \__ トー‐、  __ ノ_ .イ//_:_:_l..|
    ノ  匸l/⌒ 、 )ヽ___ノ _ .. イ ̄※ ノ厂兀l.|
   /  て/  ´  ヽ`三/ ┴、 /    ノし  }: : l|
  /    (_{     }{"´  ヽ |〃_. イJ´   l: : : |


軽くでも、注意が伝わったらしく蒼星石がへの字口で髪を掻き上げ、
翠星石が、か細く弱音を口から漏らした。


407 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:23:48 ID:FZu4eDdI



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘




408 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:24:01 ID:FZu4eDdI

戦車が猛進する。


    ヘ l ノ r  ゝYイソ
     ゜ヽYソ   ヾvノ/
      |i|     ||i
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''、.''"""'゙゙''''''''"""'、.""''"''''"""''"""'''''"""''"""""
. ..:.:.  .. . .. .  :.. . .. . ..:.:   . .゙ ..:.:  .. ..:.:.....,.,...:.:,,..,. .. ,.,...,.. ,, ,, . ....... .




                                                    l
                                                    l ≡==-
                                        _                 l ≡==-
                            ━━━==[向≡ヨ             l
                                    ┌─:"l|ェ:ェ:ェ:ェ:ェ          |     ブロロー
                            __,.. -:─'──┸─:─:┴────rli─.─.
  .-:──────‐:l ̄ ̄ ̄l:───;::─l""l      l   :l       `゚゚゚゚ゝ.    l─l─l ≡≡==-
  '─────── '------'───'ー--l_l      l   :l           l::l:ニ;l:l」l, - " ______
                   _.. -─ '''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   _____| ≡≡==-
            /  ̄ ̄ ̄ ̄:l ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ___l
           /\         l      l        l    2       l        l      ロ   / ::ヽ;} ≡≡==-
             /__,,\___ロ__l___l____l______l____l_____/ ( ) ,,l' ≡==-
            `ヽ:: _,.ノ::::::,"::  : `l::::,"::  : `l:::::::,"::  : `l::,"::  : `l:::,"::  : `l::::::,:"   : `l::`ー- '' ≡==-
              ` -:::__::゙ 、____ノ::::゙ 、____ノ:::::: ゙ 、____ノ::゙ 、____ノ::::゙ 、____ノ::::::゙ 、____,ノ /


こちらは2号車。
2号車は、猛進したり突然減速したりと、外から見ても不安定な挙動を繰り返していた。


409 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:24:18 ID:FZu4eDdI

                       -、                .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;
                      -、 `、l                    .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;
              〈`'-ーー-'^ヽ `、l                   ,ー-、            .,,.::.:
               ヽ-''´~ソ /            _,,,... 、     `l、_l    ,,-ァ    .,,.::.:
                  ,/ く    _,,.. -‐ _,,ニ" -‐ ‐ '         .,,.-''/ ..,.,,....::;:;;.,
  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、      _,.r' .,へ `ヽ  !-‐ ''"            r、__,,.-''゙,,.-'´ ...,.,,....::;:;;.,:;:;
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃  =ニ-ー'´  `;、ノ                ヽ_,rー'゙´     ..,.,,....::;:;;.,
     `、||i |i i l|,                            .. ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;
      ',||i }i | ;,〃,,       ト VVVVVVVVノ\        ... .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;
      .}.|||| | ! l-'~、ミ       \            \        .:..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ         .ヽ             \         ..;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ      .⌒≧x   /^^\/ \ \            .. .,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;
    Y:::::::::::::::::::::::::::.i|,];;彡       .彡  〆 ::::::::::::::::::::: 丶 ∨             ..,.,,....::;:;;.,
    i::::::::::::::::::::::::::::=H;;;ミミ       〃 ハ  ::::::::::::::::::::::::::::::Y:i|                .,,.::.:
    {  く;ァソ   ;'' ゙};;彡ミ       イ 从§::::::::::::::::::::::::::::::::: |从         .  ,,..  .,...,,,..,,:
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ |^!,彡ミ.     乂イ§     (__人__)  |         .. .. .,,.. ..;:..,,.::;..,,;:.
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三    / ゚ o     ` ー´ /     :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;..:.,.:...,.,..,,.:.,
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;   /      ∽    ∽      ..: ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;   |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ      :::.. .,.,,.;.:;..,:.:;.:;,.:;;:;;;;;;;;;;;;;;



                                                  /ニYニヽ
                                               / (0)(0)ヽ
                                              / ⌒`´⌒u.\
                                             | ,-)    (-、.|
            「でっていうですけど、戦車の中の雰囲気が最悪です」   .| l  ヽ__ ノ l |
                                              \ ` ⌒´   /
                                             /        ヽ
                                            /           ヽ
                                            |           | |
                                            ヽ_|         |丿
                                              |         |



410 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:24:49 ID:KuEL4svI
何事w



412 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:26:37 ID:FZu4eDdI

出陣以降一言も喋らないチンピラどもに向かい、でっていうが苛立った声を出す。
これでも随分我慢したのだ。でも、これだけ時間が経っても緊張は一向に治まる気配が無い。



                                                /ニYニヽ
                                              /( ゚ )( ゚ )ヽ
                                            /::::⌒`´⌒::::\
                                            | ,-)___(-、|
                 「………お前等、                     | l   |-┬-|  l |
                  しゃべらなすぎじゃないかっていう?」     \   `ー'´   /l!| !
                                            /        \ |i
                                          /       ヽ !l ヽi
                                          (   丶- 、    しE |そ
                                           `ー、_ノ   ∑ l、E ノ

                                         【でっていう:2号車機銃手
  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ   「ム、無駄口叩かないで集中スルッす!」
   レ § u (__人__)   |ノ
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|

  【ギャル夫:2号車運転手


       ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
         ゙、';|i,!  'i i"i,
         ` 、||i |i i l|,
          ',||i }i | ;,〃
          .}.|||| | ! l-'~ 、
          , }||| il/,‐'   ヽ
         /゙'、}|||//       ヽ
        /  -─‐- .u      ヽ
        |  ,-‐Ll ‐-、     l    「何時敵が来るかわからねーんだぞ!」
       /ヽ iil||||||liill||||||||li!=  /
     /'   ( .u. /  ヽ    )))ゝ
    ,゙  / )ヽ ノ(、__,ノヽ / i_/ハ
     |/_/   i -=‐ >ノ /  V:::::ヽ
    // 二二二7─-─´.u' _/:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ

       【モヒカン:2号車砲手


すると予想通り2人は、でっていうの声に上ずった声を返してきた。



413 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:27:24 ID:CJiLxOHM
テンパリきってんのかこの二人



414 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:27:37 ID:FZu4eDdI

でっていうは呆れた目で彼らを一瞥した後、極々当たり前のことを言う。



                                                / ニYニヽ
                                              / (●)(●)ヽ
                                             /   ⌒`´⌒\
                                           /    ,-)   (-、\
                    「…………敵が来たら、戦えばいい」    |      l  __  l |
                                           \     ` ⌒´   /
                                          ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
                                          :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
                                              |  \/゙(__)\,|  i |



                                              / ニYニヽ
                                             / (●)(●)ヽ
                                            /   ⌒`´⌒\
                                          /    ,-)   (-、\
             ヾ`\゜"´〃           .「違うかっていう?」  |      l  __  l |  |  ノ
            ゞ` i l i \//                        \     ` ⌒´   / '´_  '   _,
          彳,   il|.ll !li,'                            ノ   ヽヽ 、  ーーく r'´ r‐' '´
         ゞ 彡, i| l|!li,'                            /´      /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
          イ ヾ i |l|lif  `ヽ                      |    l   /‐''"_, -ヘ|熱血飲料 _|
         /    刈 il|l|{    ',                        ヽ    -一/  ´  _,,厶ヘ ファイト /
        {     从|l|l|{     }                        ヽ __       _,)ヽ___ /
         |  ,>       <  i
        i.   i _ ':, ! ,'__ _ ヽ i
       /云i 廴・ ゝⅤ 廴・ >  i
.      { iヾi u.  ¨ i : ~ー、  i
        ヽ_ i  〃, 、_ _,. ヾ u   }   「……敵が来たら、死んじまうだろ」
        ミi  i rェエエエェj i  /ミ
        ∧, i .|x‐-‐y_| i  /ミ
         ,'', ∧  爻ェェ爻  ./: :}
    .,..<{: :i: : \i ー / イ: :: :ト、
   /: :: :/i: : i: :: : ≧ ≦´ /: :: :: :i: : \



     .ト VVVVVVV_ノ\
      .\           \
         ハ            \
      ⌒≧ /  /^^\〆 、 \
      .彡  〆     \ \ ヽ
       〃 ハ   _ノ   ヽ_\ l  |
      ル从§゚(●) (●)゚oヾ  |   「気付かなかったら……
       .乂§   (__人__)   从イ    その時点であの世行きッス!」
         \   lr┬‐ l   /
         /    `⌒´    \



ただ、喋らせば喋らすほど2人の声は上ずり、次第にヒステリックな響きを帯びてくる。



415 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:27:51 ID:UXigEilI
まあ正しく初陣の新兵だよな。



416 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:28:06 ID:FZu4eDdI

2人は、とても強いとはいえない部隊の出身だった。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ー .._,;ゝ..,,、 `'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l- i、、゙ゝ、,、ヽ、   .i〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;/゛  '"  .,..-/!彡'".りシ',゙_      _..-
    ゙'''-、`'-、  `'-_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ`'ミ〟 `'''.lシ、  .l.;;;;;,i∴;;.″ ,- , ;;ソ」彡"  .,ノ".`--│  _..-'";;;;;;;
      
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ゙〈ヽ、  ゙'、"x. l;;;;;|. ..!./  / .,rシ",il'"    亠    ._iir㍉;;;;;;;;;;;;;;;
...,,、    
| 見てきたんだよ   .|;;;;;;;;;.;_;;;;;ヽ,  ゙'ヘ   . l;;;丶;;;;} `  .,;;ソ゛               ´  /゙;;;;;;;; /
ー 二゙゙ヽ ,,
\_______/`'-,;;;{. `'-、;゙!、   .l-'、.l./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\`¬
..,,..........フ;;;;;;;;`''‐ ,,、             ,゙li/、  `'、.l,    .`'/'
| ゴブリンに、皆が殺されていく所を…… |;;;;
^゙゙゙゙゙゙'''''".'''''.'''ヽ-..;,゙ニ_        `゙゙''''>x, ゙ ll、    .!、
\________________/¬''
             `'''`-ヽ,,       |、`''ニi几     ″|;;'!
..,......xi,            `'''ミ;;x、    ´   .` l、     l、;.lz'ア   .,i;;|lrl!!!!¨'″   ,,,
  ̄  ..,,u..-..、          `''スッ、  y ..、   !li     `l/ l/   ..il′       ,,il'"´
:ニニ;;;;ュix..,,,,,_. .`'s、           ゙''く、 |;,_}   .ゝ    .″,l′.,,         .,.″ .=  .r!″ '.ly
      . `''-゙二;;;;`゙''''、             ゙" ″          iリ.,〃          , .` j,i′         l!
___,________i;;;;;;;;;;;;"― ..,_                       l;;リ"  i、    .,ij" _,/.l_、 ,,irー     .∧ ._.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.xッ----`-=- ..               i|'" -`--ミヽ、..,,ノ;フ'"゙'-ぃ〈 ̄.コ;;-、___,.. -";;;;;~゙ィ
.,ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      ゛      `'.lミ,゙゛      \;;ヽ \ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  
| 逃げた所にキメラがいて…… .|                 !.i''~lュi,,、     ヽ,,,,゙' \ ;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i‐′ 
\____________/               !;ヽ   `'L     ゙".! ! `ぃix,;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/       : _,i〟                _..〟              |;;;;;;;゙''-、、.リi    !>   ゙'i lヽ.;;
;;;;;;;;;;;;./      ,..r/「″         ,,rj″     Y''フ'´  .▽       ,i";;;;;;;;;;;;;;.l'!ミiv 、   ,.l|x,    ヘ.l.ヽ
;;;;;./     .,r彡'"           '!レ'"      .//   .,r、           f'"`''./ ;;;;;;;;\.゙'-、''-..,,,};;;;;ヽ    l"l,
/       ´            、     ,ノ;/    ¨゛
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∨
                  ,,、   ,,〃   .,..;;ニi /       
|  一瞬で黒こげにされたのも、見たッス. |
             ,i彡   /│    ″.,〃   .,i;;   
\________________/. ゙'ミ
               ,iク゛    l";!I ., ―--グ  .n /゛    l/     .゙‐'"     .l;;;;;.l .゙'f、   ゙.lx    ゙'
     .,l    .,ング  ,.  / ;;;;゙‐',,、;;;;.;i′   :!┤ .lL  .`               l;;;;;.l  ゙|''、   . lヽ
     .,l|   ../ ;/  〃  ./ ;;;;;;;;r'" !" .l゙l    : |;;|  `               ゙lュ   !;;;;;.!  ゙'i;ヽ  i、 ゛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


だから、沢山負けてきたし―――
沢山の死を見ていた。


418 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:28:43 ID:FZu4eDdI

あんな風になりたくない。死にたく無い――。
知ってるが故の強い感情が、二人の体を硬くして、


  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ     「幻獣がでて、銃を構えるのが少し遅かったら…
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡      死んじまうんだよ!」
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;



知っているが故に、過度な緊張で2人を縛っていた。



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '田     )  \ ヽ
  〃 {_{    ノ    ヽ_│i|
  レ!小§ ( ○) 三(()) | イ    「俺達は死にたく無いんスよ!
   レ §    (__人_)  |ノ        だったら集中し続けるしかないじゃないッスか!」
  /   ゜。   `⌒ 。゜ ∩
  (愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ
  .\ “  _∞∞  / /
    \。_\\\\/

                                                      / ニYニヽ
                                              r、r.rヽ  / (0)(―)ヽ
                                             r |_,|_,|_,|/  ⌒`´⌒ \
                                             |_,|_,|_,|_,| , -)    (-、.|
                    「ふむふむ……なるほどなるほど……」   |_,|_,|_,|_,|. (^ i ヽ__ ノ .l |
                                             | )   ヽノ |  ` ⌒´  /
                                             |  `".`´  ノ
                                                入_ノ
                                              \_/
                                                /
                                               /













            人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
            )                          (
            ) で?wwwwwwで?wwwwで?wwwwwっていうwwwwwwwwwww
            )            ,rrr、            (
            ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y| |.l ト⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y/つ)))
                       ⊂ ヽ | __ ☆   __  _/ 巛
                /ニYニヽ  ,`ー   \ | |l / \  __つ
                /(゚ )(゚ )ヽ  /|| ,  \.|||/  、 \   ☆
              /::::⌒`´⌒::::\ /  __从,  ー、_从__  \ / |||
              | ,-)___(-、|,/ /  /   | 、  |  ヽ   |l   パァーン!
              | l   |-┬-|  l |ノ/ )  `| | | |ノゝ☆ t| | |l \    パァーン!
              \   `ー'´   /゙─ー`// `U ' // | //`U' // l
                 ̄ ̄ ̄ ./   /   W W∴. |      /
                   /    ☆   ____人___ノ
                              ヾ      ≦ 三



419 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:29:33 ID:Fwb426yw
流石でっていう、そこに痺れるがあこがれないwwww



420 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:30:02 ID:FZu4eDdI

                          でってでってでってでっていうwwwwwwwwww

、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,    デュンッ
)                       (_          ./ニYニヽ 三二                   三 /ニYニヽ
) お前ら馬鹿じゃないかっていうwww(_   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /) 三         三 (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
)                      (   (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i))) 三     .三 (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ ./∠_| ,-)___(-,|_ゝ \ 三     .三 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
                         ( ___、  |-┬-|    ,__ ) 三  .三( ___、  |-┬-|    ,__ )
                               )    `ー'´   /´ 三二          ≡三\  `ー'´     (´
        でってでってでっていうwwwww  /          / 三=     /ニYニヽ.    ≡三\         ヽ デュンッ
                             (          ( 三≡     /(。)(. ゚)ヽ.    ≡三)          )
     、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,    .\ 三二  /::::⌒`´⌒::::\ ≡三/        /
    )                                  (_           | ,-)トェェェェイ(-、|
    ) ゴブリンなんかに殺される訳無いっていうwww(_      i|!   | l  .|-┬-|  l |
    )                                  (.      i|! |   .\  `ー-'´υ/  デョィン
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y       |     ⊂     丿   i|!
                                      デョィン    ノ   γi|!   |i|!
                                              (__丿\ __ノ    . |

                                          でってでってでってでっていうwwwwwwww
  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆  ノ  )  \ ヽ
  〃 {_{  ( ○)}liil{(○)| i|
  レ!小§    (__人__)  | イ━    「な、なに言ってるッスか!」
   レ §  ヽ |!!il|!|!l| /|ノ ┃┃
  /   ゜。   |ェェェェ|。゜ ∩ノ ⊃
  (受\  ∞   ∞  /_ノ
  .\ “  _∞∞_ノ∞/
    \。____  /



      〉从||||iiー''";;;;;;;;ー、リリ
     ,r'~;;;;Lr'";;;;;、 '"ヽ ~' 、ii
     /ソ、;;;;;;;;;;;/:::  ::ヽ:::ヽ
     i/、,, 'ーiii~''",,,、ヽ- 、,,t::::     人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
.     y,,,,='';;'"´ ;;;;;;、r'--ミ:
     t'" ;;;r'⌒''yー'"   ::t     ふざけんじゃねえぞ!
     i ̄:::::ノ'ーイ;;;;,,,,_ー、 彡|i     いっぱい死んだんだ!ゴブリンに、殺されたんだ!
     ヽ、  'r=='"~,,)i'iii リ:j
.       ',  i;;;;r'"~~ リ ソ::/     VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
         i  tー'--,ノ / ,r'
        ,iヽ, 二~-ー, ',、 ':::::
    , r'''~|::::to'''''"o~j";;;、 -



急に大笑いし始めたでっていうに、2人が顔真っ赤にして反論する。
でっていうにはその反応が欲しかった。



421 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:31:05 ID:Vh34tmcA
なんていうか…こういうの見てるとできる夫とでっていうを入れたのは正解だったな



422 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:31:17 ID:FZu4eDdI

本気で怒っているだろう2人に向き直りながら、でっていうは声を高くする。


                                                  /ニYニヽ
                                               / (0)(0)ヽ
                                              / ⌒`´⌒ \
              「俺達が今乗ってるものを思いだすっていう。    | ,-)    (-、.|
                                             | l  ヽ__ ノ l |
               ゴブリンは簡単に鉄板をぶち破れない。         .\ ` ⌒´   /
               戦車は、鋼鉄の鎧だっていう」             /        ヽ
                                            /           ヽ



                                                 /ニYニヽ
                                               /( ゚ )( ゚ )ヽ
                                             /::::⌒`´⌒::::\
               「そして、ゴブリンは主砲を撃つまでも無く、     .| ,-)___(-、|
              機銃の掃射でぶっ殺せるっていう。            | l   |-┬-|  l |
                                              \   `ー'´   /l!| !
              戦車に乗っている以上、                   /        \ |i
              ゴブリンなんて敵じゃないっていう」         ./       ヽ !l ヽi
                                           (   丶- 、    しE |そ
                                            `ー、_ノ   ∑ l、E ノ





                                           / ノ Y ヽヽ
                                         o゚((●))((●))゚o
                                              /:::::::⌒`´⌒:\
                                       ミ ミ ミ  .|  ,-)    (-,|      ミ ミ ミ
   「ゴブリンなんか戦車ニ乗ってたら              /⌒)⌒)⌒) .| l   ヽ__ノ l|     /⌒)⌒)⌒)
   10、20は殺さないと笑われるっていうwwwww   | / / /  \   |r┬-|  / (⌒)/ / / //   バ
                                 | ::::::::::::(⌒)    | | .|  \  ゝ  :::::::::::/      ン
    あんなのに乗る癖にって                  |     .ノ      | | .|   \/  )  /    バ
    馬鹿にされるっていうwwwwww」           ヽ    /      `ー'´     /    /     ン
                                  |     |   l||l 从人 l||l     l||l 从人 l||l
                                  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  -一'''''''ー-、
                                       ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (⌒_(⌒)⌒)⌒))


挑発的な言葉の理由はシンプル。
反発でも怒りでもなんでもいいから、固まり停止している2人に、動力を注ぎ込みたかった。



424 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:31:53 ID:zy46uQcI
戦車だからねw

レーザーや生体ミサイルは喰らうけど

425 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:32:24 ID:RUIlVRCM
拾いもんだな、この二人



426 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:32:50 ID:FZu4eDdI

次第に、でっていうの瞳に真剣な色が宿る。
挑発的な態度が引っ込み、懇々と2人を諭しに入かかる。

                                                /ニYニヽ    /`i
                                                  / (0)(0)ヽ  /  リ
                                                 /  ̄`´ ̄ ヽ|  /
                                              | ,-)    (-リ  ヒ
                                              | l ____//  ,`弋ヽ
                「自分達の装備が恵まれている事を、     ._ \ ` ⌒´.′.Y´  , `ヽ`.l
                      忘れちゃいけないっていう」            ./ :  : :介〈  `ー〈::....ノ   Vヽ
                                           | : : : : ::〈 「`ヽ_ー 、 `ヾ_/ //:|
                                           | : : : : : /: | {::::} フ-、`ー┴‐- │



                                           .       /ニYニヽ
           「戦車が怖いのは――                           / (0)(0)ヽ
                                                /  ̄`´ ̄ \
           戦車が不意を撃たれて一撃で殺されるのは、        | ,-)    (-、.|
           キメラやミノタウロスだとかの中型幻獣だっていう。     | l ____ l |
                                               \  ` ⌒´  /
            だから、しっかり中型幻獣に気をつけておけば、       .,、-='l \_,ン g< \
             大丈夫だ。大丈夫なんだっていう」               ./ \ └〆\ i=i|\' \
                                           丿   i  \ \=i| /  i|



  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,              NVVVVVVV\
      ',||i }i | ;,〃,,            \        \
      .}.|||| | ! l-'~、ミ           <         `ヽ、
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ              </ /"" \ .ノヽ. \
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ              //, '田     )  \ ヽ
    Y,;-   ー、  .i|,];;彡            〃 {_{    ノ    ヽ_│i|
    iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ           .レ!小§ ( ○) 三(()) | イ
    {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ. ……      レ §    (__人_)  |ノ  ……
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ         /   ゜。   `⌒ 。゜ ∩
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三       .(愛\  ∞   ∞  f^ ' ソ
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;      .\ “  _∞∞  / /
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;          .\。_\\\\/



動かなきゃ死ぬという事だけは原理原則だと、でっていうは知っている。
だから、多少煽ってでも2人を動かしたかったのだが――


427 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:33:25 ID:FZu4eDdI

                                                         /ニYニヽ
                                                         /(0)(0 ) ヽ
                                                       /⌒`´⌒   \
                                                      |      (- 、 |
                                                       ト-―――-` l  !
                  「落ち着くんだ。歩兵と戦車兵は違う。                  ヽ `⌒´    / /、
                   戦車のパワーを存分に見せ付けてやるんだっていう」       `rー   /,ノ:::ゝ、
                                                      ,.-''".`ト_,. ィ' ,. -' ,/,.-'":
                                                     ィ":::::::::r'",. -'" /:::/::::::::::
  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、                                                /´::::::::::::::仁ニ ,.-'"/:/::::::::::::
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃                                         /:::::::::::::::/〈_,. イ /:::::,イ:::::::::::::
     `、||i |i i l|,                                        /:::::::::::::::/:i ´ / ./:::::/ k,.ィ'" ̄
      ',||i }i | ;,〃,,       ト VVVVVVVVノ\
      .}.|||| | ! l-'~、ミ       \            \
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ         .ヽ             \
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ      .⌒≧x   /^^\/ \ \
    Y:::::::::::::::::::::::::::.i|,];;彡       .彡  〆 ::::::::::::::::::::: 丶 ∨
    i::::::::::::::::::::::::::::=H;;;ミミ       〃 ハ  ::::::::::::::::::::::::::::::Y:i|
    {  く;ァソ   ;'' ゙};;彡ミ …    イ 从§::::::::::::::::::::::::::::::::: |从
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ |^!,彡ミ.     乂イ§     (__人__)  |
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三    / ゚ o     ` ー´ /   ……
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;   /      ∽    ∽
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;   |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ



2人のチンピラは言い返す力を持っておらず、あっさりと沈黙した。


428 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:34:03 ID:FZu4eDdI

でっていうは隠れてため息をつく。
戦争には向き不向きがある。性格的なもので、確実にその傾向はあると思っていた。



                         /ノYヽヽ
                         /(0)(0):::ヽ
                       ./ ⌒`´⌒ ::\
                       | )ノ(、_, )ヽ, (::::|
                       |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
                       \ `ニニ´ ::::/
                    ___  i!`ー---―´八  ___
                 /:.:.:.:.:.:.:|::::::i|: ヽ、ニニ彡'ハl!:::::l:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                 イ:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::|:|\: :、__/: /|:|::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
                |:.:.:.:.:._,.イ!___j:.:.|: :ヽ:__/ |:.|  .|ヽ._:.:.:.:.:.:.:.l



多少楽観的なほうが良く、刹那主義に近い淡白さと極端さが必要だ。
前の小隊の仲間達なんて、その傾向が強かった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ,.
           ,. '´                            
※でっていうの前の小隊の仲間達
            /'
         //                    _
        ,' !  , -──‐- 、      ,  ' ´ ̄__                    >―:::::::::::::::::::::::V::<
        ゝレ'´        丶、  / '´ ̄ ̄  〈                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ,  '´フ'        ト彡ッ、  ヽ'´         ',          ゝ---‐彡'´:::::::::/::;::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   , "  // i  / / /! |i !    ヽ i     、_,  ',          ̄//:::::::/::/l:::::l::|:::ヽ::::::::ヽ::::::ハ
      / ,ク7 i| ,'/,' ,' .| !!|i     ミ l       丶.',       ー=ニ:ィ::/::l:/::/::::/:::::l:::\::ヽヽ::::l::::::::l
      レ'/i ,イ ,イi|∥| ! ∥i|     ミ !   丶. ヽ 丶、         /::;l:/-イ:l、:::::::::::/l::/l:∧::::}::::|::::::、\
      / l ∥「スiト、! l_」| ヽ_, - ' l !| i !    \ 丶             l::/'l:::::::::::トl_ヽ:::::///zl左∨:::::l:::::::::::‐≧-
       i リト,ヘ、´てミ`   ーク'ら丶イiヽ lト  `, ヾ、丶!            l:{ ゝ::::::::{代fjヘ:{/´ 弋チ, }::::メテ:≦≠-
       `!ゝlハ ヾゞ ′ ,.   ゝ ' ,ハ.|リ i ト、 ヽ ヽ\丶           `ゝ ヽ::l:::≧= }`    ̄ ノィ/´::l/
            !. ト、   ,r─-、  ,∠.イl   !| i  lヽ ', !                 j/ヽlヘ  丶       彳!:/
            | i| 丶、{   ) /   !l   |i. ',  l ヾi                ´  l´ ヽ、' ⌒  /ノィk1
           | !i| /`ト _, '7 ト、_  |i  !| ', |  リ                    />‐ 彡 ´ ̄  〉
          i ,」ム' i ヽ   / l   ̄`ト 、_|!  ',. !  !                 {:.: ̄ ̄   .:.:.:.:.:└-、_
         /!i | `,!  ヽ/  l      ∧. ',|                   _/>:.:.:.:.:..:.:_:.:-‐:.:.:. ´.:└┐

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



430 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:34:46 ID:7cuHHGF6
せつなwwwwww



431 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:34:53 ID:FZu4eDdI

暴勇過ぎてもいけない。しかし暴勇は、味方も死ぬが敵も死ぬ。
臆病で体が竦み、ただ殺されるより、多少はマシな所があると思っている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           _,,:-ー''"""""゙''ー;、,,_
       ,,;rー''"     `''ミヾミヾ、゙ヽ,,_
      ,r'"   -ー--;;,,_ ヽミヽ,゙i ), )゙ヽ.                 
※でっていうの前の小隊の小隊長
    ,r'"   ,,,ニ"二=-ー-=ニリツノ_ソ,ク,ノ ,)゙!
   ,/    "-'''",/    (( lr"~`ミ:、 ̄`<ノヽ,
   |     _,,r'"      `' `'ー  })  }\ソ
   .| ,i;' -ー彡|            〃   |, ヽ,
   レ'i'  " ̄_,ィ! ,,,__            ゙l ;|
  ;'f,  ,ニ≡ヲ'   _二ニ:ェ__   _,,,,=-、| ソ
  ,f,/',if'" `i_l!    `''-゙''゙-''"_~` <''セァ,ラ ソノ
  ゙l ll!゙l, l〈 ~ ,,      '''"   l`     lリ
  ゙l l! \`''  {           ゙     ,|
  =リ,l ノ ゝ-i ゙':i;,       、 -、 ,,).   ,r"  「わが艦隊の辞書には後退とか迂回とか
  ,f.i  f~ ハ,ト.  ゙i     ,,,,,____   /    まどろっこしい言葉は載っておらん」
  ゙い. l  ;l' ゙l、.     `''ー==='"   ∧
   ゙),) ぃ、も=' \     `'''==-'  /),}
   (、ミヾf`'<,,_  \         / r"
    ゝニ/,;へーニ'''ー-ミ=:,,,_    ,,/';、,)
    ,,r-'/     ̄`フ'' -ャ、`l!'';ニ":<i.l'                      隊長!かんべんしてくれっていうwww>
   ニ-:、ミ-ニ,,,    し⌒'l | | | i⌒'| |、_
      `'''-ニ''-ニ__ノ .,| | | ゙l,. ゙'ハ   ̄`'''ー-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



442 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:35:56 ID:Dq8Q23Y6
ビッテンフェルトwwwwwwww こりゃ確かに暴勇wwwwwwwwwwwwww



438 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:35:30 ID:FZu4eDdI

この2人は戦争に向いてないなと、でっていうは思った。
見た目の派手さは自己防衛か?だとするならば、少し不味い。


  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,       ト VVVVVVVVノ\
      .}.|||| | ! l-'~、ミ       \            \
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ         .ヽ             \
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ      .⌒≧x   /^^\/ \ \
    Y:::::::::::::::::::::::::::.i|,];;彡       .彡  〆 ::::::::::::::::::::: 丶 ∨
    i::::::::::::::::::::::::::::=H;;;ミミ       〃 ハ  ::::::::::::::::::::::::::::::Y:i|
    {  く;ァソ   ;'' ゙};;彡ミ …    イ 从§::::::::::::::::::::::::::::::::: |从
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ |^!,彡ミ.     乂イ§     (__人__)  |
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三    / ゚ o     ` ー´ /   ……
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;   /      ∽    ∽
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;   |  ヽ ヽ   ∞∞ ヽ



こいつらが訓練の半分の力も出せないとするならば、
自分の身も危ないなと、でっていうは淡々と思った。

                                              /ニYニヽ
                                            / (0)(0)ヽ
                                             /u ⌒`´⌒ \
                                          | ,-)    (-、.|
                                  r`ー^~`┬┬´| l  ヽ__ ノ l |ー┬'´ ̄ヽ
                                  }ヽ: : : : : |r┤: \ ` ⌒´   / : :} }: : : : : :}
                                    イノ: : : __ヒ匕Ⅵ ヽ.      ノ八`ヽ`r――<リ
                                /::::|: : /:.:.:.:.:.:.:|::::::i|: ヽ、ニニ彡'ハ:::レへ、::::::::::ヽ
                                 /::'⌒,.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::|:|\: :、__/: /!:r'´ヽ Y:::::::::::i
                                V:::/:.:.|:.:.:.:.:._,.イ!___j:.:.|: :ヽ:__/ |:.{,.ニ  ト、::::::::!
                                ゝ:.〃!:.:./_/i⌒||:.:.:.|: : : : : : : : : :|:.:`Ti   |: :::::::::!
                                /:.:||:.:.ゝ'´: : : :L=」!.:.:.:.|: : : : : : : : : |:.:.:.L|   X:::/
                                |:.:.||:.:/: : : : : イ:.:..|\:.:.:|r、: : : : : : : V:.:∧ヽ./:::/
                                !:_jj:V: : : : :/:.ト-イ`ーr=ヘ`<: :_,.fri|,. イ::::Xr/
                                `Vイ、___/:.:/:.:.∧`ー!{_}rヽ ,.'^<: {{_j:.:::/|`‐´



443 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:36:02 ID:FZu4eDdI



                        ┌──────┐
                        │         .│
                        │         .│
                        │         .│
                        └──────┘
                                 ┌────┐
                                 │     ...│
                                 │     ...│
                                 └────┘
                            ┌───┐
                            │   .....│
                            └───┘




444 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:36:29 ID:FZu4eDdI

作戦領域に入ってから、既に1時間弱。



,.:,; ' ''.. .,;.'..:⌒`;,: .  ..;;.,                              ` 、  '
 ,,.;. ; :.,   .. .''... .. '   ..;,):.,,                         ‐―  ○ - ‐
        ''  '.': ;,::. .  ..., ;)                         , ' ヽ
 .''.:.:´⌒`.: .: ...    . ...,. . ,;                             ,.    ヾ
.''':. .,'''.:;. .:: .'. ,.:,;  ...,; ''                          , '
-'' ' '   ー'' ー  ''' ''



              ________________________
            / ─────── / ,───ヽ-─-─-- -─---ヽ
          ,/              //|      |      ||    ヽヽ
        ,/                  ///|       |       ||     ヽ| ≡=-
      _∠__          __ //_|ニ)______|____||______|_|≡=-
     /      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ /   |        |      |  ____|≡=-
   //_______ / ノ/ ̄ ̄| ̄ ̄ ⊂⊃|⊂⊃   /_ロ  \_|
  / //======//_ /________|        _|    //__________| =3
  | ̄ └[.ZEONG]┘ ̄ ̄  ./;;;;;;;ヽ l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄/;;;;;;ヽ    ノ =3
  |二|└────┘ |二)__|_|:(∴):|__|_____|_____|:(∴):|____ノ
   ̄ ̄ゞゝ;;;;ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゞ_ゝ:_ノ     ゞ;;;;;;ノ     ゞゝ:_ノ


緊張の面持ちをした水銀燈が、額に浮いた汗を拭う。



      /|   | | |              |    ヽヽ
     ′ |、    | ||l           l    |l
    | |\   | || l          ,′   ||
    _|_   |\ \ | || l            /     | | |
    ヾ汽≧x,,_\ ゙ト、|| l       〃      l ||
     | ヾ  `>ミメ| ヾト、 l|    //      , ||
ヽ   | ヽ、〈 〃バヽ    l|   / / /   / /| |
 \   |   ゛`¨´      リ ∠二 7>'´   / / .'|
.   \ |              イ尓ミ/   / / / イ
      \ u             `='∠ -‐7∠ィ:l  〃|::|
                {  /   /   /l::|/  |/
        _  、   '´ , '   / / レ′
\          `_ー`‐   /  ∠  イ  ィ   _____
\>,、             < |       |///. : : :_ -―ァ'"
、 \::::> 、_   ´  /|     /∠/. : :∠二   ̄
::.\ \::ハ:|      /. イ     /. : : : ,,.二ニ ー――-


4月中旬。風も、日差しも温かさを取り戻し、生きていくのに丁度良い季節。
しかし水銀燈は全身に汗をかき、細い顎から汗が一滴、座席に落ちた。


447 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:37:38 ID:FZu4eDdI

隣に座ったハルヒが、水銀燈の頬をちょんと触る。

                                             /:/ :/: /: : . : :/  //i: . : .i i
                                         /:/ : :/ /: : ィ: :イ: . : ,//:ハ: . : . i |
                                         !/: :/:/ /ナ//: : :/メ〃‐-i: : : i: :|
                                          ii{: . :|l:|:/__/'_/: :イ/ /'‐- ! |: : / /
                                          iハ: . |i:|{ィ==iメ  }  ,=z、 iイ: :/ /
                                          Vj:|i:|`       ,     ``'j: / /
                                           ノ{゙ヽi      j、   "" /イヽ{
                                 「大丈夫ですよ」      ゝ.ハ     、..... __     / ノノ
                                            `iへ   ー‐ ´  ∠ニン
                                                i从i>     . イ从|
                                                  从|  `¨´ ムi//
                                               /} > 、_ ∠ h
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ
      |l    |\        r‐ァ   / /    「?」
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |


                                       /  . :/: . : : : |:l : : : : :|へ: : V: ハ
                           .          //: : :|: . : : :ノ!l!: : . :|: i-‐ヽ: :V ハ
                                         i:i : : : :|: . : :/‐リ| : : /|/ニ_ i:|: :|: |:|
                                     i i: . : : |: :/ニニ、 |: イ ノ不¨ハリ: | 从
                                     _j: i : : : | /彳⌒ハノ' {  弋zタ_|ル'ハ
                           .         f V|、: : :ヘ{ 弋zシ   `   ̄  レ'}
        「やれることはやってきたじゃないですか。   |  |リヽ>-\ ̄´   {iノ      ヶ ′
          .そう簡単にやられません」    .          |  |  ノi八{ ヘ    、__ア  ∠ハ
                                      l  |  ′ `t‐> _     .ィ:ルi
                                 __ ,,,, | .|     ヽゝ从_i  ― ' _」1
                                _{ ヽ ヽ . |__       j. \ / .{
                               厂 'l  '| レ | ` > ⌒ヽ_,rへ.   V   _厂ゝ ´ ̄レ'´


驚いて顔を上げた水銀燈の鼻先で、ふりふり指を動かし、
間延びした声で力強く言い切る。


448 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:38:25 ID:FZu4eDdI

       /  /:/ |:| 丁   / l l  | l     |   |     l
      /  /:/  |:| |  |ト、 l '、 | ヽ     l  |    |
.     /   /:/ |  |:| |  ト、_`ト、 \ ヽ ゙,   /  / /    |
    /   〈:::{ |  |:| |  |弋> ミメ、\ |  /  / / / , /
.   /     ヾ | レ |ヽ l ミヽゞ'ノ'ヾ   | / ∠ 厶/ / /
  /      |    |  \           斗.,テミ、/ / 〈
/ト、    イ  /|    |               `ー'イ/イ |:|
  ヾ:.、 l::{ / / l    ト      、   '    / /|:l  |:|
\ト、}:ヽ|::::∨/ |   | \    ``;'   / |  `  |:|   「……そうね」
::::::::::::::::::::::::〈  l    |___\        <|   |     `
::::::____:::\ ∧   |::::;;==≧ー<   |  ,'
/, ――― 、く::::::〉、 l{:{.::.::/;小`l:l    |  /

                                        //: : . : :  . . : . . : :i:、 :  ヽ  /.水
                                        //: : . : : : . : /. : . : : : ノ~V: . : : i // /|ヽ
                                 .      i/{: : : : : : : /: : : :イィ: /  V: : : :i{ ∨/|.ハ
                                 .      i' i: : : : : ∠|: //// ̄ ̄!: : :|: >イ|j.| L
                                         ゝ: : : ムニi/、 /´不ニ癶|:i: :ル'  L...jT
                                         \ :{弋_t |   弋z之 j:ル'  f ノノ.| |八
                                           ``i ̄ ノ       ノ′  _/:从リ
                「お茶、頂きませんか?                 、 ヽ        /j: : |/
                  落ち着きますよ?」       r==.=┐   .\`二¨¨ ´  /  从/l
                                    |      |    .\   . ´    ィへ
                                  __   .|      |        ‐ く    //f水ハ _
                                 _ `ヽ.|‐ t‐--‐'" ̄ ̄ ̄`ヽ  ハ  //水} / \
                                 、`ヽ `¨ `ー―‥- 、    }//j}.//水f t/      \
           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>  「ありがとう。頂くわ」
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\


差し出されたお茶を掴むと、熱かった。準備よろしく、魔法瓶に入れてきたらしい。
少し日常を思い出し、水銀燈の頬が緩む。


449 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:38:46 ID:FZu4eDdI

                                      /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::
                                        /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、
                                      ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ
                                      /シi::::i::i::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::
                                    /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:
                                         i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::
                                       'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::
                        「……怖いですか?」     'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ
                                           ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ
                                         ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // ,
                                              リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//
                                                  ``ヽ、 //  〃

   |   |   |           ∥  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '
| l\\  \          〉    / イ   ',    「そうね。怖いわ」
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′
| |     \ U     -   /| |\   У
二丶    ト>        /  |  |   \//
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、


Lが、見計らって差し込んできた言葉に、水銀燈は正直に答えた。



                                    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
                                    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
                                    ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
                                    :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
                                    ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\
     「私達がいますから、                     :::::::::::::iヽ    i`    i::::::::::::ト、 \ヾ\
     もう少し安心して貰って結構ですよ。             iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
                                     | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
     流石に、水銀燈さんより少しは慣れています」      .! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`
                                       ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐'
                                         j::.     .::   / ノ,-‐´


451 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:39:39 ID:FZu4eDdI

               r= 、 -―= <  ̄ 、
             〈{薔}〉::::::::::::::::::`::. 、 \
            ,ri'/lヘ"\´\` 、\::::\ ヘ,rァi
              Уィ ! 、 \.\. \ヽ  r、::ヽ //!l
          〃 ll | i.ト、 \ \.\ ヽ!. !:,、∨∧|:!
.           ii l ll | l.ト、ヽ\,,≧ミxil ハ. !:| 〉:小.」|
.           !!.l ll |+乂ヽィウ{Tリ゙メリ | ! !:V/i.|ヽヽ
           ソ/!|イ、リ`  ` ´ ノl | ! !〉イ l ! |゙i:|   「……そうね」
           ///!; r′     //!.レ' イl .!.! l l:| 、
           //二`、!、r‐ 、  彡オ/, !l .!.! l l:ト、 \
   f`Y´>.//´ /<ィしク>\´   ィ |:{ /.∧!ハヽLム ー、.\
  ,. ┴├, | 〈〔__,.ノ-‐二⊃\_`> く !ハ:V ∧┴≧ノ:::::::::::::\
.〈__ -+- ⌒ヽ >- -< i|.rヘ |:::⌒i ̄∧! ト.〈:::/「::::イ:::::::::::::::::::::



Lは水銀燈を観察した。正直な言葉が出る事は良い事だ。
緊張はしているが、冷静さを保てているなと、安堵しながらお茶を啜る。


                                              ,-'从ミへ:::::ヾ::::::.,ヽ::::::::::::::、
                                              /::'!::::::、、::::、::ヾ:::ヽヽ:::::::::::::::::
                                            /:::.!l/::::::ヾ::::::、:::::ヽヾ.:\:::::ヽ::
                                              ,'i!:::::.:i.!:lャ,:::::::..ヽ、\::::::::\:::ヽ:::
                                            ,' l!i:l::!!:ヾ.i-ャ.::::、::::::::._ヽ、:::::::ヽ::::
                                          _,ヘ!_l. !y::|::l!lrt:ッミ\:ヾ rt:ッテ、::::::::
               「まあ、慣れますよ。これも経験です」      ,-=ニ-ミヘハ:::::::l `''''"_`_`ヽ`'''" l:::ヽ::::
                                        ン ニ 二`ヽ;=、!ハl!y''~´   ~`ヽ  !:::::/i!
                                     _..ィf´ 、 `'''‐ニ'ヽ..ッ'ゥ、       l /リl::レl
                                  _.-ニ/  `'フ´~`ヽ..X´``''''ヲ, r'''~''ッ ..〆 / ,liソ |
                                ‐ニ‐'八-、_...:::::n⌒`!~ ヾ' 、.  ヾ、`'''ャ''''~´ / // ,ン
                                ´ .l / ヽ >::::!ソ/ \\ |ヽ'i   ヽヽ、_゛_,,...-zン. - '''´
                                  ヽ 、 \__ン ̄~`'''''- .., l    ゛ ー-ー'´ /,' ,:-‐'
                                    >._/         ; ヤ !       ',  /、 /



        / ,  /   / i   ィ  /!   // |::!\ /:/
      / 〃 l !|   / |  /_L_/ l <:::く__ l::トヾ::ノ`!
.      / i'  i 、| / /l‐イ レ__フ,.|   テー、;ィ::i \::、 \
     | ,!l  ト、ノ,x  // ,イ沙, //  /     !::!  `i:l  \
     l ! 、 l ´ィ。N  '´ `  ´/ /j !    |::ト  l::i   丶
     ヽl  ヽト、ヽ` 、     // ´ l/   /|::| \ ヾ!
        /:::,ヘ \  =- ∠/  /   /└く   \
         /::/ !  ̄ 、      / 〃  ∧   丶  \   「なれる?慣れるのかしら」
      〈:_/ /,|   i! ー ,‐、 ´ __,〃  /  \
          、/ !  リ _ /;ィ::f::ヘ:V /ニi、
       /ヾメ、\ | l::f´/:/ !::!E〈/:;}三 \     ,-
 ー==;;=‐ゝ;;;;:\` ヾ゙'::/ l:::!三三三三三\  /三


452 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:40:35 ID:FZu4eDdI

.       /      ,′      /   /|   |   >斗-く  |
      .′ i  |  |       /   / ,′ | / イ仆{ヽ\l
       | | | |  |  l     //   , /  /く::<_/:/ハ\_〉
       | | | |、 |  |   //   / / / | \_/|:|   ト-'
         |/ヘヽ !ヽl⊥lヘ// /-‐/_¬ リ   / |:|   |::|
            | l\トーキ .ミ ∨/才弋_ツ/ ′ /  :|:|| |::|
            | |  ヽ _ゝ'      〝 ̄ '" /  /  / | ¦|::|  「自分の友達が、
.        |゙、 ヘ  〈         / /   /ヽ|  lヾ|   ふとしたことで死んでしまうかもしれない。
          |  \丶    ,._      //′  /|   l
.      |l//|   |\\  ー    /,./   ,イ   l   l    ……この感覚に、慣れる事ができるのかしら」
      ト、 ヘ∨ | | ` \    _ </ /::|   l   l
    .∠\\ \ l  l     フ爪\/ /l::.::.:|    l  イ /
    \::::.::\\ ヽ  l二ニ イ/∧/ へ\l::.::.:ト、   /// ::



                                                _____
                                               __「::::::::::::::::::::::::: ̄フ
                                              /:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                                            ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                            /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                           __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ:::::::::::::::::::::::::\
                                       / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::::\
                                      / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::::\
                                      |  /   | |:::;|   _ ^     :::/::::::::::::::::::ド、!
                                      |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ| \
                                     /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W     \
                                    /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'     >  \
                                   /    |      \_____/レ´   //    ヘ


水銀燈の言葉は優しくて、Lの、軍人の常識を小さく抉った。


453 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:40:59 ID:FZu4eDdI

沈黙したLに変わり、ハルヒが答える。

                                   .     /: . . : : .  . : /: . :  . : : : . : : :ヽ
                                      //: : : : :/ : . : . /./: . : . : :/: : : : . : : : l
                                      |:l: : : : :/. : . : . :/:/: . : : . : //: /: : : : : :|: l
                                   .  __ lハ: l : / : : : : //:/ : : : . : //:, ' !: : : : : :l /
                                   / / {ハ: i: : : : ://lイ: : : : : :/://‐-|:l : : : /}'`ー-.- 、
                                   __/  ヘ 、l: : : :/z≠l: : : ://!/ィt≠廾 : : //、    \
                                      / '从: :l代tzソi: : :イ//' 弋t_z゙|l: : /´\\
                                   \_<t-、  / ヘ:|  ̄ ̄l: / }    ̄ ̄リィ ,   ヽ \/
              「……自分事じゃ、ないんですね」   ゝ. l  ヽ/ / ,l_\  |/∨     / || , -‐L/
                                    ゙7   ゝヘノ h _>  -=-  ∠....r‐| くl   Vソ ̄
                                     i     |.ヱゝ┴ >--- <ヱ..:..K l丁    ∨
                                    ,i      /    、 ー--、/      `ヽ. rh  V


何を当たり前を、と言わんばかりの表情で、水銀燈が受けた。



                   ゞ丕ン-  _
             ,   ´/ / ̄ ヽ \ `  、
            / / /  ′    '  ヽ ヽ \ __
           /イ ′ i  |      |  l  i  K<\
        厶| |  |   |    |  |  |  | \j:|、
         //レノ |  ',   !      !  /  /| /  |l\丶
      // |:| | ヽ   \ \   /l ,厶イ 厂イ   ||i:| ヽ\
      |:|| ヘ \ L ⊥\ ヽ ′'´才 Tマリ   ,' |:|   \>
      |:||   ヽ ヘl斗 ┬        ̄` //  / |\
      |:|ヘ   ∨ー┴ '´    i      / /  |ヽく       「私は好きでここにいるのよ。
      |:| \   \           _,.  / ハ   |  \       傭兵も。自衛軍に入ったような人達もそう」
、   / `   | \   \     ー ニ´     , ′|  |     \
:.\/ \    l  ` ー一        /  |  l
  \ ヾ\  |    |  `   .,_  _ /|   l   ,′    /
―-、 \_〉:.:>ヘ    l     〉'´::.::.::.:`:.|    l  /     /


水銀燈からしてみれば、軍人も自分も唯の物好き。
憂うべきは学兵であって、自分などでは無い。



 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.    「でも、あの子達はちがうでしょ?」
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :
:::::::::::::\ヘ/  ¨ i:!   ̄ .}:::::::::|  .!:::::::::ヽ : : : : : :


454 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:41:34 ID:FZu4eDdI

ヒーローになりたいのだ。学兵を守りたい。皆を死なせたくない。
そのために、七難八苦を呑む心積もりもある。



   ノ:ノィヾトー川K>=イ::r⌒ /    i    ',  ',   ヾミ、 _
  `ーイi ト>イr≧_ノ ̄   / ,;'   ,'    ',  i    ト, ̄
   /ィ;∧,レ/r''ノ //   /  ,   /  ,'   i  l    l
  /// /i:::ilil之ッ ,'/   /  /  ,' / ,;'   i ; i ;,     |
  ii./ / l::l7/}  i,':   /  / i ,' :/ ,'   l ; /l ;    |
  / / / l::l Vil  ',,   /ー/- | /、ィ ,' i  /i,L/ _; i  ;  i
. /i   /  l::lハ; ',   / /= =i/ミ、ハ,' /l ;/フハ,'=イ;  ;  |
/ ヽ/ ,;; |::|ryヾ ', iY家不:::ソ≦ レ / 行:::旅川;  ; ,'
/ /  / .|::| 及}ヾ ヽ''┴''´       '┴ ノイ  イハ,'    「本人の意思に関わらず、
,;;'  ,/  |::| i トミ、' ,  ヽ       ::.    /i/ イ/j       無理やりここに押し込められた。
  /  / レi ', 川小>' ' `       '  /ノ /il /
,;;'/ / /彡i  ヽト-、\ > 、    ´ ̄` /.;//          ……そんな子達が、私の命令で戦って、怪我をする。
.//ミ=v'`ヾヽ  i:::::::ケ:::≧::> 、   // ,' /           場合によっては――死んでしまう」
:::廴_、ノilケ }ハ::i ; ヽ:::::ヾ::::::::::ミ>、/ ̄, ;/ノ /
:::/ 廴r=i レ、ヾ:| ;, }::::::i;:::::://ーヾ廴7:i.l /
::::} ̄r''´ハ r'  l ;, ハ::::::レ:://} iミー:::ハ :i



ただ、その夢にはリスクがある。



            _ _,.. ----- .、. _!!;;`'-ゞj _._
         ‐_ .., -         ((i!;;;;;;;;;;;\ii - 、
.       / ´/      ,,     ((i!;;;;;;;;;;;;;ヾソ  \
    /  / //   /   /    ((i!;;;;;;;;;;;;;;;;!))   ヽ
       /  / /   /    // / / ゞi!;;;;;;;;;;;;;;;;!)).  \
      ! 〆! / /   _ .,ノ/ /  / /`j!;;;;;;;;;;;;;;;;;;!))   ヽ.
       レ。 j/! /∠_∠-'-/-/、.,/ ,ィ   ((!;;;;;;;;;;;;;;;;;!))    `
           .! !/ソ",,-, r-∠< メ//   _ゞj;;-;;;;;ノU.     !  |
.         ,..   '   ,/;/_. "´ ´  /   r ';;r-'' /r!;fヾ 、  | │
       i       ̄ ‐    /   ヾヽ /;;/ !;;| ヾ;;、  |  |    「それは―――怖いわ」
       .          /    /ハ;;'_;/.  !;;|、__ノ;;! .   |
        ト、    _, -‐ ´_,  イ..::/  ` !;|  !;;ゞ--'  \. |
        !        ̄     /" !   /;i!   !;;|      ヽ
        |             / /  //;!i.   !;;|        \    _ ,..-─
.        j      __  イ/ /  / j;;;||    !;;|        , >-‐ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         ` < _´     // /   / ,!;;;||    !;;|     j ..-';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             ` -.   / / / /!;;;;||    ゞj,,〆/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                ∧ / /    ∧ `ヽ|  //∠';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             / r-/〆  /;;;;;;ヽ, |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


守るべき対象に含まれる、皆を死なせてしまうかもしれない。
そのリスクがある。


456 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:42:05 ID:FZu4eDdI

水銀燈の横顔は、辛そうだった。
彼女を長く見ているライトに、一度も見せた事の無いその表情。



   ,.':/::/::::i:::::!i::::::!:::ヽ:::::!:::!:i:::.:ヽ
.. /::/::::!:::!::i:::::!i::::::!::::::::::::!:::!::!::i::::!
  i:::i::i:::|:::i::::.::::i:!:::::i::::::::::::i::::!::i:::i:::i
  |:::i::i:::|::::ヽiヽリ、::::!::::::::i::|::::!::i:::i:::!
  !ヽ::ト、!ヽ:::jィ赱ハ::!:j::i:::i::! ヽ::i:::i::ト、
    ヾ7  ´   ノノ |::i/:::! j:::i:::iリ
    〈 _      i/ ヽiイ:!::i:::i'   「……」
.      ヽ_.. _       /   トj:::iN
.      iー     / /```ヽ
       ゝ--rrf´ /   ,  ´\
         トi´/  , ' ,...:':::::::::::ヽ
         i !j , .', .'.::::::::::::::::::::::::::i



普段、どうやって彼女を利用するか。
そんな事ばかり考えているライトであったが、ついその表情に釣り込まれ――



.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/   「大丈夫ですよ。お嬢様」
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_



何を言っているんだと思いつつも、慰めの言葉を口にしてしまう。


                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/    「そんな事をさせないために、
             iN \.  ` ニ′/}'      いるんじゃないですか。ヒーローが」
              丨   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、


457 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:42:33 ID:FZu4eDdI

長年連れ添ったライトの言葉は、水銀燈のツボをよく心得ていて、



               _ -─ ─- ,- 、
            rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
          // / / /      \::::::::::l  ',
         ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
     _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
    // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
         、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i   「……ああ、そうね。そうだったわね」
         `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\



彼女の表情が、パっと輝きを取り戻す。



. / /  /::/  /    ヽ       }      l    |  i  l
|./  /: 1   L       ` ヽ   |        l     i  l  l
 /  /:/ .!   「 " ` ミ 、    \ i       /     / /   |
 ! /ツ  ト、   !     ヾ    l     /     / /   .i
./   ,  } ヽ i             l   .-- 、_./ /    l
ヽ  {  / l \ヽ             j /_  ´   ヽ / /  /
 /  l }ヽ `   ヽ〉            `ヽ  ー ´ /  /
. i  i l         _     ヽ      ソ  _. /  /   「ウチの小隊には、
.il   !. l  ヽ        ソ`}ィ.、 '      /7 ´   /     ヒーローが2人もいるんだったわね」
.}  / ト...  \ト、   ⊥ヘリ     _ イ./   /
.ハ   l::::::::`:ー.、{_ ヽf .イ }-- ァ /ソl_入 ィ /
リ{   .l::::::::::::: ´  _二ヽ}  ! ´ f イ .,! .l ´
ヽ !  .{:::::::/  f }  l /  〃 リ / / .}  i


                                        , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
                                      _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
                                     _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
                                   ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
                                      ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',
                                     〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
                                     ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',
                                       i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
                                         l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',
                 「あの2人がいれば大丈夫。       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
                       本気でそう思いますよ」          " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
                                            '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
                                 .              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
                                               !'i   j       ~ヽ



463 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:44:53 ID:aLDLTbng
最終的には全員ヒーローにしなきゃならんのだろうけどな



458 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:43:01 ID:FZu4eDdI


                         _
                     , -―‐-`.ヽ __
                     / . . : . .  `. <`
                   ./ /: /. ://: . . :, . : 、ヽ
                  / /: /: : /l: : :/i: . : :ト.l
                   {: {: :i ≠=、ノ ∠=、V: : :l    「あのお二人ってそんなに強いんですか?」
                  ゝゝ:トfしリ/´ i fしト} ル'
                   { `l `¨  , `¨イ´}___
                   `i¨ヘ  ,.-┐ ノ´'ー-ッ , ``ヽ
                   ,、へ> 二 <    ゝ{_{_t ゝ
                  .へ \ >くl \__   `¨ _f三三}
                 /  L..乂L:}、∠ / }   |: : : : l
                /  : : : :<: :ヽ|::|: : /:/ イ     l: : : : :l


2人の実力を目にした事の無いハルヒが、緊張感の無い声でLに問うと、
目にしたし戦果の報告も受けているLが、半ば呆れた声で彼らの強さを保証した。


                                   .          ,':::,'::::iヽヽ:::ミ:::::、:::::::::\:::::::::::::ヽ
                                   .          /::::!:::::ヽ:ヽ::::::::::`:::::::::ヽ:::ヽ::::::ヾヾ、
                                            /"i::::::::::::i゙_、:::::::::!\vヽ、:::::::::ヾ:::\
                                               i:;::::l::',:li oヽ`ヾi. Y'o゙リ、:::::::::::iー=ヾ
                                              / lハ::::',i゙ー"   ′ ー" i:::::::::ヾ、
              「ハンパ無いですね。                  rイ ̄'",ニ、!:::::i.    . .     ,':j::lヾヤ-、_
            自衛軍でも滅多にいませんよあんなの。   ./ |   l lサ!::iヽ   . --、  ,.イ::l!';:l    ,ヽ
                                       |〉 !   | l八゙! \  ̄ .ィ' /i! i '!   i i
            傭兵だって言ってましたけれど、       /< ';,.   l | ヽゞャ-、`=ン _ソ, ! i    ,' ヽ
            一体幾ら払ったんです?」             〉ヽ-`' i!/``iー',  ``-ニ_--‐'ニ-' ,'  / i  / i i l
                                     /  ' , ,,,i'´!、 l- ヽ=- -‐-;'''´       l  , ' ,' .i


               ,,,_
            ∠てYフ大>、_
          //イ⌒⌒   `丶
         rくL/∠. /      ヽ  丶
         ゝ..水、j} i |   ヽ  i  、 ヽ
         }71|¨´| l、 i i i  i, |l l ト
         ,j:| |:|丶. ト、|へト. l l  从リ,i i !
        /|:| |:| . ヽ|弋j下ヽリ}ィテ}/.}ル
          / ` "ヘ\\     ,  彡ル |  「高いわよ。……あの2人は」
       /   /∧ ト_、  ー__‐'/ .{ |
    、_/{  { /ムハ l  >z<ム} レ
 _> ̄   ̄ ̄/: : : ヘ Vく/7水{ソ j l、: :ヽ


459 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:43:31 ID:FZu4eDdI

金に煩い男、Lのついでの質問に、水銀燈がムフフと笑うと、Lは途方も無い金額を想像したが――



                                        /::::!i::::',ヽ::iヽ\:\!::\ヽ::ヽ`::::::::::
                                      //:::::i:::::::'.,ヽ:i:::::::`::ヽ::::ヽ\:\:::::::::
                                      /::::::::::l:::∧:、::、:!::iヽ_::::::ヽ:::ヽ\:ヾ:::::
                                      iソ:::::::::!:i{:)ヾヾヽ::i {:ソヽ、::::::::ヽ\::\:
                                     リ i!:::i:::::!゙=ツ` `ヾ!="  i::::::::`::ヽ::::::
                                     ! i:::!i::::i ヽ 、      i::::::::::::::::`:::
                                       リ i!'i:',  `       i:::::::::::::::::::::::
                        「まあ、そうでしょうね」      !  ! ハ. ヾニ=       !:へ:::、:::::::::
                                          i:i  ー     ,..ィリ  ヾ、シァヾ
                                            リヽ    ,..::'"  ! :  /'"/
                                            `""´ヽ    :. // /


      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
      ′      l¦ l | ∧|、   ,
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |   「なんと月給30万!」
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ



                                          ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                          /:::::彡レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                         __,/:::/'i c |:|:|:::|:;lヾ::::::::::::::::::::::::
                                     / ̄7 /::::/ ゙=':|::|:/イ c`i:、:::::::::::::::::
     '⌒ヽrrr'⌒ ,                             / /  /|::::|   ,   | ゙='':::〉:::::::::::::::
.    〉 ^ 川 ^〈                  「WHAT?」    |  /   | |:::;|   _ ^     :::/:::::::::::::::::
     i (● ●) }                             |      レ:::! ‘、_j      /:::::::::::::::::;ヘ
.    ハ''== 又==''ノ                           /` |    |::::::!.、`    _//:::::::::::::W
   ∧,/⌒)`ー=7                             /   |     \:::::i  ̄ ̄ ̄_/ レ;:::::ル'
  ,'ニ/ __「_ -={   ∠)                       /    |      \_____/レ´
.  {= {  小  ノハ  /7´
   Ⅵ`ー  / ノ∨V
   〉=     //∨ ))
.   {ニ=   _、    ノヽ、
   `'くノ_ { `'<___  \
     (((__/      `V_丿



続く水銀燈の言葉で、彼は声を失った。


461 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:44:25 ID:FZu4eDdI

金銭感覚に乏しいお嬢様は、その高額さを愚痴交じりに語るが、



    //.      l    l ヽ::::::`、
.   //.  l、 l__ . l__/l_ 〉   ト、::lヽ
   l l二二lメヽー‐l`、 7l / l   〇〇ヽ
   l l ト l/l ヾヽ、. l V‐レ-、l   l/^` ヽ      「高額よねぇ。
   l l. l`ヽ-‐  `、l r'⌒、`l l lヽ   ヽ      マックで月400時間以上働かなきゃ手に入らない大金よ?
.   l 〉`lV`r'⌒、   ゝ--' l ノl. l l   ヽ
    l l`ヽヽゝ.-'         ノ/.l ノノ.    ヽ   幾ら私がお金持ちって言っても、半年は持たないわ。
     l l. ヽ\  -‐―‐-、  .//   /::フ、    金策もどうにか考えないと……」
    ヾ l、`‐ _ `―一 ´-‐//::::ヽ  `v l
     ヾ_l、lヽ l フ`ニ>' ̄y/::::::::::::ゝ ‐-l
       `、ニハУ::::::::::〈./::::::::::::__::::〈  >-


                                        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 `ヽ
                                        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、`゙丶、
                                        ::::::::::::::,、i、,::::::::、、、、::::::::::::::::::::::::::ヽ 丶、、ヽ
                                        :::::::::::::li-rュヽ、ヽ〃rt;;jゞ::::::::::::::::::::i\
                                        ::::::::::::iヽヽ-",;;\iヽ-‐'´ i:::::::::::i\、::ヽ\
                 「べ、ベースが30万で、             :::::::::::::iヽ    i`  U i::::::::::::ト、 \ヾ\
               そこから上乗せという形ですか?      iヽ::::::i、   、 ,    /:::::::::::::i 丶   ヽ
                                         | !:::::::ヽ -‐‐‐-  /:::::::iヽiヽi  ヽ
               戦闘手当てとか。負傷手当とか」         ! i|ヽ:i `ヽ`゙゙゙゙´ /゛ }::i:ゝヽ ゝ_,-‐'´`
                                           ! ヽ:  `゙‐-´゛ .: (\iV ^/'" ,...-‐'
                                             j::.     .::   / ノ,-‐´


         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ  「コミコミだけど?」
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、(⌒)`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::V~~}::}:::〉≧


それはまともな金銭感覚を持っている人間からしたら、とんでもなく破格な。
彼女流にいうなれば、バリューセットもびっくり仰天お手軽価格。


464 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:45:04 ID:FZu4eDdI

やはり金に煩い女。ハルヒが剣呑な視線を水銀燈に向け、



                     / :/: : :/ : . : /: : ,/: : . : :/:/!: : . ハ
                   . / : i. : . :/: : :/| : イ: : : : :/: ム!: : : ハ
                   /イ: :i : : /: : :メ、ノ´/: : :/, '|:/ |: : :|: :i:|
                    i{: :!: : 「.不¨ 卞./ィ/:/_ナ二 }: : /:i i:!
                    ゝハ: :| 弋___タ//ィ イ⌒ハソ: :/ /:八
                     〈 ヽ:| `ー‐     弋t._ムi/:/ /i/
                   .   \‐!´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶` ̄ //'}´   「コミ……
                      iイヘ     _    ̄//./        コミ……?」
                      |从: :> 、  ´ ̄`   ィ‐'´
                      .へ-く  \  _  イ:从
                   __/  ヽ \   /   "
                    ヽ    ヽ ハ  ハ
                                         ::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
                                         :::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
                                         ::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
                                         ::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
                                         ::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
                                         =ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
                                         ./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
                      「……………………水銀燈さん」    ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  '
                                         .ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
                                           ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
                                           i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i
                                            i '' ‐-‐ '   //, ' , ' ⌒  i

長い沈黙の後、Lが言葉を振り絞る。





         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ 、_ _ ,从|  「何?」
     l   ヽ トゝ、 __ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ_n
     N≠{〈:::::::〉:;i:::;ヘ:_;_{__)
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈≠≧


466 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:45:42 ID:FZu4eDdI

彼女の乳を睨み付けながら、Lが言う。

                                             /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',::::::::
                                         .   /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::
                                             ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ:::
                                            /シi::::l::::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ
                                           /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、::::
                                         .    i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::
                                              'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l:::::::::
                       「ちょっとはセクハラに耐えるべきです」     'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、
                                         .      ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ'
                                                ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , '
                                                     リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃
                                                         ``ヽ、 //  〃

//l::| |::\ l| | |                |         |   | \
/: |::| |::ト、∨| | || | |  |    l   | l| |   j l  | |::ト\
:/ |::| |::| |::|∥| |人 |_j_| 斗    卜 ⊥」|_|   / ′ | |::| ヾ:l
  |::| |::| |::|八 、 | ̄ヽ_| l     |  厶八 厂/ /   | |::|__j::| て
ニィ トごノ  \ヽ|〆 二、ヽ |   /l イ 二 `ヾイ/    | トr―'  (
 |::| |::|     |〃 { 0}  \  /   | 0}  }ト、     | |::|
 |::| |::| ヽ    |ヾ         ヽ/       リ//   /||::|        人人人人人
 レ′|::| | \  、ヾ三 ̄         ̄三‐'//   / l、レ′    /
__/  ヾ  |   \ \ ///       |    ./// / /   , \  //    なんでよ!
-、\   |    |  ̄              ∠ イ     / /{__/∠
_\\l\l     | 、         -- 、     / |    / 厶≦三三     VVVVVVV
三≧ト __|   | \     ´ ̄     /   ,   /∠二三三二
ニ二三三三l    |  | `  、      イ   /   /三三三三二ニ
三三三三三l   l   |::::::::::::>  <:::::::|   /   /二三三三三三
ニ二三三三ニl   l/:::::://|::| |::ト\::\_/   厶 -―<三三三


467 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:46:10 ID:FZu4eDdI

そのスカートに、スリット位入れやがれと、舌打ちしながらLが言う。

                                         ::::::::::::::::::::/::::ン::::::::::::::ェ= "::://::::ハ
                                         :::::/::::::::::::::ン:::::::::::::/::::::///:::::::::::::i
                                         ::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::'::::::::::::::,:':/::::i
                                         ::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::ン:::::,::':::::::,':::::i!
                                         ::::::::::,:::::::':::::::::::::::::::ッ::::::;ン::::::::::/:::::::::f'i:!
                                         =ィ::::〃:::::::::::::::,:::'ン-'''//::::/ ヤ::::/ i:!
                                         ./ハ:::::::〃:::::::/ '"   /"  .. ,ソiリ !
             「モミモミもコミコミにしてあげてください」    ヾ. l::::/' ',::il::/ヽ        _... ン i  ' チッ
                                         .ヾ、リi  リ ソ  :::ヽ、  ̄‐'/   i
                                           ','ソ ヾ、_,... ッィ'ノ´. ` ../ /  k
                                           i ヽ、__ ,ノ /  , / /     i



  !  !   / /  ! l      l l  ! !   l い
   !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l
  !l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l
  トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/
  l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ        人人人人人人人人人
   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l
  ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l          だからなんでよ!
 \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ.
    l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l       VVVVVVVVVVVV
   .l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/
    l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
     l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
     .l-i、: : :///l7lヽV/'´>l: : l |  ll l: : l: ̄::::::: ̄:::_:::::::::`ヽ
 l    l_ーヽ{::l:l/∧l:lヽl  {r!: : l !  !l l: :.l::_:_::_;:-<`ヽ.ヽ:::::::::::ヽ
 :ヽ   ヽヽ,.=l〈,-T「´r/V: : : : !  ! !l /:::::::/`ヽ._ ` ` }< ̄


その理不尽な発言(?)に、悲鳴をもって彼女は答えた。



468 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:46:31 ID:zy46uQcI
誰が巧いことを言えとw



469 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:46:59 ID:FZu4eDdI

                             ●

                             ●

                             ●


自分達に余裕が出てくると、段々他人の事が気になり始めるのは人間の性か。
Lさんセクシャルハラスメントの乱(水銀燈命名)が治まると、ハルヒが戦闘部隊を気にかけ始めた。



                        , '. . : : : . : //. : : : . : .Vf},
                       /:/ : : : : //: : :/: i: : : . : :||.ハ
                       ,:/: : : : :/! /: : :, '/: ハ : : : : |L||
                        |i: : i: : / ナ|: / //‐-l : : : :|fタ|   「それにしても……
                        iヘ: :|: /ィ/tナメ./´不㍉||: i; : ||| |    ギャル夫君達が心配ですねぇ。
                        ヽト:{ 弋タ }  弋_t ル' }:/!||/
                         ゝti` ̄ 、   ̄  ムソ/ ∨     全く会話が無い」
                         ` \  ..、   /://
                              > __  ' j从{
                            rf/{j  /ノヘヽ、
                           //f|| !.//fLt.| \


 i:/ i:ィ::ヽ   | l i ! |  i   i i ! l 、 ヽ
 l:l_/!:レ'::〉 / | .li l ! |  |   l | ! |  |  ハ
./:/i トr‐i´ .!‐トl、! l ! |  |  / | ! |  |  | |
::/ .l |:| !  .l≡>≧l\   l .// レ// ./ .ハ.!
  | |:| ヽ |ヤ''{ fン}ヾミ ∨/ム一〈/ / / l|
  | |:|  |ヾ、 `'~        ィtfソ7/,}/  " ,ィ
  | ヾ   |            `~ / /ィ|   //   「集中してるんじゃなくて?」
  .!    i\       __ ´  <"イ  l」 /.:::/.
   !   .ト、.,へ   ‘‐ ´  イ i ///.::.::./,─ァ
   .l   l::::::::二_> -、.<  ,|  !: : : : -- ―<_
ニニiハ  |:://7只ト、\ /:l  .ト、: : : : : : : : :‐-
:::::::::ヾ∧ |::\`´,イ |:L/厶ー:|  .!:::\ : : : : : : : :



                        / . /. : . . .   . \
                        , '/ : : /: : . /: }、 . : . . : : . ヽ
             .          /:/: :/:/: : : :,/ :/‐ヘ: . : . : !: : :ハ
                      i: i: :/:/| : /} ナ ―V : : :| : : |
                      i: i: :V__! //´ .二..、 V: : : i : : !:|
                      ヽl : { 八|  ´ f⌒ハk|/: :∧: :从   「初めて幻獣を見た時、
                        \i戈ソ   之タ /:ル'ノ } {     水銀燈さんはどうなりましたか?」
                         、 〈     ̄  '´... イ:从
                         ヽ t.ュ      / 从/
                            \__  、´ /  {
                               ハ /   ヽ


         /´      l    ヽ   ヘ._ヽ
          /  l |    l  |  l  ', 〈_/ト、 ',
       ┌,i| l |     l  |  l  |  l |l \ ',
        L」| ! 、 ',   | /_, ィ /; /|: : : :ヘ       「え~と、頭が真っ白になって……
        /|! 、_丶_ト、 、 /孑'_ ィ1イ /: : :',: : : :_:_',
     |lト、 \「t‐r‐;ト'゙  ハ _ノ/ /|: : : : :/:: :: :: ::     体が動かなくなったわ」
       丶 ト、 \ゝ┘、    イ|  l';: :/:: :: :: :: :
        、_/: : ¨T ト,、  -‐ /!   l/::_;: -‐ 、::_:
zー…¬¨´:: ::  ̄::才 i ト、〕≧tイーオl. | ̄: : : , -‐'´:
:: :: :: :: :: :: :: :: :: /: :ヘ l」: :弐/j'ト ̄」,|    ヽ: : : : : : :


470 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:47:28 ID:FZu4eDdI

                                 _
                             , -―‐-`.ヽ __
                             / . . : . .  `. <`
                           ./ /: /. ://: . . :, . : 、ヽ
                          / /: /: : /l: : :/i: . : :ト.l
                           {: {: :i ≠=、ノ ∠=、V: : :l
                          ゝゝ:トfしリ/´ i fしト} ル'       「それに近い事になっていなければいい。
                           { `l `¨  , `¨イ´}___ .     そう思いまして」
                           `i¨ヘ  ,.-┐ ノ´'ー-ッ , ``ヽ
                           ,、へ> 二 <    ゝ{_{_t ヽ
                          .へ \ >くl \__   `¨ _f三三}
                         /  L..乂L:}、∠ / }   |: : : : l
                        /  : : : :<: :ヽ|::|: : /:/ イ     l: : : : :l


ただ、ハルヒの言う事は言われてみると尤もで、
水銀燈は口元に手を当てて考え込む。



        //    /          \::.::.:.ヽ
.      / /   ′   〃 l    |\::.::.l_
     /     |  |   〃|  |  |    /ィ[}ぃ
      ′  l | | /  |  |  | /  〈:{_ノ八ノノ
     |    | |ヽ | ¦  |  |/_」/|   ヾイ|:トrく l
     | | |l  |⊥ミメ、 |  /ノィ厶斗┤   / | |:| ヾ:、
     |lノ八 lヾヘ リ \/  ヘ リ丿.′ '  | |:|  }::〉
      |:トヘ ` {  ̄         ̄ / /  | |:| く/ |     「……緊張、解いてあげなきゃね。
      レ  |\ヽ_   ヽ      ∠/|    || レ     |      どうすればいいかしら」
.        |  ト  __      /|    |l      |
          |   | // )、_  <_j   リ\   |
         |   |_{   '´ / 〉介ト-、.′  ∧_>―<
        |   |::|    /_ノ:| |:|`/   / /.::厶-― 、\
.        /|  r‐ヘ   jーr゙| |:|/   / /.::.:|::.::.::.::.::.::..\\



すると、元気な声を上げたのは、それまで沈黙していたミクだった。



                 /个ヘ、_,. --‐- 、/7ハ
               /´ ̄ ̄´: : : : : \: ///、_}
              //.;': : /: :、: : \: : : \〈 : :  ̄`ヽ、
                厶'/: //l:.l: : :l: : : : ヽ: : : :}ヽ: 丶 : : : \
            //:.l: :.|Tト|:.l: : |: : l : : |: : : :|: :ヽ: : \: : : :\
            /,:.':l:.l:.l: :.|N V\l\l、: : l: : : :j: :ノ \: : \: : : :\   「あ、歌を歌いませんか?」
           /:,:.': : |:.l:.l: :.l゙=ミ   、___\l: l: :厂爪  \: :`、: : : : \
.        /:./: :./Vヘ: : l'''    '' ̄ 川/トr{ l lヽ   `ヽ、\: : : : ヽ
      /:./: : /   /7フ\ ヾフ   ル'ノ扛レ二ニ=┐  \\: : : : \
    /: ; ': : /     /フ'/ァ _>ー┬ ノ´ //:;'::: ̄:::::::::::|    ヽ `、: : : : l
   /: : :/: : :/    /l {  ノ,/   ノ | /  〈/:〈.:::://::::::::|     l: : : : : : :|
.  /: : :/: : : :l  / _,.l - イ |  /  |/    l\:::{:::::l::::::::::|     |: : : : : : :!


471 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:48:13 ID:FZu4eDdI

その提案は、水銀燈からしたら突拍子も無い発言で、
突拍子も無い事に定評のある水銀燈が、コイツは何を言い出すんだと半眼でミクを見る。



       ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
    ′      l¦ l | ∧|、   ,
    | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
   ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |    「え?歌?」
     \ 斗≧ ∨ 弋::::ノ| l|  |レノ  |
      | l ヽゞ' ,       | l| |l |「   |ノ} イ
      | | ハ         j从ハノk≦圭圭圭≦
     ノ人{  > ^⌒ /  | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      x≦圭≧厶! l丁  /| | |    /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ// ノ||   /    〉圭圭ミ




            r─‐、          _____
          {二{____}二二二二二二{::::::::::::::::::::::}
          /:.:.:.:.:.:.:.`l        \::::{ ̄ ̄
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|__     ⌒ヽ \>
         V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ∧>─- .._ ハ
          V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:K<、r-、_ ノメ 、
          V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: :///⌒ヽ`ヽ: :/>ー- 、    「辛い時には歌を歌おう。
         /: V:.:.:.:.:.:.:.: レr‐/メ  __ }: : K`ヽ_: : : 〉     学兵の間で定番らしいんですよ。
        /: : : : V:.:.:.:.:.:.: l \  ´_`ト: :l::l >´: /
       /: : : : : : ∧:.:.:.:.:.:| ̄   \ ! jリ/: : :/        ガンパレード・マーチ
     /: : : : : : : :/  V:.:.:.,小_{` ーァ  j/:/ : : /        《 突 撃 行 軍 歌 》!!」
.    /: : : : : : : :/   `-< └Kに二. ィくノ' : : /
   /: : : : : : : :/      }/l只__/{⌒V : : :{/ハ⌒ヽ
   ,': : : : : : : : '       /: :/ }r-ォハーヘ__//:.:ヘ__ノ



       ,,,,,-;;;―;;;;-,,、
      /;;;,'''- ― - 、;ヽ
      /;/  i  l l l ヽ
    /レi  i l__lゝ ll ト、」| | l
    /£l  l r ヽハノr ヽll .l
   /  l  llリ ○  ○ l /
   l   (l  ゝ ┌‐┐ / |  「何それ。戦争中に歌うの?
   l    l ゝ、└‐┘イ ハ   そのガンパレードマーチってのを」
   |   |  ゝゝフくi‐ヽ
   |/| | / `ヽ Y/ >
    |  |ヽ  ノ .l/ | |



474 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:49:24 ID:yYGpbl5I
いや、戦闘前からその歌はらめぇw


逃げられないから!万が一の場合も撤退できないから!w

475 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:49:35 ID:EI150.Y2
それ歌ったら引けなくなるだろwww



477 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:49:44 ID:FZu4eDdI

ただし、奇妙に聞こえる提案も、兵隊の中では極々常識。



                                          /:::〃i::::',::::ヽヾヽ::ヽ\:、\:'.,',`ヽ::::::::::ミェ、、、
                                        /::::/::!::'::::::':,:'.,::::ヽヽ、::::::::::\\',:::::::::::::::ヽ ̄
                                    .   /::::::i:::::::i:::、::::::::ヽ:::、、:::ヽ::::、::::::\ヽ、:::::::::ヽ:ミー
                                        ,'::;::::i:::::::l!::!ァ、:::::::::ヾ:、r゙=、::::ヽ::::::::::ヽ::::::::::::`、ヾ、
                                       /シi::::l::::::!:ii (::メヾ、::'.,メ (::ソ,゙i::::ヽ:::::::::ヽ::::::::::::ヽ、
                                      /' i:::i::!::::::i '=テ' ` ヾ::ミ=" リ::::ヽ::::、:::::::::::::::::::::ヽ、
                                    .    i:::!:::i:::::!. ヾ .、  `    l!i:::::::::::::'::::::::::::::ミ`ヽ
        「おや、知りませんか。突撃行軍歌。             .'i::::l !i:::'、 `        ! i:::::l::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
                                         'i::l i;lヾ、. ==-     , イリ,:::i゙テ、::::::::::::ミヾ、
         日本の兵隊なら大抵の奴が歌えるはずですよ」    . ';i il 'i:ヽ 'ー    ,...:': : i! ';:i'シ' `` ー-=:、ヽ
                                           ! ! 'i:::'、   ,...:'::::::  : ! // , ', -‐'''''ー 、\
                                                リ `ー ヽ、::::::   ; ,'//〃     ` ヽ
                                                    ``ヽ、 //  〃         ヽ


  | l |{   lヽ  l |   |l  }l         l
_|  l |ヘ  | l | |   リ ハ /l     |
,.斗≧ミメ\ |  l | | l/ |/ _j厶|       l
 / しヘヾ \ lノ | / 孑气く  |  /}  小、
l| {::::} |       l f:::i lヾ ノ///l|:| \、
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //l| |:l   ヾ
   ̄ ̄"´        `" ̄  /   / | ヾ 、 |:|   「そうなの?」
\:.:.:.:        ′  .:.:.: / /l  l|  |:|  レ
ー-ヽ               /ィ´  |  |l∠イ  
                 ノl   |   |_ノ廴
\     ⊂ニ=⊃     イ l|  |  l|三≦



しかし、そう言われても歌だ。
水銀燈は、からかわれてるんじゃないかという疑いが離れない。


479 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:50:37 ID:FZu4eDdI

そんな水銀燈に、ミクが必死に説明する。


               _ ,.、
            _,. -┴ミハ
      , -「|、, '´ .  -‐' ¨ヽ.
        l : :|:| : :/'´ : : : : ', : `ヽ..
.      | : :|」.:〃 : : : : ,ハ: :|ヽ.: : :',         「なんていうか、
.      | : : ',、|l : : : : / l:/ィf|: :l, :          勇気が沸いて来る歌って感じなんですよね。
.      | :| : :',ヾ: : : ,佗) ' `从ハ
.       川 :|:. ':.,ゝl/{゙{`、_‐'ノ、: : |          だから、戦いながら歌っている人達も
     /ノ丿:| ∨   ドー-ゞニ才 : |  ,. .:个 、    一杯いるって聞きました」
.    /. :/.: 八:| 、 __|::::::::::::::::: ハ: |/.:::::::ヤニゞ
   /. :/.: : / : :/'´〈::::::::::::::::::::/ニ_V.::::::::::::::::',  .;
.  /. :/.: : / : :/   、:::::::::::::/ヽ :::ヽ::::::::::::::::: _.;
 /. :/.: : : : : /  ,. -,`ー‐'′:::)::::,!,、'´ ̄ ̄



彼女も、彼女なりに何かして上げられる事はないかと考えていた。
でも、指揮者の中からみんなにして上げられる事なんて、何も無かった。



        , '´: :`ヽi |: : : : : ., -‐ : : : : : : : : : : ヽ-.、
        ,': : : : : ,.:| |,.'´`, ':. : : : : : : : :ヽ : : : : : :ヽ:ヽ
.       i: : : : : :i: | ,' : , ': : : : : : ハ: : : : :.ト、: : : : : ',:.:',
      l: : : : : :l: l/: :,'. : : : : : :/ ',: : : :/  ',: : : : : :',: :',
        l: : : : : :.l:/: :.i: :: : : : :_/-‐´|: : ./`ー、',: : : : :.i、.:',
.      l: : : : : ::|l: : :l : : : : : イ示  |: :/ イ示,',: : : : l ヽ.',
.      |: : : : : :.|',: /|: : : : : 代ソ  |./  弋ソ ハ:.: : :.l   `    「戦場じゃあ、手も足も目も好きに出来ないけれど……
.       |: : : : : : |∨|.',: : : :/      '     ,' ',: : :l        でも、口は好きに出来るじゃないですか。
      |: : : : : : :|.  `i: : :/、    _    /   ',: :,'
      |: : : : : : :|.  ,':/',;`    'ー´ , イ.:l   '/        だから、歌は兵隊の唯一の権利なんだそうです」
      |: : : : : : :|  ´   _i  `  ‐r< : : :l
       |: : : : : : :|    ,'  \     ', ヽ、:i_



それに思い当たった時、聞いた話だけだったこの歌の大切さに気付いた。



                            , r‐r―r――-  、
                ,.   ' ´ ̄ ̄` ヽ.!;;;;| l;;;;;l       \
          , -,- ,-./   / ヽ、    |;;;;;l |;;;;;|
      ,.. - ―/;;/ /;'            \l;;;;;! ヽ:;;;\
    ,. '´   /;;/ /   ,    i、   ヽ   \;\ \;;;>ヽ
 /       |;;;|/ ,.     ヽ   |`丶、 ヽ i    iヽ;>'    \
'        l;/ /i'   i / ヽ   l  z=- '、|   l  |      ヽ
        ,.L'_l__|   lz= 、\ !  ,z==s、l   |- l       ',
       /    l   |'゙z==.、 ヾ ./l..イi:::iヽ  .l ヽ|       l
      /     | i  l i゙ |.イi:ヽ     ヽ:゙:ノ l   | .ノ   ,.......r-,...|     「辛い時とか苦しい時――
     /      l |l ' i ヾ:ノ  i       |  l/   i´  / / ./-,     自分達を奮い立たせる為に歌うんだって」
     /      | .l. ', .|i        ,    l /   /´      /
     /        V ヽ lヽ、   ' - '  , ィ´!/   ,'       /
   /           ヽ|  ` ' -  ..  ' , へ、  i   r-_‐ ´
   /                 ,.ヘ  /  / ̄ /   ,'  `ヽ
  /                 ,/|.  X    /   /   ,'     !


気持ちだけでもきっと届く――そのためのこの歌なんだ。

彼女の頭はそれで占められていて、必死に必死に水銀燈に言葉をかける。


480 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:52:03 ID:FZu4eDdI

しかしミクの情熱と関らず、あっさり水銀燈が承知する。


 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //      「へー。どんな歌?歌ってみてよ」
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\:::::::::::::::::::::::::::





               /:∧,、 -‐  ̄ ̄ : :/::/ヽl
            l:/: : : : : : : : : : : : 〈:::Y: : ヽ
             /l: : : : : :/: : : l、: : : : : l:::l: : : :ヽ
          /: l: : : : :/ \: :l \: : : :`l: : : : : ',
          /: : l: : : : l__ ヽl__ヽ: : : l: : : : : :.',
          ,': : : ',: : : l. U    U ヽ: :l: : : : : : :',
         ,': : : : :',: : :li/////////l: :〉:ノl: : : : : : :.',       「自分で提案しておいてなんなんですが、
        ,': : : : : :.ヽ:.l:l   _   レヽ   l: : : : : : : ',      結構恥ずかしいですね。
         i: : : : : : : |\l>- - r '゛>-<.  l: : : : : : : :',
        l: : : : : : : :l     >l Mヽ: :./  ヽl: : : : : : : :.',                       ……じゃ、いきます」
       l: : : : : : : : l    / リl ̄〉:Y    l: : : : : : : : ',
         l: : : : : : : : :l    l.  l: :TT: :ハ  01 l',: : : : : : : :.',
       l: : : : : : : : : l    l /: :.l. l: : : l、_.ノl ',: : : : : : : :.',
.      l: : : : : : : : : :l.    ト-.i: : l l: : : :l:::::::::::〉 ',: : : : : : : :',
      l: : : : : : : : : : l.   l::::::l: :.l. l: : : :l::::::::::l  ',: : : : : : : :',


そうあっさり許可されると、気張りすぎた自分が恥ずかしくなって躊躇するが、
それでもミクはマイクのスイッチを入れると、音楽プレイヤーの電源を入れ――


482 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:52:33 ID:FZu4eDdI


歌い始める。



                                 /〈 ⌒丶、
                                  | |     \、
                                    _,⊥⊥_      \、
                  __,.-==二==、、      r、 |.几__〕⊿]   \、
.             x‐x/// ̄  ̄¨ =ミx>ュ_     |l>X!爿=≠=.!lヽ,、    \、
          /ⅳ>∠//       、   \.  |Kx.!爿厂ミヾ_〕l'くツ\    \
        ////三j) ///   〃  ト、、\ \.!/.|.レ   |    \ \
         ////‐≪ // / / / /,l | ||V \\ V .才'     |      \ \
        rヽ/./⌒ヽ//7/ //-∠//l | | l  V.l lヽ ヽ〃|_===_|       \ \
      〈ハ. ∨三三_v´/ ////_L._l `l l/l/ ,⊥! ! V⌒V丁 ̄ ̄丁       \
     /い _>-‐‐+、l,///,〈 衍心// ′ ,L_ l V:三三',|    |
.     ,八 /        Y / l 弋少 ′   伐クl/{:三三=:廴___ノ
    / /   ヽ     // 从      , └'.ハ ∧三三/ \           「絶望と―――……」
.   / /    /l     ∧' ,从   f⌒ア  /l///ヘ三:/   ヘ
  / ∧ //  :l   .' 〉xヽヘ\   ` '  イ ///  `¨´    ∧
. / / ,∨ ; ; l   ,' //\_\``t‐<-‐.メ、 \    >  ∧   http://www.nicovideo.jp/watch/nm5005365
../ / / |c : :   !/⌒ヽ.  ̄¨¨Yム\   \ \___.Z   ∧
,' / ,'   |c : :    |      ∨◇ ,〈  〉、ト、     \入       ∧
./ /   |c : :    |\     i\/ Y ∧ \   /  \     ∧
' /   , |c : :    |  ヽ   ⅰ    V ∧  \. |    ヽ     l
    / |c : :   /  /   ⅰ    V ∧ </Y_     丶.     |


曲は、幾千幾万の兵士が歌ってきた、ガンパレード・マーチ。


485 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:53:37 ID:FZu4eDdI

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*♪


     ! !             `丶、   \  /
     ', L__ __ ___ _       `丶、 V
        〉.:::::::::::::小:、: : : : ``丶、      `ヽ、
     /;.:.::.l.l.:::/i::l.:.:.ト、:.:.:.:.:.:. : : : :.`丶、     〉
.    //.:.:l.:l:レ' i.:ト、;ト、:ヽ、:.:.:.:.ヽ: : : :: : : `ヽ、 /
    l/ i.:.:l::|´ ̄l.:l  ヽ仁lニミヽ.:.!::::::::::::::::.:.:.:.:.:「
.      VN:!行F::l   〒テテミヽ.::!.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.!
        l:1 少'リ  弋辷ソ l:.:.:!.:.:.:.:;.::::!.:.:::l::::!
        l:.l         /.:/.::::::/:::/:::/:l::;′
        l:.ト、          /,:イ.:.:.:./.:./.:./://   「あ、ガンパレだ。
        l.:l:.:ヽ  `       ,'.:.:././.:./://
       l.:.:.:/ \_ _   イ.:.:/l´.:./l/      歌ってるのミクちゃん?」
       l.:.:/     i   l.:./ 」.:/  ′
       |:/     _,ム _」/ ̄`L_



          , :´: : : : :/: : : : : : : : : : : : ヽ ヽ   \
.         /:/: : : : :/: : : : : : : l: : : : : : : :ヽ ヽ  /
        /:イ.:.: : :../: : : : : : /: l: : : : : : : : :.ヽ ∨
.       /i: :l: : : : l:.l: : : : : /: :.ハ:__:l: : : : : : l !
      / l: :.l: : : : l_l_: : :///´ヾ: : l:`: : : :l: l !
      ,′l:ト、!: : :´:l:l_:/ /  ,ィチ云、!: : :l: :l: l l
..    {  {i ヾ: : : i"{示     辷:リ }: : :.l:/l:/ /:!
         lヽ:.∧ゞ‐'  、      /: : :/ / / : :.  「あ~、前の隊でよく歌ったですね!」
         / ヾ:∧    r ァ   /イ: /:{ ※ l: : :∧
       / ※ /:`ヾ:>  _ , ィ__l//: :l   ヽ: : ∧
.      /  /: : /: : : :r┤、/  ヽ_:.ヽ   ヽ: ∧
.     / ./: :rヘ-‐‐ '´,ィyz=ェェュ、  r'/ }ヽ ※ ヽ∧


                                                     ____
                                                   /     \
                                                 /  ⌒   ⌒\
                                                /   (● )  (<) \
                                                |       __´___    |
                                「僕もです。鉄板ですよね!」   \       `ー'´   /
                                                  〉         ⌒ヽ
                                           .     |          、  \_
                                                 !          ヽ   _⌒)

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*♪


486 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:54:38 ID:FZu4eDdI

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*♪


  ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
   ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
     `、||i |i i l|,
      ',||i }i | ;,〃,,
      .}.|||| | ! l-'~、ミ
     ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ
    .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
    Y:::::::::::::::::::::::::::.i|,];;彡
    i::::::::::::::::::::::::::::=H;;;ミミ     「この歌は……嫌いだ」
    {  く;ァソ   ;'' ゙};;彡ミ
     ゙i [`'''~ヾ. ''~ |^!,彡ミ.
      ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三
.  ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;
    / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;



  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{  ::::::::::::::::::::::: │i|
  レ!小§:::::::::::::::::::::::::::::::: | イ
   レ §   (__人__)   |ノ    「死ぬ前の歌ッス。最後の突撃の前の……」
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|


                                                    /ノYヽヽ
                                                    /(0)(0):::ヽ
                                                  ./ ⌒`´⌒ ::\
                                                  | )ノ(、_, )ヽ, (::::|
                          「お前ら悲観的過ぎだって言う……」     |.l ,;‐=‐ヽ  l :::|
                                                  \ `ニニ´ ::::/
                                                  /`ー---―´\


♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*♪



488 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:55:21 ID:zy46uQcI
やっぱトラウマソングになるか

491 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:56:06 ID:gnGqDwhQ
チンピラコンビ…気持ちは分かるけど、悲観的過ぎだろw 戦車乗ってんのに



489 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:55:41 ID:FZu4eDdI

ミクの歌声が無線機に流れる。
予想以上に美麗なミクの歌声。その声をぼーっと聞いていた水銀燈は――



             _ _
            , .:':{@}:::..ヾ ヽ、
          ./ ´ ~ ̄~ ` ヾ::.ヽ\
        r.//, 'ハ  ハiレ7〃ヾ::.、ヽ
        Ll ! { '´ ヽノ   ヽ l/| i:厶l
        /Vi 小●    ● ノ l 下、_〕
        j||l⊃    ⊂⊃   i !__ト
           lヘ   r‐-、    j/  ! !    ……
            | /⌒l`ニ`, イァ/   ト..、
         | /  /{ 薔 }::::/:: ::ヽ. i;:::ヽ
         .| |  l:: ::∨:::/::〈::央::> |`ヽ!







                                        「`l
                                   へ   └┘   へ
                                   ヽノ  ´ ̄`ヽ く_/
                                       {     }
         ∠ ―-    \\             ┼┐   ヽ.|~~~~|丿
      /       \   ヽ \      ├‐o  | |     ├─┤  ―  ヽ
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ     └‐        ├─┤      /
      ′      l¦ l | ∧|、   ,                   └─┘
     | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
    ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
      \ 斗≧ ∨ 弋ソノ| l|  |レノ  |
       | l ハゞ'' 、   " | l| |i |「   |ノ} イ
     .| | i从   、-ァ   j从ハノk≦圭圭圭≦
      ノ人{  へ.    / | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      ,x≦圭≧厶'jfチ〔  ̄,| | i   r'i  /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ /ノ i |   | |r'7   〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}},ヘ人ゝ /ニ Y   /圭圭ミ








突如、音楽プレイヤーの電源をOFFにした。

                  /
                /
               ∠________
              │;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;│
              │;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;│
              │;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;│     ──┐`` . イ.
              │;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;│        /    -┼─
              │◎│++++++++ i⌒l│       /     __/   ツ.
              └────── | .|┘
                            } ├、__
                          ィl  l i `lー、
                             l !        |        、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
                        `!       /        )                             (_
                         ヽ    ,'         )  ちょ、ちょっとなんで止めるんですか!?  (_
                          }   l          )                                  (
                          |   |           ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒


492 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:56:14 ID:FZu4eDdI

そして、渾身のミクの抗議に向かってこの一言。




                   /       ′        | ',  ト、    \ ヾヽ
                  /          |          |  l  l| '.    ヽ l:::ト、
            .      /       |  l| |         , |  |  リ  l|   l |:::ト \
                  / / |    |l | | ゙ 、    /jノ  | _厶-┼ハ   | |:::| l\\
                 ′/ |    | || ヽ \    ′斗≦/__,,.. レ゙ l    l |:::| l ヽ:ヽ
                l l|  l    |_」 L,,..≧ \ {   才ヘヽ 〕/ノl   ' |:::| | ',::',
                | ハ | '、   イ´ヽ> 、弋  ヽ       ̄"''´ イ  /  |:::|  l  }:::|
                |{::∧|  \  l<⊥ゝ '"            / /| |:::|   l ノノ
               /.::/ |    \丶 "´       ヽ        /  r1  `´    l
            .  /.::/ ∧   l | ト >                  厶|     |   |       「親父臭い」
            \{::::{ / ヽ   Ⅵ |¬          __           '  |     |  | /
            : . \∨ト、  \  \ト--\        l__ヽ     /   l     | //  /
            : : : . \|: .\ |` ‐- \  /` ┌‐-、         ィ l  |    |/. :/ /. : :
            : : : : : : : : : . ヽl    |  .′r┤   ,\____,、<__|__ l  |    |: ://. : : : : :
            ー-  _ : : : : : :|    |  l  ||   | /⌒ヽ::.::`¬ ||   |     l /. : : : : : : :
            :::::::::::::::::>_''ニ|     |  l  ∨  ノ´ / ̄ ヽニ ヽ|l   l    .'´_  -一   ̄
            ::::::::::://. .::.::.|     ト.⊥__〈      ´  / ⌒ヽヾ\ l   ,′:::::::::::::::::::::::::::
            ::::://. .::.::.::.::.:l     |::.::.::|}〉 ,         ィ{  |::.::.}::} l   厶ィニ、ヽ::::::::::::::::
            ::/ /.::.::.::.::.::.::.::.::l    l::.::.:|}〉 l        丨八_ノ二:ノ '  /.::.::.::.::. .\\::::::::::
     \_人人人人人人人人人人人人人人人人/        | \::.::.|}〉/  /.::.::.::.::.::.::.::. .\\::::
        ) ちょ、ちょっと何言ってんのこの人! (- 、     .|   \|}/  ∧::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ ヽ
      /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\_人人人人人人人人人人人人人人人人人人_/
                             ) 今100万の兵士を敵にしましたよ!!!(
              \_人人人人人人人人人人人人人_/Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\
               ) スレタイを見ろバカポンタン!(
                 /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\



496 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:56:57 ID:gnGqDwhQ
確かに歌詞はチープだけどよwww



495 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:56:43 ID:FZu4eDdI


       ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
    ′      l¦ l | ∧|、   ,
    | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l         「こんな地味な曲で良くやってられるわねぇ。
   ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |
     \ 斗≧ ∨ 弋::::ノ| l|  |レノ  |            どこのドイツフランス人よ。
      | l ヽゞ' ,       | l| |l |「   |ノ} イ      気分を盛り上げるのは明るい曲でしょう?
      | | ハ         j从ハノk≦圭圭圭≦
     ノ人{  > ^⌒ /  | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ   軍歌とか、やめやめ!」
      x≦圭≧厶! l丁  /| | |    /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ// ノ||   /    〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}}′ヘ人ゝ    /圭圭ミ




           , ―― -  _
          /-――-  :::::::.ト
.      /  /        \::::.ヽ\
      ∧: | {    / }  }  ∨:::〉_∧
      | ヽ川  / ´ー/ | < ,/lヽ_>ヽ
     丶 |弌、   ´彡=y |   L_|\> ヽ
    〔ゝ、J ||     ||  ,  / |       ヽ    「再生ボタンはこれ?
     ヽヽ 〕`、r― ┐ <_/ 人     ヽ
    ⊂___)  / }\  |  /  /≦==≦   ヽ  どこに曲が入ってるの?」
      ├</.:.:.:.:`ー-一<三三三三≧  ヽ
      | |/>,、、;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:了三三≦∧   ヽ
       ヽ〈:.:.:l:{薔}ハ`〈.:.:.:.:.:.:.∧ニ三三≦∧   ヽ   \_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_/
        }.:..|:| /.:.:.:.:ト=<ニ三シ⌒トz//∧   ヽ    ) ちょ、ちょっと勝手に放送機材に触らないで下さい!(
       /.:.:.イ∨.:.:.:.:.:.:.:.:{ベヾミ《    ヽ  ヽ  |    /^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^\


497 名前: ◆oLG9iWoh0E[sage] 投稿日:2010/10/31(日) 23:56:57 ID:FZu4eDdI

 i : : : : /. : : : / :j八 : : : : : : : : \ :`ニ=r‐. : :,
 | : : : :,': ,' : : ' : :li : :\ : : : : : ::. : :\ゞ≧=- :i
 | : : : :{: { : :i : : :|i : : : :\ : : : : : ::. : :\:i : : : |
 | : : : :|: | : :| : : 从: : : : i:}\ : : : : : 、: 介=-.|
 | : : : :|i | : :|: : : :ト、\; :八`¨¨ゞ辷,xΧ: | : : : |
 | : : : 从| : j : : : L.xく \: :ヽfr乞タ个トメ、 : : :|
 | : : : : : | ∧:. : i:レf乞T ` ̄`   ,りイ::.: : : :.|   「なんですか!何入れたんですか!」
 |: : : : .ノイ\\八¨¨´  、    /l77|: : : :.:.|
 | : : : : : : : : iヾ_≧x=-  r- '¨ イ`¨ |: : : : : :|
 | : : : : : : : _」 _   ≧┬‐一 " :ト.、 | : : : : : |
 | : : : : : .:/    `Y. : .〈     } ハ | : : : : :|



|            '\:ヽ
|   i  ,,         `,,|
|. /! /|    /|/|  ,  ト、
|ゝ| ∨ .|   / / .| /  ト、t
|、___-,| / ,,ノ--| /!  ト、/
|  ̄ ̄"  ‐弋zク7/./ !||l::!    「しーでぃー。明るい曲よ!」
|"           ̄/./ ,,,/i!レ'
|         ,   ""i/  /    .,_,___ -‐ ☆
|\   `  ̄    // /-/^!‐'":::::::;;ノ___
|::|::::>t.-..r <"フ-/ /:::/ ,/:::::::::::::::::::::::::::::〆
|,r'´|}〉≧=≦〈{|:::::/ /:::r '-、^ヽ:::::::>" ̄ ~
|.>ヘ|}〉 〈八〉 〈{|:::i/:::l{__r '  〉::\,,.___




  ヽ:..  ゚ 。+ . : : : : :丶        _   --- ___ r〈{仡k
   }:::〉   . : : : :  o +       ´ ....::::::::::::::::::::::::::::弋ゞご少  : : : : .
  ノ'´ . : : : :  x        / /:::::::::::::::   ―― `¬<\   : : : : . +
。 . : : :  *'´     |      / /:::::::::::::::/ /       \::::::\ `'* : : : . ャ
. : : : +      - + -     / /::::::::::::/  / /       |   \:::::ヽ   ゚ 。 : : : .
、 o           |    / /:::::::::::/   / /  /   l      ヽ::::l      : : : . o
ノ)         クイッ   / /:::::::::::/ ′/ /、/ //   ,         Ⅵ     |  + : : : .
´        ― 、     /  l:::::::::::/l | ' 〃/ Х/ /  / / /     |ノ  - + -  : : : :
.      / _y  ノ^ヽ  / / |::::::::::|| | l /_/ / //l\ / / //l   |   | X : : : :
   /  〈__/ /`Y r==ぃ::::::ノ| | |'イ干ミメ〈 | / / / 〃l |   |   ;    . : : : . °
  /´     (__/ /`ヽゞ==介くこ)〕 | |八 ′ノヾj/ / / /⌒| / /j   +'゙  x . 人人人人人人人人人人人人
/    ⌒ヽ ` て__// /イ|  ̄| | |  `ヾ     //=ミX厶イ / ,  ,.::´ 。 . .
   ゝ      / / 〈/ ノノ  /i| | |        〈 'ノノ / / /  〈:::{ . .  マイク貸しなさい!歌うわよ!
     >- 、 ヽ  /   /〈/  ハ| |        ,  ` / / /   )′: : :
  /\    \ ∨  /   / | ヽl|     `ヽ、    / イ//   . . . : : : ャ VVVVVVVVVVVVVVVVVV
 ̄`ー‐┤   / ∧_ノ  /   /  |  |\        イ  _j___
 ̄\_/  / /___/_   / rく|__ \_ <___j/::::::::::::::::::::::\
 __〉   //:::::::::::::::::::\厶イ:::::::::::::::::::::7ィト:::::ヽ:::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::\
´∠廴_ /:::::::::::::::::::::::::::::::\ \::::::::::::::://|:||:トヽ:::|\:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::ヽ
´〔_ |/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \ \::::::〈〈_ノ八Vノ:/  ヽ:::::::::::::\::::::::::::::::::::::::l




後編




関連記事
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback